お客様のメールアドレス宛(Infovalley用)に届いたメールを、 Infovalley以外にあるメールボックス(例えば他の プロバイダにある自分のメールボックス)に転送したい時にご利用頂けます。
また、Infovalleyのメールサーバにメールを残したまま、他のメールボックスへ転送することもできます。

使用方法
    必ず「一般会員」、「ウイルス・スパムブロックサービス」のどれかを選択し、「サービス利用ID」と「パスワード」を入力してください。

  1. 現在の転送設定を参照する
    「現在の転送設定を参照する」ボタンを押してください。転送先メールアドレスを表示します。
    なお、「\aaaa,bbbb@valley.ne.jp」という表示の場合は、Infovalleyのメールサーバにメールを残し、「bbbb@valley.ne.jp」にメールを転送するという意味になります。

  2. 転送を設定する
    「設定/解除」の項目で「転送を設定する」を選択し、「転送先メールアドレス」に転送先のメールアドレスを入力して、「実行」ボタンを押してください。
    Infovalleyのメールサーバにメールを残す場合は、「サーバにメールを残す」のチェックをONにしてください。

  3. 転送を解除する
    「設定/解除」の項目で「転送を解除する」を選択し、「実行」ボタンを押してください。
    なお、「転送先メールアドレス」の入力は不要です。
    転送を解除した場合は、最初の設定(Infovalleyのメールサーバのみにメールが届く)に戻ります。

注意事項

・「サーバにメールを残す」を設定した場合は、定期的にInfovalleyのサーバからもメールを取り出すようにしてください。
・バーチャルサーバをご利用のお客様は「サービス利用ID」を「メールボックス名」に読み替えてご利用ください。なお、必ず「一般会員」のチェックをONにしてください。
・ウイルス・スパムブロックサービスをご利用のお客様は「サービス利用ID」を「メールボックス名」に読み替えてご利用ください。なお、必ず「ウイルス・スパムブロックサービス」のチェックをONにしてください。

メール自動転送設定

一般会員
ウイルスチェックサービス
サービス利用ID(メールボックス名):
サービス利用パスワード:
設定/解除: 転送を設定する 転送設定を解除する
転送先メールアドレス:
複数のアドレスに転送する場合はカンマ","で区切ってください。
例)「*****@valley.ne.jp, *****@nifty.ne.jp」
サーバにメールを残す:


 


Infovalleyトップページ