北海道の風景

北海道の風景

(北信のGSX-R1100乗り、NAさん提供)

(左)中標津町のご存じライダーのメッカ、開陽台。北西の方角に標津岳、養老牛岳などを望む。ここに行ったことないライダーはライダーじゃない、とまで言われるほど有名だ。3年くらい前、建て替えられて新しくなった。
(右)そこから180度向きを変えた時の視界。中標津町の市街地や空港方面を望む。 360度の大パノラマに、山に囲まれた信州人は感動の涙にむせぶこと請け合い。
(97−98)




★サロベツ湿原の地平線。すぐそばの海岸を一直線にのびるオロロンラインは、みただけでライダーの血が騒ぐ道路。稚内方面へ向かうと左手の海の向こうに利尻富士がにょっきりそびえ立つのが見える。




★北の最果て、宗谷岬。日本最北端の碑と間宮林蔵の銅像が見える。近くの土産屋からは1日中、「流氷とけて〜春風ふいて〜」の宗谷岬の歌が流れ続け、2、3日耳から離れない。稚内のライダーハウスでたべたチャンチャン焼きの味が忘れられない。



□■□北海道ツーリングのこつ□■□

★6〜7日の休みだったら、道東にしぼってまわる
1週間で北海道全域を回ろうとすると、ほとんど走っているだけで終わります。最初はツーリングのメッカ でみどころ多い道東が最適。摩周湖、カムイワッカの滝、知床五湖、釧路湿原、ライダーのメッカ開陽台、トムラウシ温泉、羅臼のトド料理・・・

★次は道央、道北
旭川でラーメンを食べ、富良野の花畑、夕張でメロン、日高で牧場のサラブレッドをみて、利尻・稚内で北の最果ての雰囲気を満喫しましょう。

★その次は道南、札幌、小樽
国道5号線からみる蝦夷富士は最高です。函館、登別、支笏湖、洞爺湖、昭和新山などめぐりましょう。夜はもちろんススキノでめくるめきます。さらにサッポロビール園でジンギスカンとビールを吐くほど腹にぶちこみましょう。 小樽の市場の食堂で、脂のたっぷりのったニシン定食を、駅前三角市場でおみやげのタラバを買いましょう。

★直江津から室蘭、岩内行きのフェリーでゆったり旅
片道18時間、船内のシアターで映画をみたり、広大な海原をみながらジャグジーバスにつかったりサウナで汗をかいたり。船内のバーでちょっと一杯、もいい。トラックの運ちゃんについでライダーも多いので、「どこをどう回るのですか?」など会話もはずみ、「どこそこのライダーズハウスはいい」など、北海道上陸前に情報を仕入れられます。


表紙にもどる