2018年07月のナックナンバーです


ねじばな


   ホテル雪倉は、

    北アルプス白馬連峰を一望できる和室13室の小さな旅館で、
    栂池温泉 元湯栂の森荘 のすぐ隣りにあり、家族で経営しています。

    ご家族連れの皆さまをはじめ、中高年や職場仲間、北アルプス登山の
    皆様に多くご利用をいただいています。




   ホテルという言葉は、
    もともと「旅人をもてなす」とか「親切にしてさしあげよう」
    という意味から出た言葉だそうです。雪倉はこの
    「親切にしてさしあげよう」という気持ちを大切に心がけています。




     ===  お役立ち情報はこちらをクリック  ===

     天気予報  長野県 小谷村  (yahoo提供)

     栂池高原公式ホームページ     栂池高原の公式ホームページ

     ライブカメラの映像と最新情報   小谷村のホームページ

     小谷村観光連盟           小谷村の観光情報

     栂池自然園

     栂池自然園公式ブログ「栂池自然園日記」

     トレッキングレポート ㈱スノーナビさんのホームページ
                  栂池自然園をはじめ、白馬周辺のレポートが充実しています


     白馬岳 蓮華温泉ロッジ       新潟県糸魚川(いといがわ)市、中部山岳国立公園内にある秘湯

お知らせ 栂池自然園 木道工事に伴う通行止めについて
 7/10(火)から10/26(金)まで 浮島湿原-ヤセ尾根-展望湿原 の間が通れません
 モウセン池ルートをご利用ください  

     


*****   7月04日(水)    *****



 

 栂池自然園 浮島湿原 7/2 9:50



   

 みずばしょう湿原                  展望湿原より 白馬大雪渓と白馬三山


栂池自然園

7月2日(月)栂池自然園に出かけました。
2日から8日までは近隣の市町村民無料招待Weekといって、
大町市と北安曇郡の池田町・松川村・白馬村・小谷村、新潟県の糸魚川市に住んでいる人たちを
索道(さくどう)会社や栂池自然園を管理している㈱おたり振興公社が無料で招待してくれる1週間です。
白馬八方尾根や白馬岩岳マウンテンリゾートも同様な招待があります。

天候に恵まれた初日、展望湿原まで足を延ばしました。
ミズバショウはもう終わりに近かったのですが、夏の自然園を彩る高山植物が咲き始め、
充分楽しむことができました。
ちょうど7月1日から「白馬Alps花三昧」(はくばあるぷすはなざんまい)という
咲き誇る花々でお客様をお迎えしようという催しも始まりました。

 白馬Alps花三昧 詳しくはこちらをクリック

 自然園に中に咲いていた花のごく一部です

   
 キヌガサソウ                     ハクサンコザクラ


   
 シラネアオイ                     オオシラビソ 今年はまつぼっくりの当たり年です

オオシラビソ(別名:アオモリトドマツ)の木には紫色のまつぼっくり(球果:きゅうか の仲間)が付きます。
毎年と言うわけではなく、3年に一度とか5年とか7年とか、人によって意見はまちまちですが、
今年は当たり年。たくさんのまつぼっくりがついていました。
これから大きくなり(大きいものは15cm程になるでしょうか?)、
リースの材料などに欲しいなと思うのですが、
秋には木の上でまつぼっくりが一枚一枚とはじけて種を飛ばし、
最後には芯の部分しか残りません。



麓(ふもと)の様子


   
 ドクダミ                        月見草 今年初めて初めて花を見ました

   
 アザミ                         アジサイ 咲き始めました


オマケ

   

不帰の剣(かえらずのけん)に沈む月 7/2 7:00 Ⅰ峰に突き刺さるように沈んで行きました



栂池自然園公式ブログ「栂池自然園日記」 ←こちらをクリック

  イメージ写真です


栂池トレッキングチケット 営業期間:6/1から10/30

 当館にご宿泊のお客様には、割引価格でチケットをご用意しています。
 栂池パノラマウェイ(ゴンドラリフトとロープウェイ)の往復乗車運賃 + 栂池自然園入園料
  
区  分  窓口通常価格 当館取扱い価格 
大  人  3,600 3,220 
小  児  2,050 1,820 



安曇野ちひろ美術館 

今年は いわさきちひろ生誕100年、記念の催しがたくさん。

ちひろ美術館のホームページはこちら

いわさきちひろ生誕100年 Life展 はこちら





雪倉のホームページ 過去の記録(バックナンバー)はこちら
2015年・・ 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月  ・・2015年
2016年・・ 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月  ・・2016年
2017年・・ 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月  ・・2017年
2018年・・ 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月

注意とおわび 過去の記録(バックナンバー)を開くと、明らかに違った写真が入っていることがあります。
         カメラの機種を変更したからかと思いますが、同じ番号で写真が取り込まれると、
         新しい写真に変わってしまうのが原因かもしれません
         ご了承ください。








*****   7月12日(木)    *****



 

 7/10 6:30


西日本豪雨

この1週間、良く降りました。
西日本では平成に入ってから最悪という被害が出ていて、
お亡くなりになった方、被災された多くの皆さんに
心からお見舞い申し上げます。
あらためて、平穏な毎日に感謝する日々です。



夏の色

久しぶりに顔を見せてくれた山々からは、夏の色が感じられます。
登山の季節、落ち着いた天候で、山もにぎわってくれると良いですね。

   

 7/9 6:30


   

 緑が濃くなって、夏!

 まだモクモクの入道雲は見られませんが、
あたりの景色に夏のおとずれが感じられる頃となりました


白馬岩岳 ゆり園


 

 ゴンドラ乗り場付近は満開です 7/9 8:55








*****   7月18日(水)    *****


暑中お見舞い申し上げます

暑い日が続いています。
西日本で大雨による災害で被災された皆さんの片付け作業が
猛暑の中で行われています。
心からお見舞い申し上げますとともに、
お体に気を付けて作業に当たって欲しいと願います。


 
 7/15 19:45


シルエット

   

暑かった日中もこの時刻になると涼しくなります。
日没後、山の稜線がシルエットになって浮かび上がります。
この時間帯も何とも言えないきれいな時間、
ちょうど三日月が白馬岳の頂上に沈む時でした。
いつも不思議に思うのですが、写真に撮ると、三日月がうっすらと満月(まんまる)に写ります。
杓子岳の上に見える一番星は金星でしょうか?



夕焼け

同じく日没後、キレイな夕焼けです。

 
 7/17 19:25



オマケ

   


 左:白馬岳の頂上とその左下の稜線に立つ白馬山荘。
   ちょうど夕方で陽の光が建物に反射していました。
   左の建物は展望の良い山頂レストラン スカイプラザ白馬 右の建物が本館です。
   ここの標高は2832m、白馬岳の頂上は2932mですからちょうど100m下ということになります。
   収容人員は800名、日本最大の山岳宿舎です。
   7/17 17:30 白馬村から撮影

 右:この時期は田んぼの畔草刈りが盛んです。
   刈った草は集めて火をつけます。
   刈ったばかりで緑のままですが、農家の人は上手に燃やします。
   ただ煙はすごいものです。


栂池自然園


栂池自然園公式ブログ「栂池自然園日記」 ←こちらをクリック

トレッキングレポート ㈱スノーナビさんのホームページ
            栂池自然園をはじめ、白馬周辺のレポートが充実しています






*****   7月25日(水)    *****


暑中お見舞い申し上げます

雨が欲しいです。畑はカラッカラ。
こちらでは7月7日の土曜日に雨が降ったきり、20日近く雨がありません。
全国的に猛暑と言われていますが、確かにこちらも例年より気温は高いように感じられます。

   

 当館食堂より 合歓(ねむ)の花  アジサイ  7/24撮影



萱葺き職人(かやぶきしょくにん)

7月22日(日)小谷村の公民館講座で
「小谷の職人技に学ぶ・萱葺き職人編」が開催されました。
萱葺き屋根の伝統技術について
地元の萱葺き職人 ㈱小谷屋根の松澤敬夫(けいお)さんと息子さんの朋典(とものり)さん、
信州大学工学部建築学科准教授の梅干野成央(ほやのしげお)さんによる対談が行われ、
続いて小谷郷土館に移動しました。
小谷郷土館は以前小谷村の役場(長野県で一番最後の萱葺き屋根の役場)として使われていた建物です。
この春から萱葺き屋根の葺き替えで、ちょうど今「やこぼし」(古い萱を取り除く作業)が終わったところ。
屋根の骨組みを見ることができました。

   
 丸太を使った骨組み                 1階から見上げた写真


   
 すべて縄で縛ります                 屋根の付け根部分 とがらせた先端部分を載せているだけ
                                地震などの時には揺れを吸収するのだそうです


    
 材料です 左から麻がら、大茅(すすき)、麦わら、稲わら   こうして縛りながら重ねていきます


  
 模型を使って仕上げの刈込み作業の実演    仕上げに水、龍、寿などの文字を掘り込みます

松澤敬夫さんは前回の伊勢神宮の遷宮の時に萱葺きの高い技術を買われて
5年余の間ずっと伊勢神宮に奉仕に行っていました。
誠実で優しいお人柄が感じられる方で、小谷の宝でもあります。
現在は朋典さんが代表取締役、太い腕と大きくて厚い手が印象的です。
とっても素敵なご家族です。



北アルプス山麓グランフォンド2018 開催

7月22日(日)に開催されました。
大町市の鹿島槍スポーツビレッジがスタート・ゴールで、
70km.100km.120km.150kmのコースを走る催し。
このうち150kmを除くすべてのコースの参加者が栂池高原まで来て、
当館前の体育館駐車場のエイドステーションで一休み。
ここでは手打ちそばの振る舞いが毎年好評です。
今までは秋の開催でしたが、日の長い頃が良いとのことで
今年はこの時期の開催になりましたが、暑さを避けるためと、
長時間走るためスタートも早く、栂池のエイドステーションには朝の7時前から8時ごろに参加者が到着し、
打ちたてのお蕎麦を食べて、元気を充電してから
次々にコースに戻って行きました。

   



栂池自然園


栂池自然園公式ブログ「栂池自然園日記」 ←こちらをクリック

トレッキングレポート ㈱スノーナビさんのホームページ
            栂池自然園をはじめ、白馬周辺のレポートが充実しています

今日お出かけになった皆さんからの情報では、
ニッコウキスゲが当たり年で満開だったそうです。