2018年01月のナックナンバーです


   ホテル雪倉は、

    北アルプス白馬連峰を一望できる和室13室の小さな旅館で、
    栂池温泉 元湯栂の森荘 のすぐ隣りにあり、家族で経営しています。

    ご家族連れの皆さまをはじめ、中高年や職場仲間、北アルプス登山の
    皆様に多くご利用をいただいています。




   ホテルという言葉は、
    もともと「旅人をもてなす」とか「親切にしてさしあげよう」
    という意味から出た言葉だそうです。雪倉はこの
    「親切にしてさしあげよう」という気持ちを大切に心がけています。



*****   1月03日(水)  *****



あけましておめでとうございます

新しい年が皆様にとって希望に満ちた素晴らしい年になりますよう お祈り申し上げます



ゲレンデの状況は2つ上の枠内の
栂池高原スキー場リフト運行状況と、ゲレンデ状況からご確認ください。

ゲレンデ状況

今日1月3日(水) 9:00現在
ゴンドラリフト終点付近の積雪は 280cm 気温マイナス12度
ゴンドラリフト乗り場付近     125cm

快適なコンディションで全面滑走可能です。

ゲレンデの状況はこちらから

栂池高原公式ホームページ     栂池高原の公式ホームページ

    栂池高原スキー場 リフト運行状況  スクリプトエラーが表示された場合は はい(Y)をクリックしてください

    栂池高原スキー場 ゲレンデ状況   スクリプトエラーが表示された場合は はい(Y)をクリックしてください

このページの上の方、薄い黄色の枠内と同じものです。


新しい年を迎え、スキーやスノーボードをお楽しみになるお客様で
ゲレンデも当館もにぎわっています。
写真を何点かと思ってはいたのですが、ずっと素晴らしい天候には恵まれません。
良く雪が降ります。時々陽も射すのですが長続きせず、
風も吹いたり、結構寒い毎日です。
山が見えたり、キラキラの銀世界が見えるような写真が撮れたら掲載しますね。



当館で扱っているリフトの割引券などの情報

こちらをクリック

本来は宿泊料金とリフト券をパックにして利用して欲しい という
索道会社(リフト会社)からの要望があるのですが、
当館では単体での扱いをしています。
不正ではありませんが、大々的に広報もできない状況をお含み置きください。




安曇野ちひろ美術館 
今年は美術館の改修工事のため、11月8日(水)から冬の休館です。

来年は3月1日から いわさきちひろ生誕100年の催しです。
詳しくはこちらをクリック






*****   1月10日(水)  *****


 

 1/10 10:20撮影

新しい歳を迎え、朝日に輝くゲレンデの写真を・・と思っていたのですが、
なかなかチャンスがありませんでした。

年末年始は大荒れの天候はありませんでしたが、青空になることもなく、
雪が降ったりやんだりの天候が続きました。
昨年・一昨年と2シーズン続けて雪不足の年末年始でしたが
今年は充分な降雪に恵まれて、皆さんスキーやスノーボードを
お楽しみいただけたことと思います。

今日1月10日 9:30の積雪は
ゴンドラ終点付近 270cm  乗り場付近 110cm


写真を撮影していなかったので、今日は午前中に撮った雪景色の写真を掲載します。

    


    


    





一昨日8日の夜から雨になりました。1月の初めに雨とは・・・・・
ちょっと考えられない天候ですが、これからはこんなこともあるのだろうなぁと
日本中いや世界中の天候が変化してきているようなことを感じます。
9日の朝には上がりましたが、駐車場の雪はザクザク。
車の通行が困難になってしまいました。
そんな雪を?いで(はいで)舗装路面が見えるまでの作業をしました。
水分を含んだ重い雪です。除雪機(重機)のありがたさを実感。

今日は朝から雪で、見る見るうちに積もっていきます。
また気温も下がり、ゲレンデも良い状態に戻ることでしょう。
天気予報ではしばらく雪、週末は良くなりそうです。







*****   1月17日(水)  *****


 

 1/15 7:10

1月14・15日(日・月) 年が明けてからやっと山がきれいな姿を見せてくれました。
「今日はいいなぁ」と思える日は1月になってから3回、
15日の朝はやっと朝焼けの写真を撮ることができました。


    

 白馬三山                        五竜岳
                               手前は八方尾根スキー場 兎平・黒菱付近


    

 鹿島槍ヶ岳                       左:唐松岳 と不帰の剣(かえらずのけん)
                               手前は白馬岩岳スノーリゾート 岩岳頂上付近





一昨日の15日(月) 朝焼けの写真を撮った日はずっと良い天気、
翌16日(火)は暖かく、雪はゆるみました。
そして今日17日(水)は朝から雨。見事に天気予報通り。
8日の夜から翌朝にかけて雨が降りましたから、今年で2回目の雨です。
雪はザクザク。
でも週末は冷えてきてお天気も良さそう、期待できそうです。



オマケ

    

 1/12 桜の木(オオヤマザクラ)           1/15 集落のたたずまい







*****   1月24日(水)  *****


 

寒いです

この冬一番の寒気団来襲、そして長居をするとか?
一昨日の22日、関東では雪が降り、東京は交通機関が大変だった様子です。
日本列島の南岸を低気圧が進むと、このような現象が起こるようですが、
そもそも東京に雪が降るのは3月の末、東京に雪が降ると春が近いなぁと
わたしの小さい頃はそのような記憶があります。
今は1月でも東京に雪が降るのは珍しいことではなくなってしまったようです。

昨日23日は、草津温泉の白根山が噴火。噴石で死傷者も出てお気の毒なことです。
白根山と聞いていたのですが、噴火したのは本白根山(もとしらねさん)
スキー場のロープウェイも被害がありました。そしてゲレンデも規制区域に。
同じスキー場の関係者としては、まさかゲレンデ近くで噴火がおこるとは・・・とびっくり。
こちらは火山はありませんが(白馬乗鞍岳はもともとは火山だそうですが・・・)他人事ではありません。
草津には友人もいるし、ゴンドラのかかっているゲレンデは当分閉鎖せざるを得ないだろうし。

草津でも歴史のある自転車のヒルクライムレース
(登りだけのタイムを競う大会 ツール・ド・草津)があります。
今年は4月15日の日曜日に開催することになっていますが、現在大会の可否を検討中とか。
当地で開催されるつがいけサイクルクラシックの開催要項を草津の参加者に配布していただいたり、
お世話になっている大会ですから、関係者の気持ちを考えると、こちらも他人事ではありません。
無事開催できることをお祈りしますが、どうなることでしょう。

一日も早く火山活動がおさまり、平穏な日々が訪れることを祈ります。



雪情報

ニュースや天気予報で言うほど、こちらは大変な雪ではありません。
降り続いてはいますが、強風rで一部のリフトが運休するとか、
目立った影響はありません。
ただ気温は低いように感じます。

    

 食堂から見る合歓の木                玄関の郵便受け






*****   1月31日(水)  *****


 

 1月28日(日) 久しぶりの青空
           当館西側の屋根 風が強かったので雪はせり出し
           きれいな雪の波模様が。
  「シュカブラ」 風の影響によってできる雪面上にできる波のような紋様
           ノルウェイ語で skovla は「波」を指すそうです。

   


スノーシューツアー

北アルプス燕岳(つばくろだけ)頂上付近にある
燕山荘(えんざんそう)主催の 栂池自然園大パノラマスノーシューツアー
その第1回目が 27・28日(土・日)に開催されました。
28日の午前中は晴天、朝方は久しぶりにきれいな北アルプスの山々を見ることができました。

   

朝8時 当館前で出発前のひととき。

スノーシューツアーの様子は、燕山荘通信 こちらをクリック
楽しそうな様子がご覧いただけます。

燕山荘通信から写真を2点お借りします。

   


今年の冬はなかなかパッと晴れません。
15日からの週は雨が降ったり、22日からの週は吹雪(ふぶき)の毎日。
しかもとても気温が低く、寒い日々でした。
この雪のおかげで、ちょっと少なくなっていたゲレンデの雪も
平年並みに戻り、現在コンディションは良好です。



オマケ

 

リフトの搬器(はんき 腰掛部分)に積もった雪
ちょっと重たそう  1/31撮影