2016年01月のナックナンバーです


岩岳山頂付近と不帰の剣(かえらずのけん)


   ホテル雪倉は、

    北アルプス白馬連峰を一望できる和室13室の小さな旅館で、
   栂池温泉 元湯栂の森荘 のすぐ隣りにあり、家族で経営しています。

    ご家族連れの皆さまをはじめ、中高年や職場仲間、北アルプス登山の
   皆様に多くご利用をいただいています。




   ホテルという言葉は、
    もともと「旅人をもてなす」とか「親切にしてさしあげよう」
   という意味から出た言葉だそうです。雪倉はこの
   「親切にしてさしあげよう」という気持ちを大切に心がけています。



*****   1月06日(水)  *****



  
あけましておめでとうございます



* 速報 1月8日(金)8:35
*   この週末お越しくださる皆様へ

* 7日は期待したほどの降りはなく、当館前で今朝までに10cm程の積雪でした。
* おだやかな朝を迎えていますが、午後から明日の朝方にかけて雪の予報が出ています。
* 皆様がご到着なさる朝方には、まとまった雪が積もっていてくれることを期待しています。

* 栂池高原のリフト運行状況、ゲレンデ状況などは
* 栂池高原の公式ホームページからご確認ください。

*   公式ホームページ

*   リフト運行状況

*   ゲレンデ状況

* 速報は以上です。



      
   1月6日 11:30撮影

困りました。今日の更新は難しい。
ご覧のように当館前に雪はほとんどありません。
除雪車もまったくと言って良いほど仕事をしていません。

雪不足で厳しい年末年始でした。
12月26日からたくさんのお客様にご利用いただきましたが、
ゲレンデ状況は良くならず、
年が明けてからは日中暑いくらいの日が続き、
日に日に条件が悪くなってしまいました。

天気予報では明日7日(木)から11日(月)にかけて雪のマークが出ています。
週末は寒波が来るとのことで、大いに期待をしています。
今週末、成人の日連休には間に合ってくれることと思います。

ライブカメラなどでは、うっすらと雪が積もっている状態でも真っ白に見えますので、
ゲレンデは大丈夫かな?と思われるかもしれませんが・・・
決して良い状態ではありません。

現在 ハンの木コース、白樺ゲレンデなどは滑走可能となっていますが、
当館では栂の森やハンの木コースの上部で滑って、ゴンドラリフトを使って
下山することをお勧めしています。

というわけで、以上のような状況です。きちんと現状をお伝えしておかないと、
せっかく遠くからお越しいただいたのに、「これしか雪がないの?」と
言われるのが一番つらいので、正確な状況をお伝えします。

下の写真は昨年の1月1日のもの
去年はこんなに積もっていたのに・・・
  


ゲレンデ状況は、栂池高原のホームページからご確認ください。
 ・ どのゲレンデが滑走可能か
 ・ リフトの運行状況はどうか など こちらからご確認ください。




野沢菜漬け

当館で夕食時にお召し上がりいただいている野沢菜漬け、
種まきから収穫、漬け込みまですべて自家製ですが、
今年は漬け込みが終わった11月上旬から暖かかったので、
もう春のような色と味になってきています。
上手に説明するのは難しいのですが、
色は飴色(あめいろ)と呼んでいて、緑から茶色系に変わり、
味は酸味が強くなってきています。
味は好みですから、どちらが良いとか悪いとかという問題ではないのですが、
酸味が出てきているのは事実です。

しょうゆ漬けも朝の食卓に並びますが、
こちらも味がいつもと違ってしまいました。
そこで昨日5日、畑に残しておいた野沢菜を収穫しに行ってきました。
畑は白馬岩岳スノーフィールドのゴンドラ乗り場のすぐ近くなのですが、
こんな時期に畑が見えていること自体が異常なことです。
少しだけ積もっている雪をそっとどかして収穫してきました。
ゴンドラに乗っている人は、きっと「何をしているんだろう?」と思いながら
作業を見ていたんだろうと思います。
今頃畑に行くなどということは、前代未聞ですね。




お得なリフト券


当館ではお得なリフト券をご用意しています。
リフト券の出札窓口でお買い求めになるより、割引があるのでお得です。
前売りリフト1日券 と 前売りパック券は
数に限りがありますので、売り切れの際はご容赦ください。

当館で取扱いしているリフト券などはこちら






*****   1月13日(水)  *****


速報 1月18日(月)21:05
状況をお伝えします。

今日18日午前9時現在の積雪量は 
ゴンドラリフト終点付近で150cm, 乗り場付近で50cm です。


朝当館前で新雪は20cm程、湿った重い雪でしたが、それでも充分ありがたい!
そんな気持ちでした。
お昼ごろには雨模様になりました。
高速道路は中央道や関越道が一部通行止めになりました。
大町市や松本市でも同じくらいの積雪があったようで、
このような状況を私たちは「南雪(みなみゆき)」とか「上雪(かみゆき)」 
(「かみ」は漢字で書くと「上」で良かったと思います)と呼んでいます。
これは春になると現れる現象なのですが・・・
今年はもう春が来てしまうということでしょうか?
いえいえ、明日からの雪にも大いに期待したいところです。

以上 1/18  速報です。

次回の更新は、一日遅れで 21日(木)を予定しています。




速報 1月17日(日)17:40
ゲレンデ状況をお伝えします。

今日17日午前9時現在の積雪量は 
ゴンドラリフト終点付近で135cm, 乗り場付近で30cm です。


チャンピオンクワッド以外のリフトは運行しています。
下の写真のちょうど真ん中あたり、鐘の鳴る丘の右側は
まだ草(茅 かや)が見えていまます。

    

    右の写真 田んぼも刈り取った稲の株の7部分のデコボコが見えます。
    いずれも今日17日 9時過ぎの撮影

全面滑走可能ということになっていますが、チャンピオンゲレンデの急斜面はまだ滑れません。

今週はかなりの寒気団が来そうですし、気圧配置も冬型になりそうなので、
まとまった降雪が期待できそうです。

以上 1/17  速報です。

次回の更新は、一日遅れで 21日(木)を予定しています。



速報 1月15日(金)17:30
ゲレンデ状況をお伝えします。


今朝は当館前で10cm程 積もっていました。

今日15日午前9時現在の積雪量は 
ゴンドラリフト終点付近で144cm, 乗り場付近で30cm です。

午後 様子を見に行ってきました。
ハンの木コースは、ハンの木第3クワッドリフト沿いの急斜面の一部にブッシュが出ています。
白樺ゲレンデも途中の一部にブッシュが出ています。
丸山ゲレンデは良い状態です。
鐘の鳴る丘第2ゲレンデ(スカイライナーW沿い)は雪が少なくコーズ幅が狭いものの、
充分滑ることができます。
チャンピオンクワッドリフトはまだ運行されていません。

個人的な感想 : もっと状態が悪いと思っていましたが、これならそう心配してことはありません。
           思っていたよりもずっと良い状態で、安心というかホッとしています。
一昨日、昨日と滑っている方に聞くと、昨日よりはずっと状態が良くなっているとのことでした。

以上 1/15 速報です。





以下  1月13日(水)  17:50  定期更新の分です


ゲレンデ状況をお伝えします。

今日13日午前9時現在の積雪量は 
ゴンドラリフト終点付近で129cm, 乗り場付近で30cm です。
チャンピオンゲレンデを除いて全面滑走可能ですが、
ブッシュが出ているところや、積雪の少ないところもあります。
リフトはチャンピオンクワッド以外は運行されています。

上部の栂の森ゲレンデと、ハンの木高速ペアリフト沿いのコース以外では、
新しいスキーやボードでの滑走はお勧めできません。

 * 栂池高原のリフト運行状況、ゲレンデ状況などは
 * 栂池高原の公式ホームページからご確認ください。
 *
 *   公式ホームページ
 *
 *   リフト運行状況
 *
 *   ゲレンデ状況


お正月以降、まとまった積雪がありませんので、
ゲレンデ状況に大きな変化はありません。
ただ天気予報通りに降ってはいます。
それが残念ながら、たくさん積もるような降り方ではないのです。
それでも少しずつ降っていますので、現状が維持できているような状態です。

明日、明後日の雪予報と、週明けの強い寒気団に期待したいところです。




ストライダー

写真をご覧ください。
成人の日連休にお泊りいただいたお客様の持ち物です。
小さなお子様がこれを使っていました。
ストライダーという商品名ですが、とても良くできています。
何がというと、タイヤにスキーを履かせるというか、取り付けるというか・・・
これで雪の上を滑ることができます。

ストライダーのホームページはこちら

   

     

バランス感覚が良くなり、自転車にもスムーズに乗れるようになるとのことでした。
車体はしっかりしていて軽く、ノーパンクタイヤなので長持ちしそうです。



良い情報をお届けできないのが残念ですが、
まだHAKUBAVALLEYは天然雪で滑れる条件としては良い方です。

この週末にご予定を立てていらっしゃるお客様、
ゲレンデ情報をご確認の上お出かけくださいますようお願いします。







*****   1月20日(水)  *****


20日の更新には間に合いましたが、
写真がありませんので 明日再度写真を掲載したいと思います。

今日20日午前9時現在の積雪量は 
ゴンドラリフト終点付近で228cm, 乗り場付近で80cm、
初めて2メートルを超えました。

北海道東部をはじめ各地で大荒れになりました、
実は昨日の朝から今晩まで関西方面に出かけており、
昨日はJR北陸線経由で向かう予定でしたが、
強風で福井石川県付近が運休ということで
急きょ 松本から名古屋経由で出かけました。

今晩帰ってきた来るときには、雪で車が入れないくらい
積もっているかもしれないと覚悟して出かけましたが、
アレッ? 思ったほどは積もっていませんでした。
玄関前で30cmくらいでしょうか。
それでもフカフカの雪で、今シーズンでは一番の積雪量と、
雪質であることは間違いありません。

八方尾根は 上部 165, 下部55cm
白馬岩岳は 上部 150, 下部50cm です。(20日午前9時現在)

この週末からはやっと気持ちよく滑ることができそうです。
予報ではまだ降り続きそうなので、
もっと積もってくれることを期待しています。

もう新しいスキーやボードでも大丈夫でしょう。




1月21日(木) 21:50 写真5点追加


 

ようやく冬らしくなりました 21日 12:45撮影


      
  当館前から体育館方面                 牛方宿(うしかたやど)


      
  牛方宿のつらら





*****   1月27日(水)  *****


  

いつもの景色になってきました 26日 11:00撮影

24・25日(日・月)と降った雪で、いつもの景色になってきました。
積雪量は例年より少ないものの、ゲレンデは滑走にまったく支障はありません。
そして先週はずっと冷え込んでいましたので、雪質も良好!
でも今までが暖かかったので、冷え込んでいるように感じられますが
これが普通の冬の気温なのかもしれません。



 
 日の出前 一六夜の月のようです 26日 6:30

 

     
 白馬鑓 お昼ごろになると太陽光線の関係で、山のヒダが出てきます
 朝よりは迫力のある写真が撮れるように思います  26日 11:30撮影



雪中キャベツ収穫体験

24日の日曜日午後、小谷村のJR南小谷駅東側の伊折(いおり)集落へ
雪中キャベツの収穫体験に行ってきました。
雪中キャベツというのは、、根を付けたまま雪の中で熟成させたキャベツで、
甘みがたっぷり蓄えられます。
以前は雪中甘藍(せっちゅうかんらん)と呼んでいました。
生でかじってもその甘さはしっかりとわかります。
蒸した調理ではさらにその甘さが増すように思われます。
作付け自体が少ないのでなかなか手に入らないのですが、その収穫体験ができます。
お問い合わせは当館まで。



     
24日の日曜日午後、小谷村のJR南小谷駅東側の伊折(いおり)集落へ
雪中キャベツの収穫体験に行ってきました。
雪中キャベツというのは、、根を付けたまま雪の中で熟成させたキャベツで、
甘みがたっぷり蓄えられます。
以前は雪中甘藍(せっちゅうかんらん)と呼んでいました。
生でかじってもその甘さはしっかりとわかります。
蒸した調理ではさらにその甘さが増すように思われます。
作付け自体が少ないのでなかなか手に入らないのですが、その収穫体験ができます。
お問い合わせは当館まで。

     
 集落から畑へ、地区の人が案内してくれます    目印の竹ポール、さっそくスコップで掘ります



        
 ある程度掘ったらあとは手でそっと掘り出します。 この大きさ、4kg超

収穫が終わった後は、「ゆきわり草」という古民家を改装した地区の施設で「おこひる」。
おこひるというのは、農家の軽食のこと。
お茶の時間に おやきや餅など、ちょっとおなかにたまるものを食べて、
農作業を続けるための軽い食事というか、お茶の友というか、そのようなものです。
今回は、杵と臼でついたお餅を使った「おしるこ」と、
小谷名物「こしょう漬け」(ピリッと辛い漬物 大根とキャベツの2種類)
黒豆の煮物(地区のおばあちゃんの作ったもののようでこれが大変おいしい)
それから野沢菜漬け。
地区の人の話を聞きながら、楽しいひと時を過ごしてきました。
お土産は収穫したキャベツを一人2つずつ。