2015年08月のナックナンバーです



夏  の  雲


   ホテル雪倉は、

    北アルプス白馬連峰を一望できる和室13室の小さな旅館で、
   栂池温泉 元湯栂の森荘 のすぐ隣りにあり、家族で経営しています。

    ご家族連れの皆さまをはじめ、中高年や職場仲間、北アルプス登山の
   皆様に多くご利用をいただいています。




   ホテルという言葉は、
    もともと「旅人をもてなす」とか「親切にしてさしあげよう」
   という意味から出た言葉だそうです。雪倉はこの
   「親切にしてさしあげよう」という気持ちを大切に心がけています。



*****   8月05日(水)  *****


  
暑中お見舞い申し上げます


  
 
 夏真っ盛り   撮影 8月3日 7:10

 栂池高原のゴンドラリフト、これに乗車して白馬大池や白馬岳に向かう登山者のために、
 夏期は早朝より運行をしています。早い日は6時30分から。


今日はオオウバユリのお話しです

     
 
 全体                                花

   
   葉(枯れかかっています)

オオウバユリ(大姥百合)
 栂池高原ではよく目にします。
 国内では本州中部以北 北海道の山地に自生しているそうです。
  (本州中部以南のウバユリより大型で花の数も多いことから
   オオウバユリの名になった)

 名前の由来はウバユリ(姥百合)で、茎が伸びて花の咲く時期には葉(歯)が枯れてしまうことから、
 ウバユリの名がついたとのこと。
 姥(うば)とは乳母(うば)のことで、乳児に乳を与え養育して、成人(花が咲く頃)には
 年をとり歯が抜けてしまう(歯がない)ことから、ウバユリの名がついたそうです。
 つまり、花が咲く頃には葉が枯れてしまう(歯が抜けてしまうおばあさんのよう)と言うことでしょうか?

 誰が指示をしたわけでもないのに、地区の草刈り作業のときには
 不思議とオオウバユリを切らずに残しておきます。

 葉が大きいので、オオバユリ(大葉百合)とも言う と聞いたことがありますが・・・。

 かつてアイヌの人々は、この鱗茎(りんけい ※)からでんぷんを取って貴重な保存食にしたそうです。
   ※ 鱗茎 = 地下茎の一種 ユリ、タマネギ、チューリップなど



 

 
あれっ何で自転車? と思われるかもしれませんが・・・・・
 スワコレーシングの皆さんが8月1日の土曜日、
諏訪湖畔の茅野市から国道だけではなく、山道に入り、峠道を越え、
120Km余りを走って泊まりに来てくださいました。
中学生から70歳を越えるベテランの方まで、自転車っていいですね。
また来年もお待ちしています。ありがとうございました。



栂池ウッドチップロードにて


     
 
ツキミソウはだいぶ上のほうに花がついています。      一方 ススキの穂ヶ膨らんできました。
 そろそろ終わりの時期を迎えるのかな?




白馬Alps花三昧

 7月1日から「白馬Alps花三昧(はなざんまい)」という催しが始まっています。
「白馬山麓の夏を彩る可憐な花々」をテーマに
白馬山麓は今年も花で皆さんをお迎えいたします。
期間は8月31日まで。


詳しくはこちらをクリック 白馬Alps花三昧



栂池自然園

詳しくはこちらをクリック

栂池自然園 小谷村のページより

栂池自然園 鰍ィたり振興公社のページより

栂池自然園最新動画  The most beautiful place in Japan 鰍ィたり振興公社のページより
                 定点カメラで撮影した12分余の映像です

栂池自然園公式ブログ 栂池自然園日記

ネイチャーワールド栂池高原 白馬観光開発(梶jのページより






*****   8月12日(水)  *****



 残暑お見舞い申し上げます

     
立秋を過ぎて、涼しくなりました。でも残暑はこれからかもしれません。


  

 
 玄関付近の朝顔 ヘブンリーブルーという品種です  8月6日撮影


       



今年も元気 ミニトマト

     

 収穫の時期を迎えています。
八ヶ岳山麓の佐久穂町に住んでいる友人から、毎年苗を分けていただいています。
こちらの土と気候に良く合うのか、毎年たくさんの実を付けてくれます。
葡萄(ブドウ)の房みたいだと思いませんか?

       

   ラブリーサクラという品種だそうです   8月12日撮影  
   トマトなのですが、野菜と言うより果物に近い味がします。
   毎年苗を用意してくださっている由美ちゃん、今年もありがとう。


スノーモンキー  夏編

 志賀高原の上り口、山ノ内町渋温泉の野猿公苑、
冬になると温泉に入りに来る「スノーモンキー」という名前で有名な猿。
特に外国人には絶大な人気で、白馬からは毎日スノーモンキー見学ツアーのバスが出るほどです。
この時期も温泉に入るのかな?と、お客様というか友人と見に行ってきました。
やはり温泉に入るのは冬のようです。
冬と夏では温泉の温度を変えているそうですが、やはり冬の寒いときが良さそうです。
川で水遊びもしていました。


     
 写真の左下 温泉の蒸気が噴出しています

      
  気持ち良さそう



オマケ


  

  
右下の建物は当館むかいの体育館 8月7日 18:50撮影






*****   8月19日(水)  *****


     立秋を過ぎてからは今のところ残暑もなく、とても涼しい毎日です。


 
 

  8月15日撮影


秋の気配


 ススキの穂も出て、秋らしくなりました。
朝夕は寒いくらい (ちょっとオーバー?) とても涼しくなりました。

       


 ウッドチップロードはこんな様子です

      
 
 花盛りはこの花


         

  しっかり確認して来なかったのですが、タラの木だと思います  すぐ横のグランドでは合宿の真っ最中
  葉っぱの上から、今年のツブツブが出ています。


いも掘り始まりました

      

 13日からいも掘りを始めました。
今年は夏の天候が落ち着いていたためか、できは良さそうです。
これはトカチコガネという品種です。
いもほりをすませた畑には、9月2日に野沢菜の種を蒔きます。
 その前に、大根の種まき(22・23日ごろの予定)をします。
どちらも冬の食卓に上がるものです。






*****   8月26日(水)  *****


   
 芙蓉(フヨウ)の花です
 右の旗に注目! そうです 毎年恒例の「かかし村」
 今週から連載します


かかし芙蓉祭り 1

 

 
「ようこそかかし村」と書いた紙を持って、
 子どもたちが出迎えてくれました


       
    今年は村議会議員選挙の年、                「かかし芙蓉祭り」のポスターが掲示されていましたが、
    定数4人に対し、6人が立候補しているとの事。      これはここに貼ってはいけないんですよねぇ。
    掲示板には「8月22日(土)」と記されていますが、
    その下に赤い文字で「投票日は?」と小さく・・・・・
    投票はいつ行われるのでしょうか?
    この写真に写っている人はみんなかかしです。
    おばあちゃんたち、今年も元気そうですね。


       
  「安保法案反対」「TPP交渉反対」と世相を反映した札を持って・・・
  なかなか立派と思いきや、
  「清き一票と新米一俵と交換します」と書かれた 票の取りまとめ受付場所もあり、
  なお、「飲食接待有り」と書かれています。  すごいですねぇ。

これらのかかしは「かかし上げ」まで、そのままここに置いておくのですか?とおたずねすると、
「それぞれのお家の田んぼに帰ったり、他所に貸し出ししたり、今日だけだよ」とのことでした。
「かかし上げ」と言うのは、稲の収穫が終わると、かかしを家に持ち帰って庭に立て、
一年の労に感謝してから田の神様が山に帰るのを見送り、
かかしの笠を燃やして焼き餅を作り、桟俵にのせて供える
という、
長野県や山梨県の一部で行われている行事だそうです。
今年は10月の下旬に行われると思います。


 次回に続きます。次回は立候補者をご紹介します。



お盆過ぎ

お盆をすぎてからも、ずっと涼しい日が続いています。
いもほりも無事終了。
24日(月)に大根の種を蒔(ま)きました。
あわせて春菊・ほうれん草・冬菜の種も蒔きました。
今週は野沢菜の種を蒔く準備(畑の肥料や畝(うね)たて)をして、
9月2日に種まきの予定です。