ホテルのホームページへようこそ       ここは中部山岳国立公園 北アルプスのふもと


施設と見どころ

交通のご案内

ご宿泊料金
空室状況とご予約

メール



   ホテル雪倉は、

    北アルプス白馬連峰を一望できる和室13室の小さな旅館で、
    栂池温泉 元湯栂の森荘 のすぐ隣りにあり、家族で経営しています。

    ご家族連れの皆さまをはじめ、中高年や職場仲間、北アルプス登山の
    皆様に多くご利用をいただいています。




   ホテルという言葉は、
    もともと「旅人をもてなす」とか「親切にしてさしあげよう」
    という意味から出た言葉だそうです。雪倉はこの
    「親切にしてさしあげよう」という気持ちを大切に心がけています。







     ===  お役立ち情報はこちらをクリック  ===

     天気予報  長野県 小谷村  (yahoo提供)

     栂池高原公式ホームページ     栂池高原の公式ホームページ

       栂池高原スキー場 リフト運行状況
       栂池高原スキー場 ゲレンデ状況

     ライブカメラの映像と最新情報   小谷村のホームページ

     小谷村観光連盟           小谷村の観光情報

     白馬岳 蓮華温泉ロッジ       新潟県糸魚川(いといがわ)市、中部山岳国立公園内にある秘湯
     




      ゆ き く ら              きたあづみ おたり つがいけ
      ホテル
  〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村栂池高原

                    正しくは      おたり   ちくにおつ
               長野県北安曇郡小谷村大字千国乙496-2

        TEL 0261-83-2231  FAX 0261-83-2232
        E-mail  yukikura@valley.ne.jp  
        URL   http://www.valley.ne.jp/~yukikura/





更新   1月16日(水)  16:30 原則として毎週水曜日更新です



 

 アーリーモーニング 1/14 6:40

からまつ、白樺のナイターゲレンデを使ってのアーリーモーニング
6:30からリフトの営業が始まります。
今後は2月11までの毎日曜日の朝実施します。(2月3日は除く)

この日は当館にご宿泊のお客様のうち、9名の方がお出かけになりました。
前日の13日は2名様が。
「ナイターよりずっといい!」という感想です。
理由は、バーンの整備が完璧だから。前日の営業が終了してから
バーンを整備するので、朝一番はきれいなバーンで滑ることができます。
さらに、一日券やシーズン券でリフトの乗車ができます。
アーリーモーニング用のリフト券はありません。

ただ6時30分から滑っても、朝食には戻ってきていただかなくてはいけません。
朝食なしで、ずっと滑っていただくこともできますのでご相談ください。


 



朝焼け 1/15 7:00

アーリーモーニングの翌日15日(火)の朝は素晴らしい朝焼けを見ることができました。

   

当館食堂からのものです。
ちょうど早い方の朝食が始まる時刻。
午後からは曇り空になりましたが、
この成人の日連休はおだやかな天候に恵まれました。

今日16日は雪が降っています。少しずつですが積もっていて、
明日の夕方からはまとまった雪が期待できそうです。
例年より積雪量はかなり少ないのですが、滑走に支障はありません。


今日 1/16 の積雪情報  (単位cm)

 栂池高原スキー場
        ゴンドラ終点付近   160
        ゴンドラ乗り場付近  70
 白馬八方尾根スキー場
        黒菱        165
        兎平        120
 白馬岩岳スノーフィールド
        山頂付近      130
        山麓         60


当館で取扱いをしているリフト券 料金表はこちら

早割前売りリフト券と、食事券がセットになったパック券は、売り切れです。

1日券、1,5日券、2日券、2,5日券はカード型のリフト券をご用意していますから、
直接リフトにご乗車いただけます。(リフト券売り場に立ち寄る必要はありません)

これらのリフト券は、宿泊とセットにして販売することを目的にしていますが、
当館ではセットにしないで、単品で扱っています。
お泊りいただいたお客様にしか販売はできません。


安曇野ちひろ美術館 

3月末まで冬期間の休館中です。

ちひろ美術館のホームページはこちら



雪倉のホームページ 過去の記録(バックナンバー)はこちら
2015年・・ 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月  ・・2015年
2016年・・ 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月  ・・2016年
2017年・・ 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月  ・・2017年
2018年・・ 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月  ・・2018年
2019年・・ 01月

注意とおわび 過去の記録(バックナンバー)を開くと、明らかに違った写真が入っていることがあります。
         カメラの機種を変更したからかと思いますが、同じ番号で写真が取り込まれると、
         新しい写真に変わってしまうのが原因かもしれません
         ご了承ください。


================================================================================================================