トップ>安全装具

 チェンソーを使用する現場は危険が伴うことが多いです。しっかりした装具を見につけることにより体を守るとともに、信頼できるものを身に着けることで作業に集中でき効率よく仕事が進むと思います。機能はもちろん、最近の商品はカラフルでオシャレなデザインになっております。スタイル別にご提案します。
 きこりスタイル (洋風)
ヘルメット ハスクバーナヘルメットは「フェイスガード」「イヤマフ」の装備されたチェンソー作業には最適で、安全、機能的です。

作業ウェア 山林作業時の作業服は色が重要です。作業者がどこで作業しているか他の作業者が見分けやすいように派手な色が有効です。事故防止につながります。

手袋 丈夫な革製で通気性のあるものがよいでしょう

安全ズボン ソーチェーンを絡めて止める特殊繊維の内蔵しているズボン。万が一高速回転しているチェンソーが触っても瞬時に回転を止め脚を守ります。

作業靴 つま先に補強があり靴底がしっかりしたものが良いでしょう。


 きこりスタイル (和風)
ヘルメット用面防 普段かぶっているヘルメットに「フェイスガード」を後付けできます。

防振手袋 機械から出る振動は身体に有害です。
手袋にも振動を軽減する工夫を用いた手袋が「防振手袋」です。

前掛け 丈夫な生地でできたチェンソー作業前掛け。

作業靴 山林での斜面を軽快に行動できる靴。靴底はスパイク。


 草刈りスタイル (女子)
フェイスガード 草刈りをしていると刈り取った草や小石、砂ホコリなど飛散します。障害物より特殊メッシュにより顔を守ることができます。

肩バンド 刈払機は毎年軽量化が進み以前よりだいぶ軽くなってきていますが草刈作業は長い時間行うこともあり人体(特に肩)にかかる負担は大きいです。肩バンドを変えることにより快適に作業ができます。

手袋 革製で通気性のあるものがよいでしょう。振動軽減手袋がおすすめです。

作業エプロン 草刈りをしていると刈り取った草が衣服を汚してしますので軽くて丈夫なエプロンを装着して作業しましょう。

くらげ君 刈り取った草や小石を刈払機に装着した板によりガードします。上部は丈夫な板、下部は透明のゴムなので刈取る場所は作業者から良く見えます。

ナイロンコードカッタ 特殊なナイロンコードにより、草を刈ります。チップソーなどでは刈りづらい場所(石の多い場所など)に有効な道具。


 草刈りスタイル (男子)
フェイスガード イヤマフ付のフェイスガード。障害物より特殊メッシュにより顔を守ることができ、機械から出る騒音をカットするイヤマフが付いています。

両肩バンド 刈払機の重量を両肩に分散する両肩用の肩バンド。バックルにより着脱は簡単に出来ます。

手袋 革製で通気性のあるものがよいでしょう。振動軽減手袋がおすすめです。

スネガード 草刈りをしていると石や障害物が足元に飛んでくることがあります。スネ部分を丈夫な素材でガードするものです。最近チップソーから脚を守る商品も出ました。