高気密高断熱と設計の自由度の高さを生かし、お客様に“世界にひとつだけの住まい”を考えています。

GLホーム松本店・諏訪店/株式会社ウィズケーズ
GL Style
会社概要 お問い合わせ パートナー サイトマップ

GL’s コンセプト

GL’sデザインギャラリー

仕様

GL’s 施工事例

2×4の住まいづくり

エコロジー × GL

健康 × GL

リフォーム

保証体制

家づくりの流れ

お客様の声

展示場のご紹介

FAQ

Staff's Diary

社長の徒然日記

スタッフ紹介

社長の徒然日記

初夏のような、そんな気がする今日(5月6日)です。

大型連休も終わり、いよいよ5月が本格的にスタートしました。 
私は、毎年この大型連休に決算を組んでいます。
おかげさまで前をみて歩ける結果となり、皆様に心から感謝申し上げたいと思います。
ありがとうございました。

連休中の高速道路の渋滞はすごいものがありました。
25キロ・30キロ渋滞…遭遇したことはありませんが、遭遇された方は本当に大変だったと思います。
我々住宅業界ですが、やはりこの連休にいかにお客様とお会いできるかが大きなポイントとなってきます。
モデルハウスを持っている会社は、如何にモデルハウスにきていただくのか、
モデルハウスのない会社は工事中の現場や、完成させていただいたお客様の家や、自身の会社にいかにお客様に来ていただくのかを考え、四苦八苦します。
残念ながら、私ども松本店は、会社に来ていただいて、感じていただく、見ていただく、触っていただく…
このことがあまり出来ませんでした。
お陰様で決算が無事終了しましたので、ここで改装してお客様に見ていただくことの出来る、感じていただくことの出来る、触っていただくことのできるお店に変身したいと思います。
ご期待ください。
工事中はお客様にご迷惑をおかけしますが、お許し願いたいと思います。
そしてもう1つ、新しい会社を作りました。
不動産の会社です。
皆様に心行くまでじっくりと気を使わずに、情報を見ていただくことの出来る環境を作ります。
期待して待っていてください。
そんなこんなで忙しいですが、わくわくです。

三寒四温 よく言ったもんです。

寒かったり、春爛漫だったり。
身体がついていきません。
ただいま58歳。
今年は59歳。
当然来年は…還暦…。
そんな年になりました。
自分自身が還暦を迎えるなどとは思ってもいませんでした。
時間は平等と言いますが、まさにその通りです。
実感しています。
30代には30代の生き方があり、40台・50代にはそれなりきの生き方があります。
でも、よく見ると同じ世代でも生きる様が違っています。
良し悪しの問題ではなく、確かに違っています。
当たり前と言ってしまえばその通りですが、違っています。
58歳の生き方を選択するのか、58歳ではない自分追求する生き方を選択するのか?
今、世の中の流れは相当に速く、変化を実感しなくてはついていけません。
ついて行こうとする自分なのか、ついていくことを否定する自分(自身の生き方にこだわる自分)なのか、
一つの分かれ道のような気がします。
当然、どちらが良いとかという問題ではありません。
私は35歳であり続けたいといつも思っています。
感覚を研ぎ澄まし、常に変化についていき、対応し、自分の触覚を鋭敏にし続けたいと思っています。
だから、いつまでも「年齢よりも、若く見えますね!」と言われ続けたいです。
だから、努力し続けたいと思っています。
還暦なんか…人生これからこれから!!!

フリーズしていました。

とても長い間ブログを休んでいました。
すみません。
心配された方もおられたと思いますが…いませんかね?…
4月1日から新しい期が始まりました。
フリーズやめます。
先日、お客様の引渡式に出席した時、お客様が私の前にこられ、
“握手してください”と言って、手を差し伸べてこられました。
初めてのことでちょっとびっくりしましたが、お客様の手の温もりを感じ本当に嬉しく、
この仕事に携っていて良かったと、心から思いました。
そんな思いを皆さんに伝えたくて…。
フリーズやめます。
またいっぱい書きます。
是非楽しみにしていてください。


4週間で400組のお客様が訪問された街角モデルハウスの見学に行ってきました。

片道250キロの運転でしたが、色々と説明をしていただき、価値のある一日でした。
自分自身がお客様の為に、命をかけてお建てしようとしている家創りとは多少違いましたが、相当に参考になりました。
その会社の社長さんが、長い間暖めてきた想いが存分に表現されていて圧巻でした。
家創りに何を求めるかによって表現方法は変わってきますが、その表現方法が好きなお客様にはピッタリとはまってしまい、「とりこ」になってしまう。
まさにそんな表現が当てはまる素敵な家でした。

企業は生きていかなければなりません。
そのためにはお客様に支持され、喜ばれ、結果として利益を上げ続けなければなりません。
それが使命です。
当然そこで働いている社員にも支持されなければなりませんし、仕事の満足感も感じなければなりません。
でも、そこには社長の「強い意志と意欲」がなければならないと思います。

京セラの稲盛会長が書いています。
 経営者は、人として正しく生き方を貫く理念の浸透こそが重要であり、企業の大小に関係なく「オレ流」でいいと思う。「強い意志と意欲」を持つことが必要。と。

自分自身そんな意欲と意思を持ち続け、夢創り・家創りをし続けたいと思います。

2×6のすばらしさ。

先日、街角オープンハウスに入りました。
とても寒い日、外で仕事をして「なんて信州は寒いのか…」などと思いながら、打ち合わせのため、オープンハウスに入りました。
瞬間的に思いました。
「暖かい」と。
打ち合わせの相手の方はワイシャツ1枚。
冬ですから、当然暖房をしています。
暖かいのは当然ですが、その源が重要です。
大きな家に、蓄熱式暖房機だけ。
たったこれだけでこんなに暖かいの??こんな質問をしてしまいました。
返事は簡単。「はい、そうです。」…
2×6工法ゆえの、なせる業なのでしょう。
時間があったら、いいえ、時間を作って是非実感してみてください。
「百聞は一見にしかず」。
お勧めします。逆に夏は涼しいのです。
私たちは住みごごちにこだわりたいと思っています。
夏涼しく、冬暖かい。
2×6工法がそれを実現します。

アッと言う間に12月。

歳をとると、月日の流れるのが早いと言いますが、まさにその通りです。
1週間の早いこと、1ヶ月の早いこと。
まさに「アッと言う間」です。
やらなければならないことは沢山あるのですが、間に合いません。
決してサボっているつもりは無いのですが、瞬く間に時間が過ぎてしまいます。
夏は本当にあったのか?なんて馬鹿な疑問すら持ってしまいます。
12月もアッと言う間に終わってしまうのでしょうか?
一日一日を大切に生きている実感を感じながら過していきます。

10月27日で58歳になりました。

54歳で出発して、早4年。
まだまだ合格点ではないのですが、なんとか試験にパスできるように皆で頑張りたいと思っています。

28日から30日まで、京都に行ってきました。
GLの研修・ちょっと興味のあるセミナー。
まだまだ勉強しなければならないことがたくさんあり、58歳などとは言っていられません。
刺激を受けると人間若くなるとは思いますが、さすがに3日間の出張は疲れます。
枕が変わっても全く動じない人間なのですが、最終日の朝起きましたら、寝違えて首が痛いです。
振り返るのもままならず、身体全体で振り返っています。
他の人から見ると、少し変でしょうが、頑張った『あかし』を自分自身では悦に入っております。
これからも“我が家を創るがごとく心をこめて”夢創りに邁進します。
みなさんご一緒に夢創りしましょう!!

久しぶりの雨、これでまた寒くなります。

24日の土曜日、久しぶりに高校の同窓会がありました。
卒業して40年。
そんなに時間が経過したとは思いませんでしたが、司会者からそんな話があり、“そうだったのか”と実感しました。
4〜5年ぶりの同窓会です。
久しぶりの友達の顔はなかなかでした。
私をみた友人が「中期高齢者みたいになってきたね」と言いました。
少し“むっと”しましたが、トイレに行って自分の顔を見て納得しました…白髪が増えた…と。
顔艶は、まだまだと自負していますが、やはり白髪は人よりも多そうです。
これは親父からの遺伝なので仕方ないです。
でも、今の自分の顔…好きです。
夢を追っている自分を感じ、それが顔に出ている、そんな気がしてなりません。
自分の顔に責任を持たなければいけない年は、とうに過ぎたと思います。
なかなかそれを実感できず時間が過ぎましたが、なんとなく今そんな顔になりつつあるのかな?と一人ほくそ笑んでいます。
大変な時代でも、どのように受け止めるかによってずいぶん変わってきます。
前向き。
前向き。
そして前向きに。
その気持ちが重要だと思い、常に言い聞かせています。
自分自身に。
町で見かけたら言ってください。
“ちょっといい顔になったよ”と。
満面の笑顔をお返しします。

ネームバリュー

ありがとうございます。
26日・27日両日実施いたしまいsたイベントに30数組のお客様にご来場いただきました。
心から感謝いたします。

住宅の中身、つまり構造には絶対的な自信がございます。
先日、書かせて頂いた通りです。
十数年後の健康診断では、「文句なくどこも悪くありません。」の結果が出ることには自信があります。
インテリアコーディネーターとの楽しい打ち合わせによって、お客様の思いがそこに表現されるインテリア。
自信があります。
価格。
けして安くはありませんが、手の届く範囲で思いを実現できること、「金額とクオリティーのバランス」絶対に自信があります。
デザイン。素敵な外観・お客さんの思いを着実に実現できる。
自信があります。
お客様の思いを実現しようと、ひたすら努力する社員全員の思い。
自信があります。

ただひとつ悔しいのは「ネームバリュー」です。
4年間ひたすら「いい住宅創り」に邁進してきましたが、まだまだ「GLホーム」の名前は広がりません。
「ネームバリュー」はこれからです。

住宅の持つ価値は様々です。
「ネームバリュー」も価値であることに異論はありません。
だから、たくさんの結果を残すことが、お建て頂いたお客様に心から満足頂くことが、「ネームバリュー」の創造につながると思います。
広告媒体への露出。
創造につながると思います。

そして、一番大事なことは「GLホームの家創り」を体感していただくことです。
お客様のご理解をいただき、10月・11月・12月も毎月必ずどこかで体感していただける“イベント”を開いていきたいと思います。
ぜひ、ご来場いただき、体感してください。
ご満足していただける・・・・・・自信あります。

2008年2月4日

シルバーウィークも終わりです。

9月にこんな連休があるなんて「ラッキー」と思われた方がたくさんいらっしゃるかと思います。
20日に東京に用事があり、車で移動しました。
反対方向だから大丈夫と、高をくくっていましたが、状況は違いました。
八王子を過ぎたら渋滞の警告、途中たくさんの渋滞。
結局、新宿で降りて下道を走りましたが、スイスイでした。
選択によっては渋滞を回避できることを知りました。
選択によってはこの経済状況下でも頑張れると感じました。
反対車線は、今までに見たことがないほど混んでいました。
このまま一生動かないのでは…と思うくらいでした。
「1,000円効果」
そして連休。
すごいの一言でした。
どのくらいの人とお金が動いたのでしょうか?
まさに経済効果抜群!の連休でした。
諏訪モデルハウスでは、イベントがあり、たくさんのお客様にご来場いただきました。
ありがとうございました。
素敵な・楽しい、家づくりをこれからしていきます。
なんなりとご相談ください。

2008年1月18日

健康診断

 いつの頃からでしょうか、体の中(健康)が心配になり、毎年必ず実行しています。
このところ異常がなく、安心して仕事に励んでいます。
やはりやらないと心配になり、友達と語るときも「調子はどう?」から会話が始まることも多いような気がします。
どんなに良いものを着ていても、肌がツヤツヤしていないと、健康でないと、輝きません。
それは、体の中の健康が重要です。
つくづく感じます。
 では、家の健康診断は?家の骨組みは?内蔵は?気になりませんか?
どんなに良いものを着ていても、中がしっかりしていないと、病気になる可能性は高くなります。
家もまったく同じです。
長いローンを組み、夢を実現しても、健康診断で、異常が見つかったらどうしようもありません。
何を着るかはとっても大切、気になりますが、どんな内蔵(基礎・躯体・断熱など)かはもっと重要な気がします。
健康なときはまったく気にならない体、何かあっては大変です。
だから堅牢な構造が必要です。
家も人間とまったく同じですね!
まずは160ミリのベタ基礎、そして骨組み・2×6構造・・・
健康診断の結果には、大いに自信があります。

2008年11月20日

お盆も過ぎました。

13日から16日までの4日間、2日間少し仕事をしましたが、久しぶりに休日を満喫しました。
2人の孫が家に遊びに来てくれ、楽しいひと時を与えてくれました。
花火をしたり、テレビ(お子様番組)を見たり、木崎湖まで行って泳いできたり、“アッ”と言う間に時間がすぎました。
本当にゆったりとした時間でした。
本を読もうと家に持っていっていたのですが、本の代わりに孫でした。
そんな中、伊那食品渇長・塚越寛さんの書かれた「年輪経営」という本を1冊だけ読みました。
内容はすばらしく、自分自身の考え方とほとんど同じで、共感しました。
考えを実行できない自分が歯がゆく思い、まさに、「やってやれないことはない、やらずに出来る事はない」を実感し、やっていない自分がそこにいました。
16日付の日経新聞に、新しい企業を創造するには「自己否定の覚悟」も必要ち書かれてありました。
もっと素敵な、いい会社にするには、自分自身の行動を自己否定する必要があるのかと真剣に思いました。
実行し、考える。
パターンの変更も実行かもしれません。

何年ぶりでしょうか?

松本ぼんぼんに行ってきました。
私の姪が子供と遊びに来ました。
目的は…松本ぼんぼんを見ること…。
当日の“足”がなく、お鉢がまわってきました。
最初は駅まで送っていくつもりでしたが、そこは、それ、お祭り好きの私、あの音楽が聞こえてきたらもうだめです。
「しょうがない!一緒に行ってあげるよ。迷子になったら困るから」などと適当な理由をつけて行きました。
久しぶりでしたので、人の多さと熱気に驚きましたが、時間が経つにつれて慣れ、少々興奮してきました。
運転手で行ったのですが、長男参加の連と出くわし、
「ビール飲む??」の一言に負け。
おいしくいただきました。
お知り合いの方々と沢山お会いし、「菊池君のところはでないの??」と言われ、来年は考えようかと、ふと思いました。
踊りながら、色々な方に当社を、GLホームを見ていただく、そして皆で楽しむ。
一石二鳥。
ちょっと考えています。

追伸
姪の子供はなんと呼ぶのか…。
姪孫(てっそん)だそうです。

2008年10月23日

全英オープンゴルフで、トム・ワトソンが2位でした。

ゴルフをされる方でしたら、ワトソンの名前を知らない方はいないかと思います。
いえ、ある年齢の方なら、を付けなければなりませんが。
59歳…私と2歳違いです。
熟練の技が光りました。
そして、なんともいえない落ち着きが。
ここで、何をすべきか考え、感じ、それを実行する。
そんな姿が印象的でした。
私も近頃、年齢のせいか、少し疲れ気味・行動が鈍っていましたが、勇気100倍をもらいました。
その歳には、その歳なりのやり方があることを、やれば成功することを教えられました。

経営者としては未熟な57歳、でも57歳。
けして若くはありませんが、まだまだやらなければいけないことはたくさんあります。
身をすくめてはいられません。
その歳にあったやり方で、実行し続けようとの思いを新たにしました。
生意気ですが、ワトソンには負けてはいられません。
頑張ります!!!

でも一つだけ…私のゴルフは年々下手になっています。
先日のゴルフコンペでブービー賞なるものを初めていただきました。
スコアは・・・でした。
ゴルフを始めた頃の数字…。
これには参りました。

2008年10月9日

そんなわけで、先日パソコンが入りました。

キーボードの感触のいいこと・・・感激です。
これからどんどん徒然日記を書きますので楽しみにしていてください。

10日・11日の両日、松本と伊那の2会場で完成現場のイベントを実施しました。
おかげさまで、両会場あわせて50組以上の来場がありました。
ありがとうございます。
心から感謝いたします。
そんな中のお客様の言葉「いつかGLさんの家を見てみたかった」。
感激しました。
設立以来「我が家を創るがごとく心をこめて」を合言葉に、本当に納得していただく家創りに全力を尽くしてきましたが、素敵な言葉に出会いました。
ありがとうございます。
感謝いたします。
お創りいただいたお客様には“ご満足”いただいておりますが、これから建てようとするお客様からそのように評価されたこと、本当に嬉しいです。
これからも「自分の家」を創る気持ちで全力投球し続けます。

さて、毎月第二火曜日は、月に1回の現場パトロールです。
現場はきれいか?施行上の問題はないか?安全は確保されているのか?
心をこめてが実践されているか?自分の家を創る気持ちが実践されているのか?等々。
きちんと、協力会のみなさんと見て廻っております。
お客様の宝物を。

 

2008年10月3日

パソコン。

  今は、パソコンを共同使用しています。
私の机の前には経理の田子さんが座っています。
パソコンの利用率は田子さんのほうが断然多くて、共同利用している私は、田子さんの空きを見ては「チョット貸してください」と許しを得て使っていましたが、念願かなってパソコンを1台買うことにしました。
これで、自由に・いつでも使えると、ほくそ笑んでいます。
ですから、徒然日記も今以上に回数が増えること請け合いです。
ご期待ください。

 

お客様の地鎮祭に出席させていただく機会が増え始めました。


全てのお客様の地鎮祭に出席させていただくようになり、心から感謝しています。
祝詞が終わり頭を上げますと、目の前にお客様の後姿を見ることになります。
お客様の期待に満ちた姿を見るたびに、「本当にいい家を創らなくては」と心に誓います。

地鎮祭が終わった後のお客様の笑顔。
心が引き締まります。

「わが家を創るがごとく心をこめて」まさに実践しなくては。
そう思う時間を持てることに感謝します。

4キロ太りました。

気がつくと体重が4キロアップ。
動くたびに重いと感じ始め、体重計に乗るのが怖くて敬遠していましたが、勇気を振り絞って乗りました。
昔は針が廻るのを眺めながら、一喜一憂していたのですが、今はデジタル・・・出るのです、数字が。

これはいかんと実感し、今日からダイエットです。

私は、おせんべいが大好きです。
夕飯後おせんべいの入った缶を抱え、ソファーに向かいます。
そして、テレビを見ながら、本を読みながら・・・ぼりぼり。
太るわけです。
こんな習慣はいつから始まったのでしょうか。
気がつくと・・・・です。

今日からダイエット。
おせんべいから少しさよならします。

数ヵ月後には、○○キロ痩せましたとお伝えできるよう、努力・努力し続けることを誓います。

先日の日本経済新聞のスポーツ欄です。

「選球眼」に「真弓監督の人の良さ」と題した一文が掲載されていました。

…就任したときから、同監督の人のよさが気になった。
阪神に限らないが、監督にはクールな判断、用兵が求められる。
だが、同監督はあまりにも温かいのだ。
・・・この機会をとらえて“いい人”であることをやめて、冷たく仕事に徹すればいいと思う。

社長という仕事・立場も同じことが言えるのでは、と思いながらこの文章を読みました。
でも、温かさが何故いけないのか、と思いながら読んだこともまた事実です。
経営はとても難しいことだとつくづく感じています。
時に応じて色々な判断が求められます。
そして、結果責任を負うのは社長一人です。

しかし、会社はけして一人で出来ることではありません。
社員・業者のみなさん。
そして、お客様に応援されて、初めて成り立ち継続できます。
ですから、クールな判断が必要です。
鬼にもならなくてはなりません。
会社をつぶすわけにはいきませんから。

でも、判断を下す人間の人間性は“いい人”であるべきであり、“温かい人”であるべきだと思います。

絶対に。

そんな人が下すクールな判断。
だからこそ、納得できる効果・価値がある。
そう信じます。


連休中からはじめた決算が何とか終了し安堵しています。


先日、社員が“本物の珪藻土”と銘打った珪藻土を見つけてきました。
とても良い製品だと実感し、我が家の壁に塗り効果を実感しようと思い、社員と二人で塗りました。
今流行の“自分で!!”を実行しました。
結果は・・・素敵な壁に変わり、なんだか心地よい空間が実現し、効果を実感しています。
これから当社で効率的に使用しようと思っています。
でも、壁って本当に広いんですね。
決して壁全体を塗ったわけでもなく、ある一部分だと、塗る前は高をくくっていました。
しかし、塗り始めて1時間もすると右手が痛くなり、3〜4時間すると手が上がらなくなりました。
翌日は残りを!と意気込みましたが、放棄せざるを得ませんでした。
残念!!
社員にお願いして、手伝い専門にまわりました。
本当に、壁の大きさと、作業の大変さを心から感じました。
でも、塗りあがったそれは…満足…そのものでした。
新築の折に、ほんの一部でもいいですから、自分のお手でここは!!を残すこともまた、とても良いことのように思いました。
私自信は、器用でもなく、アウトドアも苦手で、まして自分で…を進んで実践する人間ではないのですが、出来上がったものを毎日見て、感じていますと、そんな思いに駆られました。
本物の珪藻土のよさと、Do It Yourself の良さを感じている今日この頃でした。

研究しています。

チョット大そうな言い方をしましたが、今、インターネットの威力を肌で感じながら参考になるものを探し、プリントアウトし、何回も読み、研究しています。
研究というとなんだか大げさですが、読んで知識を広げています。
これからより良い家つくりに何を求めていいのかを自分自身の手で掴もうと、模索しているのです。
2×4住宅は、高気密・高断熱で、冬の寒さには絶対的な自信を持っていますが、これからは信州でも夏の暑さ対策が絶対に必要だと考えたわけです。
当然、気密がよく断熱効果もいいのですから、夏の暑さにも強いのですが、もっと!!を求めたいと思ったわけです。
温暖化現象が進んでいます。
我々の若い頃は(歳をとったことを自ら認めましたが)、エアコンなんて発想はまったくなかったのですが、今や当たり前の時代となりました。
だから夏の暑さ対策は絶対に必要になったと思います。
冬の寒さへの自信。夏の暑さへの自信。鬼に金棒です。
研究(知識の蓄積)を早くして、こんなものができましたと、早くここに載せたい、そんな思いで一杯です。
ご期待ください。


 



 



 

 


 

 

 

 

 

 

 

 
個人情報保護について
松本店 〒399-0004 長野県松本市市場9-7 TEL : 0120-853-958
諏訪店 〒392-0013 長野県諏訪市沖田町5-79 TEL:0120-007-958
E-mail : withk2@withk2.co.jp
Copyright(C) withk2 CO., LTD, All rights reserved.
ページの先頭へ戻る