ワインの会 第1回 

 

 6月10日にワインのおいしい飲み方の会の第1回「ワインの基礎」を開催しました。
 赤ワインを飲むのにちょうど良い温度の当日、まず最初はワインアドバイザーから説明があり、その後、フルコースに合わせてそれぞれ特徴のあるワインを楽しみました。

 また、食事の途中にもワインアドバイザーが各テーブルを廻り、参加された方々といろいろ話をしていました。料理・ワインとも進んでからは、お客様同士でテーブルを越えての談笑まじりの会に変わっていきました。

Wine lineup photo

今回の基本的なラインアップです。左から、Clos des menuts、Ch Grand - puyducasse(カベルネ ソーヴィニオン)、ch haut - cardial 94(カベルネ ソーヴィニオン&メルロー)、christian moueix(メルロー)、ch carbonnieux(ソーヴィニオン ブラン)

Apetizer photo

さて、これらのワインと楽しむお料理です。

前菜はアボガドとメロンの冷製りんご酢仕立て。生ハムとルッコラ添え。

Cheese photo

特にワインの味を楽しんでいただくために、南小谷は自家製ベーカリーの「一輪の花」製ハードロールとバゲットをお出ししました。

また、あわせてチーズは、フランス産ブリーとカマンベールをお出ししました。

Soup photo

Fish photo

スープは、季節のクラムチャウダー。

魚料理はアラスカ産紅鮭と海老のムースパイ仕立て。ソースが美味しかったとのことで、パンに付けて召しあがったかたもおられたようです。

ch carbonnieuxと合っていたと好評をいただきました。

Family photo

Meat photo

ワインがお好きなご家族で参加されたテーブルです。お父さんは少々飲み過ぎでしょうか?

 

肉料理は、子羊とバルバリー種鴨のグリルフルーツソース。

Ladies photo

Desert photo

こちらは女性のグループです。いろいろな種類のワインを味わっていたようです。

最後のデザートはにんじんのケーキ。シンプルながらも味わいがありました。

本年度第1回のワイン会というからでもないでしょうが、少々ワインは良いのが出過ぎてしまったようです。特にあまり馴染みのないボルドーの白のch carbonnieuxは大変好評だったようです。またここには出ていませんが、おまけワインとして、ch haut - cardial96が94との比較として、デザートワインとして、sauternes du mayneが出ました。さらに飲み足りない方には、アルゼンチンのカベルネソーヴィニオンも出ました。 このワイン会では、おまけワインを楽しみにしている方もおられるようです。

 

次回第2回のワイン会(7月1日)はスペイン・イタリアです

今回のワイン&料理に勝るとも劣らない内容を目指して用意しております。皆様のご参加をお待ちしておりますので、お電話、FAX、メール等でお気軽にお問い合わせください!


ペンション つばさや
電話: 0261-82-3044
ファックス: 0261-82-3144
メール:
tubasaya@valley.ne.jp
住所: 〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村白馬乗鞍高原