- ブーツフィッティング おまけの読み物 -

おまけのページです。スキーブーツに関するお話を気まぐれにUPしていきます。

その2 かたちを読む 最近のスキーブーツに多く見られる特徴から

カービングスキーが登場してからもうかれこれ20年近く経ったのですねえ。

従来のクラシックな形のスキーからカービングスキーへの進化は、道具としての正常な進化ではあったわけですが、あまりにも劇的な変化であったためメーカーもユーザーもある程度の共通認識が育ってくるまでは結構ドタバタしました。

そしてこのカービングスキーはスキーブーツにも大きな変化をもたらすことになります。劇的に進化したこのスキーの性能を生かすにはどういうスキーブーツが必要なのかを各メーカーは模索していくことになったわけですが、いち早く対応できたメーカーと遅れをとったメーカーとでは、市場の反応もスキーのとき以上に早くて勢力図が一気に塗り変わってしまったということもありました。

現在はカービングスキーの性能の突出した部分を「どう引き出すか」からその対応幅の広さに対して「どう操るか」も考え始めた、さらには改めて自社のアイデンティティーを見つめ直し始めたなど、新しい段階に入ってきているという印象はありますが、皆一度同じ方向を向いた結果似たような形のブーツがやけに多くなってしまったのも事実です。過去にも良いスキーブーツが出来上がると他メーカーも何かしら真似してくるということはあったものの、ここまで似たような形の物が多いというのも過去にはなかった気がします。

その是非はともかくとして、その形の共通する部分と微妙に異なる部分を比較することで見えてくることがあるのではないかというのが今回のお話です。



まずはカービングスキー登場以前の代表的なブーツを思い出してみましょう。当時は1ピースか2ピースかという切り口で比較検討されることが多かったですね。


2ピースタイプ 代表選手:ラングブーツ

ロアシェルの立ち上がりが低く、足首のところまでしかないので2ピースタイプと呼ばれた。ターン後半(かかと側)のグリップに優れている。比較的可動域が多く取れる構造で足首の柔らかい動きを使って広く乗るタイプ。この辺の性格は現在のラングにも残っているところ。ヒンジの位置は足首の可動軸に揃えてある。ソールはがっちり四角い形。このヒンジの位置とソールおよびフットベッドの形は何十年も変えなかった部分。この先もずっと変えないだろうと思われていた。素材の硬さを変えることでフレックスの設定幅を大きく取れるのが特徴で、初級者用から上級者用までシェルの形はほとんど同じだった。


1ピースタイプ 代表選手:ノルディカグランプリ

ロアシェルがほぼアッパーシェルの上端と同じ位置まで立ち上がっているので1ピース構造と言われた。ターン前半(つま先側)の捉えの速さに優れている。足首の動きを使うというよりも、ピンポイントで押すタイプ。この辺の性格も現在のドーベルマンにも受け継がれているところ。ヒンジの位置はアキレス腱に近いところ、この後ろの強さが特徴。ソールはリブを配置した形。このソールの形はCADもCAMもない時代、たまたまうまく出来た物らしいが丁度いい硬さとねじれの強さを持っているといわれていた。このような1ピースのモノコック構造は、その形によって決定される強度そのものが重要な意味を持つ。だからラングのように素材の硬軟で幅広いラインナップを揃えることが難しく、基本的に上級者向けのみの展開であった。

因みにライケル(当時、現K2 FT)のような3ピース構造は1ピースの変形と考えてよい。どうしても硬くなりがちな1ピース構造から、甲と脛の部分をざっくり切り取りそこにフレックスタングを被せた形。足首を曲げたときのロアシェルのたわみ方などを観察すると基本的には1ピースということがよくわかる。



何故か堅い口調になってしまいましたが、まあこんな感じでしょうか。しかし現在のブーツに1ピースとか2ピースとか当てはめて論じる人はあまり見掛けないですよね。

現在のブーツでもラングなりノルディカなりの性格はそれぞれ色濃く残っていて、自分にあったブーツを選択する際の目安にはなりますが、と同時に共通する部分を観察することによって現代のスキーとスキーブーツとスキー技術の関係をより深く理解できるようになるということもあると思います。似てきたのにはそれなりの理由があるはずだということですね。

スキーブーツの性能や性格は全体の構造や構成によって決まってくる物なので、この部分がこうだからこのブーツはこうだという風に一概に言えるものでもないとは思いますが、特徴的な部分に思いを巡らすことで作った人達の意図の一端を垣間見ることもできるのです。


ヒンジの位置

人間のくるぶしの位置は内側が高く外側が低いのですが、その軸とクロスするような感じでインサイドのヒンジ位置が低くアウトサイドが高い位置についている物が多くなりました。これは力をより内側に集めたいという考えからきていると思われます。フレックスはヒンジの位置を中心に出すのではなくてシェル全体のしなり(剛性)で出す考え方。勿論逆説的にヒンジの位置はここだからこのブーツはこうであるとか良い悪いということはなくて結果としてそうなったということでしょうけれども。


ソール形状

ソールの硬さとねじれの強さはブーツの性格を決める大事な要素のひとつですが、しなりの大きく出るカービングスキーに合わせてブーツのソールもよりしなる形の物が多くなりました。またソールも含めてブーツ全体でどこをどうしならせたりたわませたりして力を伝えていくかという作り方をするようになった結果でもあります。もっともブーツを設計する際、どこから構築して行くものなのか私たちには窺い知ることはできませんが。


かかとが低くなった

正確に言うとかかとの高いブーツが減ってきた。ここで言うかかとの高さとはつま先の高さに比してのこと(ランプ角)です。つま先とかかとの高さのバランスは前後のバランス、つまり重心位置を決定付ける大事な要素です。母趾球を中心にスキーを横に動かすのではなくて、スキーもソールもしならせて縦に滑らせながらターンに導くのが現代スキー技術の大事なポイント。前に乗るのではなくて、真ん中に乗るように設定するのは当たり前といえば当たり前か。そういえばカービングスキーが登場した当時、トゥピースとヒールピースの高低差が大きいタイプのビンディングを付けている人は、トゥピース下にスペーサーを噛ましたりと色々苦労しました。現在は極端にかかとの高いビンディングはなくなりましたし、メーカーのグループ化が進んでスキー・プレート・ビンディング・ブーツのトータルパッケージで開発することが多いのでそのような細工をする必要は少なくなりましたが、それぞれ別のメーカー(グループ)の組み合わせで使う場合は全体のバランスがどうでるのか確認しておく必要があります。

また最近増えているロッカー形状のスキーは縦に滑らせながら落としていける範囲が広くなってターンコントロールの幅が広く持てるのが特徴です。低いかかとの優位性がよりはっきりしてきたわけですが、メーカーの説明や指導の現場でも「真ん中に乗る」という表現からはっきりと「かかとに乗る」という表現をすることも多くなっています。表現の仕方は違いますが言っていることは変わらないので混乱しないようにしましょう。


起きてしなやかになったアッパーシェル

かかとの高さが低くなったことによって相対的にアッパーシェルの角度が起きることにもなりました(足首の前傾角度そのものは極端には変わっていない場合が多い)。また脛まわりの形状も丸く均一にラッピングする形状のものが多くなって、その形状とともにアッパーシェルには強さよりもしなやかさを感じるものが多くなりました。

骨盤を立てて股関節を開いたポジションをベースに、外脚は長さを変えずに内脚はたくさん折りたたむ使い方をする、つまり内足と外足で機能のさせ方が違うことが多いのが現代のターン技術。両足首を曲げることが荷重だと思っている方にとっては軟らかいブーツが増えただけと感じられるかもしれませんが、前傾角度や前方向のフレックスは内足としてどれくらい動けるか・動かすことができるかにも意識をおくと最適なセッティングを見つけやすくなるはずです。強い外力に耐える為に外足は伸ばす力(突っ張る力)を使うのが有利という原則は今も昔も変わらないものですが、逆に関節を曲げていく使い方をする内足は外足に比べると遥かに筋力的にキツイものなのです。


タイトなロアシェル 薄いインナー

横方向への反応の速さが求められる現代のスキーブーツ。シェルも随分タイトになりました。トップモデルの足幅は軒並み95mm前後ですが、重要なのは前足部の幅ではなくて、くるぶしからかかとまわりが絞られている点。この部分のたわみ、変形はなるべく抑えたいという考え方がよくわかるところ。今のブーツはシェル全体のたわみとしなりで力を伝えていこうというブーツが多いのですが、この部分をたわませることは力が逃げて行くことに繋がります。また、足首・かかと周りの形状は足がどちらを向いて入りやすいか(ずれにくいか)にも大きく影響するところで、ここがタイトに作ってあるブーツというのは案外足の入り方を調整しやすいものなのです。ブーツフィッターにとっては実はありがたかったりします。

タイトなトップモデルのインナーはくるぶし周り以外ほとんどスポンジが入ってないような感じです。寒いのでは?という議論はここでは無視します。足がどうにも冷たくなる人はブーツのセッティングそのものを一度見直したほうがいいです。それでも冷たいブーツは確かにありますが・・・。


オフセット

つま先が以前より外側に向いてセットされたブーツや、足全体が外側に寄ってセットされたブーツが増えてきた。

実は足の中心線をどう設定するのがいいのかという議論は昔からあって、オフセットしたブーツは以前からありました。最初にオフセットしたブーツを出したのはロシニョールではなかったかと記憶しています(おぼろげな記憶)。

真ん中を向いているブーツも外を向いているブーツもどちらも力の向かう方向は同じです。どちらが良いとか悪いとかということはありません。足によって合うか合わないかの問題です。力の伝わる方向に対する考え方感じ方を適応させられるかという問題もあります。例えば脚から足へと通るエネルギーラインをインサイドで感じる人と、脚と足の中心軸で感じる(あくまでもイメージです)人とではオフセットされたブーツに対する評価(印象も含めて)が全然違ってきます。どのブーツが合うのかを検討する際は、自分の足が外向きに開きやすい足なのかどうかという事実と、力がどう伝わっていると感じるかというイメージの両方を考える必要があるということです。

技術的な側面からいえば、オフセットされたブーツはターン前半の捉えが早くなるのでターンを早く終わらせてグライドの時間が長く取れるのも大事なポイント。カービングスキーの使い方の基本と同じということで、スキーが横を向いてきてからもしつこく踏ん張ってないで早めに角付けを開放すれば良いということです。

また、足全体が外側に振ってあるブーツは、内足を傾けやすいことによってターン内側への重心移動がしやすくなるということで、スキーが下に向かっていく局面に焦点をあてているという意味では狙っているところは同じ。この辺のイメージは、このタイプのブーツを床に置いて内側に少し傾けておいてから手を離してみるとわかりやすい。元に戻って起ったところからそのまま外側に倒れていきます。


(注)アトミックでは"offset"=足全体の位置、"shell rotation"=足の向きという表現をしていました。確かにこの方がわかりやすいかもしれない。


オブリーク形状のつま先

これはスキーブーツに限らず現在の靴全体に増えてきている形です。つま先の形をまるく作るのではなくて、足先の形そのままに親指のところをまっすぐ前に伸ばした形のことをオブリーク(形状)と言います。カービングスキー登場以前からこの加工をしていたブーツフィッターは少なからずいたはずです。例えば5本の指をまとめてテーピングでぐるぐる巻きにきつく縛って片足立ちすることを想像してみればその意味がわかると思います。特に親指と小指が動かせるという感覚はバランスをとる上でとても大事で、カービングスキーによって内傾角がより深く取れるようになったことから尚更注目されるようになりましたし、実際タイトなブーツでも指回りには意外とスペースがあるブーツが増えてきました。


いかがでしょうか。現代のスキーブーツの「なぜこの形なのか」を観察していくことからどのような運動が求められているかが見えてくることもあるのではないでしょうか。



以下、現行上級機種、主にレース用及びその派生機種からメーカー別に思うところをあれこれ書いてみました。思いっきり私目線なので皆様のブーツ選択の参考になるかどうかはわかりません。やはり履いて感じてみるのが一番だとは思います。


まずはメジャーどころから。


ノルディカ ドーベルマンシリーズ url:http://www.tecnica-group.co.jp/nordica/

(08-09 大幅な変更なし)

(09-10 フルモデルチェンジ:オフセットシェルからEDT構造に)

(10-11 カラーの変更等)

(11-12 カラーの変更等)

(12-13 マイナーチェンジ:EDT構造の変更、カントビス、パワーベルト等)

(13-14 フルモデルチェンジ:WC EDT 150,130が93mm幅に)

(14-15 変更なし)

(15-16 WC EDT 100廃番、WC 110登場、幅98mmモデルがGPシリーズに移行)

(16-17 変更なし)

カービングスキーにいち早く対応したのが、このドーベルマンシリーズです。初代から数えて現在は4代目で随分いろいろ変わってきてはいますが、カービングスキー登場後の流れは初代ドーベルマンが決定づけたと言ってもいいでしょう。

EDTと言っているフットベッド構造になってから2代目の現行モデルは、その構造は変わらないもののシェルの形自体が全く新しくなりました。色が艶消しの黒になったことで初代ドーベルマンのような雰囲気も醸し出していますが、シェルが少し薄くなったこともあって幅が2mmタイトになったWC品番でも意外なほど足の納まりがよくて、初代ドーベルマンのような履きにくさはありません。また先代のEDTはまだフットベッドにメタルが入っていましたが現行モデルはプラスチックとカーボンだけになってさらにソールのしなりが感じられるようになりました。とにかく現行WCはインナーも含めて全体のバランスが非常によくなった印象でEDT構造になってからでは個人的には一番の好感触です。

幅95mmでローカフのWC EDT 100は先シーズンから無くなり、テクニカR9.3 110と同仕様(ハイカフ/幅93mm/EDT無し)のWC 110がそれに代わっていますが、幅95mmモデルの復活は今のところ考えていないとのこと。なお幅98mmモデルはGPシリーズとして昨年より展開しています。

ちなみに昨年からパワーベルトが逆向きに付いていますが、そちらのほうが締めるときに力が入りやすいからだそうです。そんなにギュウギュウに締めない人にはあんまり関係ないことなのでイヤなら付け替えましょう。


テクニカ R9.Xシリーズ url:http://www.tecnica-group.co.jp/

(08-09 大幅な変更なし)

(09-10 インナーの仕様変更、バックルの変更、など)

(10-11 インフェルノの名がついてフルモデルチェンジ)

(11-12 変更なし)

(12-13 カラーの変更)

(13-14 ディアブロインフェルノからR9.3、R9.5、R9.8に)

(14-15 R9.3に110追加)

(15-16 R9.5、R9.8廃番、98mm幅はMACH1 LVに移行)

(16-17 変更なし)

テクニカは元々スキーブーツといえども快適な物でなければならないというところからスタートしたメーカーで、プロパーモデルについてはややゆったりモールドのシェルに足当たりの良いインナーブーツ、前傾姿勢を維持しやすいやや高めのかかと、リバウンドの強すぎないシェル構造といった特徴が伝統的にありました。ただしそれらの特徴は最近の上級者が求めるブーツ像とは噛み合わない部分が多くなってきていたのも事実で、そのような流れからよりモダンな性能を求めてできあがったのがインフェルノです。このブーツはテクニカらしさを残しつつも同じグループ企業のノルディカドーベルマンにかなり似た形になりました。(ドーベルマンは快適性云々よりも滑るためだけの性能に特化したブーツの代表的なモデルの一つです)

インフェルノは現在R9.Xの名前になっていますが、先シーズンからR9.5、R9.8が消え、幅93mmのR9.3のみとなりました。結果テクニカ・ノルディカともレースシリーズから幅95mmのモデルがなくなったことになります。

R9.3はドーベルマンWC EDTと形は同じですが、EDT無しの仕様です。同じフレックス値のWC EDTとR9.3を比べた場合、やはりEDT無しのR9.3のほうが軟らかく感じますが、この辺は好みで選べばいいと思います。またR9.3 110とWC 110は同じ形ですが、恐らく背面ビスが一本多い分だけテクニカの方が硬いはずです。


アトミック レッドスターシリーズ url:http://www.atomicsnow.jp/

(08-09 TI→STI、FR130→SFR、など)

(09-10 TIがラインナップとして復活、インナーの外皮仕様変更、など)

(10-11 バックルの変更、インナーの仕様変更、CSのフットベッド仕様変更、SFR廃番、CS100復活、など)

(11-12 FR廃番、CS130のインナーが上位グレードに、CS110 CS80 STI70追加、バックルカラー変更、など )

(12-13 レーステックからレッドスターになってフルモデルチェンジ)

(13-14 モールド弱冠変更、WC170、PRO120、PRO100追加)

(14-15 全機種メモリーフィットに、PROがM/W別のサイズ設定に、その他ロゴ・カラーの変更、など)

(15-16 基本継続、ロゴ・カラーの変更、など)

(16-17 幅98mmのPRO110およびW品番消滅、FIS APC LIFTED追加)

先代のレーステックは初めは明らかにドーベルマンを意識した造りでしたが、ドーベルマンとは違った方向で進化・マイナーチェンジをしていきました。レーステックからフルモデルチェンジしたレッドスターは低いかかとと、起きてしなやかな追従性の良いアッパーシェル、かかとまわりの剛性を出すために絞られたロアシェルといったレーステックが進化してきた方向性に沿ったものではあるのですが、異素材を組み合わせたブーツの感覚に最初は抵抗がある人はいるかもしれません。特に前傾角度がきつすぎると感じる人がいるのも主にカーボンが入った後ろの強さと遊びの無さから来ています。またいち早くレーシングスキーのフロントロッカーをテストしたアトミックが出した答えでもあります。それに合った運動・操作をしないとこのブーツの良さもわからないということも言えます。

硬さの違う3タイプのプレートについては、競技の選手も基礎の選手も種目によって入れ替えている人が多いそうですが、シェルの硬さとのバランスの問題もあります。例えば110クラスの物に硬いフレームを入れるとアッパーシェルの柔らかさばかりが際立ってあまりいい感触は得られないのではないでしょうか。まあ色々試す価値はあると思いますがコレと決めたらそれ一本で押し通すのも考え方としてありだと思います。

足型モールドにつきましては、同じ95mm幅だったレーステックTIと比べてもレッドスターWCは全体的にゆったりした感じになった印象を受けると思います。レーステックはロアシェルを輪切りにすると楕円っぽい形をしていましたが、レッドスターは少しいびつなおにぎり型っぽい形になった結果、足底面が広がった印象がありますしバックルのところだけを上から潰すような締まり方から全体的にラッピングする感じに近づいてきました。またかかとまわりにカーボンを入れることによって必要以上に形を絞ることをしなくてもよくなったということもあると思います。ただルーズすぎるという声も多かったようで、2年目にはロアシェルの足底面から立ち上がる部分の厚みを増して少しタイトに感じられるように変えてきました。レッドスターPROは98mm幅で少しかかとが高いというレーステックCSの特徴を引き継いだモデルです。その他以前は110以下の小さいサイズのみローカフでしたが、現在は110以下は全サイズローカフになっています。

レーシングアトリエ生産の背面カーボン無しモデル(レーステックのアッパー?)、FIS APC LIFTEDは硬さは140〜150ぐらいだそうです。アッパーシェル背面が少しアールのついた形状になったことと後ろに少し柔らかくなったことでポジションが少し起きた感じになります。またレーステックの時同様に背面ビスの締め方で起き方も少し変わるかもしれません。アトミックとサロモンの選手用は色々なタイプが目撃されていてよくわからないのですが、やはり後ろに全く反らないアッパーシェルというのは特に大回り系では厳しいのかもしれません。今後どうなっていくのか注目したいです。


ラング ロシニョール ワールドカップシリーズ url:http://www.grkk.co.jp/

(08-09 上位モデルはフルモデルチェンジ)

(09-10 ラインナップの拡充)

(10-11 フルモデルチェンジ、久しぶりにローカフのJAPAN MODELが復活)

(11-12 幅92mmの選手用ZC〜ZAsoftがカタログモデルに、幅100mmのワイドモデル登場、などラインナップの拡充)

(12-13 サイズ21cmモールド追加、90,70も同じモールドに、ZAsoftの仕様変更、など)

(13-14 RSは基本継続、RPは弱冠変更あり)

(14-15 RPにZA+,ZJ+追加、カラー、インナー、バックル、パワーベルトの変更、など)

(15-16 基本継続)

(16-17 基本継続、デザイン、インナーの変更、など)

一時はレースシーンでも市場でも苦戦を強いられていたラングですが、現行モデルになってから完全復活したと言っていいでしょう。現行モールドは長らくスキーから離れていた人でも一目見てラングだとわかるそんな形で、実際に履いても「ああラングだな」と感じさせるブーツです。このシェルは7シーズン目になりますが、その間の変更は主にインナーブーツの改良に費やされていて、初期モデルと比べるとかなり履きやすくなっています。インナーブーツの外皮素材(硬さ)の違いは意外とフィット感に影響するもので、一時ガチガチの外皮になったときにはラングユーザーは随分戸惑いました。RSのシェルはこの7年間基本的に変わっていませんが、RPはつま先の厚みを3mm増してその分ソール長を伸ばしたり、ZJ(ZAsoft)の仕様を弱冠調整したりといった変更がありました。

RPとRSは幅だけではなく、前傾角度やカント角度なども違うのでしっかり履き比べる必要があります。RPはよりシビアなポジションと操作が要求されるはずです。ラングの言うところのロアシェルのゼロカントについては1°のまま使う選手は確実に減っているようで、後は選手によって0°だったり 0.5°だったりと色々だそうです。そういう面倒くさいことを考えたくない一般スキーヤーの方は、特別足が細い方は別としておとなしくRSにしておいたほうが無難でしょうか。あと一昨年追加になったZA+、ZJ+はボトムに近いところ以外にもくるぶしから舟状骨、土踏まずの辺りも微妙に削ってあります。

RS130とRS120SCあたりで迷っている上級者の方は多いと思いますが、カフの高さが違う為、人によっては130のほうが柔らかいと感じる人もいます。必ず両方履き比べてから決めましょう。それから120SCのほうが高さが低い分前傾角度が起き気味になりやすいのですが、120SCはリアスポイラーが付属していませんしオプションパーツとしての販売も今のところないようです。いくらなんでも起き過ぎと感じた方は他社の物でもいいので何かしら調達してくる必要があります。ついでに機種の選定に影響するほどではないと思いますが、色の違いからかラングとロシニョールでは同じ数字でもロシニョールの方が少し柔らかいです。また3年前から加わったRSの21cmサイズはインナーブーツは21cm専用ですが、シェルサイズは22cmと同じでつま先部分を内側に厚くして21cm仕様にしてあります。

今年はバックルやインナーのカラーの変更程度で基本継続とメーカーの人は言っています。昨年はすごくインナーが良くなった感じがあったのですが、今年はたまたま履いたサンプルモデルがそうだっただけかもしれませんが、昨年以上にインナーが柔らかくなったような気がしますし、トゥボックス周辺も微妙に変わったような気がします。さらにはシェル自体も微妙に柔らかくなったような気がしたのですが、どうなんでしょう。


サロモン url:http://www.salomon.co.jp/

(08-09 色々変更有り)

(09-10 色々変更有り)

(10-11 大幅な変更無し、基本的に継続)

(11-12 大幅な変更無し、基本的に継続)

(12-13 上位機種フルモデルチェンジ)

(13-14 X LAB 110追加、X MAXシリーズラインナップ拡充等)

(14-15 継続モデルとカラー変更モデルあり、その他X MAX90W追加、など)

(15-16 基本継続、カラーの変更等はあり)

(16-17 基本継続、X LAB弱冠変更あり)

12-13シーズンにフルモデルチェンジをしたアメアグループのアトミック・サロモンの両ブランドですが、底から後ろへのLラインを別素材で強化して剛性をコントロールするというコンセプトはやはり似ています。ただ実際に履いてみるとやはりサロモンはサロモンで、インナーも含めてアトミックとは全然違います。インサイドのフレームをヒンジのところまで伸ばしてヒンジ自体も大きいものを付けることによって2ピース的なスイートスポットの広さを確保しているあたりもサロモンらしい感じです。ヒンジを大きくするというのは今まで有りそうでなかったもので、おもしろいところに目を付けたと思います。

履きやすさはサロモンの伝統的な特徴ですが、X MAXもよく考えられた足型設定や足当たりのいいインナーブーツなどその特徴は健在。さらにかかとが低くなって尚且つかかとが少し後ろに納まるようにもなったのでつま先側の余裕はさらに増しました。

現行X LABは以前のX3 LABに比べるとソールおよびソールに近いところがしっかりした印象で、実際ソールに近い部分のシェルの厚みをかなり増しています。X LABとプロパーモデルはやはり別物と捉えるのが自然ですが、X3 LABからX LABへの変化はプロパーモデルのコンセプトにも沿ったものです。X LAB 110は、シェル素材の硬さは変えずに主に厚みを変えてフレックスを130から110に落としています。ただ最近の物は熱をかけたときの感じが初期モデルからは微妙に柔らかい素材に変わっている気がしたので、130も含めてその辺は少し変えてきているかもしれないです。あと今年から130,110ともに品番に「+」が付いてリアのリベットがサイドヒンジ同様の大きな物になりました。


ヘッド ラプターシリーズ url:http://head-japan.com/

(08-09 大幅な変更なし)

(09-10 細部変更あり)

(10-11 バックル・パワーベルトの変更、など)

(11-12 カラーの変更、インナーの変更、など)

(12-13 大幅な変更なし、B5 RD追加)

(13-14 バックルカラー、インナー素材弱冠変更等)

(14-15 基本的に継続)

(15-16 基本的に継続)

(16-17 基本的に継続)

初期は毎年のように細かな改良・変更があってフィッティングやサイズ・フレックスのチェック等が欠かせなかったラプターシリーズですが、ここ数年はバックルの色の変更、インナーブーツに引っ張る紐が付いた、インナーブーツの硬さが少し変わったりといった小さな変更に留まっています。

ヘッドのブーツは甲の嵩(かかとから足首付け根までの距離)を大目にとってインナーも割りと厚めでしっとりとしたフィット感というイメージが伝統的にあります。現行ラプターもそのイメージから大きく外れるものではないですが、インナーは初期モデルに比べると薄くなってよりカチッとしたフィットを感じられるものに徐々になってきました。やたらタイトなシェルが多くなってきている昨今ですが、ラプターのようなブーツがあるとやはり少しほっとするのも確かです。今年もシェルの形は基本的に変わっていませんが、シェル素材は初期モデルに比べるとかなり粘っこさが増した感じがしますし、今年もその辺はチェックしておいたほうがいいかもしれません。

現行モデルに採用されている目新しい形のバックルは、シェルに沿うようにしなること、締め加減にかかわらずキャッチャーのフックの位置が変わらないことが特徴ですが、この変更は意外と影響が大きいようで、試し履きで感じるフィット感だけでも以前のものとはかなり違う感覚があります。


フィッシャー RC4シリーズ url:http://www.goldwin.co.jp/fischer/

(08-09 足幅95mm→98mmに変更、FLEX100Jrが同じモールドに)

(09-10 アライメントの変更あり)

(10-11 幅95mmがPRO品番として復活、他ラインナップの拡充)

(11-12基本的に継続、ロゴデザインの変更)

(12-13 VACUUM FITの本格展開)

(13-14 Jr用以外全てVACUUM FITに)

(14-15 VACUUM FIT TWO ZONE、一部パワーベルト・カラー変更、など)

(15-16 カラー・ロゴデザインの変更、インナーブーツの改良、など)

(16-17 基本継続、140VACUUM,130THERMOカラー変更、など)

このシリーズを本格展開してきてもう10年目になりました。その間オフセット角やフットベッドの変更、インナーの改良等色々変更はありましたが、構造的な部分ではほとんど変わっていません。それだけ完成度が高かったとも言えますが、ただ今となってはかかとが高い部類になってしまったということもありますし、そろそろ何か動きがありそうではあります。

このブーツはドーベルマン以上に反応が敏感なタイプで、ポジション的にもかなりタイトなブーツです。よく言われるように前傾角度がきつく感じるのは後ろが強いこととランプ角の割にかかとがかなり後ろにしっかり納まる形状になっていることなどが原因だと思います。リアスポイラーは外している人がほとんどだと思いますが、それでもポジションがタイトすぎると感じる方はアッパーシェルのカント角を0.5°に変えてみるのも試す価値はあります(初期設定は1°)。バキュームフィットで作る際には前傾角度17°の他に14°も選べますが、さらに後ろに寄り掛かるように踏ん張って作るとロアシェルとアッパーシェルの隙間1〜2mm分起こせるとともにかかとの納まり方も少し変わるようです。

あとはこれだけカラーのはっきりしたブーツですとコブ斜面への対応を心配する向きもあると思いますが、このブーツに替えてからコブで抜けてしまうことが少なくなったという人も多いので、その辺はやはり相性だと思います。

バキュームフィットは本格展開してから5年目になりますが、このあいだ耐久性に関する部分でのシェル素材の変更、前方と後方で圧力を変えられるようにもなったなどの変更がありました。また昨年からはサーモタイプのインナーブーツも投入しています。


レクザム パワーレックスシリーズ url:http://www.rexxam.com/

(08-09 防水対策を中心に細部の変更あり)

(09-10 マイナーチェンジですが内容的にはフルモデルチェンジに近い)

(10-11 フルモデルチェンジ)

(11-12 フルモデルチェンジ)

(12-13 細部の変更あり)

(13-14 データからパワーレックスになってフルモデルチェンジ)

(14-15 アッパーシェル、インナーブーツの変更、など)

(15-16 シェル形状を中心に色々変更あり)

(16-17 フットベッド、アッパーシェル形状の変更、など)

レクザムは当初オフセットシェルや前後の段差の大きい独特な形のフットベッド、それらからくるポジショニングの問題などが物議を醸し出しましたが、現在では純粋に性能的な観点から語っていいレベルになったと思いますし、選択肢の一つとして無視できない存在になってきたといってもいいでしょう。

面で押すというよりもインサイドのラインで噛んでいる感覚が強くて、大回りはいいけれども小回りが・・・という印象がずっとついてまわったのがデータシリーズでしたが、現行パワーレックスシリーズになって随分とそのイメージが変わりました。履いて立った瞬間に足裏全体でべたーっと乗れている感覚というのは今までのレクザムにはなかったものです。

国産メーカーらしいきめ細かさで毎年アップデートしてくるのがレクザムのいいところでもあり、時に戸惑うところでもあるのですが、今年はつま先がマイナスカントなデータ最終型のフットベッドからつま先フラットな新しい形の物に変わっています。またかかとの高さも弱冠高くなってややもすると立ち過ぎて動きにくいこともあったポジションも変わりました。どのブーツもそうですが、最近のレクザムを検討する際は特にこの前後バランス(動きやすそうな姿勢がとれるか)と、フレックスの感じ方(実際に動きやすいか)をしっかり確かめる必要があります。

シェルに関してはフットベッドの変更に合わせて特にアッパーシェルの形状を大きく変えてきています。イメージとしては遊びの部分をフットベッドからアッパーシェルにまかせた感じだと思いますが、人によって様々なシチュエーションを含めて得手不得手、好みの差が出るかもしれません。また足首周りのフィット感だけでも別物になったと言っていいので一度足を通してみるといいと思います。ただしインナーブーツの種類によってはかかとの締りがもう少し欲しいと感じる人もいると思うので、可能であれば違うタイプのインナーブーツも確かめておきましょう。


ダルベロ DRSシリーズ url:http://www.marker.co.jp/

(10-11 スコルピオン登場)

(11-12 スコルピオン本格展開)

(12-13 ラインナップの拡充等)

(13-14 STRIKE追加等)

(14-15 STRIKE及び幅95mmのWORLD CUP消えた)

(15-16 STRIKE復活、幅95mmのWORLD CUPも新モールドで復活)

(16-17 DRSとなってフルモデルチェンジ、98mm幅SR→DRS、95mm幅WC→93mm幅DRS WC、など)

日本ではまだマイナーものというイメージですが、実は世界シェアでは結構上位だったりするメーカー。日本でも3ピース物がフリー系の人達中心にじわじわ人気上昇中。スケルトンシェルの美しさではピカイチ。実はスケルトンのシェルを最初に作ったのもここだったりする。それにしてもFTブーツといいダルベロといいアメリカ人の3ピース好きはよくわからないところがあるよなあ。

レースで使える2ピースブーツ(スコルピオン)は、今年DRSシリーズとなってフルモデルチェンジしました。95mm幅の物がなくなり、DRSは98mm、DRS WCは93mmと両者の違いもはっきりしてきましたが、単に幅が広い狭いというだけではなくてアウトサイドや足首周りの絞り方など全然ちがいますし、力の伝わり方逃がし方などまるっきり別物になったと言っていいです。その辺は履いてタングを軽く押してみただけでわかると思います。また昨年復活したフットベッドにクッションが入ったSTRIKEはまた姿を消しました。

このブーツは全体的に外側にオフセットしてありますが、造りそのものは同じようにオフセットしてあったレーステックよりもドーベルマンに近いタイプです。ただ今回のフルモデルチェンジで先代スコーピオンより見た目も実際もかなりしなやかさが増した感じです。

インナーは自社開発で、インナーの良さはメーカーとしてもアピールしていきたいところと言っていました。


昔からあるが最近触っていないブーツ。


K2 FTシリーズ url:http://www.k2japan.com/

カービングスキーの時代という観点からすると古い設計のブーツではありますが今でもフリー系スキーヤーからの支持はアツイようです。3ピース構造とフレックスタングは押した速さに応じた返りが戻ってくる、つぶれても容積が変わらないなどのメリットがありますが、そんなことよりとにかく軽い。サーモインナーだから尚更軽い。市場に出回っているのはサーモインナー仕様だけだと思いますが、サーモインナーの仕様がライケルの時代とは変わっているのでお店の人によく聞いてほしい。このブーツにこだわりを持って昔からずっと扱っているお店はよく知っていると思う。またパーツを自分で簡単に色々交換できるのもこのブーツの強みか。ちなみにトゥボックスを広げたりフットベッドを低くしたモデルも最近でているようです。


ゲン url:http://www.genfactory.jp/

このシェルで作り始めてから何年になるのだろう・・・。数年前からINTUITIONインナーが選べるようになってますね。


まだいじったことがないブーツ。


ここで取り上げる可能性のあるのはAvirivaかなあ。


(おまけその2 おわり)