〜猫額農園の信州リンゴだより〜
(老猫のつぶやき)


独り立ちそして別れ

猫額農園にようこそ!

眼下に千曲川を望む信州・坂城(さかき)町のそれは、それは小さなリンゴ園のホームページです。

猫額農園のリンゴは、主に似てか「見てくれ(器量)」はイマイチ、しかし「味」は幸いにも似ず「そこそこ」の評価とか。

 令和2年も今日が上半期の最終日。馬齢を重ねるほど時の流れが速く感じる。何とかならぬものか。コロナウイルス騒動は感染者数が減少に 向かったものの、最近になって首都圏では最近増加傾向を示しているという。こちらこそ早いところ終息してほしいものである。

 猫額では、能天気な主も吾輩の指示を守り、時折聞こえるカッコーの鳴き声に励まされ、セミに代わり木にしがみついて摘果行い、独り立ちさせました。 本来ならばその晴れ姿をご覧いただくところですが、そのかげで切り落とされたリンゴをアップしました。身の軽い吾輩は苦にならないが、主は時折足を 滑らせているよう。何とかの冷や水にならぬことを祈る。

   なお、カッコウの鳴き声が「カッコー」でなく時々「アッホー」となることがあり、よくよく主の仕事を見れば全く摘果してない枝があったり、一個に すべきなのに双子になっていたりと例年どおりの有様。早速二巡目の摘果を指示したところ。でも多くのリンゴを独り立ちさせ吾輩も胸をなぜおろしている。

                

何の変哲もないHPですが、お暇な折再度のご訪問を能天気な主に代わりお願いいたします。

ご意見を下記のアドレスにお寄せください。
y-hashiz@valley.ne.jp
http://WWW.valley.ne.jp/~syoukiha/