伊 那 の 鈴 虫 寺    






長 姫 堂
                   鈴 虫 の 碑 
    「かなであふ姫が形見の鈴虫(むし)の音は
                お蝶の歌と人の聞くらん

 
 

 「鈴虫の碑」全文」
 鈴虫と長姫様
 文政12年、京都の公家の姫君長姫が、乳母のお蝶と東国に旅立ちます。
 お蝶は姫の旅路の慰めに鈴虫を携えました。しかし、7歳の病弱な長姫は旅の途上春近郷であえなく亡くなられてしまいます。里人は鈴虫の音を聞くたびに、この悲話を思うのでした。
 長姫とお蝶の御霊をお祀りしているの
が当寺の長姫堂です。
 
   語り継ぎたい長姫さまの悲話
 
 長姫堂は当寺の特徴ある御堂です。
 姫に付き添った乳母は24歳だったそうです。長姫亡きあとお蝶は長姫供養のため観音経を読まれました。しかし、「姫あってのお蝶」と思い詰めて断食して亡くなられました。
 当山では、毎年、9月12日長姫とお蝶を供養する法要を行っております。この日は鈴虫の音を聞く集いでもあります。
 不思議なことに野生の鈴虫が毎年この御堂の周りでなくのです。

                            

鈴虫の交配を希望さるお方は、ご連絡下されば嬉しいです!  

          
トップページ  本ページトップに