伊那のあじさい寺 深妙寺


印度仏教遺跡参拝の旅

お釈迦さまの五大仏跡の地図と七大仏跡 

五大仏跡

仏跡 A ご誕生・・・・ルンビニ(世界遺産)
B 成道・・・・・ブッダガヤ
C 初転法輪・・・サルナート
D 入滅・・・・・クシナガラ
E 法華経・・・・霊鷲山
   以上が五大仏跡
F 祇園精舎・・シュラーヴァスティー
G 最後の途次・・バイシャリー
   以上が七大仏跡

七大仏跡参拝成就

A ご誕生・・・・・ルンビニ(世界遺産)

ルンビニ 摩耶堂
国境を越えてネパールに行きました この摩耶堂に出土品など展示しています

B  成道・・・・・ブッダガヤ

ブッタガヤ 舎衛城
お釈迦様はここで悟りを開かれました 舎衛城

C 初転法輪・・・・・サルナート

サルナート 釈尊像
初転法輪の地 堂内の釈尊像

D ご入滅・・・・・クシナガラ

クシナガラ 涅槃像
釈尊入滅の地 大きな涅槃像に手を合わせました

E 法華経・・・・・霊鷲山

霊鷲山 霊鷲山
右は鷲が羽を広げたところです お釈迦さまが法華経を説かれた所です

F 祇園精舎・・・・・シュラーヴァスティー

シュラーヴァスティー 梵鐘
精舎の基礎があるばかりです 日本の仏教徒が奉納した梵鐘です

G 最後の旅の途次・・・・・バイシャリー

アショカ王 バイシャリー
アショカ王の石柱が聳えています 親子で写真を撮りました

舎利弗尊者廟・・・・・壊された遺跡・

お墓 美術品
レンガ作りの大きなお墓です このように彫塑の芸術品があります

インド・・・・・壊された仏教遺跡・ナーランダ仏教大学

アフガン・・・・・壊された仏教遺跡・バーミアン

ナーランダ仏教大学 バーミアン
多い時は1000人も学生がいたそうです 壊されても仏教徒は抵抗しません

仲間

旅の仲間たち

右から息子・私・ガイドさん・友人です。
旅慣れない私はガイドさん初め息子たちに助けられ
何とかインドの仏跡参拝を終わることができました。
60歳代の実に素晴らしい感動と体験になりました。
この、お釈迦さまの足跡を訪ねる旅は、私が僧侶と
しての歩みに必ず生きて働いてくれるものとして確信
しています。

印度仏教遺跡参拝・感動の連続

1、副住職と参加出来ました。現地ガイドDさん(男性・36歳)、添乗員Aさん(女性・32歳と親しくなり、お酒を酌み交わしました。しかも、誠実で優秀なお二人でした。

2、仏跡のほとんどが、イスラム教徒によって破壊され、基礎を中心とする一部が残っている状態は悲惨でした。しかし、仏教徒は加害者になった歴史を持たないことが誇りです。

3、アフガニスタンのバーミヤン仏教遺跡(写真参照)も先年イスラム教徒によって破壊されてしまいました。文化遺産の破壊はやめてほしいものです。

4、Dさんはバラモンの出身で、敬虔なヒンデゥ教徒だそうです。「お釈迦様はヒンデゥ教の聖者の一人」として尊崇されているそうです。包容力のある扱いに感心しました。

5、お釈迦様の足跡をたどって、「仏教って弱いんだな」と感じました。しかし、「諸行無常」や「悉有仏性」を説き、「慈悲」に包まれた仏教にこれからも惚れていきます

6、お釈迦さまの十大弟子で「知恵第一」と言われる「舎利弗尊者」の霊廟に参拝でき感動しました。その昔、世界一大きかったナーランダ大学の一角にあるのも頷けます。

7、Dさんと仲良くなった息子は、「ぜひ、子どもさんを日本に遊びに来させてください」と言って固い握手をして別れました。実現したら私も日本を案内したいと思います。

8、「仏跡参拝」をして、「お釈迦さまを肌で感じたい」との悲願を果たせました。 この感動を保ち続け、日本の仏教の一僧侶として「久遠のお釈迦様」を慕い続けたいと思います。

                     

伊那市 深妙寺
長野県伊那市西春近小出3160
TEL・FAX 0265-72-5070