伊那春近領の詳細ページ 
   深妙寺開基三位公の支配下「伊那春近領内」の城跡     

1、 伊那春近領内の城跡の概要


 深妙寺開基、鎌倉幕府政所役人三位公池上彌次郎入道(常法院日遊上人)が統
括した伊那春近領は現在の伊那市から下伊那郡松川町に及ぶ天竜川沿いの広大な
地域でした。
 ここには三位公入道に仕える、小出氏(工藤氏)(伊那市・小出本城跡・小出
内城跡・村岡荒城跡・春日城跡など)・赤須氏(駒ヶ根市・赤須城跡)・飯島氏
(飯島町・飯島城跡別名本郷城跡)・田島氏(中川村・前沢城跡)・片桐氏(松
川町・船山城跡・県指定史跡)・名子氏(松川町・名子城跡・名子館跡・松川町
指定史跡)などの地頭(地頭代との説もある)がいました。
 今も各地頭の姓はそのまま地名として残り、しかも、城館跡が史跡として保存
されており、伊那春近領の規模の大きさが確認出来ます。
 


2、伊那春近領内の主な城跡

(1)小出氏(工藤氏)の城跡




    小出本城跡(看板)


                     

   小出本城跡(中城 ・ 伊那市指定史跡)





  
            伊那市指定史跡・春日城趾公園(往古小出氏城跡)





 伊那春近領の政所があった小出城跡
 
 小出氏(工藤氏)の城跡は伊那市西春近地区に広い範囲にわたって分布しています。
深妙寺開基の三位公入道(池上氏)は政所長官として西春近小出で伊那春近領を治め
られました。小出村岡地籍には「春近免」という地名も残っており政所があったと言われ
ています。池上氏と小出氏(工藤氏)は同族だから、池上氏は小出を中核とした伊那春
近領を支配しやすかったと思われます。
 春日城跡は複合遺跡で鎌倉時代の遺物も発掘されています。鎌倉時代まで遡るとこ
の地域の豪族は小出氏しか存在しませんでした。従って、春日城も往古は小出氏の城
郭のひとつであったといわれています。

(2)赤須氏の城跡


赤 須 城 跡



     赤須城跡(西方向から)
          


 伊那春近領内に赤須城(現在の駒ヶ根市下平)がありました。
 この赤須氏も片桐氏から別れたもので、長春寺は赤須氏の氏寺として開山されたそうです。 



(3)飯島氏の城跡
    
   飯 島 城 跡

     
        
     飯島城跡地図(看板部分)

 飯島氏の城跡は西岸寺の南から
天竜川にかけた河岸段丘に位置し
た広い地域になります。
 西岸寺はこの飯島氏により建立さ
れた氏寺だそうです。
 

     

     飯島城跡(本郷城跡・西岸寺の南東に位置)
   
  西岸寺に「至鈍置文」と言う室町時代の古文書があり、 
那春近領が松川町にまで及んだことが記されています。

(4)田島氏(前沢氏)の城跡
 
 前沢城跡(田島城跡)

 前沢城(田島城)は中川村の前
沢川の南段丘上に位置しており
森に囲まれています。
 この田島氏も片桐氏から分派し
たといわれます。
 今も前沢氏により祭礼がこの城
跡でなされているそうです。 現地
を訪ねさせて戴いた折り、夢のあ
るお話を古老からお聞きすること
ができて感激しました。
    
 

         前沢(田島)城跡(段丘西方から)

(5)片桐氏の城跡

 船 山 城 跡


             船山城跡全景




 船山城趾碑

    
     御射山神社

  
   

          
      船山城跡航空写真 

              (松川町教育委員会の資料から) 

片桐氏のお城の跡で、伊那春近領の多くの地頭(小出氏を除く)はこの片桐氏から分派したと言われています。
  船山城の名前の由来はお城の地形がちょうど船をひっくり返した形をしているからだそうです。
 御射山神社は片桐氏との繋がりが強くその勢力のほどが伺えます。

(6)名子氏の城跡
       名子城跡(城山)



             名子城跡全景

 名子城跡(城山)は伊那春近領の最南端にあります。
 鎌倉幕府御家人政所重臣三位公池上弥次郎入道(常法院日遊上人)の権勢が名子城まで及んでいたことは驚異であります。三位公は僧侶であると同時に政治・行政に深く携わっていたことになります。
 

                  
            名子城館跡

 名子氏館跡は松川町長光寺の真西に当たり名子家が今も御先祖をお護りされています。



  名子城跡実測図

 
 看板部分


   
   正面参道

 右上の写真は名子本曲輪跡にある看板の部分です。「春近領内名子郷の地頭代」として伊那春近領の説明がなされています。
 左の写真は本曲輪跡に繋がる正面参道に当たります。
 



           トップ  ページ    


3、参考史料   (伊那春近領内城跡の図)


 
伊那春近領城跡の分布図


印 城跡の位置

  春日城趾公園(伊那市の指定史跡として手入れが行き届いています)





 春日城趾公園は鎌倉時代まで遡ると、小出工藤氏の城館であっ
たといわれ、伊那の桜の名所としても広く人々に親しまれています。



  A 小出氏・小出本城跡

     (A〜F は分布図の位置を示す)



  (伊那市誌歴史編から転載)

  A 小出氏・春日城趾




 
  (伊那市誌歴史編から転載)




 
  B 赤須氏・赤須城跡



 

  (上伊那誌歴史編から転載)
 
  C 飯島氏・飯島城跡
    


  (伊那市教委発行「信濃の牧・春近領・宿場」より転載)



  E 片切氏・船山城跡




   (松川町教委パンフレットから転載)



  F 名子氏・名子城跡




  (松川町教委パンフレットから転載)


トップページ      伊那春近領に戻る