伊  那  春  近  領  
    鎌倉幕府重臣深妙寺開基三位公日遊上人の支配下「伊那春近領」の城跡     
 1、伊 那 春 近 領・分 布 図    

           A〜Fは城跡の位置
2、伊那春近領内の城跡の概要
 
  深妙寺開基、鎌倉幕府重臣三位公池上彌次郎入道(日遊上人)が治めた伊那春近領は現在の伊那市から下伊那郡松川町に及ぶ天竜川沿いの広大な地でした。

  ここには三位公入道に仕える、小出氏(伊那市・小出本城跡・小出内城跡・村岡荒城跡・春日城跡など)・赤須氏(駒ヶ根市・赤須城跡)・飯島氏(飯島町・飯 島城跡)・田島氏(中川村・前沢城跡)・片桐氏(松川町・船山城跡)・名子氏(松川町・名子城跡・名子館跡)などの地頭の城跡が高台にあります。
 小出氏 (工藤氏)の城跡(豪族の館跡)は伊那市西春近地区に広い範囲にわたって分布しています。
  春日城跡は複合遺跡で鎌倉時代の遺物も発掘され、往古は小出氏の城郭のひとつであったといわれています。
               (史料 工藤文書 執権 北条貞時裁許状他)


  三位公の碑

 3、 伊那春近領内の主な城跡

A -1  小出氏・春日城跡(旧小出氏城跡)
              


                  

(伊那市指定史跡)
        





A -2  小出氏・小出本城跡


           
      (伊那市指定史跡)
B  赤須氏・赤須城跡


  

C  飯島氏・飯島城跡


  



D  田島氏・前沢城跡




E  片桐氏・船山城跡

 
         
         (長野県指定史跡)
F  名子氏・名子城跡


          
        (松川町指定史跡)

                                   写真A〜Fの記号は分布図上の位置と一致します


 「伊那春近領」について詳細を知りたい
  お方は★詳細★をクリックして下さい。
      トップページ