本文へスキップ

上越後の歴史を現在に伝える 曹洞宗 春日山 林泉寺

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.025-524-5846

林泉寺縁起history


今をさかのぼること500年以上の昔・・・越後守護代長尾重景と、諸国を行脚していた曇英慧応という室町時代の曹洞宗を代表する高僧が、上越の柿崎の地で運命的な出会いをした。重景は曇英和尚の人柄と、和尚の説く仏の教えに深く感じ入り、越後に留まってもらうために下小野という場所に庵を建て、そこに留まってもらうことにしたという。その庵こそが林泉寺の原点である。
重景が歿した時息子能景は、父の17回忌までには春日山城の麓に曹洞宗の修行道場としてふさわしい林泉寺を新たに建立すると宣言し、落慶式に迎えに行くと約束をして、別れる。

1497年(明応6年)能景自身が土を運び、汗を流して完成させた七堂伽藍落慶のため、齢70をすぎ老境にあった曇英ははるばる群馬から足を運び、旧き友能景との過去の約束を果たしたのであった。

その約40年後、能景の孫でまだ7歳の幼い少年が、林泉寺の門をくぐり、そののち7年間、6代目住職天室光育のもとで薫陶を受け育てられた。その少年こそがのちの上杉謙信、すなはち長尾虎千代であった・・・・・

曹洞宗 春日山 林泉寺

〒943-0801
新潟県上越市中門前1-1-1
TEL.025-524-5846
FAX.025-525-5006
→アクセス