2018年 第64回 一陽展 会場の様子報告

第64回一陽展でも一陽会長野支部の皆さんの充実した作品は目立ちました。また今年も大きな成果を収めて、また一歩躍進したように感じました。

n2
n1
nn01
nn02
nn04
nn03
nn06
nn05
nn08
nn07
nn010
nn09
nn012
nn011
nn014
nn013
nn015
nn016
nn018
nn017
nn020
nn019
nn022
nn021
nn023
nn024
nn025
nn026
nn028
nn027
nn029
nn030
nn031

長野支部の皆さんの作品を見ていると、大変皆さん描く力があることがわかります。一陽会の他の地区の皆さんもやはり描く力があります。そして描くことが大好きなことがわかります。これからは絵を創作しながら自分の個性を生かして、自分だけの世界を構築して行ってもらいたいと思います。その過程において必要な絵作りや構図、空間理念や色や光の構成などの課題を少しづつ研究して、より自分の好む世界を見つけていくことが肝要だと思います。ますます貪欲にそして個性的になって、自分だけの絵の世界を制作して欲しいと思います。皆さん頑張って下さい。

トップに戻る