ゲゲゲの鬼太郎
日付:2007.06.08

原作改変もこういったことをされると実に困る。人畜無害無色透明無味無臭化された鬼太郎に何の面白味もないではないか。水木しげるの原作によるゲゲゲの鬼太郎は、何よりもまずアナログなのである。世界が、である。しかし、この映画化は全くお構いなしに、その原作世界を無神経にデジタルにしてしまっている。VFXのことではない。原作特有の民俗的な “あなろぐ”な匂いが払拭されてしまっているのだ。ケータイのデジカメで女の子とツーショットでは困るのだ。

貧しく醜い孤児で、それでもヒーローであるはずの鬼太郎が、ツルツル美男子のウエンツ瑛士を配していることで、すべてがぶち壊しになっている。子役当時の吉岡秀隆あたりだったら適役だろう。鬼太郎は幽霊族の末裔で、墓場で産み落とされ、生まれながらにして片眼なのである。「ゲゲゲ」となる前のタイトルは「墓場鬼太郎」といったのだ。こちらの鬼太郎は、あろうことか両眼が健在で、おまけに下駄が全く似合わない。

鬼太郎の背負っている妖怪という被差別的な負の部分がきれいサッパリ抜け落ちていて、全くの健康体。身障者配慮の過剰自己規制としか思えない改悪にとてもガッカリした。鬼太郎の誕生から物語が始まらないのも、出生があまりに陰惨だからだろう。ここに事ナカレ主義の御安心路線を見る。日本にティム・バートンはいないのだ。(昔の大林宣彦だったら、もしや、もしやに・・・)

人間の女の子と恋愛めいたことをしてみたり、環境問題や地上げ問題(古いね)を中途半端に挟んでみたり、結果的には何の効能も見当たらない妖怪石とやらの極めてダラダラした争奪戦を、妖怪キツネたちと延々とやってみたり、意味のわからない妖怪裁判を無理やり開いてみたり、砂かけ婆や子泣き爺など全く活躍の場はないし、原作でも一番生き生きしているねずみ男の小悪党ぶりぐらいが少し面白かったぐらいだ。話がバラバラで最後まで収束しないお粗末。

デジタルといえば、妖怪石争奪戦の狐軍団は、デジタル・ムービーの代表作「マトリックス」のスミスをはじめとするエージェントたちを明らかに模している。狐軍団のチープな感じは、水木しげるの独特なイーカゲンさに若干通じるものがあることはある。目玉の親父も同映画のバレットタイムもどきに宙に浮いているシーンがある。しかし、もう少し上手にやってもらわねばパロディ効果はない。VFXにも意欲は感じられず、特に妖怪ディスコのシーンなんか絶好の見せどころなのに何の特色もない。みんなキグルミ、ヌイグルミ。「コープスブライド」ぐらい参考にすべきだ。こういう何の映画的蓄積もない映像はTV並みとしか言いようがない。

監督をてっきり「踊る大捜査線」シリーズの監督かと勝手に思いこみ、これはもしや、あるいは、と期待していたら、よく読むと別人であった。「踊る」は本広克行で、こっちは本木克英なのだ。紛らわしすぎる!(ToT)/


 ●監督◎本木克英
 ●原作◎水木しげる
 ●脚本◎羽原大介
 ●音楽◎中野雄太
 ●主演◎ウエインツ瑛士
 ●共演◎井上真央 田中麗奈 大泉 洋 間 寛平 室井 滋 YOU 西田敏行 小雪 田の中勇(目玉のおやじの声)

    
映画見よう見まねへ戻る