© ohs@m

ラインっプ !プ  こんな畫を***
  トップページへ▲  *****  ●2007以降へも行って見る▲


2006
(41)犬神家の一族]

(40)007 カジノ・ロワイヤル] (39)硫黄島からの手紙]

(38)武士の一分] (37)父親たちの星条旗] (36)ブラック・ダリア]

(35)デスノート the Last name] (34)16ブロック] (33)寝ずの番]

(32)オトシモノ] (31)レディ・イン・ザ・ウォーター] (30)出口のない海]

(29)グエムル 漢江の怪物] (28)スパーマン リターンズ]

(27)パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト] (26)ユナイテッド93]

(25)ゲド戦記] (24)サイレントヒル] (23)日本沈没] (22)M:I:V]

(21)海猿 LIMIT OF LOVE] S嫌われ松子の一生]

Rカーズ] Q着信アリFinal] Pデスノート前編]

Oポセイドン] Nオーメン] Mダ・ヴィンチ・コード]

L小さき勇者たちGAMERA] KV・フォー・ヴェンデッタ]

Jファイアーウォール] Iサウンド・オブ・サンダー]

Hナルニア国物語 第1章] Gシリアナ]

Fサイレン] Eミュンヘン] Dフライトプラン] CTHE有頂天ホテル]

B輪廻] A男たちの大和YAMATO] @ハリー・ポッターと炎のゴブレット]

2005
(32)ロード・オブ・ウォー] (31)キング・コング]

(30)SAYURI] (29)大停電の夜に] (28)私の頭の中の消しゴム]

(27)コープスブライド] (26)蝉しぐれ] (25)容疑者 室井慎次]

(24)シン・シティ] (23)チャーリーとチョコレート工場] (22)ノロイ]

(21)亡国のイージス] Sバットマン ビギンズ] Rスター・ウォーズ ep3 シスの復讐]

Qリング2] P宇宙戦争] Oミリオンダラー・ベィビー]

Nザ・インタープリター] Mコックリさん] Lコンスタンティン]

K真夜中の弥次さん喜多さん] Jシャル・ウイ・ダンス?] Iローレライ]

Hクレヨンしんちゃん伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃] G鉄人28号]

F着信アリ2] ETHE JUON] Dパッチギ!] Cボーン・スプレマシー]

Bカンフーハッスル] Aターミナル] @ゴジラ ファイナル・ウォーズ]

2004
(39)Mr.インクレディブル] (38)ハウルの動く城]

(37)コラテラル] (36)笑の大学] (35)隠し剣鬼の爪]

(34)オールド・ボーイ] (33)草の乱] (32)ヴィレッジ] (30/31)感染/予言]

(29)アイ、ロボット] (28)ヴァン・ヘルシング] (27)スウィングガールズ]

(26)華氏911] (25)LOVERS] (24)友引忌] (23)シュレック2]

(22)スチームボーイ] (21)スパイダーマン2] Sブラザーフッド]

Rシルミド] Q下妻物語] P花嫁はギャングスター] Oドーン・オブ・ザ・デッド]

Nパッション] Mコールド マウンテン] Lスクール・オブ・ロック] Kアップルシード]

Jキル・ビルvol.2] Iイノセンス(2)] I恋愛適齢期] Hペイ・チェック]

Gブラザー・ベア] Fイノセンス(1)] Eロード・オブ・ザ・リング王の帰還] Dシービスケット]

Cニューオーリンズ・トライアル] B着信アリ] A半落ち] @ミスティック・リバー]

2003
(37)ファインディング・ニモ] (36)ラスト サムライ]

(35)フォーンブース] (34)阿修羅のごとく] (33)マトリックス レボリューションズ]

(32)キル・ビルvol.1] (31)陰陽師U &(30)トゥームレイダー2] (29)閉ざされた森] (28)座頭市]

(27)呪怨2] (26)ハルク] (25)HERO 英雄] (24)踊る大捜査線レインボーブリッジを封鎖せよ!]

(23)呪怨] (22)ターミネーター3] (21)チャーリーズ・エンジェルフルスロットル] Sスパイ・ゾルゲ]

R二重スパイ] Qマトリックス リローデッド] Pめぐりあう時間たち] Oシカゴ] Nボイス]

Mクレヨンしんちゃん嵐呼ぶ栄光のヤキニクロード] Lドリーム・キャッチャー] K青の炎] J黄泉がえり]

Iキャッチ・ミー イフ・ユー・キャン] H猟奇的な彼女] Gロード・オブ・ザ・リング 二つの塔]

F戦場のピアニスト] Eレッド・ドラゴン] Dボーン アイデンティティー]

C壬生義士伝] Bゴーストシップ] Aハリー・ポッター 秘密の部屋] @K−19]

2002
(27)ギャング・オブ・ニューヨーク] (26)マイノリティ・リポート] (25)ジョンQ 最後の決断]

(24)たそがれ清兵衛] (23)O U T] (22)ザ・リング] (21)きれいなおかあさん] S狂気の桜]

R竜馬の妻とその夫と愛人] Qサイン] Pウインドトーカーズ] Oインソムニア] Nアイス・エイジ]

M海は見ていた] KSW クローンの攻撃] JM I B U] IA L I アリ] H模 倣 犯]

G少林サッカー] Fサウンド・オブ・サイレンス] Eロード・オブ・ザ・リング] Dパニックルーム]

Cスパイダーマン] Bブラックホーク ダウン] Aアザーズ] @仄暗い水の底から]

2001
Rゴジラ.モスラ.キングギドラ大怪獣総攻撃/ハムハムランド大冒険] Qスパイ・ゲーム]

Pハリー・ポッター 賢者の石] Oかあちゃん] Nソードフィッシュ] M陰 陽 師]

Lファイナル・ファンタジー] K赤 影] J千と千尋の神隠し(2)] J千と千尋の神隠し(1)]

Iギフト] HA . I] GJ S A 共同警備区域] Fメトロポリス] Eスターリングラード] Dハンニバル]

Cプルーフ・オブ・ライフ] Bスナッチ] AB R O T H E R] @ダンサー・イン・ザ・ダーク]

←下から上に観た順です。******下に詳細 [先を読む]クリック!





      
タイトル/観た日映 画 評 ・・ネタバレしてます
足元に御注意ください!
[先を読む]クリック!
犬神家の一族
2006.12.31
 製作陣の製造者責任も問われかねない「脱魂」の一作・・・先を読む
007 カジノ・ロワイヤル
2006.12.24
 なるほどどんな映画も甘く観てはいけない。軽く放り込んだ口の中で・・・先を読む
硫黄島からの手紙
2006.12.17
 ある日突然戦争がやってきた・・・先を読む
武士の一分
2006.12.01
 山田洋次版「武士道残酷物語」ともいうべき一篇・・・先を読む
父親たちの星条旗
2006.11.19
 回想映画というのは、品行方正になってしまうことが多いと思う。回想している人間は、ほとんどの場合理性的で良識的で問題のない人物・・・先を読む
ブラック・ダリア
2006.11.11
 当時のアメリカのひとつの容貌であるとともにマリリン・モンローを思い出させる・・・先を読む
DEATH NOTE the Last name
2006.11.03
 人間描写不在の全編ゲームとしか思えないストーリー・・・先を読む
16ブロック
2006.10.21
 これはクリント・イーストウッド監督・主演の「ガントレット」にそっくりな設定だと・・・先を読む
寝ずの番
2006.10.14
 「お葬式」や「生きる」が人間喜劇として面白かったのは・・・先を読む
オトシモノ
2006.10.09
 ホラーは”逆立ちしたファンタジー”であるべきなのに・・・先を読む
レディ・イン・ザ・ウォーター
2006.10.06
 監督の脳内映画である。しいて言えば、「映画」を作りたかったのだろうとしか言えない・・・先を読む
出口のない海
2006.09.22
 彼らの気持ちを支えたものは果たして国家なのか、家族なのか、恋人なのか。そのいずれかであるにしても・・・先を読む
グエムル 漢江の怪物
2006.09.08
 「エイリアン」が“心理的”怪物であったようには、「グエムル」は“政治的”怪物としては・・・先を読む
スーパーマン リターンズ
2006.08.20&09.01
 親子関係のファンタジーがとてもよく映画に中に納まっている。アメリカは根本的に「父性の国」である・・・先を読む
パイレーツ・オブ・カリビアン
デッドマンズ・チェスト
2006.08.16
 僕には映画鑑賞で苦手な分野があって、まず西洋歴史劇モノ。純愛映画と世間でいわれるモノ。そして・・・先を読む
ユナイテッド93
2006.08.13
 カメラは“世界はアクションとリアクションで成り立っている”とでもいうかのように・・・先を読む
ゲド戦記
2006.08.05
 印象的には違いないが、演出家の自己陶酔だよ。感傷とロマンチシズムは違うもの・・・先を読む
サイレントヒル
2006.07.17&25
 異形のものクリーチャーたちのグロテスクな造形に、美術的センスが光る・・・先を読む
日本沈没
2006.07.22
 日本列島が「日本群島」になってしまいました、という話に・・・先を読む
M:I:V
2006.07.08&16
 女スパイ役マギー・Qがアジア系の涼感漂う容貌容姿でとても魅力的・・・先を読む
海猿 LIMIT OF LOVE
2006.07.07
 自己犠牲の讃歌でなく、災害に対する「人間力」の讃歌に・・・先を読む
嫌われ松子の一生
2006.07.06
 しかし、なんてファンタスティックな不幸なのだろう!・・・先を読む
カーズ
2006.07.02
 常識的にはクルマのライトが目になるはずなのに・・・先を読む
着信アリFinal
2006.06.25
 これほど軽薄な言葉では何も語れはしないだろう・・・先を読む
デスノート前編
2006.06.18
 リンゴといえば、アダムが食べて、楽園を追放された禁断の実・・・先を読む
ポセイドン
2006.06.17
 「神はサイコロを振らない」という言葉もあるように、わざわざ神の問題を出さなかった・・・先を読む
オーメン
2006.06.11
 たぶん、「6・6・6」で2006年6月6日に公開したかったからであろう・・・先を読む
ダ・ヴィンチ・コード
2006.05.21&06.02
 女性恐怖を深層にもつ閉所恐怖症の、歴史に精通した宗教象徴学の学者が見る夢は・・・先を読む
小さき勇者たちGAMERA
2006.04.30
 あたかも同時多発テロであの世界貿易センタービルに衝突した旅客機・・・先を読む
V・フォー・ヴェンデッタ
2006.04.22 & 05.22
 仮面の義賊「怪傑ゾロ」+「鉄仮面」といったキャラクター・・・先を読む
ファイヤーウォール
2006.04.10
 名画「必死の逃亡者」のような悪漢一般家庭侵入ドラマの銀行強盗版・・・先を読む
サウンド・オブ・サンダー
2006.04.07
 地球始まって以来の、まさに大問題を引き起こしておきながら・・・先を読む
ナルニア国物語 第1章
ライオンと魔女
2006.03.29
 あくまで童話的な子供向けの話・・・先を読む
シリアナ
2006.03.17
 句読点もなく複雑に撚り合されたれた4つの話を、一気読み・・・先を読む
サイレン
2006.03.05
 「シックス・センス」・・「ヴィレッジ」・・「シャイニング」・・「ゾンビ」・・真相は、実は「八つ墓村」だったというのではあまりに・・・先を読む
ミュンヘン
2006.02.21
 仲間とともに飲んだり食べたりのシーンが実に美味そう・・・先を読む
フライトプラン
2006.02.15
 狂っているのは自分の方なのか?このあたりのサイコな不安の盛り上がりが・・・先を読む
THE有頂天ホテル
2006.02.03
 そのワケあり加減が映画的じゃない・・・先を読む
輪廻
2006.01.16
 やはり暗闇は恐怖には必須の条件・・・先を読む
男たちの大和YAMATO
2006.01.10
 血しぶきに染まった戦闘中の艦上に、水しぶきとともに一瞬かかる虹・・・先を読む  
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
2006.01.01
 一応注目すべき所は、ハリーも少年からかなり成長して・・・先を読む
ロード・オブ・ウォー
2005.12.29
 人の命は地球どころか弾丸一個の重さにも満たない・・・先を読む
キング・コング
2005.12.23
 自己完結的な、そして贅沢なプライベートフィルム・・・先を読む
SAYURI
2005.12.17
 意図的に獲得した無国籍性をもって・・・先を読む
大停電の夜に
2005.12.16
 聖夜(ホーリーナイト)は静夜(サイレントナイト)・・・先を読む
私の頭の中の消しゴム
2005.11.29
 どこか同じ韓国映画の傑作「オールド・ボーイ」を・・・先を読む
コープスブライド
2005.11.24
 ここまで出来ればピカソの「ゲルニカ」さえゲルニ化・・・先を読む
蝉しぐれ
2005.11.10
 四季の移ろいを背景に極めて端正な映像で・・・先を読む
容疑者 室井慎次
2005.10.12
 「踊る」のなかでは最も「踊らない」キャラクターなのである・・・先を読む
シン・シティ
2005.10.06
 もういい加減出尽くしたかに見えるCG合成画面は、ことのほか新鮮かつ斬新・・・先を読む
チャーリーとチョコレート工場
2005.09.23
 監督の力量であろう。ただ気になったのは、ウンパ・ルンパが・・・先を読む
ノロイ
2005.08.30
 恐怖というものを皮膚感覚として感じさせる・・・先を読む
亡国のイージス
2005.08.13
 このような言葉によって、その度にわれわれは「国家」に辿り着けない・・・先を読む
バットマン ビギンズ
2005.07.28
 渡辺謙はというと、往年のハリウッド日本人俳優の伝統を引き継ぎ、「謎の東洋人」という・・・先を読む
STAR WARS エピソード3 シスの復讐
2005.07.15&21
 血統書つきの英雄譚となって・・・先を読む
リング2
2005.07.10
 日本にだって「血は水よりも濃い」ということばもある・・・先を読む
宇宙戦争
2005.07.04
 ・・・というお騒がせな内容なら「インディペンデンス・デイ」とどこが違うのか・・・先を読む
ミリオンダラー・ベィビー
2005.06.14&07.04
 マギーは「かぐや姫」であって、現代の「竹取物語」とも・・・先を読む
ザ・インタープリター
2005.06.03
 冷たさを感じるほどに冴え渡ったその美貌は・・・先を読む
コックリさん
2005.05.11
 女の目って怖い・・・先を読む
コンスタンティン
2005.05.06
 進化論を信じない人は、9.11以後アメリカでは60l近くに達するそうである・・・先を読む
真夜中の弥次さん喜多さん
2005.05.05
 最初はゴミだと思ったが、これは映画落語なのかも・・・先を読む
シャル・ウイ・ダンス?
2005.05.03
 人生はダンスなのである。だから「いっしょに生きませんか?」即ち「いっしょに踊りませんか?」と・・・先を読む
ローレライ
2005.04.26
 おまけにパウラは、あの女忍者「あずみ」にそっくり・・・先を読む
クレヨンしんちゃん
伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃
2005.04.20
 不吉なほど長ったらしい題名の要領の悪さに気付かず観に行った俺が悪いのだが・・・先を読む
鉄人28号
2005.04.08
 金田正太郎君が、家で読んでいる本が江戸川乱歩の「青銅の魔人」だったりする・・・先を読む
着信アリ2
2005.03.09
 自分の携帯にかかってきたときに、自分ではなく他の人間が「その場で」出てしまったらどうするのかという、ジョークだか自己パロディだかみたいな事も・・・先を読む
THE JUON 呪怨
2005.03.03
 「どうだ、日本の呪いは怖いだろう」というような自慢めいた感情は少しは湧く・・・先を読む
パッチギ!
2005.02.18
 最近の「韓」流ブームを横目で見ながら、今の時期に描こうとするのは、何かと良い話題の無い北朝鮮問題もあって・・・先を読む
ボーン・スプレマシー
2005.02.13
 ストイックで無駄の無い動きは、女っ気の乏しいこの映画に、男のアクションの色気さえ・・・先を読む
カンフーハッスル
2005.02.02
 日本では「しんちゃん」といえば「クレヨンしんちゃん」だが、香港では・・・先を読む
ターミナル
2005.01.20
 ヴィクターにチャップリンの面影を見た・・・先を読む
ゴジラ
ファイナル・ウォーズ
2005.01.03
 ゴジラは、デジタルではなくアナログとして存在し続けた・・・先を読む
Mr.インクレディブル
2004.12.30
 いい意味でのディズニータッチを受け継いでいて、ストーリーを優先させる日本のアニメとは基本的に一線を・・・先を読む
ハウルの動く城
2004.12.20
 世界を愛せる少年少女とちゃんと歳をとった老人が一番生き生きしているのがいつもの・・・先を読む
コラテラル
2004.12.15
 対照的な2人の男の一夜の運命の出会いを描いて、キレはあるのに、コクが・・・先を読む
笑の大学
2004.12.03
 映画的ラスト(案)とはこうだ。「私はそれ以来ずっと待っている・・・」先を読む
隠し剣鬼の爪
2004.11.27
 隠し剣「鬼の爪」は必殺の暗殺剣なり。仕掛人「藤枝梅安」を一撃で倒すとは・・・先を読む
オールド・ボーイ
2004.11.14&11.21
 新たなる異形のアダムとイブを思わせる神話的結末・・・先を読む
草の乱
2004.10.28
 青年がいきなり老化したようで、その異様さは老化が急速に進行する病気か、はたまたオカルト映画である・・・先を読む
ヴィレッジ
2004.10.22
 罪の無い人々が社会をつくれば、罪の無い社会ができるかのように・・・先を読む
感染/予言
2004.10.09
 病院もドロドロ、現場もドロドロ、肉体も精神もドロドロ。そこへ持ってきて患者がドロドロ・・・先を読む
アイ、ロボット
2004.10.03
 自分の創り出したものが、物体のままでいないで「心」を持ってしまうことの根源的な恐怖 ・・・先を読む
ヴァン・ヘルシング
2004.09.27
 モンスターとは、希少種で常に絶滅危惧種なのである・・・先を読む
スウィングガールズ
2004.09.22
 せっかく吹き替えなしで立派に演奏しているのだから・・・先を読む
華氏911
2004.09.03&15
 以前に盛んに使われた言葉を思い出した。それは、「帝国主義」という言葉・・・先を読む
LOVERS
2004.08.29
 早い話がこれは小妹役の主演女優チャン・ツィイーのために撮った映画・・・先を読む
友引忌
2004.08.23
 始まりは物々しくて期待させるのだが・・・先を読む
シュレック2
2004.08.10
 出物腫れ物ところ嫌わずといった下品さはありながらも、一種のご愛嬌といったところ・・・先を読む
スチームボーイ
2004.07.29
 熱中するあまり、作り手はこの作品がアニメであることを、製作途中で忘れてしまっているのでは・・・先を読む
スパイダーマン2
2004.07.23
 スーパーマンやバットマンは完全な大人のヒーローで、武士や騎士的な正義の使者だが、・・・先を読む
ブラザーフッド
2004.07.12
 平和とは、我われの記憶の中にいる、戦争で死んでいった人々のためにあるもの・・・先を読む
シルミド
2004.07.05
 国家と個人の関係は、詰まるところ、幸福な勘違いか不幸な勘違いかのいずれかである・・・先を読む
下妻物語
2004.06.30
 彼女は、わが道を行く、実に正統な「極道」なのだ・・・先を読む
花嫁はギャングスター
2004.06.12
 草原の決闘シーンは、黒澤明の「姿三四郎」そっくりで・・・先を読む
ドーン・オブ・ザ・デッド
2004.06.06
 ストーリーはないも同じで、状況設定だけがある・・・先を読む
パッション
2004.05.31
 宗教は、たくさんの「一人一人」を救うことはできても、民族や国家という集団を・・・先を読む
コールド マウンテン
2004.05.25
 悲恋でないのは、その意味で天命成就の物語で・・・先を読む
スクール・オブ・ロック
2004.05.19
 ロックンロール百面相ともいうべき岡本太郎ばりの表情の変化と・・・先を読む
アップルシード
2004.05.07
 「イノセンス」には、この映画のような眼の輝きの美しさはなかった。これこそ「アニ眼(め)」・・・先を読む
キル・ビルvol.2
2004.05.04
 この世の中でもっとも通俗的なものは「母」である・・・先を読む
イノセンスA
2004.04.19
 つくられた世界は、最初から死んでいる世界である・・・先を読む
恋愛適齢期
2004.04.12
 切り札を切り過ぎてきた彼には、最後に切る札はもはや残されていなかった・・・先を読む
ペイ・チェック
2004.04.01
 大山鳴動して鳩一羽・・・先を読む
ブラザー・ベア
2004.03.26
 なぜか川にいる鮭だけは、動物語を喋らない・・・先を読む
イノセンス@
2004.03.19
 クライマックスの「少佐」との邂逅は、一種の降臨であり、あるいは降霊で・・・先を読む
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還
2004.02.25/03.02
 フロドの眼は今回更に大きく感じられ・・・先を読む
シービスケット
2004.02.14
 希望を捨てない者こそ救われるという、よき時代のアメリカン・ドリームが・・・先を読む
ニューオーリンズ・トライアル
2004.02.06
 人間の良心というものが、いつでもどこにでも誰にでも存在し、それを行使することが果たして・・・先を読む
着信アリ
2004.01.31
 いろんなものを映画の中に放り出して片付けもしないまま、映画は最後まで迷走を続ける・・・先を読む
半落ち
2004.01.26
 彼らは犯罪者をそれぞれの方法で裁かねばならない立場だが、実はこの事件によって逆に・・・先を読む
ミスティック・リバー
2004.01.13
 こういう渋い演出で、それなりの演技力で作られてしまうと、ド派手なアクションでポンポン人が死にまくる映画より・・・先を読む
ファインディング・ニモ
2003.12.31
 臆病であるがゆえに絶え間ないストレスを感じ続け、その結果何でも忘れることに・・・先を読む
ラスト サムライ
2003.12.20
 渡辺 謙のカツモトはトム・クルーズに全く引けをとらない一貫した熱演であるのだが・・・先を読む
フォーンブース
2003.12.05
 この男の言葉には、懺悔の値打ちもなかったように・・・先を読む
阿修羅のごとく
2003.11.27
 ここに出てくる4人の女優たちはどう見たって平成のケータイ世代、パソコン世代の顔をして・・・先を読む
マトリックス・レボリューションズ
2003.11.13&15
 センチネルの母艦の巨大なる威容は、まさに王蟲(オーム)の群れを・・・先を読む
キル・ビルvol.1
2003.10.27
 ブライド=Bride(花嫁)、ブラディ=Bloody(血まみれ)、ブレイド=Blade(刃・剣士)。血まみれの花嫁は、Bill(ビル)を殺すために・・・先を読む
(トゥームレイダーと陰陽師)2
2003.10.16/10.17
 肉感的唇美人的世界漫遊的眼球保養的快作・・・昔懐かし東宝怪獣映画の恥ずかしながらの復活・・・2本まとめて先を読む
閉ざされた森
2003.10.09
 おれは一度に4人以上の名前を覚えられない人間なのでこれには・・・先を読む
座頭市
2003.09.21
 座頭市は、世の中の眼に見える実際を冷笑する路上の哲学者である。・・・先を読む
呪怨2
2003.09.16
 科学文明は世の中の闇を単なる夜に変えたように、社会の情報化は個人の心の濃さも限りなく希薄に・・・先を読む
ハルク
2003.09.03
 彼の名前ANG・LEE(アン・リー)は、そのまま読むと何とアングリー(ANGRY)ではないか。つまり「怒り」なのである・・・先を読む
HERO英雄
2003.08.24
 軍隊という集団のリアルと剣術という個人のファンタジーとの対比・・・先を読む
踊る大捜査線
レインボーブリッジを封鎖せよ!
2003.08.10
 思い入れの深さがあってこそ犯罪と犯人は輝くのである。この映画では逆に・・・先を読む
じゅおん呪怨
2003.08.05
 フィクション(虚構)という「安全な枠」を超えてしまったというより、それを無視した・・・先を読む
ターミネーター3
2003.07.12&18
 彼らは、消去法で選ばれたアメリカ史上初めての大統領とファースト・レディとなってしまう・・・先を読む
チャーリーズ・エンジェル
フルスロットル
2003.07.06
 たぶんこの映画、あったのは「あらすじ」(材料)だけで「脚本」(レシピ)はなかったのだと・・・先を読む
スパイ・ゾルゲ
2003.06.30
 終止やさしい良い人に見えてしまう。なんだかラフカディオ・ハーンでも見ているような気にさせられた。・・・先を読む
二重スパイ
2003.06.23
 何故我々はこのように不幸に生きなければならないかと言う問いかけと共に・・・先を読む
マトリックス・リローデッド
2003.06.12
 要するになんでも有りなので、逆に始末が悪い。・・・麻薬中毒的に節操がなくなって・・・先を読む
めぐりあう時間たち
2003.06.06&11
 人間を複雑にするのは、人生という時間を終身刑のように規範に則って生きなければならないから・・・先を読む
シ カ ゴ
2003.05.24
 品性高潔とは言い難いこの人間たちの物語をわれわれが喝采出来るのは、そこが劇場だから・・・先を読む
ボ イ ス
2003.05.16
 映像で恐怖を喚起するのに必要なものは、視覚、聴覚そしてその組み合わせとタイミングである。・・・先を読む
クレヨンしんちゃん
嵐呼ぶ栄光のヤキニクロード
2003.05.08
 しんちゃんをはじめとする野原一家の「この日の唯一の野望」は晩飯に一家で焼肉を食べることである・・・先を読む
ドリーム・キャッチャー
2003.04.26
 ワタクシ的には悪名高きスティーブン・キング原作である。彼のホラーを映画化すると必ず・・・先を読む
青 の 炎
2003.04.12
 殺意と自己消滅は「青春の華」・・・先を読む
黄泉がえり
2003.04.04
 夏の風物詩「迎え盆」と「送り盆」を映画にしたのかとも思ったが・・・先を読む
キャッチ・ミー イフ・ユー・キャン
2003.03.28
 彼の人生は、犯罪者だが敗残者ではない。成功者ではないが達成者である。スピルバーグはその面白さを憧れとも・・・先を読む
猟奇的な彼女
2003.03.14
 思い出とは記憶という化石であり、忘れる事とあまり大差は無い。後半は・・・先を読む
ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
2003.03.03
 ゴラムと呼ばれる悪鬼がすごくいい。「H・P」に出てきたドビーに似ているが・・・先を読む
戦場のピアニスト
2003.02.17 
 神はそれでも答えないだろう。受け入れられなかった魂はどす黒くいつまでも・・・・先を読む
レッド・ドラゴン
2003.02.15 
 ニック・ノルティにそっくりなチルトン博士は、自分の存在をまったく無視する尊大な天才ハンニバルが大嫌い・・・先を読む
ボーン アイデンティティー
2003.02.03 
 このタイトルのボーンとはBORN(生まれる)だと思った。アイデンティティーが・・・先を読む
壬生義士伝
2003.01.29
 この映画で際立っていたのは新撰組隊士吉村貫一郎というキャラクターの独特さ・・・・先を読む
ゴーストシップ
2003.01.19
 一転信じられないようなショッキングで凄惨な場面へ急降下してゆく・・・・先を読む
ハリー・ポッター 秘密の部屋
2003.01.18
 確か「トイレの花子さん」も出演していたように・・・・先を読む
K−19
2003.01.03
 冷却水漏れによる原子炉溶解の危機に見舞われた原子力潜水艦内・・・・ ストーリーは骨太だが・・・・先を読む
ギャング・オブ・ニューヨーク
2002.12.30
 アメリカ国内の階級闘争、民族紛争を描いているので、同時多発テロ当時の公開は当然無理だった。よりによって・・・・先を読む
マイノリティ・リポート
2002.12.07
 アンドロイドが出てこないのが不思議だが、その代わり予知能力のあるミュータントが ・・・先を読む
ジョンQ 最後の決断
2002.11.29
 しかしながら臓器市場大国アメリカでは、心臓移植手術は今やあんなに簡単に・・・先を読む
たそがれ清兵衛
2002.11.17
 これがあの山田洋次監督の映画だろうか。はじめての時代劇にしてこの完成度・・・先を読む
O U T
2002.11.10
 死体をバラバラにし、生ごみと一緒に始末する。決して笑い事じゃないのに・・・先を読む
ザ・リング
2002.11.03
 木々の紅葉の血のような赤をあんなに印象的に撮ったアメリカ映画は・・・先を読む
きれいなおかあさん
2002.10.26
 「純粋さ」と言えば「あの子を探して」、「初恋の来た道」など最近見た中国映画に・・・先を読む
狂気の桜
2002.10.20
 そしてオトナたちにまんまと消費されてゆく。悲しいかなテロリストにさえ・・・・ 先を読む
竜馬の妻とその夫と愛人
2002.10.13
 映画の内容そのマンマのタイトルだが大きく言えば坂本竜馬をめぐる物語、小さく言えば・・・・先を読む
サ イ ン
2002.10.02
 この映画の脚本に推定10数億円、メル・ギブソンの出演料25億円?まさに日本の道路公団も・・・・先を読む
ウインドトーカーズ
2002.09.22
 最初からフィクションであれば自分の想像力を荒唐無稽に・・・・
先を読む
インソムニア
2002.09.14
 眠らない世界で自らも眠れない人間になった男の魂の安らぎは?・・・・ 先を読む
アイス・エイジ
2002.08.21
 こういう映画はホッとする。息がつける気がする。映画と格闘して理解してやろうとか・・・ 先を読む
海は見ていた
2002.08.15
 黒沢晩年の作品に見られた融通の利かない純粋さの一点張りはちょっと困ったものだったが、今回は・・・・先を読む
猫の恩返し
2002.07.21
 猫の国とはどういうものなのか、まずわからない。主人公を助けるバロンという猫男爵はどう見ても・・・・先を読む
SW クローンの攻撃
2002.07.14
 暗黒面にいづれ堕ちてしまう人物をヒーローとして描いてゆく・・・・
先を読む
M I BU
2002.07.06
 話をさらに混乱させるので結局どんな話かよくわからない・・・・
先を読む
A L I アリ
2002.06.21
 特にオープニングシーンは今更ながらソウル・ミュージックのすばらしさを十分堪能・・・ 先を読む
模 倣 犯
2002.06.13
 
 チラシに「なぜ人を殺してはいけないの?」とある。その答えがこの映画にあるらしい・・・先を読む
少林サッカー
2002.06.08
これはもう立派な大志でありアッパレとしか言いようが・・・・ 先を読む
サウンド・オブ・サイレンス
2002.06.06
 サイモン&ガーファンクルの歌なんか・・・主演のマイケル・ダグラスは、かなり作品を選ぶ俳優で・・・先を読む
ロード・オブ・ザ・リング
2002.05.12
 この映画あまりに律儀につくってあって、全体的に真面目・・・・
先を読む
パニックルーム
2002.05.24
 題名、主演・監督名などの文字タイトルがニューヨークのビルの看板とそっくりに、映し出されるオープニングの・・・・先を読む
スパイダーマン
2002.05.15
 早い話がダースベーダーおじさんになってしまうのだ・・・・先を読む
ブラックホーク ダウン
2002.04.15
 まさに映像派の巨匠リドリー・スコット面目躍如の映像美。軍事ヘリ・ブラックホーク墜落からの・・・ 先を読む
アザーズ
2002.05.08
 生きているうちの病である。「病は生(き)から」・・・・ 先を読む
仄暗い水の底から
2002.02.15
 母と子だけの話なのである。他者には立ち入れない世界なのだ・・・・ 先を読む
ゴジラ モスラ キングギドラ
大怪獣総攻撃/
ハムハムランド大冒険
2001.12.30
 「ガメラ」はどこへ行ったのだ?・・・・ 先を読む
      
スパイゲーム
2001.12.19
 もうひとつの「ミッション・インポッシブル」・・・・ 先を読む
ハリー・ポッター 賢者の石
2001.12.12
 せっかく自分の額に選ばれたものの象徴ともいうべき「聖痕」(聖なる傷)を・・・・ 先を読む
かあちゃん
2001.11.25
 落語でいう「なめくじ長屋」の話である。といっても落語ほど軽く、気楽では・・・・ 先を読む
ソードフィッシュ
2001.11.04
 「狼たちの午後」を引き合いに出した最初のシーンから銀行強盗の話かと思ったら・・・・先を読む
陰 陽 師
2001.10.16
 馬鹿になってガムシャラにこのような世界を信じて撮る香港映画の・・・・ 先を読む
ファイナル・ファンタジー
2001.09.20
 驚いた。描かれた人物達がちゃんと質量をもって・・・・ 先を読む
RED SHADOW 赤影
2001.08.30
  私の子供の頃「仮面の忍者 赤影」という特撮テレビドラマが・・・・
先を読む
千と千尋の神隠しA
2001.08.09
 「夢落ち」について。この映画のラストが夢落ちであると言う意味の事を・・・・ 先を読む
千と千尋の神隠し@
2001.07.28
 
 wonder(不思議)がfull(いっぱい)で、つまりワンダフルな傑作で・・・・ 先を読む
ギ フ ト
2001.07.13
 小品ながら丹念な作りの美しい映像で最後まで・・・・ 先を読む
A . I
2001.07.10
  これは鉄腕アトムである。S・キューブリックの企画をスピルバーグが・・・・ 先を読む
J S A
共同警備区域
2001.07.10
 南と北を分断する38度線そのものを地雷用ワイヤーは象徴しているのだと・・・・ 先を読む
メトロポリス
2001.06.09
 初期手塚のタッチをできるだけ残した登場人物達はどこかレトロな・・・・ 先を読む
スターリングラード
2001.05.25
 まるで牛が牧場に追い込まれるように戦場に・・・・ 先を読む
ハンニバル
2001.05.03
 邪悪なそれでいて聖なる映像のデコレーション・ケーキ・・・・これはオペラであり、歌舞伎・・・先を読む
プルーフ・オブ・ライフ
2001.04.10
 「カサブランカ映画」の・・・・ 先を読む
スナッチ
2001.03.28
 不思議なユーモアがロンドンの路地を疾走している・・・・ 先を読む
B R O T H E R
2001.02.13
 生きている薄っぺらな自分に対する義務であるかのように死に向かって・・・・ 先を読む
ダンサー・イン・ザ・ダーク
2001.01.14
 不幸が好きなのだ。それもかなり強引な不幸が・・・・ 先を読む

*
* *
* * * *
* * * * * * 映画を観たTOP画面へ戻る▲
* * * * * * * * トップページへ戻る▲