© ohs@m

映画 見よう 見まね 2007ー2010
  トップページへ▲  *****  ●2007以前の映画評はこちら


2010@THIS IS IT AAVATARアバター Bインビクタス負けざる者

2009

2008
(29)ハッピー・フライト]

(28)私は貝になりたい] (27)まぼろしの邪馬台国] (26)レッドクリフ part1]

(25)シャッター] (24)おくりびと] (23)クローンウォーズ] (22)ダークナイト]

(21)紙屋悦子の青春] Sハプニング] R崖の上のポニョ]

Qインディアナ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国] Pミラクル7号]

OJUNO/ジュノ] N相棒−劇場版−] M隠し砦の三悪人]

Lシッコ/SiCKO>] Kラスト、コーション] J王妃の紋章]

I地球交響曲第二番] Hブラックサイト] G魔法をかけられて]

Fバンテージ・ポイント] E明日への遺言] Dアメリカン ギャングスター]

C母べえ] Bスウィニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師]

Aアース earth] @ベオウルフ-呪われし勇者-]

2007
(40)アイ・アム・レジェンド]

(39)椿三十郎] (38)ボーン・アルティメイタム]

(37)ブレイブ ワン] (36)エクスマキナ] (35)図鑑に載ってない虫]

(34)ローグ・アサシン] (33)パーフェクト・ストレンジャー]

(32)スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ] (31)怪談]

(30)トランスフォーマー] (29)キサラギ] (28)河童のクゥと夏休み]

(27)ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団] (26)シュレック3]

(25)ダイハード4.0] (24)アポカリプト] (23)300]

(22)ゾディアック] (21)大日本人] Sゲゲゲの鬼太郎]

Rリーピング] Q俺は、君のためにこそ死ににいく]

Pサンシャイン2057] Oバベル] Nスパイダーマン3]

Mロッキー・ザ・ファイナル] Lブラッド・ダイアモンド]

Kデジャヴ] J蟲師] Iハッピーフィート] Hゴーストライダー]

G墨攻] Fドリームガールズ] E世界最速のインディアン]

Dディパーテッド] Cどろろ] Bそれでもボクはやってない]

A敬愛なるベートーヴェン] @シャーロットのおくりもの]

******下に詳細 [先を読む]クリック!
      
タイトル/観た日 映 画 評 ・・ネタバレしてます
足元に御注意ください!
[先を読む]クリック!
インビクタス負けざる者たち 今までの相手を赦さねばならない。復讐は認めない。これを彼は「人間的打算」と言っている。→先を読む
AVATAR アバター 映画を3Dで観なければならない理由が分からない。立体映像に胡散臭さを感じてしまう。オマケの多いお菓子にしか思えない。→先を読む
THIS IS IT なぜか、マイケルは「バットマン」の悪役ジョーカーに似ている。しかしマイケルとはミカエルなので天使の別称なのだ。このときマイケル・ジャクソン、なんと50歳!年齢的にもう無理だったのか、ダンスは後ろのダンサーにほとんどお任せなのだが、真の天才アーティストの迫力は遺憾なく発揮されている。スゴイと思ったので2回も観てしまった。
ハッピー・フライト
2008.12.05
 NOW WRITING・・・
私は貝になりたい
2008.12.05
 NOW WRITING・・・
まぼろしの邪馬台国
2008.11.07
 NOW WRITING・・・
レッドクリフpart1
2008.11.07
 NOW WRITING・・・
シャッター
2008.10.03
 NOW WRITING・・・
おくりびと
2008.09.27
 死とは肉体が滅ぶことであり、「人間」とは「肉体」のこと・・・先を読む
クローン・ウォーズ
2008.09.05
 今日的知識人向けアニメにちょっと飽きた向きにはおススメの一本・・・先を読む
ダークナイト
2008.08.30
 最後まで素顔がわからず、当方、ジョニー・ディップに見えて仕方がない・・・先を読む
紙屋悦子の青春
2008.08.24
 老いた夫婦が「戦争はもうこりごりですねぇ」としみじみ語りあう・・・先を読む
ハプニング
2008.08.01
 呆れるほどバカバカしいオチが真面目に用意されていると・・・先を読む
崖の上のポニョ
2008.08.01/09/05
 人間になんかになってどうするつもりなのだ・・・先を読む
インディアナ・ジョーンズ
クリスタル・スカルの王国
2008.06.21
 資本に塗れて老いたその姿を見るのみ・・・先を読む
ミラクル7号
2008.07.04
 宣伝用のチラシで作品自体を批評してしまっている稀有な例・・・先を読む
JUNO/ジュノ
2008.07.04
 命に対するセンチメンタリズムの欠如とは・・・先を読む
相棒−劇場版−
2008.06.06
 当時「自己責任」という言葉が流行り、人々はやっと「自分以外」に使う相手が現れたと直感し・・・先を読む
隠し砦の三悪人
2008.06.06
 一番オイシイ決めゼリフ「裏切り御免!」・・・先を読む
シッコ/SiCKO
2008.05.26
  医食足りて礼節を知る・・・先を読む
ラスト、コーション 色|戒
2008.05.16
 イーのトニー・レオン、そしてチアチーのタン・ウェイの存在感は、すべてを圧倒している・・・先を読む
王妃の紋章
2008.05.02
 贅を尽くした王宮内部は、まるで宝石の中の世界・・・先を読む
地球交響曲第二番
2008.04.20
 人間が他の動物と違うのは、知性や理性をもつということよりも、より大きな意味での「福祉」という思想・・・・・・先を読む
ブラックサイト
2008.04.19
 あつらえ過ぎた犯人像だ。むしろ、次第に・・・先を読む
魔法をかけられて
2008.04.04
 世界がいとも簡単に歌い出してしまうのは・・・先を読む
バンテージ・ポイント
2008.03.22
 近頃この時間でキッチリまとめた映画は珍しい・・・先を読む
明日への遺言
2008.03.07
  映像的達成感がない・・・先を読む
アメリカン ギャングスター
2008.02.18
  伝統として、努力して上に這い上がろうとする強い者に、無邪気に喝采を送ってしまう・・・先を読む
母べえ
2008.02.01
 ただ天使のように、囚われの夫の帰還を待ち望む妻を描いただけでは・・・先を読む
スウィ-ニー・トッド
フリート街の悪魔の理髪師
2008.01.26
 もうひとつの“ジャック・ザ・リパー(切り裂きジャック)”である・・・先を読む
アース earth
2008.01.19
 自然界にとって生命とは、連鎖以外の何ものでもない・・・先を読む
ベオウルフ -呪われし勇者-
2008.01.06
 俳優の顔の演技をアニメに置き換えていったい何の面白味があるのか・・・先を読む
アイ・アム・レジェンド
2007.12.26
 免疫を持っていた人間が科学者で、おまけにウィルスの専門家というのは、あまりにB級的に好都合だ・・・先を読む
椿三十郎
2007.12.07
 月とスッポンであることは想像がつくのだが・・・先を読む
ボーン・アルティメイタム
2007.11.17
 アクションとしての際だった素晴らしさとは裏腹にあまり愉快ではない・・・先を読む
ブレイブ ワン
2007.11.09
 その思いとどまり方を工夫すべきなのではないだろうか・・・先を読む
エクスマキナ
2007.11.02
 大袈裟にいうと文明の憂鬱や疲労といったものが感じられない・・・先を読む
図鑑に載ってない虫
2007.10.26
 迷宮的世界の中を、観客は散々に引っ張り回される・・・先を読む
ローグ・アサシン
2007.10.05
 掛け軸だったかに「下手の横好き」と大書されていた・・・先を読む
パーフェクト・ストレンジャー
2007.10.05
 わざと目眩まし的にわからなくしているとしか・・・先を読む
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
2007.09.22
 マカロニ・ウエスタンそのものに捧げる形(スタイル)で、一種の映画的伝説を語ろうとした・・・先を読む
怪談
2007.09.07
 お志賀の亡霊は、あたかもヨハネの首をもつサロメのごとし・・・先を読む
トランスフォーマー
2007.09.01
 マニア的偏愛がないのは、この監督の凡庸さの表れ・・・先を読む
キサラギ
2007.08.25
 七転八倒のどんでん返しのつるべ打ちというもいうべき展開とクライマックスに脱帽・・・先を読む
河童のクゥと夏休み
2007.08.16
 人間界という“仁義なき生きもの”の棲む世界について・・・先を読む
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
2007.08.12
 最悪だったのは、ハリーがもう少年ではなくなっている・・・先を読む
シュレック3
2007.08.03
 ここへきて疲れが出た・・・先を読む
ダイハード4.0
2007.07.22
 北島三郎の任侠演歌みたいな英雄論・・・先を読む
アポカリプト
2007.07.14
 暴力と征服の歴史の繰り返しを暗示したまま・・・先を読む
300(スリーハンドレッド)
2007.07.06
 正反対の悪の花道をゆく禍々しさが・・・先を読む
ゾディアック
2007.06.30
 事件の迷宮は描かれても、人間の迷宮は描かれていなかった・・・先を読む
大日本人
2007.06.22
 「おれは一般人ではない」という独特の自負とともに、多くの衆愚的一般大衆には理解されない孤高の英雄の憂鬱・・・先を読む
ゲゲゲの鬼太郎
2007.06.08
 鬼太郎は、何よりもまずアナログなのである・・・先を読む
リーピング
2007.06.02
 アルバイト?・・・先を読む
俺は、君のためにこそ死ににいく
2007.06.01
 アメリカと日本は物量対観念の戦いになってしまって・・・先を読む
サンシャイン2057
2007.05.12
 タイトルを見ただけで観る気力が萎えてしまいそうだ。しかしこれは久々のカルトムービーの・・・先を読む
バベル
2007.05.10
 バベルというより「レベル」についての映画・・・先を読む
スパイダーマン3
2007.05.01
 スパイダーマンが完全に正装して登場する場面が極端に減って・・・先を読む
ロッキー・ザ・ファイナル
2007.04.30
 パートナーロスという言葉がある。伴侶の死を乗り越えられず・・・先を読む
ブラッド・ダイアモンド
2007.04.21
 高貴なものは、時に汚れている・・・先を読む
デジャブ
2007.04.06
 タイムマシンものが陥りがちな、いかにもSFチックな陳腐さがこの映画に感じられないのも・・・先を読む
蟲師
2007.04.03
 ギンコのオダギリ ジョーが鬼太郎(ウェンツ瑛士)に見えて困った・・・先を読む
ハッピーフィート
2007.03.20&24
 まさにダンスの大津波・・・先を読む
ゴーストライダー
2007.03.16
 せっかくニコラス・ケイジが主役をやっていながら、肝心なアクション場面になると、主人公の顔は・・・先を読む
墨攻
2007.03.03
 ドラマとしてのカタルシスを著しく損ね・・・先を読む
ドリームガールズ
2007.02.26
 ジェニファー・ハドソンの歌声には、アレサ・フランクリン並みに物凄いなと思う部分と、ちょっとくどいなと思う・・・先を読む
世界最速のインディアン
2007.02.15
 どこの誰であれチャレンジする精神を認めようという・・・先を読む   
ディパーテッド
2007.02.05
 偽りの人生は死によってしか贖われないとでもいいたいような・・・先を読む
どろろ
2007.01.29
 せっかくのR12指定なのだから遠慮はいらなかった・・・先を読む
それでもボクはやってない
2007.01.23
 審理は真理に到達することはない・・・先を読む
敬愛なるベートーヴェン
2007.01.17
 「ミューズ」とは、自ら芸術を作り出すのでは無く、誰かに寄り添い・・・先を読む
シャーロットのおくりもの
2007.01.01
 擬人化されて初めて動物語を話せる・・・先を読む

TOPページへ戻る