長野県信用組合 ホームへ      
ホーム サイトマップ
お気に入りに登録する
 
平成17年4月1日現在

「ペイオフ」とは、万が一金融機関が経営破綻した場合に、預金等の払戻しを一人当たり元本1千万円までとその利息を「預金保険金」として、預金保険機構が預金者に直接支払う制度です。元本1千万円を超える部分については、破綻金融機関の清算に応じた配当割合によって支払われることになります。


◆ペイオフ解禁の流れと保護対象商品

 

 

 

20023

20024月〜
  20053

20054月〜

決済性預金

当座預金

全額保護

全額保護

無利息などの3条件を満たす決済用預金として全額保護

別段預金

普通預金

全額保護

全額保護

 

定期性預金

定期預金

全額保護

 

 

貯蓄預金

 

 

定期積金

元本1,000万とその利息まで保護

金銭信託

 

 

  (ビッグなど元本補填契約がある商品)

  ※1,000万円を超える部分は破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われるので一部をカットされることがある。

金融債

 (保護預り専用商品等)

 

 

その他金融商品

外貨預金

全額保護

 

 

譲渡性預金

 

 

金銭信託

         保護対象外

 
 (ヒット・スーパーヒットなど元本補填契約のない商品)

 

 

 

  ※破綻金融機関の財産の状況 に応じて支払われるので一部をカットされることがある。

金融債

 (保護預り専用商品以外)

 

 

外国銀行の在日支店の預金
金融機関の海外支店の預金

保護対象外

 

 

農協、漁協、農林中金などの貯金

保護対象外

※農水産業協同組合貯蓄保険制度で保護

郵便局の貯金

保護対象外

※郵便貯金法で元利支払いが定められている



 

長野県信用組合