○朝陽マラソン

毎年文化の日に行われる、朝陽地区の公民館行事です。住民限定で参加費は無料、小学生を中心に300人近くが2kmや3kmなどのコースに参加します。大人は4kmまたは6km、各部門とも10位まで表彰して副賞が出るため人気があります。回を重ねて今年は第40回となりました、
私は過去5年間6kmの部に出場して、3位が1回、2位が2回。どうしても勝てなかった大会です。その間4回優勝していたのは高校の先生なんですが、今年の春に転勤で引越し。千載一遇のチャンスに「今年の秋には優勝しますよ!」と、行事のたびに区長さんや各種団体長さんに公言(放言?)してきました。
ところが2週間前の須坂ハーフマラソンから仕事が忙しく、直前週には出張や消防団の旅行で名古屋と富山へ。疲れは抜けず、練習も詰めず。水曜日の刺激では本番シューズを履いて追い込んだのですが、1.2kmのTT区間でベストタイムより10秒遅く、スピードが上がって来ません。仕方ないので前日の刺激は入れず、木曜金曜と休養モードで臨みました。金曜日の朝ジョグではペースを上げてもいないのに心拍数は225まで上がり、ガーミンのリカバリアドバイザーは「72時間 休養をしてください」と。疲れているのか、壊れているのか。

当日朝の「めざましどようび」の星占いではふたご座12位。「目標達成に暗雲が」だって。幸先悪いですが、逆に吉兆と思うことにします。次男と自転車で会場まで。タイヤに空気を入れてる時に、腰に痛みが走りました。もう満身創痍。9月と10月のレースではピーキングがハマったのですが、今回は苦戦しそうです。
小学校のグラウンドには8:10に到着。朝は3℃予報と冷え込み、上下を着込んで手袋も着用して受付を行います。ナンバーカードはなく、コースによって色の異なる腕章を着けて走ります。抽選があるため、手の甲にナンバーをマーキング。私は1番、次男は2番でした。今回の大会エントリーは267名とのことですが、申し込み順序は一番早かったようです。
ウォーミングアップは次男とコースを逆走。最後の1kmが住宅街を抜ける狭い道になるため、3kmの部に出場する次男にも復習させておきます。「下校するときこっちを通ることもあるから大丈夫」とのこと。
各地区の育成会や公民館役員が総出でスタッフを務める大会です。タイム計測係には、近所のタキザワさん。長男の同級生のお祖母ちゃんです。「責任重大だわ。1位の人を押し間違えたらどうしよう?」「大丈夫ですよ、俺が1位で来るし、自分でも計っているから。22分で来るので、そう言っておけば間違いないです」
このコースで2位だった昨年は22分08秒。1位とは1分以上離れてしまいましたが、今年は優勝と22分切りが目標です。
開会式とラジオ体操をしている間に日差しが出てきて、暖かくなりました。9:15のスタートにはハーフパンツと、長袖のTシャツ1枚で臨むことにしました。
6kmの部への出場者は15人程度。今年は知った顔がほとんどいません。スタート直前に速そうな数人に話しかけて見ます。茶髪にサングラス、ランニングタイツにハーフパンツで決めた男性は「コースマップ見てもよく判らないよ。迷ったりしない?」と心配そう。「私が先頭に行くから、ついてきてもらえばいいですよ。キロ4分くらいで行きます」「そんな速いの? 無理だよー」よし、この人は大丈夫。もう一人「Aコース」(6kmの部)のプラカードを持たされていた高校生は「中学では陸上部だったんですが、故障して高校ではやってないんです。先週久しぶりに15km走りました」と。うーん、高校生は要注意なんだけれど、彼の場合は大丈夫かな。昨年は5位だったと言ってるし。
本番シューズは、今シーズンの勝負靴と張り込んだターサーJapan(東京マラソン2018モデル)です。税込みで2万円を超える、自己最高額のランシューズなのですが、1月のハーフマラソンでは10km足らずで足裏が痛くなって以降は使っていません。今年の東京マラソンは設楽が日本記録を出したレースだし、記念に保存しておくかとも思っていたのですが、大迫に再更新されたこともあり短いレースで使ってみようと思いました。しかし以前のターサーJapanに比べて造作がチャチでフィット感もいま一つ。軽さと反発力で今日はゴールまで持たせる積もりです。

9:20にスタート。いつもは高校の先生と一緒に飛び出していくのですが、今年は私ひとり。スクーターとはいえ先導車の直後を走るのは気持ちがいいものです。1kmほどで3kmコースの小学生らと合流。その先導車を追い抜いて走ります。レース前の目論見では、この辺で独走態勢を築く予定でした。
ところが息遣いがすぐ後ろから聞こえています。それどころか先行しているコースの子供たちを抜くたびに「頑張れ、ファイト!」と声を掛けています。誰だろう?さっきの高校生ではなさそうです。
2km付近には顔見知りの公民館役員が2名、コース誘導をしています。1人は幼稚園時代の同級生、もう一人は小学校時代の同級生の父親です。「おー、今年は一番だな、お米もらえるぞ頑張れ!」そうです、毎年この辺では50mくらい差をつけられていたのです。今年のチャンスはモノにしないと。
左にカーブする際に後ろを見ると、案の定3位以降は姿がありません。問題はすぐ後ろを走っている小柄なランナー。40歳くらいでしょうか、見覚えはありませんが良いフォームです。ちらりと目が会うと「毎年、出られてるんですか?」と話しかけてきました。キロ3分40秒くらいで走っている最中です。強い! こちらも余裕を見せないと。「...そうですね、ここ4、5年出てるかな。初めてですか?」「そうなんです。地元なのに出る機会がなくって」話している間に呼吸がきつくなってきました。この人は強い。やっぱり12位だ、目標達成できないかもしれない。
しかし、今年のチャンスを逃すわけにはいきません。いったん先行させて、後ろからフォームを見ると力強い走りですが、毎年負けていた先生のように駅伝経験者という感じではありません。6qコースは途中で2周回しますが、2周目に入ったところで横に出て並走のまま同級生の前を通ります。
6qコースの最後1qは住宅街の中に入って細くなります。相手が初参加ということは、コースも初見だろうと考えて農道から分岐するところで思い切ってスパートをかけました。ちょうど自動車とシニアカーが誘導係に止められている所で、道が更に狭くなっていました。ちらりと手首のガーミンに目をやると心拍数は140くらいと余裕があります。昨年は20分になっていた記憶がありますが、今日は19分台。快調です。後ろに気配も感じなくなりました。
正面に小学校が見えたところで他のコースのランナーを抜きます。左に曲がる所でチラリと目をやると、後方にはそれ以外に姿がありません。どうやら優勝できそうです。どんなポーズで観客の前を走ろう?
ところが校庭に入ったところで右後方に息遣いが。ここで抜かれたのではカッコ悪すぎます。1周150mのトラックのキツいカーブを全速力でインコースキープ。必死に6qコースのゴールに飛び込みました。
時計を止めて振り返ると、先ほど抜いたランナーが4qコースのゴールに入る所でした。そっちだったか、まぁ抜かれないで良かった。タイムは21分52秒。昨年よりも15秒ほど短縮しました。公約の22分切りはギリギリでしたが達成できました。
途中競り合ったランナーは30秒ほど後にゴール。「勝田マラソンのTシャツを着ていたので、速い人だと思ってたんですよー」と言われました。聞けば「きたながのRC」という強豪揃いのクラブ所属の方でした。今年は地の利を生かして先着しましたが、来年は勝てる気がしません。

1時間ほど後の表彰式では、次男の前で大威張りのポーズ。年は取っていても、強い父親を見せられ気がして満足です。思い出に残る一日になりました。
この大会は今年で第40回ですが、40年前は朝陽地区全体の運動会があり、その2qマラソンで中学一年生の私が優勝しています。おそらく翌年から運動会は南北屋島や北長池など、各地区単位に分散し、朝陽マラソンが始まったのでしょう。
来年夏から朝陽小学校の体育館移設工事が始まり、校庭が使えなくなるため、この大会の存続も危ぶまれています。期せずして、二つの大会の最終優勝者になるかもしれませんが、春からの準備が実を結んだこと、何よりもケガせず走り続けられたこの半年に感謝したいと思います。(11/3)

月日SwimBikeRunランナーズ換算累計注記
11月1日朝高田交差点まで走る。(5'50)6km6km体重:59.8kg
11月2日朝高田交差点まで走る。(5'41)6km12km体重:59.8kg
11月3日アップ2q
朝陽マラソン6q(21'52)優勝
8km20km体重:60.2kg
11月4日徳間交差点まで走る。(81')11km31km体重:60.3kg
11月5日木工団地入口まで走る。2km33km体重:60.4kg
11月6日朝高田交差点まで走る。(5'49)6km39km体重:60.4kg
11月7日朝高田交差点まで走る。(4'59)6km45km体重:60.5kg
11月8日朝高田交差点まで走る。(5'39)6km51km体重:59.9kg
11月9日朝高田交差点まで走る。(5'59)6km57km体重:60.2kg
11月10日雲上殿25q(2h40')25km82km体重:59.0kg
11月11日朝南長池まで走る。4km86km体重:60.2kg
11月12日朝南長池まで走る。4km90km体重:61.2kg
11月13日朝高田交差点まで走る。(5'28)6km96km体重:60.5kg
11月14日エアロバイク15q朝高田交差点まで走る。(4'54)12km108km体重:60.1kg
11月15日朝高田交差点まで走る。(5'47)6km114km体重:59.9kg
11月16日朝高田交差点まで走る。(5'38)6km120km体重:60.1kg
11月17日ダイソーまで往復5q雲上殿25q27km147km体重:59.3kg
11月18日高田交差点まで走る。(5'45)6km153km体重:60.5kg
11月19日エアロバイク15q朝高田交差点まで走る。(5'58)12km165km体重:60.8kg
11月20日朝高田交差点まで走る。(5'38)6km171km体重:60.7kg
11月21日エアロバイク15q朝高田交差点まで走る。(4'59"8)12km183km体重:59.80kg
11月22日朝高田交差点まで走る。(5'25)6km189km体重:59.6kg
11月23日若槻〜雲上殿25q(2h28')25km214km体重:58.4kg
11月24日自宅〜ホクト文化ホール〜ダイソー15q朝高田交差点まで走る。(
5'41)
12km226km体重:59.8kg
11月25日徳間交差点まで走る。(58'59)11km237km体重:60.8kg
11月26日朝高田交差点まで走る。(6'18)6km243km体重:61.4kg
11月27日朝高田交差点まで走る。(5'25)6km249km体重:60.5kg
11月28日朝高田交差点まで走る。(4'57)6km255km体重:60.1kg
11月29日朝南長池まで走る。4km259km体重:60.3kg
11月30日朝高田交差点まで走る。(4'59)6km265km体重:60.5kg
月日SwimBikeRunランナーズ換算累計注記

・過去の練習

1997年 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1998年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
1999年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2000年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2001年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
今月分の練習


最初のページに戻ります

励ましのお便りは nashi@valley.ne.jp まで、