直線上に配置

青年部のペ−ジ



              

                         


           

                                                                                                                                                                                         

                                                                                                               

トップ アイコントップページヘもどる

安曇野市三郷 小松 牧俊です。

 35頭の乳牛と20頭の育成牛を飼育しています。本業の傍らリンゴ、ブドウ、なしを中心とした果樹園を経営しており酪農との組み合わせによる循環型農業を目指しています。
 原乳と果物は、近くのジェラートショップへ原材料として提供しており5月から12月までは牛の世話は後回しといったところです。遠くは広島県から立ち寄っていただいたお客さんがおりました。
 目下の目標は燕岳の制覇です。

松本市梓川 丸山 勝広です。

 サラリーマンを辞め就農して8年が経ちました。牛との付き合い方が少しずつわかってきたような気がします。何事にも前向きで取り組んでみたいと思います。現在34頭の乳牛と24頭の育成牛を飼育しています。時間を見つけては市内のアルウィン(サッカー場)へ足を運んでいます。日本代表の試合がある日は何よりもそちらを優先します。



安曇野市堀金 米倉 秀樹です。

 搾乳牛54頭と育成牛35頭を飼育しています。
最近、食に対する安全・安心が強く求められる中環境に配慮した堆肥作りにも力を入れています。においが問題視される中、無臭な堆肥としてどうやって土に返すか試行錯誤の連続です。最近になってようやく自分でも納得できるもの、成分分析にもパスした土作りができました。
 野球と名の付くものなら何でも好きです。土作りと草野球をこれからも続けていきたいです。

東筑摩郡波田町 波多腰 和寿です。

 搾乳牛95頭と育成牛50頭に遊ばれているような毎日ですが、毎日が同じ日々でない毎日がとてもおもしろい毎日だと感じています。
 見学などで小さな子ども達が来てくれたときは牛舎に育成牛が増えたような気がしてとても楽しいです。みなさん近くに来たときには是非お立ち寄り下さい。動物と写真が好きなので、一瞬の動きをとらえたときには感動もんです。

東筑摩郡山形村 久保田 誠です。

 地元の山形村では長芋作りが盛んです。
私も以前は酪農と畑を組み合わせた仕事をしていましたが今では搾乳牛28頭に育成牛15頭を飼育しています。お産の時には牛舎に泊り込みで母牛のガンバリを応援しています。元気で生まれたときには本当にうれしいものです。
 長野県は海が無いのでよく隣の新潟県に魚を買いに行きます。朝の仕事を終えて夕方に間に合うように帰宅しますが、これが結構大変なのでこれからはできるだけ自由な時間が持てる様、規模を縮小しても現在の施設を生かして繁殖和牛に力を入れてみたいと思います。

全国からお嫁さんを大募集しています。
信州の大自然とオレ達をみてください。

*********************************************************************

連絡先
     〒399−8303 
      長野県松本市鎌田 2丁目1−1 
      南信酪農業協同組合 
           総務部内 青年部交流係 
           電話 0263−25−1700  
           FAX 0263−27−1345         

*********************************************************************