北アルプスアルパインガイドクラブの春山ツーリング
                                                    代表  渡辺 浩
                                           TEL 0261−82−2246 FAX 0261−82−2272
                                                   
 私達は小谷村山案内人組合所属のメンバーで活動しています。
スノーシューハイキングに始まり、スキーツアー、春、夏そして秋山までガイドを行っています。
スキーツアーに関しましてはアルペンスキー、テレマークスキー、ボードのガイドがいます。また、ビーコンのレンタルもございます。


スノーシューハイキング、春山スキーツアーの予定です

皆様のご希望の日程、コースでもご案内いたします。
                 

○スノーシューハイキング
  5月上旬までの毎日、予約をいただいて行います。
  子どもから大人まで誰でも楽しめる冬の新しい遊びです。フカフカの雪でも
  楽に歩き回れます。ウサギやカモシカなどの足跡を探したり、雪の森の
  ネイチャーウオッチングにご案内します。
                          詳しくはお問い合わせ下さい


日帰りロープウェースキーツアー
栂池自然園入り口までロープウェーで〜天狗原や小蓮華岳の斜面や
時には親沢の斜面を滑ります。ボードもOKですー

立山室堂泊スキーツァー

白馬金山沢日帰りツァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
栂池スキー場〜ロープウエーで栂池自然園〜小蓮華岳下


今年の日程は、3月第1週から毎週、蓮華温泉1泊でのツアースキーを行う予定です。栂池ヘリコプタースキーとも同調する予定です。

ボードの参加もどうぞ。装備なども含み、何なりとお問い合わせ下さい
お申し込みは次の方法でお願いします。

   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

           ツアースキー等、参加申し込み書
               (2名以上の場合はコピーしてご使用ください))

      私は、貴殿(クラブ)の主催するツアーに参加するにあたり、注意事項を守り
     カイドの指示に従います。またケガ等の事故の際は本人の責任とするとともに、
     安全の為には、予定の変更にも従います。なお、指示に従わず、同行を拒否
     されても異議は申しません。また、参加費の返還も要求しません。


○ 氏名                       男  女  年齢     印


 住所 

                          TEL                        携帯電話

       ◎参加コース名   
      
      ◎月日


※レンタルやその他の連絡事項


※必要な事項に記入し、現金書留で下記までお送りください。
         399−9422
       長野県北安曇郡小谷村白馬乗鞍
                 ガイドクラブ代表 渡辺 浩
TEL 0261-82-2246

    春山ツアー
 
 
 
   スノーシューハイキング。雨飾山の山麓で
  


   ロープウェー自然園駅から標高2200bの天狗原に向けて歩行開始。



   天狗原手前の急斜面で大休止。



   蓮華温泉の前で



   立山コース。一の越まででの休憩。バックは大日岳。



   立山コース。別山乗越への尾根で。

         
                  
                 神のタンボで休憩              蓮華温泉
 

蓮華温泉泊1日目コース栂池スキー場からロープウエーで自然園入り口まで行き、そこから天狗原(2200m)まで歩きます。1時間半から2時間です。途中,成城大小屋などのビューポイントで休憩を入れます。

☆蓮華温泉コースの場合、天狗原からメンバーや雪の条件によっては白馬乗鞍岳に登り、天狗の庭を通って蓮華温泉に滑り込みます。
一般的には、蓮華温泉には広い斜面や森の間を滑る振り子沢コースをとります。思い切り滑ったり転んだりした後はゆっくりと温泉に浸かりましょう。
 2日目は、木地屋へ向かうか白馬乗鞍スキー場、栂池スキー場へ向かって帰りますが、地元のガイドです。とっておきのルートへもご案内しましょう。

立山コース

                
        出発 室堂山荘の前で            鬼岳の斜面               剣沢。剣沢小屋の前で

☆ 5月の立山は本当にすばらしいものです。
たまに降雪で苦しめられる事もありますが、ほぼしまったザラメ雪です。1日目はお昼頃室堂山荘に集合で午後半日のツアーを行います
シール歩行の練習を兼ね、浄土山方面か一の越方面で滑ります。

 2日目、2泊コースの方には、立山川、雷鳥沢などがありますが、今年は雷鳥平にまず滑り込み、ここでシールを付け室堂乗っ越に向け登り、あとは尾根通しに剣御前小屋に向かってひたすら登ります。2時間30分ほどですがかなりの急斜面で汗が噴き出します。ここはシールでの登行のよい経験になるでしょう。ボードの子は初めスノーシューでしたが、雪が堅く急だった上、前に登った人達の足跡もあるのでつぼ足に切り替える。いつもは上部で沢を横断して小屋に向かうのですが、今年はびっしりと雪が着いているので、まっすぐに登り登山道に出て御前小屋に到着。
 
さあ、後は剣沢を剣沢小屋に向かってGO,GO,GO。
出だしこそ急ですが雪はしまりその上フィルムクラストときては、もうたまりません。全員思い思いに写真を撮ってはまた滑る。小屋の前で昼食をとり、もう一度シールで御前小屋まで登り返しですが、1時間ほどで楽なものです。

 次は雷鳥沢の滑走です。小屋のすぐ下の急斜面を一滑りし、右にトラバースし尾根上を滑る。まだクラストする前で最高。さらに尾根からひとつ右の広い沢を最後は雷鳥平に向け全員で乱舞。ここからはTバーリフトを利用して楽して4時室堂山荘着。
 

白馬金山沢日帰りツアー

                           
             金山沢源頭の台地で昼食                  末端の大雪渓の出会


☆栂池自然園までロープウェーで行きます。一角にミズバショウが咲き始めた自然園の中を歩きますが、この平らが結構長い。ようやく斜面が始まると今度はどんどん斜度がまし、その上日差しと暑さでまさに春山。ハイマツの縦のベルトを越せばまもなく台地です。
 ここで昼食をゆっくり取るので元気な人は、稜線に向かって急斜面を登るのも良し。
 次は、広大な金山沢を大雪渓末端の馬尻まで滑走です。この時期ですから雪の上には石がたくさん入っていますが、それもご愛敬。
こんな時期、これだけ滑れればもう大満足です。今年は登山道にも雪があり、時々切れますが何とか猿倉の駐車場まで滑りました。


蓮華温泉から雪倉岳往復ツアー
                        

☆一日目は栂池スキー場から前述の蓮華温泉泊1日目コースと同様にして温泉に向かいます。

 2日目は、02年では日頃の不摂生のため、雪倉の滝付近で早々とリタイヤしてしまった私ですので、今年こそはと頑張りました。
朝6時30分、朝食の後、蓮華温泉出発。ブナやオオシラビソの原生林の中をトラバース気味に1時間ほど瀬戸川の出会まで行くのですが、これが小さな谷が連続し結構大変です。今後は小屋を出て目の前の尾根に向かって登り気味に行き、尾根を越し、さらにトラバースして滝見尾根に取り付く事にしたい。
 
瀬戸川でシールを付けて登りの開始。雪倉の滝は雪の中で見えないが、その左側の斜面を登る。登り切ってハイマツの尾根を右に乗り越せば滝の上に出る。ここから本番です。次第に斜度が増し、必死に登る。二股にルートが別れるが今回はまっすぐに左の谷に取り付く。シール登行の限界に挑戦とばかりに全員頑張る。キックターンを失敗すれば100メートルは戻りかねない踏ん張りところです。ここを登り切れば頂上が見える大斜面です。
 
全員無事に到着。休憩の後、つぎの長い登りに入る。ここを滑るのかと思うと心がはやるのですが、あまりの広大さで距離がわからず、登っても登っても頂上下のハイマツのベルトが近づかない。その上シャリバテも始まってどうにかこうにかハイマツに着。
 ここで全員昼食をとり、元気100倍。その上、ここからは空荷としたのでみな大喜びで、いざ頂上へ。13時着。

 はやる気持ちでシールをはずし、さあザックをデポしたハイマツのベルトまで大滑走です。雪はしまり斜度も良し。足元からはフイルムクラストがはじけ飛ぶ。まるで鳥になった様な気分でした。ハイマツに着いてみな自分のシュプールを見上げては自画自賛。ここから瀬戸川の出会いまで延々と滑走が続きました。

 蓮華温泉への帰りは、瀬戸川から滝見尾根に登り返します。その後は尾根上を行き、その先が狭くなる所にブナの大木が2本ある。ここから左にトラバースして行けば蓮華温泉が見えるクロベとシャクナゲの有る尾根に出ます。温泉4時30分到着。全員、興奮の一日を抱いてまず風呂に直行でした。

雨飾山、大渚山も私達のエリアです。 コースについての問い合わせは、ぜひどうぞ。

                  

                  大渚山に向かう。湯峠で雨飾山を振り返る

  訓練と研修(小谷村山案内人組合として)
  
                               

毎年秋と冬に長野県警察の救助隊と合同訓練をしています
                              
           

この様に私達はいつも楽しくも厳しい研修を行っています。
 ガイドの要請や、また山の事につき何なりとお問い合わせください。
                                            ガイドクラブ事務局 渡辺 浩
                                                   TEL 0261−82−2246
                                                   E-mail 



                                           

   ○登山研修会は登山ガイドのコーナーへどうぞ