本文へスキップ

『人間尊重、自主・自律、心身ともに健康な子どもの育成』御代田町立御代田北小学校

電話でのお問い合わせはTEL.0267-32-2069

〒389-0207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1935

ニュース・連絡

読み聞かせ(6月14日)

 
 
 
 
 
 ボランティアの方が読み聞かせをしてくださいました。いつものことですが、子どもたちは本を読んでもらうのが大好きなので、静かに聞いていました。読み聞かせボランティアの方もこの日のために選んだ本を心を込めて読んでいただくので、その思いが子どもたちにも伝わるようです。本を通した心の交流があり、とてもステキな時間だといつも感じます。。

コミュニティルーム(6月13日)

 
 休み時間に2名のボランティアの方 がコミュニティルームで折り紙を子どもたちに教えてくださいました。コロナ感染警戒レベルが高い間はボランティアの方にも来ていただけなかったのですが、ようやくコミュニティルームをスタートすることができました。多くの子どもたちが集まり星づくりに挑戦していました。子どもたちのためにと準備し時間を作って来ていただくボランティアの方に感謝です。

プール掃除(6月13日)

 
 高学年の子どもたち中心に先週からプール清掃を行っています。自分たちが使うプールを一生懸命磨く姿があります。約1年間の汚れを落とすことは大変ですが、たわしやブラシなどを使って丁寧に作業をしてくれました。今月末から始まる水泳学習、気持ちよくスタートできそうです。

田植え(6月9日)

 
 
 
 本日、5年1組の子どもたちが総合的な学習の時間で田植えを行いました。地域ボランティアの方や田んぼを貸していただいた方の協力に感謝です。田んぼに初めて入る子どもたちも多く元気な声が響きました。最初、田んぼに入ることに抵抗があった子どももいましたが、最後にはみんな夢中で田植えをしていました。クラス全員で植えた稲、秋には美味しいお米ができると思います。子どもたちの笑顔が梅雨の晴れ間の田んぼに輝きました。

運動会(6月4日)

 
 
 
 本日、運動会を行いました。朝はやや曇り空でしたが、開会式後は写真の通り青空が広がる清々しい日となりました。短い時間での練習の中、集中して取り組んできた成果を発揮することができました。最後まで協力して頑張りsmileがあふれる運動会となりました。

見守り隊紹介式(5月18日)

 
 
  
 本日、見守り隊の方の紹介式を行いました。5人の方が来校してくださいました。横断歩道に立ったり、通学路を歩いたりして子どもたちの見守りをしていただいています。おかげで子どもたちの安全が守られています。また、子どもたちに話しかけていただくことも多く、子どもたちは見守り隊の方と話すのを楽しみにしています。地域の方の子どもたちに寄せるあたたかな思いに感謝であります。

通学路の危険個所点検(5月15日)

  
 本日、御代田町の主催によりPTA役員の方と町長、教育長、教育委員会、建設水道課、学校職員による本校通学路の危険個所についての情報交換と実地調査を行いました。PTA役員の方から多くの情報を寄せていただきました。一つ一つのことについて町長からもどのように進めるのがよいのかお考えを示していただいたりしました。子どもたちの命、安全を守るために危険個所について検討する大切な時間となりました。

交通安全教室(5月12日)

  
 本日、交通安全教室を行いました。学年などに応じて「歩き」「自転車」で気を付けなくてはならない事の学習と実際の練習を行いました。子どもたちは緊張感をもって取り組んでいました。その姿からもこのような学習は大切だと感じました。大切な命を守る学習が毎日の生活に生かされるよう今後も声がけをしていきたいと思います。

児童総会(5月10日)

  
 本日、令和4年度の第1回児童総会を行いました。本年度の児童会目標は「思いやり 協力 感謝 〜Smile〜」です。この目標を実現するため各委員会から具体的な計画が発表されました。また、事前に集約してあった質問に答弁する場面もありました。コロナ対策としてオンライン開催としましたが、役員の思いが伝わる児童総会となっていました。子どもたちが自らつくる学校、それこそが子どもたちにとってよりよい学校だと思います。6年生を中心とした児童会の活動が楽しみです。

1年生を迎える会 (4月20日)

  
 本日、朝の時間に1年生を迎える会をテレビ放送で行いました。各学年から主な行事の発表や6年生からは寸劇などもありました。直接1年生のお友達に伝えることはできませんでしたが、お兄さんお姉さんのあたたかな気持ちが伝わったと思います。1年生の子どもたちには早く学校に慣れて毎日を楽しく過ごしていってほしいと思います。

1年生給食スタート (4月12日)

  
 本日から1年生の給食がスタートしました。配膳についてはコロナ感染予防のため職員で行いましたが、コンテナ室から運んだり、片づけたりしっかりできていて素晴らしかったです。「黙食」のため静かな給食となりましたが、入学進学お祝い献立をおいしそうに食べる1年生の姿がありました。少しずつ小学校の生活に慣れ始めているようです。

避難訓練 (4月11日)

  
 本日、火事を想定した避難訓練を行いました。自分と友達の命を守る学習に真剣に取り組むことができました。校庭に避難し終わった後も静かに待つ、話す人のほうを向いて話を聞くなどもきちんとできました。良い意味での緊張感がある避難訓練となりました。

入学式 (4月6日)

 
  
 本日、新入生42人を迎え入学式を行いました。コロナ対策を講じて参加者を限定し行いましたが、ビデオによる町長からのお祝いの言葉や6年生からのメッセージもあり、あたたかな式となりました。子どもたちの元気な挨拶や返事、姿勢よく話を聞く姿に小学校入学をとても楽しみにしていたことが伝わってきました。入学式に先立ち始業式も行いました。令和4年度、子どもたちが楽しく学校に通い学びあえるようにしていきたいと考えています。

卒業式 (3月16日)

  
 本日、卒業式を行いました。コロナ対策のため卒業生、保護者、職員のみの参加ではありましたが、やわらかな春の日差しの中、厳かでありつつあたたかな式となりました。卒業生全員が壇上で立派に卒業証書を受け取る姿に大きな成長を感じ、保護者地域の皆様にあらためて感謝の思いを強くしました。歌や呼びかけにも卒業生の気持ちが込められていて感動いたしました。中学でも自分の力を信じ、友と協力して成長していってくれることを信じています。卒業生の皆さん、保護者の皆様、おめでとうございます。

3学期終業式・離任式(3月15日)

 
 
 本日、3学期の終業式・離任式を行いました。オンラインとなってしまいましたが4年生児童の振り返り、6年生の全校へ向けた発信がありました。また、終業式の中で明日の卒業式に参加できない在校生のために卒業式練習の様子(歌と呼びかけ)を放送しました。また、離任式では本年度末で転退職する職員から子どもたちへ向けて一言ずついただきました。3学期もコロナによる行事の中止や変更、日課等の変更などもあり、子どもたち保護者の皆様にはご理解ご協力をいただきました。本当に感謝であります。4月からのそれぞれの新しい生活に向けて充実した春休みにしてほしいと思います。

オンライン学習(2月7日)

 
 
 子どもたちの元気な声が学校に響きました。午後は各クラス、オンライン学習を行いました。国語、算数、音楽、学級活動等の学習を教職員と子どもがオンラインでつながって行いました。オンライン学習については、試行錯誤を繰り返しながらではありますが、つながっていることを大切にしていきたいと考えています。本校の教育活動に保護者の皆様のご理解とご協力をいただき深く感謝申し上げます。

3学期始業式(1月7日)

 
 3学期始業式を放送で行いました。コロナが心配されるスタートとなってしまいましたが、子どもたちは元気に登校できました。3年生の代表の子どもたちが、新年の決意を発表してくれました。学校長からは、大谷翔平さんが高校生の時に書いた「曼荼羅チャート」を例に、大きな目標に近づくために小さなことから始めようという話をしました。今年もコロナに配慮しながらの学校生活となってしまいますが、子どもたちにとって充実した3学期となるようにしていきたいと考えています。

2学期終業式(12月24日)

 
 本日、2学期終業式を放送で行いました。1年間で最も長い学期です。2学期のスタートの時にはコロナの感染が拡大しており心配しましたが、その後の感染縮小に伴い行事を行うことができました。まだ、日常の生活ではありませんが、子どもたちの活躍する姿、楽しむ様子がありました。代表の子どもの感想では、2学期に挑戦したこと、3学期に頑張りたいことが発表されました。また、各教室でマスク着用で校歌を歌いました。2022年、子どもたちにとって実り多き年となるよう努力してまいりたいと思います。

スケート教室(12月23日)

 
 
 
 本日、低学年がスケート教室を行いました。それぞれの学年、経験の多さによって滑れる程度は違いましたが、スケート教室の中でとても上達しました。子どもたちも楽しく取り組むことができました。また、保護者やボランティアの方の協力もあり、とても助けられました。冬休みにもスケートに挑戦してみてほしいと思います。

カーリング教室(12月21日)

 
 
 本日、4年生がカーリング教室に行ってきました。初めて体験する子どもも多かったのですが、すぐに慣れて楽しむことができました。御代田町ならではの体験に自分たちが住む地域への愛着も高まったようでした。もうすぐ冬のオリンピックが開催されます。冬のスポーツにもさらに興味をもてるとよいと思います。

星かざりづくり【コミュニティルーム】(12月17日)

 
 
 
 ボランティアの方が休み時間に星かざりの作り方を教えてくださいました。子どもたちに大人気で多くの子どもたちが集まり真剣に作っていました。ボランティアの方も拡大した物を用意してくださり分かりやすく進めてくれました。1回では作れなかった子どもたちもいたので合計3回も来てくださいました。その後、子どもたち同士で教え合う姿もありました。出来上がった作品だけでなく、作った時間も、優しく教えていただいたことも、子どもたちにとってステキな冬のプレゼントとなりました。

本の寄贈(12月10日)

 
 本日、保護者の方から137冊の児童書を寄贈していただきました。全ての本が新品のようにきれいで、とても大切にされていたことが伝わってきました。低学年から高学年まで楽しめる本の数々、子どもたちが喜ぶ姿が目に浮かびます。本校の子どもたちが、この本を通して、ますます心豊かになってくれること嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです。

職員による読み聞かせ(12月8日)

 
 
 本日、読書旬間の取り組みの一つとして、職員による読み聞かせを行いました。子どもたちは好きな教室に分かれて行きましたが、担当が誰かは知りませんでした。それぞれの職員が選んだ本に興味津々、楽しそうに聞いていました。読む職員も子どもたちの反応に心があたたまりました。本を通してステキな交流ができました。

休み時間の遊びボランティア(12月7日)

 
 本日、休み時間の遊びをボランティアの方が行ってくださいました。子どもたちがよく知っている「北風と太陽」からクイズを出していただいたり、読み聞かせとクイズを組み合わせてやっていただいたりしました。また、じゃんけん大会も盛り上がりました。雨の日の休み時間がボランティアの方のおかげで楽しいひと時となりました。

読み聞かせ(12月7日)

 
 
 
 
  
 
 本日、ボランティアの方に読み聞かせをしていただきました。その後のシェアリングにも参加させていただきました。本を選んだ意図や思い、子どもたちの反応などを楽しそうに語り合う姿が素晴らしいなと感じました。中には、用意していたけれど…という言葉もあり、子どもたちの反応や時間などで調整していただいていること、たくさんの準備をしていただいていることが分かりました。ボランティアの方の思いによってあたたかな読み聞かせの時間がつくられているのだと思います。

休み時間のボランティア(体操)(12月3日)

 
 本日、休み時間に、はつらつサポーターの方が、誰もが知っている国民的アニメの主題歌にのせた体操を教えてくださいました。子どもたちもみんな知っている歌なのでなじみやすく、動きもゆったりしているので覚えやすかったようです。集まった子どもたちの感想は「楽しい」「気持ちいい」などでした。少しずつボランティアの方の活動が増え、子どもたちの笑顔もそれに伴い増えています。ありがたいことだと思います。

休み時間の遊びボランティア(11月29日)


 本日、休み時間にボランティアの方がじゃんけんクイズを行ってくれました。子どもたちは大変盛り上がりました。また、賞状まで用意していただきました。今後は、さらに色々な遊びを企画していただけるそうです。コミュニティルームが少しずつ広がり発展していきそうです。地域の方の力は本当に大きいと感じています。地域とともに子どもを育てる学校でありたいと考えています

 
 本日から2週間読書旬間が始まりました。学校職員からのおすすめ本紹介や読み聞かせ、ペア読書や家族読書などの取り組みがあります。本に触れる大切な旬間となります。本との出会いは人との出会いに似ていると校長講話で話しました。一冊一冊の中の世界に触れることは時に自分を変えてくれたり心を豊かにしてくれたりします。自分の心に残る本に出会えるよう一冊でも多くの本を手に取ってほしいと思います。

長野市見学4年生(11月19日)

 
 
 4年生が長野県の県庁所在地、長野市に社会見学に行ってきました。県庁では屋上で長野県の旗についての説明を聞いたり議場見学をさせていただいたりしました。茶臼山の恐竜公園でお昼を食べましたが、イチョウの葉がとてもきれいでした。動物園では、タブレットで記録を取りながら観察しました。天気にも恵まれ秋の日差しを浴び、子どもたちも輝いていました。とても、学びの多い楽しい一日となりました。

休み時間の読み聞かせ(11月12日)


 本日、休み時間にボランティアの方が読み聞かせをしてくださいました。地域の方に学校に入っていただくコミュニティルームの一つとしてご協力いただきました。休み時間の過ごし方は子どもたちの自由ですが、時に何をしようかなと迷うこともあると思います。休み時間の支援をしていただけるとありがたいなとお話したところ、今日の読み聞かせにつながりました。秋の暖かな日差しの中、写真のような風景が生まれました。今後もこのような支援が広がっていきそうで、大変ありがたいです。

来入児体験入学(11月12日)

 
 本日の来入児体験入学では1年生の演奏発表、じゃんけんボーリングを行いました。1年生ももうじきお姉さんお兄さんになります。来入児を迎える姿、とても立派でした。来入児のみなさんも少し緊張気味に見えましたが、静かに聞く場面、楽しく活動する場面、けじめのある姿が素晴らしかったです。4月の入学をお待ちしています。

修学旅行(11月10〜11日)

 
 
 
 6年生が栃木県日光市を中心に修学旅行に行ってきました。日光東照宮、東武ワールドスクウェアー、日光さる軍団、江戸ワンダーランド日光江戸村、富弘美術館を見学する一泊二日の旅行でした。天気にも恵まれ素晴らしい体験ができました。三つの「ガク」学・愕・楽を目的とした旅行でしたが、6年生は協力して達成することができました。コロナの影響が心配された時期もありましたが、落ち着いた状況の中で行けたことありがたかったです。全ての子どもが参加できたこと、健康管理に留意していただいたこと、準備をしていただいたこと、保護者の方のご協力あってのことと感謝しております。子どもたちにとってかけがえのない思い出ができました。

読み聞かせ(11月9日)

 
 
 
 
 本日、ボランティアの方が読み聞かせをしてくださいました。子どもたちは本を読んでもらうのが大好きです。ボランティアの方も「この本を読んであげたい!!」「今の季節ならこの本」「この学年だから」と選んできていただいています。その思いが子どもたちにも自然と伝わり、読み聞かせの時間は全ての教室があたたかな空気に包まれ、子どもたちの心が豊かになっていくのが見えるようです。読書の秋、ご家庭でも読み聞かせやブックトークなどで秋の夜長をお過ごしいただけたらと思います。

避難訓練(11月4日)

 
 本日、休み時間に避難訓練を行いました。子どもたちには知らせずに行いましたが、放送を静かに聞き指示に従って避難することができました。「行方不明」役の児童を設定しての訓練も行いました。あってはならないことですが、あっても大丈夫なように子どもたちも職員も訓練しておくことが大事だとあらためて感じられました。自分の命を守る、みんなの命を守ること日々大切にしていきたいと思います。

ふるさとタイム(11月2日)

 
 
 
 本日低学年が「折り紙・紙遊び」「フラワーアレンジメント」「木工工作」「生け花」「テニピン」「ボッチャ」の中から好きなものを選び取り組みました。講師は地域のボランティアの方や御代田町スポーツ推進委員会の方にお願いしました。準備をしっかりしていただいので、子どもたちは楽しく活動することができました。

ヤギさんの引っ越し(10月31日)

 
 
 2年1組で飼っているヤギさん、子どもたちの考えで冬に備えて小屋を日当たりの良い場所に移動することにしました。さらに、運動できるスペースもということで柵を作ることになりました。柱を立て柵を作ることは2年生にとって大変ということで本日、日曜日ですが、有志の保護者の方がお手伝いに来てくださいました。子どもたちも一緒にお手伝いをしてくれ、引っ越しが完了しました。残りは、子どもたちが完成させていきます。ヤギさんのことを思い多くの方に支援していただいていることに感謝です。2年1組の子どもたちも冬に備えてエサ集めなど協力して進めています。命を大切にする学びとなっています。

音楽会(10月29日)

 
 
 
 
 本日、音楽会を行いました。昨年度は、コロナ対応のため合唱のみの発表でしたが、本年度は合唱と合奏を発表することができました。管楽器クラブの発表から始まった音楽会、全ての学年が素晴らしい演奏を行いました。体育館にステキなハーモニーが響き感動的な音楽会となりました。ステージバックはボランティアの方に色付けしていただいた虹に低学年は自分の手形を、高学年は音符を貼り付けて作りました。多くの方の思いが込められた音楽会となりました。

コミュニティルーム(10月19日)

 
 地域の方がボランティアとして、見守りや読み聞かせ、畑のお手伝いなど本校の教育活動に協力していただいていますが、さらに校内にコミュニティルームを設けていきたいと考えています。その手始めに、音楽会のステージバック作成のお手伝いをしていただきました。本日、北小応援団の方を中心に4名の方が来てくださいました。ボランティアの「できる方が、できる時に、できることを継続的にお手伝いしていただく」ことを大切に校内での支援をお願いしたいと考えています。何をどのように進めていくか手探りでになるかもしれませんが、地域の中に子どもたちのために力を貸してくださる方がたくさんいること本当にありがたいと思います。

薬物乱用防止教育6年(10月18日)

 
 本日、6年生が学校薬剤師を講師にお願いして薬物乱用防止教育を行いました。薬の服用などにおいては、一人一人が十分気をつけて行わなくてはならないこと。もちろん、法律で規制されている薬物には絶対に関わらないことなどお話しいただきました。子どもたちが自分自身を大事にし、人生を輝くものにしていくためにも大切な学習となりました。

校長講話(10月13日)

 
 本日、校長講話と管楽器クラブのバンドフェスティバル東海大会銀賞の賞状授与式を行いました。校長講話では、ノーベル賞を受賞した真鍋さんの研究への取り組みから調べることのよさを話しました。本年度、本校でも多くの子どもたちが取り組んだ調べる学習コンクールにもふれ、身近なことに好奇心をもち調べることの大切さも話しました。子どもたちからは、調べることの楽しさや大切さに関する感想が寄せられました。無限の可能性をもつ子どもたちが、将来社会の役に立つ人材となることを期待しています。管楽器クラブは本年度、コロナ禍の中でも練習を重ね、東海大会出場、そして優秀な成績をおさめることができました。今後も活躍を楽しみにしています。

御代田町調べる学習コンクール表彰式(10月9日)

 
 
  
 
 
 本年度から御代田町では全国で10万人が応募する「図書館を使った調べる学習コンクール」に自治体として参加することとしました。全国応募に先駆け御代田町で調べる学習コンクールを行いました。本校からも200名以上の応募があり、その中から9名が町長賞、教育長賞、図書館長賞、審査委員長賞などに入賞しました。いずれの作品も身近なテーマに図書館の本を使ったり、インターネットの情報を使ったり、あるいは、実験や実地調査を行ったりした素晴らしい内容でした。子どもたちが楽しみながら調べている様子が作品から伝わってきます。エコールみよたでは、来週末まで作品を展示しています。自由にご覧になってください。また、本校でも11月1日(月)〜5日(金)まで3校の作品を展示します。本校保護者の皆様、足を運んでいただければと思います。 

雪窓公園遠足1年(10月7日)

 
 
 1年生が雪窓公園に遠足に行ってきました。天気にも恵まれ外で体を思いっきり動かくことができました。歩き方もしっかりしていて入学してからの半年の成長を感じました。お弁当もとても美味しそうに食べていました。日々の生活の中で気を付けなくてはならないことも多いですが、行事が行えることがとても嬉しくありがたく思えます。

乗り物遠足2年(10月6日)

 
 
 
 2年生が電車を使って遠足に行ってきました。目的地は、佐久子ども未来館。そのため乗り換えもありました。切符を買ってホームで待って、静かに電車に乗り、好天気の下、しっかり歩いて到着。未来館でもしっかり遊び、佐久の交流広場でもしっかり遊び…、帰りの電車では自然に静かになっていました。普段電車に乗る機会が少ない子どもも多く、社会性を身につける良い経験となりました。場面場面でとるべき行動を考える姿があり成長著しい2年生です。

読み聞かせ(10月5日)

 
 
 読み聞かせボランティアの方が子どもたちに本を読んでくださいました。ボランティアの方はいつも子どもたちにどんな本を読もうか、どんなふうに読もうかと考え、工夫してくださっています。ですから、子どもたちもとても楽しみにしています。今回も身を乗り出して聞いていました。また、子どもとやり取りをしながら進めてくださる方もいました。私たちも参考にできるところがたくさんあります。子どもたちの心が豊かになる時間です。

6年生のブックトーク・図書委員おすすめ本(9月14日)

 
 2階中央廊下に6年生が国語の授業で取り組んだブックトークを掲示しました。一人3冊、ちょっとハードルが高かった子どももいたようですが、担任や司書のアドバイスを受けて頑張りました。本の紹介文を読んだ違う学年の子どもたちが、読んでみたいと言っていました。また、図書館の前には図書委員がお勧めする本も掲示しています。本に接することは、自分の考え方や感じ方を広げ豊かにすることです。また、今回のように本を通してコミュニケーションをはかることはとても素敵なことだと思います。読書の秋、多くの本に接してほしいと思います。

ヤギさんが来た(9月7日)

 
 2年1組が生活科でヤギを飼い始めました。1学期子どもたちはヤギを飼いたいけれど、自分たちで飼えるのかな、ヤギさんに悲しい思いをさせてしまわないかな、学校の友達や近所の方に迷惑をかけてしまわないかなと悩み、何回も話し合いました。そして、飼うことに決め、いよいよヤギさんがやって来ました。他の学年の子どもたちも嬉しそうに声をかけていました。生き物を飼うことは難しいことも多いけれど、その分、学ぶことも多いと思います。ここまでじっくり考えてきた子どもたちですので、きっと困ったことがあっても協力して解決し、大切に育ててくれると思います。

なかよし旬間(9月6日〜18日)

 
 なかよし旬間がスタートしました。昇降口には、友だちのよいところやしてもらってうれしかったことなどを書いたなかよしの花が咲き始めました。思っていても言葉にしていないことを言葉にして伝えることはとても大切だと思います。子どもたちのあたたかな思いがあふれています。

避難訓練(9月2日)

 
 地震を想定しての避難訓練を行いました。感染レベルが高いため全校で集まることは避けましたが、机の下に隠れる、頭を守る、素早く整列する、避難経路を確認するといった訓練ができました。地震に遭遇しないことを願うばかりですが、いざという時に自分の命を守れることが大切です。今後も命を守る学習を行っていきます。

PTA作業(8月28日)

 
    
 PTA作業を予定より縮小して担当部員、本部役員の方が行ってくださいました。校庭南側の枝や草捨て場の片付け、整理をしていただきました。普段、気になっていてもなかなか手を出せずにいたところきれいにしていただきました。額に汗して子どもたちのために働いていただく姿から、本校の子どもたちの素晴らしい姿は、保護者の方のおかげだとあらためて感じました。

2学期始業式(8月20日)

 
 
    
 本日、2学期がスタートしました。1学期終業式は体育館で行えましたが、コロナの影響が大きく2学期始業式は放送で行いました。5年生の代表児童は2学期頑張りたことを発表してくれました。希望を抱いて登校している様子が伝わってくる発表でした。各教室でも夏休みの振り返りや2学期に向けての思いが語られていました。元気な子どもたちの声を聞き、一安心です。しかし、コロナへの配慮をしっかりしていかなくてはならないことも子どもたちに伝えました。学校でも給食や清掃など1学期とは異なる対応をしていきます。始業式、学校長から子どもたちにコロナに気を付ける具体的なことに加えてコロナによる差別や悲しい思いをする、させてしまうことがないようにという話もしました。心も体もコロナに負けない2学期にしていきたいと思います。夏休み中に子どもたちの下足箱と傘立てが新しくなり、昇降口が明るくなりました。

職員非違行為防止研修(8月19日)

 
 夏休み最終日の本日、職員非違行為防止研修をPTA会長様ご臨席のもと行いました。職員会の始めなどに定期的に行っていますが、夏休み中を利用してよりまとまった研修を行うことができました。自己の振り返りやコロナ禍のため短時間となってしまいましたが隣同士での対話などを通して学ぶことが多い研修を行うことができました。また、PTA会長様からいただいたご意見も大変参考になりました。今後も研修を続け、子どもたちが安心して通えるよりよい学校をつくっていきたいと思います。

管楽器クラブバンドフェスティバルホール録画(8月3日)

 
    
 本日、管楽器クラブの子どもたちが長野県小学生バンドフェスティバルの審査のため小諸文化センターで演奏の録画を行いました。本来であれば松本市に一同が介しての演奏となりますが、昨年度は中止、本年度は録画審査となりました。東海大会を目指して夏休みに入ってからも練習を続けてきた子どもたち、緊張と集中がホールの中を満たしました。そして、大変すばらしい演奏ができました。東海大会がどのような形になるのかまだ分かりませんが、子どもたちのここまでの努力は今後の子どもたちの生活の中に生きていくと思います。最後、ホールの掃除をする子どもたちの姿も大変立派でした。子どもたちを様々な形で支えていただいた保護者の皆様、お手伝いいただいた全ての皆様に感謝です。

1学期終業式(7月21日)

    
 本日で73日間の1学期が終了します。コロナ対応をしながらでしたが、昨年度できなかった行事も行うことができました。また、終業式を体育館で行うこともできました。子どもたちは、静かに入場し、話す人のほうに顔を向けて聞き、心で校歌を歌い、整然と退場することができました。各教室ではドキドキしながら通知表を受け取る子どもたちの姿がありました。交通事故や病気などに気を付けながら楽しい夏休みを過ごし、2学期元気に会えることを楽しみにしいます。

七夕の願い、空に届け(7月20日)

    
 1年生が短冊に願いを込めた七夕の飾りを校庭で燃やしました。それぞれの願いが煙となって夏の青空に吸い込まれていきました。その様子を見ながら子どもたちは、願いが空に届くように両手を高く掲げていました。1学期も残すところ1日、初めての経験をたくさんした1年生、とても成長しました。

5年高原学習(7月13/14日)

 
 
 
 
 昨日と今日、5学年の高原学習がありました。昨日は、天狗温泉で有名な浅間山荘に宿泊し不動滝までの散策、自然の木や実を利用したクラフト体験、ネイチャーゲームなどを行いました。雨を避けるように計画を修正しながら実施していきましたが、夕方には強い雨が降り出しました。夕食後もやまない雨にキャンプファイヤーはできない可能性が高まりましたが、「雨合羽を着てもやりたい」という子どもたちの願いが浅間山の神様に届いたのか時間リミットギリギリ8時に雨が上がりました。キャンプファイヤーを囲みながら山の夜のひと時を楽しむことができました。予定変更が何回かある中で子どもたちは、よく考え動いていました。その分、楽しく疲れた高原学習だったと思います。そして、大きな経験を得ることができたと思います。学校をリードする立場になっていく5年生の今後の活躍が楽しみです。

地域の方に聞く(7月9日)

 
 本日、3学年が地域の農業の学習を行いました。今までの学習で出てきた「?」について地域の専業農家の方にインタビューをしました。何を作っているのか、どれくらいの数を作っているのか、何時間くらい働くのかなど、質問が尽きませんでした。5月から11月上旬までは休みがないことや、朝4時前に起き、12時間働くことなど、子どもたちには驚きの連続だったようです。とても分かりやすく、丁寧に答えていただき、子どもたちの大きな学びの時間となりました。小学校のころから農業を行うことが夢で御代田町に引っ越してまで夢を叶えた思いが子どもたちにも伝わったようでした。子どもたちのためにとご多用の中お時間を作っていただいたことに感謝です。

体力づくり集会(6月30日)

 
 本日、「運動会後も体を動かし、姉妹学級との仲を深めよう」という目的で児童会の健康委員会企画「体力づくり集会」が昼休みに行われました。今日は1年生と6年生が体育館で「ケイドロ」を行いました。優しい6年生のお姉さんお兄さんと楽しく遊ぶ1年生の姿がありました。とは言え、6年生も結構本気でした。体を使った遊びを通した交流で、心も体も元気になった子どもたちの姿が輝いていました。

セカンドブック贈呈(6月28日)

 
 本日、小園町長様から1年生に向けて34冊のセカンドブックを贈呈していただきました。教室においておき、子どもたちが自由に読めるようにします。小園町長様から「本が好きな人」と聞かれると多くの子どもたちが手を挙げていました。読書好きな子どものたちを町でも支えていただき感謝です。子どもたちの豊かな心の醸成につながると思います。

北小応援団運営委員会(6月24日)

 
 本日、北小応援団運営委員会を行いました。学校評議員、地域コーディネーター、保護者代表の方などが集まり、授業の様子を見ていただいたり、学校へのご意見をいただいたりしました。常に学校の方針を大切にご協力いただいていることに感謝です。「地域には学校に協力したいという人がたくさんいます、声をかけてください」というありがたいお言葉もいただきました。地域コミュニティの中心としての学校を目指し、今後も子どもたちのために地域、保護者の方と連携していきたいと思います。

プール開き(6月22日)

 
 本日、プール開きをしました。朝から子どもたちは「今日はプール開きだね」「プールできるかな」と嬉しそうに声をかけてくれました。朝のプール開きはテレビ放送で行いました。児童代表の言葉、保健委員長さんによるプールへのあいさつ等を行い、プール学習の無事を祈りました。気温、水温の関係で本日プールに入れた学年と入れず残念な思いをした学年がありました。本年度プール使用のトップバッターは1年生でした。とても楽しそうでプールには笑顔と喜びの声があふれていました。一か月と短い水泳学習ですが無事最後までできることを願いつつ、今年もプール開きができたことに感謝です。

安心教室(6月18日)

 
 
 本日、1、3年生が警備会社の方を講師に招いて不審者対応などについての学習を行いました。「い・か・の・お・す・し」を合言葉にいざという時の対応を学んだり、留守番をするときに気を付けることなど体験的にあるいは、自分たちで考えたりして学習できました。「自分の身を守る」大切な学習の場となりました。

持続可能な開発目標に関する提言(6月18日)

 
 
 6年生がSDGs(持続可能な開発目標)に関連することについて調べ、提言をしてくれました。食品ロスを減らす、ごみの分別を徹底してリサイクルを進める、電気や水の無駄づかいをしないなどについて、全校の友達が意識を高めるためにどうすればよいか考えていました。2030年には、今は目に見えない問題が顕在化するのではないかと言われていますが、次代を担う子どもたちから立派な提言がなされたことに勇気をもらいました。いつまでも、今よりも住みよい地球であることを子どもたちに託していきたいと思いました。

引き渡し訓練(6月16日)

 
 本日、1、2年生の引き渡し訓練を行いました。災害時や不審者が出た場合など子どもたちを一人で下校させることができないため保護者の方に迎えに来ていただくことになります。昨年度はコロナの影響で、できなかったので本年度は、今まで行ったことがない1、2年生を対象にしました。保護者の方のご協力のおかげでスムーズな引き渡しができました。この訓練も実際に役立つことがないことを祈るばかりです。

税に関する学習(6月15日)


 
 本日、6年生が税務署の方を講師に迎えて税に関する学習を行いました。最初、「もし、税金がなくて公共の福祉が一切なくなってしまったらどうなるか」という趣旨のアニメを見た後に、税金でまかなわれているサービスとそうではないサービスは何か分けることに挑戦しました。税金と自分たちの生活をつなげて考えた子どもたち、その必要性と大切さについて学ぶことができたと思います。

読み聞かせ(6月15日)


 
 
 
 本日、ボランティアの方が来校し読み聞かせをしてくださいました。いつも感じることですが、子どもたちは本当に読み聞かせが大好きです。そして、本校のボランティアの方もとても「本」に詳しくて、「本」が大好きな方ばかりです。その気持ちが子どもたちにも伝わり、とてもあたたかな雰囲気の中で読み聞かせをしていただくことに感謝です。
 

火山の学習(6月9日)

 
 
 本日、5年生が火山についての学習を行いました。国土交通省の協力により自然災害体験車での体験、火山の噴火による災害について、洪水のことなど私たちの身近に起こりえることについて学ぶ機会となりました。特に自然災害車では3D体験ができるため印象が強かったようでした。浅間山が近い御代田町では、とても大切な学習だと思いました。学習の様子を町長さんも見に来てくださいました。自然災害がないことを祈るばかりですが、もしもの時には命を守る行動ができるように備えておくことが大切だとあらためて感じました。

読書週間スタート(6月8日)

 
 本日から読書週間(6/14まで)がスタートしました。今朝は図書館司書による読み聞かせでした。「ひみつのカレーライス」という本でした。子どもたちは各教室で聞きましたが、1年生から6年生まで楽しそうに聞いていました。子どもたちは読み聞かせが大好きす。ボランティアの方の読み聞かせの時もとても嬉しそうです。この期間が読書に触れる新たな機会となってくれたらと思います。各ご家庭でも、読み聞かせやブックトークなどしていただけたらと思います。

プール清掃(6月5日)

 
 運動会の午後、職員でプール清掃を行いました。長野県の感染警戒レベルも下がり、本年度もプールの学習ができそうです。子どもたちが元気にプールで学習する姿が楽しみです。

運動会(6月5日)

 
 
 
 
 運動会前日の下校時刻には雨が降っていました。昇降口で子どもたちは、「明日、大丈夫かな」「校庭、水たまり残るかな」と心配していましたが、本日は、写真のように晴天、校庭もしっかり乾いていました。子どもたちの熱意が空に届いたのでしょう。規模を縮小し、種目も減らして行いましたが子どもたちの輝く姿が随所に見られ、2年ぶりの運動会は大変盛り上がりました。様々制限を保護者の方にもお願いしましたが、あたたかくご協力いただけたことにも感謝です。運動会で学んだことが今後の学習にも必ず生きると思います。
 

運動会練習(6月1日)

 
 
 
 運動会に向けての練習も大詰めに入ってきました。コロナの前の運動会に比べると種目もだいぶ減らしていますが、子どもたちは自分の出場する種目の練習を頑張っています。今週末天気の心配もありますが、子どもたちのはつらつとした姿が見られることと楽しみにしています。
 

運動会準備係会(5月31日)

 
 本日、運動会の準備のための係会を行いました。スローガンを書いたり、会場準備をしたり、等旗の係の子どもたちが練習したりしました。いつもとは異なる運動会となりますが、高学年の子どもたちが責任をもって準備を進める姿がありました。

PTT プレイ・タイム・ウィズ・ティーチャー(5月26日)

 
 
 本日のPTTの時間には、キックベース、ドッジボール、鬼ごっこなどで遊ぶ子どもたちの姿がありました。中には、運動会に向けて縄跳びの練習をする4年生の子どもたちの姿もありました。「先生、BGMをかけて!」とのお願いに担任も応え、アップテンポな曲をバックに楽しそうに練習する子どもたちの姿がキラキラしていました。遊びの中で、体を動かす中で多くのことを学んでいる子どもたちだと感じました。運動会が無事行えること祈る思いです。

地域ボランティア(5月17日)

 
 毎日、子どもたちの登下校の安全を見守っていただいている「見守り隊」の方の紹介式を行いました。本来であれば、全校児童の前で紹介させていただくところですが、コロナ対応のためビデオを録らせていただき、子どもたちは各教室で見る形をとりました。お一人お一人から子どもたちへのメッセージをいただきました。子どもたちが安全に健やかに育ってほしいという思いが溢れる温かなお言葉でした。地域の方に見守られ支えられ子どもたちの安全な生活があることに感謝です。これからもよろしくお願いいたします。また、新たに見守り隊に登録していただける方のご連絡をお待ちしています。できる方が、できる時に、できる形で行っていただけたらありがたいです。学校までご連絡ください。

地域ボランティア(5月17日)

 
 北小応援団コーディネーターの方がボランティアで畑の協力をしてくれています。今年から新たに借りられた畑、草取りは4年生の子どもたちが行いましたが、広いので耕すのは大変そうでした。それを見て、北小応援団コーディネーターの方が地域ボランティアとしてお願いする前に声をかけていただき、畑を2回耕し、さらに今日、サツマイモの苗も植えていただきました。地域の方が常に学校のことを見ていてくださり、声をかけていただけることとてもありがたいです。

交通安全教室(5月13日)

 
 
 本日、全校で交通安全教室を行いました。低学年は、歩き方について、高学年は自転車の乗り方を中心に、校庭または実際の道路を使って安全に通行する方法を学びました。安全協会や警察、町の防災安全課の方に協力をいただき、命を守る大切な学習ができました。何回確認しても、学習してもしすぎることはないので、今後も大切にし、交通事故ゼロを続けていきたいと思います。

PTT プレイ・タイム・ウィズ・ティーチャー(5月12日)

 
 
 毎週水曜日はPTTの時間があります。昼休みの時間を延長し、先生とクラスの友達と遊ぶ時間です。体育館では、バスケットやフリスビー、一輪車、校庭では鬼ごっこやサッカー、ドッジボール等が行われていました。子どもたちの笑顔が輝いていました。

こいのぼり(5月12日)

 
 1年生の廊下に大きなコイが泳いでいます。「ウロコ」は、子どもたち一人一人が描いています。廊下を通ると、1年生の子どもたちが嬉しそうに自分が描いた「ウコロ」を指さし説明してくれます。このコイのように「みんな げんきで なかよし」で楽しい学校であるよう努めてまいります。

児童総会(5月11日)

 
 
 昨年度と同じ形で密を避けながら高学年の子どもたちが体育館で児童総会を行いました。児童会スローガン「You can do it 〜責任をもち 明るく楽しい 北小〜」に向けて、各委員会の目標や計画などを発表し承認を得ることができました。その場での意見交換などはできませんでしたが、事前に出されていた意見質問に答える形で進めることができました。子どもたちがつくる、子どもたちのための学校、本年度のスタートです。

クラブ活動(5月10日)

 
 本年度は、年間通してのクラブ活動をスタートさせることができました。パソコン、屋外スポーツ、屋内スポーツ、手芸、イラスト、テーブルゲームの6つのクラブで行います。自分で選んだクラブで活動することを子どもたちはとても楽しみにしています。

町の図書館を使って調べ学習(5月7日)

 
 
 6年生が、自分の興味があること、疑問に思ったことをテーマにして調べ学習をしています。学校の図書館だけでなく、町の図書館も使っています。スポーツのことや、動物のこと、体のこと、社会のことなどテーマは様々ですが、それぞれが一生懸命本を探していました。インターネットで調べることが多いですが、本で調べることもとても大切だと思いました。図書館を使うマナーもさすが6年生という姿でした。

一年生を迎える会(4月20日)

 
 
 本日、一年生を迎える会がありました。密を避けるために体育館には一年生と六年生のみとし、二年生から五年生はそれぞれの教室で見ました。六年生「北小レンジャー」(劇)から一年生に「なかよし」「あいさつ」「げんき」「いっしょうけんめい」のパワーがおくられました。一年生の子どもたちは大喜びでした。一年生からは、呼びかけと校歌の斉唱がありました。元気な一年生の姿を見守る六年生の姿がステキでした。教室でも二年生から五年生があたたかく見守ってくれていました。

授業参観(4月16日)

 
 
 本日は、本年度初めての参観日でした。密を避けるために名簿番号で分けさていただき、さらに午前中4時間参観授業にあてさせていただきました。密になることなく参観していただくことができました。保護者の方に見ていただき嬉しそうな子ども、緊張する子ども、様々でしたが、昨年度はできなかった行事がひとつできたことよかったと思います。きっと今日は、子どもたちの頑張りをそれぞれのお家で褒めていただけるのではないかと思います。保護者の皆様、ご多用の中御来校いただきありがとうございました。

避難訓練(4月15日)

 
 
 本日、火事を想定しての避難訓練を行いました。防火シャッターが閉じた状態での訓練は、いつもとは雰囲気も違い、より緊張感が高まりました。子どもたちは静かに放送を聞き、その指示に従って無言で避難することができました。また、校庭に避難した時にも姿勢よく静かに待つことができました。災害がないことが一番良いのは当たり前ですが、もしもの時を考え備えておくことも必要だとあらためて感じました。自分の命を守る、周りの友達の命も守る訓練になりました。

教科担任制(4月15日)

 
 
 本年度から5、6年生で国語、算数の教科担任制を始めました。それぞれの学年で担任が入れ替わって授業を行います。全国的に見れば教科担任制を取り入れ様々なよさが実証されています。学力向上、子どものより深い理解等について期待できる取組です。まだ、始まったばかりですが成果と課題を検証しつつ子どもたちとってより良いものにしていきたいと思います。

街頭指導・下校指導(4月8日)

 
 
 本校の子どもたちの安全を守るために1年を通してボランティアで横断歩道に立っていただいている方、通学路をパトロールしていただいている方がいらっしゃいます。寒い日も暑い日も雨の日も、本当にありがたいことです。さらに年度始めの現在、保護者、職員も街頭指導を行っています。1年生の下校には保護者、職員が方面ごとについて送っていきます。多くの方に支えられ、見守られていることに感謝であります。子どもは社会の宝、事故のない日々が続くよう学校でも繰り返し指導していきます。

入学式・始業式(4月6日)

 
 
 
 
 本日、入学式と始業式を行いました。新入生34人を迎えての入学式では、やや緊張気味の新入生が元気よく挨拶を返してくれました。キラキラとした瞳に入学を楽しみにしていたことがうかがえました。始業式では、新しいメンバー、新しい担任でスタートしたクラスもあり、新学年への期待を抱いている子どもたちがたくさんいました。令和3年度が子どもたちにとって素晴らしい年となるよう職員一同力を尽くしてまいります。

新年度準備(3月26日)

 
 
 本日、新5、6年生が登校し、入学式や新年度の様々な準備をしてくれました。新入生の教室準備や教室の移動などさすが学校のリーダーとなる子どもたち、テキパキと気持ちを働かせて動いてくれました。コロナの状況も心配ですが、令和3年度素晴らしいスタートがきれそうです。

祝!ご卒業(3月17日)

 
 
 
  
 本日、卒業式を挙行しました。本来であれば、ご来賓のご臨席、在校生の参加で行うところですが、コロナ対応のため卒業生、保護者、教育委員、学校職員のみで行いました。卒業生全員が出席し、証書授与、呼びかけ、歌と立派な姿を見せてくれました。特に、体育館に響く歌声、その表情は大変すばらしく感動的でした。さすが、6年生という姿でした。また、スクリーンやモニターを複数使い、6年間の思い出のスライド、証書授与の時の表情、御代田町町長様からのお祝いメッセージなどを映しました。子どもたちにも保護者の皆様にも心に残る卒業式であったのではないかと思います。朝、早くから校庭に6年生へのメッセージを作ってくれた保護者の方もいらっしゃいました。多くの方に支えられ見守られていたことをあらためて強く感じました。卒業生、保護者ご家族の皆様、本日はおめでとうございました。中学校でのさらなる躍進を信じ期待しています。

6年生奉仕活動(3月15日)

 
 
 本日、6年生が6年間お世話になった学校のために奉仕活動をしてくれました。廊下の黒ずみ落としや窓ふき、窓のさんの清掃、各階のトイレ清掃、各クラスの給食台ふきなど2時間かけて6年生らしい姿で取り組んでくれました。校舎への感謝の思いがその姿から伝わりました。4月から立派な中学生になる姿が目に浮かびました。6年生の皆さん、ありがとうございました。 

6年生を送る会(3月9日)

 
 
 本日、6年生を送る会がありました。本来であれば体育館で顔を合わせて思いを伝え合うところですが、本年度はリモート、ビデオ映像で行いました。児童、職員への突撃インタビューでは、6年生のかっこいいあるいは優しい姿や学校をリードしてくれる頼もしい姿が語られました。また、北小レンジャーにより6年生に関するクイズが出されました。難問もありみんなで頭をひねりました。6年生からは全校に向けて合唱のプレゼントがありました。録画ではありましたが、さすが6年生という歌声に子どもたちも感動していたようでした。6年生も笑ったりうなずいたりしながら一生懸命見ていました。6年生への感謝の気持ちが伝わるあたたかい会となりました。6年生の皆さん、大変な一年でしたが、学校を支えリードしてくれてありがとうございました。 

読み聞かせボランティア(3月2日)

 
 
 本日、本年度最後の読み聞かせをボランティアの方にしていただきました。年度当初は、コロナの影響で予定通りのスタートを切ることができませんでしたが、後半は、たくさん読み聞かせをしていただきました。いつも子どもたちに読んであげたい本の中から厳選して来てくださいました。季節なども考慮した選択にいつも頭が下がる思いでした。何より、子どもたちに本が好きになってほしいという情熱があふれていることに感謝でした。子どもたちもいつも楽しみにしている時間でした。来年度もぜひ、お願いいたします。一年間、ありがとうございました。 

管楽器クラブ冬のスペシャルコンサート(2月27日)

 
 エコールみよたで管楽器クラブがスペシャルコンサートを行いました。本年度は、アンサンブルコンサートも中止になってしまったので、子どもたちはこのコンサートを目標に練習に励んできました。来場は、ご家族のみと限定させていただきましたが、子どもたちの頑張りが発揮されたあたたかな素晴らしいコンサートとなりました。また、プロのフルート奏者の方にもスペシャルゲストとして演奏していただきご光彩を添えていただきました。このコンサートが開催できたことを全ての方に感謝したいと思います。 

児童総会(2月9日)

 
 
 本日、本年度最後の児童総会がありました。コロナ対応のため体育館では行えなかったので、タブレットを用いてリモートで行いました。本年度は、予定通りに進められない中でも6年生が役員を中心に様々な活動を進めてくれました。その反省と来年度に向けてが、議事の主な内容でした。最後に、新児童会長挨拶、新役員の自己紹介も行いました。本年度の成果が来年度に引き継がれていきました。 

6年スキー教室(2月5日)

 
 6年生のスキー教室がありました。当初予定していた日から延期しましたが、晴天の下、無事行うことができました。子どもたちも青い空、美しい景色、整ったゲレンデで小学校最後のスキー教室を満喫できたようでした。昨年度までは当たり前だった行事の一つ一つが本年度は、とてもありがたいことだと感じられます。小学校生活も残り30日を切った6年生、一日一日を大切に思い出を作っていってほしいと思います。 

ダンス発表(1年生:2月5日)

 
 1年生が体育館で学校職員や他の学年のお友達に向けてダンスの発表をしました。鉢巻きにはっぴを身に着け、子どもたちに人気の曲に合わせて踊りました。リズムに合わせ指先、足先にまで気持ちを込めた素晴らしい動きでした。また、ウェーブも息をぴったり合わせて踊る姿に大きな成長を感じました。踊り終わった子どもたちの表情にやりきった満足感が表れていました。 

型コロナ感染症対応等について(1月14日)

 新型コロナ感染症の状況について刻々と変化し、学校でも対応に配慮しながら子どもたちの健康、学びを大切に考えています。長野県の警戒レベルが5になったことに伴い、本校では給食についてコンテナの移動により密を避けたり、低学年については配膳を職員が行ったりしています。また、清掃についても机の移動については、子どもたちに手伝ってもらいながら職員が行うようにします。また、行事の延期や代替行事の準備などについても対応してまいります。しかし、今の状況が続けば、中止を余儀なくされる行事も出てくるのではないかと心配しています。今後の感染拡大を抑えるためにも日々の生活をあらためて確認していかなくてはならないと思います。一方で、誰が感染してもおかしくない状況にあります。感染された方、濃厚接触された方、医療従事者の皆さま、全ての方の人権を守る気持ちを大切にしなくてはならない時だと感じています。学校でも引き続き、手洗い、うがい、換気、消毒等の励行に努めるとともに、人権を守ることの大切さについて繰り返し子どもたちに伝えていきます。

地震体験(1月14日)


 2〜4年生が地震体験車による地震体験を佐久広域消防者の方の協力で行いました。過去にあった地震の揺れを再現しており、その様子を体験することで「天災」を忘れない意識をもつことができました。実際には経験したことがないような揺れ方に驚きながらも、日頃の備えの大切さを学ぶ良い機会となりました。

3学期始業式(1月7日)

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 本日から3学期がスタートしました。始業式では3年生が「いろいろなことに集中して取り組みたい」「苦手なことにも挑戦していきたい」と話してくれました。4年生に向けての思いが伝わってくる素晴らしい発表でした。学校長からは、「丑年にちなんで、牛のように自分のペースで一歩一歩自分の目標に向かって努力していってほしい」という話をしました。また、コロナ感染症について感染予防に努めることと、医療従事者の方、あるいはコロナ感染症に関わる全てについて差別や偏見がないようにということを小学生向けに分かりやすい言葉に変えて話しました。3学期すでに行事の見直しを図りながらのスタートとなりましたが、子どもたちの元気な姿が輝く3学期であることを願いながら対応していきたいと思います。

2学期終業式(12月25日)

  
  
 当初の予定より4日間長い87日の2学期が本日終了します。朝、終業式の中で1年生がスケート教室で頑張ったことを発表してくれたりけん玉、縄跳びを実際にやって見せてくれたりしました。様々なことに挑戦しそれぞれの技はもちろん心の成長も伝わる発表でした。
 子どもたちには今年を振り返り、来年新たな目標を立ててチャレンジしていってほしいと思います。冬休み中もメディアコンロールに心がけ、規則正しい生活をして健康で過ごしてほしいと思います。そして、3学期、元気なスタートを切りたいと思います。来年がより良い年であることを願いつつ、保護者、地域の皆様もよい年を迎えられることを願っています

スケート教室1・2・3年生(12月23日)

  
  
  
  
 1〜3年生の子どもたちが風越公園のスケート場でスケート教室を行いました。それぞれの学年、2時間程度でしたが、立つこともできなかった子どもが立てるようになり、つかまって滑っていた子どもたちが、つかまらくても滑れるようになり、ふらふらしていた子どもたちがスイスイと滑れるようになっていきました。子どもたちの成長に驚きました。また、多くの子どもたちがとても楽しかったと言っていました。また、多くのボランティアの方に支えられての充実のスケート教室となりました。機会があればウィンタースポーツに親しんでほしいと思います。

カーリング教室4年生(12月22日)

  
  
 4年生の子どもたちが、御代田町のカーリング場でカーリング体験をしました。ほとんどの子どもたちが初めての体験でした。転んでも頭を打たない転び方の練習からスタートして最後はゲームを行いました。微妙な力加減、チームワーク、今までには経験したことがないスポーツに子どもたちは夢中になっていました。最後は「カーリング」の「グー」で締めました。(右下の写真)今日の体験が将来のオリンピック選手が誕生するきっかけとなったかもしれません。

英語コーナー(12月16日)

  
 5年生の外国語の授業でレストランで注文をするときの会話の学習をしました。その時に使うメニューを子どもたちが作成しました。外国の食事について学ぶことも外国の文化を学ぶことになります。また、実際の場面を想定しての会話の学習も子どもたちにとって楽しく、学び多い時間となりました。

修学旅行(12月10・11日)

  
  
  
  
  
 コロナの影響で、期日変更、目的地変更などを経て、今回修学旅行を実施することができました。目的地は、安曇野市から松本、諏訪、伊那、木曽方面まで県内の各地でした。子どもたち行ったことがない場所もあり、同じ長野県でも異なる文化や風景に接することができました。天候にも恵まれ豪華な宿泊場所にも泊まることができ学び多き、楽しい2日間となりました。保護者の皆さまのご理解とご協力、旅行に携わった業者の皆さまの努力等に支えられて行うことができた旅行でした。様々なことが中止となってしまった今年でしたが、6年生にとって素晴らしい思い出ができたことと思います。

造形遊び(12月8・9日)

  
  
 1年生(8日)、2年生(9日)がそれぞれ図工の授業で造形遊びを行いました。1年生は、ペットボトルのキャップを並べたり積み上げたりしていました。サンタさんやトナカイ、塔など集中してつくっていました。2年生は、教室いっぱいにテープを張り、そこに思い思いの飾りなどをつけていました。ダイナミックな活動に子どもたちも夢中になっていました。

PTT(12月9日)

  
  
  
 本日はPTTの時間がありました。校庭では、鬼ごっこやだるまさんが転んだ、ドッジビー、台風の目、サッカーなど職員と子どもが一緒になって遊ぶ声が響いていました。さわやかに晴れていたこともよかったです。

ペア読書(12月3日)

  
  
 読書旬間の活動の一つとしてペア読書がありました。姉妹学級で読み聞かせをする活動です。今日は1年生と6年生のペアで、6年生が読み聞かせをしていました。1年生のために選んだ本を丁寧に優しく読み聞かせする6年生の姿が素晴らしいなと感じました。1年生も集中して全身を耳にして聞いているような姿でした。本を通して素晴らしい交流ができたと思います。

読み聞かせボランティア(12月1日)

  
  
  
  
  
  
    
 本日、読み聞かせボランティアの方に全クラスで読み聞かせをしていただきました。季節にあった本を用意していただき、20分たっぷりと読み聞かせをしていただきました。子どもたちは夢中で聞いていました。読み聞かせの後、いつものようにシェアをされていました。本を選んだ理由や子どもたちの反応などを話されていました。子どもたちのことをとても大切に考えていただいていること、本が大好きで一人でも多くの子どもに本が好きになってほしいこと、そんな気持ちが伝わってきます。子どもたちにとってとても幸せな時間となっていました。
 

読書旬間スタート(11月30日)

  
 本日から読書旬間がスタートしました。3冊貸し出し、兄弟学級の読み聞かせ、職員による読み聞かせ、家族読書、職員による本の紹介(右上の写真)など様々な企画で子どもたちに読書を促していきます。メディアかける時間が多くなってしまいがちですが、本でしか味わえない世界があります。本に浸りこむ楽しさを一人でも多くの子どもたちに味わってほしいと思います。

チェロ講習会(4年)(11月16日)

  
    
 本日、4年生がチェロの講習会を蒼井大地先生を講師にお招きして行いました。普段身近には馴染みのない楽器に子どもたち興味津々でした。本校音楽科教諭のピアノと合わせ「白鳥」を演奏していただきました。「白鳥が大空をゆったり飛んでいるよう」「湖を静かに泳いでいるよう」などの感想が聞かれました。生の演奏に感動したようでした。楽器の形や色などについての質問にも、とても分かりやすく説明していただきました。秋の穏やかな日差しの中、音楽の文化に触れるステキな時間となりました。

TT(Play Time with Teacher)(11月9日)

  
    
 本日、昼休みにPTTがありました。教諭と子どもたちが一緒にいつもより長く遊ぶ時間です。体育館では、1年生と6年生が一緒にしっぽとりゲームをしていました。6年生の説明、進行で行っていました。しっぽをとられないように気を付けながら元気に走り回っていました。中庭や校庭でも教諭も子どもも一緒になって遊ぶ声が秋空に響いていました。
 

避難訓練(11月9日)

  
    
 本日、休み時間に避難訓練を行いました。授業中の避難訓練とは異なり自由な時間だったので、一人一人が判断し行動しなくてはなりませんでした。「おさない・はしらない・しゃべらない・もどらない」を実行しながら自分の命を守る行動を学ぶ大切な機会となりました。
 

3年小田井宿見学(11月5日)

   
 本日、3年生が小田井宿の見学に行ってきました。歴史ある宿場を訪ね、御代田町の歴史に触れることができました。また、天気にも恵まれたため行き帰りの景色も楽しむことができました。これをきっかけに自分たちの御代田町について関心を深め、学習を進めていくことと思います。

2年乗り物遠足(11月5日)

   
 本日、2年生が乗り物遠足で懐古園に行ってきました。天候に恵まれ暖かな遠足日和の中、自分で電車の切符を買い、電車に乗ることができました。紅葉も見ごろで子どもたちにとっても良い学習となりまた、素晴らしい思い出ともなりました。

1年遠足(11月5日)

   
 本日、1年生が竜神公園に半日の遠足に行ってきました。過日予定していた遠足が雨天のため中止になったので、そのかわりとして半日ではありましたが秋空の下、公園で楽しく過ごすことができました。遊具で遊んだり、落ち葉のじゅうたんで秋を感じたりしました。
 

音楽会(10月30日)

   
  
  
  
 本日、音楽会を行いました。児童は2学年ごとの入れ替え、保護者の方は学年ごとの入れ替えで密を避けて行いました。コロナ感染に配慮しながら練習をしてきましたが、子どもたちにとって大切な発表の場となりました。体でリズムを取り表情豊かに歌う姿、響く歌声は感動的でした。午後には、ビデオを見ながら全校で振り返りました。秋の穏やかな日差しが子どもたちの笑顔をさらに輝かせてくれました。
 

清掃ボランティア(10月28日)

   
 本日、社会教育福祉協議会の方が声をかけていただき、地域の11人の方が清掃ボランティアに来てくださいました。児童昇降口を中心に熱心に清掃していただき、大変きれいになりました。地域の方に大切にしていただいている御代田北小学校ということ、あらためて感じ本当にありがたく思います。
 

音楽会間近(10月28日)

  
  
 いよいよ明後日、音楽会を迎えます。この2週間の音楽会特別時間割では、子どもたちはステージ中心に練習を行ってきました。秋晴れの下、体育館にはステキな歌声が響いております。参観していただける保護者の方を一人と限定させていただいていますが、ぜひ、楽しみにしていただきたいと思います。

PTT【プレイタイム ウィズ ティーチャー】(10月14日)

  
  
 本日は、清掃を行わず、教諭と子どもが30分一緒に遊ぶ日です。体育館でドッジボールやバスケットボール、校庭ではキックベースや鬼ごっこなどをしていました。中庭では、低学年の子どもたちも楽しそうに遊んでいました。子どもたちの元気な声が、そこここに響いていました。

来入児体験入学(10月13日)

   
 本日、来年度本校入学予定の園児の皆さんが体験入学に来ました。1年生から学校の紹介をしたり、1年担任が読み聞かせをしたりしました。初めて校内に入る園児も多くやや緊張気味でしたが、入学を楽しみにしているようでした。1年生もお姉さん、お兄さんの気持ちになっていて頼もしかったです。

読み聞かせの時間(10月13日)

  
  
  
  
  
  
 本日、読み聞かせボランティアの方12人がご来校され、全学級で本を読んでいただきました。それぞれの学年の発達段階に応じた本を選んでいただき、また、読み方も工夫されていたので、子どもたちも身を乗り出して聞いていました。「読書の秋」子どもたちの心を豊かにする、ステキなプレゼントでした。本当にありがたいことです。

コカリナ講習会(10月9日)

  
  
 御代田町の桜並木の桜から生まれたコカリナを6年生に贈っていいただき、吹き方を教えていただきました。今月末の音楽会で「アメージンググレイス」を演奏する予定です。このコカリナがどのようにして生まれたのかについてもDVDを見て学びました。かつての桜並木を心に演奏してほしいと思います。

ピーマンの販売(10月9日)

  
 A組の子どもたちが畑で作ったピーマンを職員室で販売しました。一生懸命、世話をしたピーマンを袋に詰め、販売用の看板をつくり、大きな声でPRをして売っていました。とても美味しそうなピーマンでした。

御代田町三校合同管楽器発表会(10月3日)

  
  
 本年度は、管楽器クラブの発表やコンクールの機会が全くなくなってしまいました。そんな中、日々、感染対策をしながら子どもたちは練習を行ってきました。その健気な姿に御代田町の三校で発表会ができないかと顧問中心に計画を進めてきました。そして、本日(10/3)御代田中学校体育館で講師の先生をお招きして開催することができました。保護者の方にも聴いていただくことができました。また、三校で一緒に演奏することもでき大変すばらしい機会となりました。

ふるさとタイム・クラブ活動(10月1日)

  
  
  
  
  
  
  
 本校では、例年「ふるさとタイム」という地域の方を講師に体験的な学びの時間を設けていました。しかし、本年度は開催が難しい状況にあったので、本校職員が講師となり本日行いました。午前は低学年向けに「ペーパークラフト」「折り紙」「遊べるおもちゃ」「折り染め」「ニュースポーツ」「手芸」「木工工作」「紙ねんど」を行いました。午後は高学年向けにクラブ活動として「名刺・カレンダーづくり」「ニュースポーツ」「野球」「バスケットボール」「絵はがき」「消しゴムはんこ」「テーブルゲーム」「折り染め」「筝」を行いました。それぞれ自分が希望するところで学習し、とても楽しそうでした。本校職員も自分の得意なことを生かし、子どもたちと楽しい時間をともにしていました。

PTT【PLAY TIME WITH TEACHER】(9月30日)

  
  
  
 本校では、毎週水曜日をPTT【プレイ・タイム・ウィズ・ティーチャー】として、子どもたちと学校職員が遊ぶ時間としています。掃除を行わず30分遊ぶ時間を確保します。今日は秋空の下、子どもたちとても楽しそうに遊んでいました。「遊び」もとても大切な時間だと思います。

清掃再開(9月15日)

  
  
  
 これまで、コロナ対策として児童による清掃を行わず、保護者や職員による清掃を行ってきました。コロナの状況も落ち着いてきたと判断し、本日から児童による清掃を再開しました。6年生は最高学年らしく黙々とぞうきんをかけていました。また、1年生の教室に行きお手伝いをしていました。これまでに「自分たちできれいにしたい」という声もありました。子どもたちの手で磨かれる校舎が輝いていきそうです。清掃後にはきちんと手を洗うよう声をかけています。

交通安全教室(9月15日)

  
 本日、1、2年生の交通安全教室を行いました。県内でもいたましい事故がありました。道を渡るときは横断歩道を使う、しっかり止まって左右確認する、手を挙げて渡るなど基本的だけれど大切なことを実際に確認しました。止まってくれた車にお辞儀をする子どもたちの姿がとても素晴らしかったです。

防犯教室(9月14日)

 
 長野県警察生活安全課スクールサポーターの方を招いて高学年向けに防犯教室を行いました。内容はネットの使い方です。最近でも全国ではネットを介したゲーム利用から小学生が誘拐された事件がありました。どのような危険性があるのか、絶対にしてはいけないことなど詳しく話していただきました。御代田町でもメディアコントロールについて発信していますが、小学校では保護者の管理の下、正しく利用することが求められます。学校でも子どもたちに繰り返し指導していきたいと思います。

参観日週間スタート(9月14日)

  
 本日から参観日週間がスタートしました。コロナの影響で本年度初めての授業参観していただく機会となります。少人数で密にならないようにしていただいております。授業や子どもたちの作品を熱心に見ていただき、子どもたちにも張り合いとなっていると思います。

なかよし活動(9月14日)

  
 朝の時間に1年生と6年生が「じゃんけんピラミッド」で一緒に遊びました。じゃんけんで勝つと進んでいけるゲームです。1年生と6年生が仲良くじゃんけんをする姿が微笑ましかったです。

なかよし旬間(9月7日)

  
 本日9/7〜9/18まで「なかよし旬間」となります。コロナの影響もあり例年とは異なる取り組みになりますが、自分や友達の良いところを認めたり、人権感覚を高めたりしていきます。常々、大切にしていることではありますが、自分たちの姿を見直すきっかけとしていきたいと思います。右上の写真は、友達からしてもらってうれしかったことなどを花の形をした用紙に書いて貼っていく「なかよしの花」です。読んでいるとあたたかな気持ちになります。

校内学習コーナー(9月7日)

  
 校内に外国語、社会、算数などの学習コーナーがあります。写真は、6年生が授業で諸外国を紹介する学習の際にまとめたものです。それぞれの国の特徴が分かりやすくまとめられています。子どもたちが休み時間に立ち止まって見てくれます。授業だけではなくいろいろなところに学びの種があることが子どもたちの育ちに大切なのだと思います。

地域の方からお話を伺いました 理科:人の誕生(9月4日)

  
 5年生、理科の「人の誕生」の学習で地域の方から命の誕生についてご自身のお話をしていただきました。おなかに子どもがいたときの様子、喜びや驚き慈しむ気持ちなど、また、子どもが自ら生まれようとすることなどお聞きしました。真剣にメモを取りながら話をお聞きする子どもたちの姿がありました。みんなから望まれ祝福されながら生まれてきたこと、そして、自らも望んで生まれてきたことから命の大切さを子どもたちあらためて感じたようでした。心に残るお話でした。

避難訓練(9月3日)

  
  
 本日、地震を想定した避難訓練を行いました。1学期は、コロナ対応のため各クラスでの避難訓練を行ったため、全校で校庭に避難したのは本年度初めてでした。放送の指示に従い素早く机の下に身を隠し、黙って校庭に避難することができました。校庭では、密を避けるためにいつもより子ども同士の間隔を空けました。話す人のほうに体を向け目と耳で聴く子どもたちの姿がありました。消防署の方からも子どもたちの姿をほめていただきました。災害がなく避難訓練が役立つ場面がないことを祈ります。

ICT職員研修(9月2日)

  
 本日、職員のICT研修を行いました。来年度から「GIGAスクール構想」により全児童がタブレットを使えるようになります。では、授業の中で有効に活用するにはどうすればよいのか。使うことが目的にならないように、しかし、タブレットの特長を生かしていかなくてはなりません。そのために、専門の方を講師に招き、勉強しました。今後も研修を行いより良い使い方を考えていきます。

御代田町ステップアップ塾(9月2日)

  
 本日から、御代田町によるステップアップ塾が本校を会場にスタートしました。4〜6年生までの希望者20名が参加しました。熱心に話を聞き、集中して取り組む姿がありました。このような機会があること子どもたちにとって幸せだと感じます。

読み聞かせボランティア(9月1日)

  
  
  
  
  
  
 本日、1学期にコロナのためできなかっボランティアの方による読み聞かせがありました。全てのクラスに入って20分間、読み聞かせをしていただきました。子どもたちもこの日を楽しみにしていましたので、1年から6年の教室まで全て静かに集中して聴く姿がありました。様々なメディアがあふれている現代ですが、やはり本を目の前で読んでいただく魅力はとても大きいのだとあらためて感じました。これを機に子どもたちたくさんの本と出会ってほしいと思います。ボランティアの皆様に感謝です。ボランティアの方が帰り際に「読み聞かせの後、みんなで『どうしてその本を選んだのか』シェアするのが楽しみです」と話してくださったのを聞いてとても素敵だなと感じました。
 

PTA作業ありがございます(8月29日)

   
  
  
  
  
  
 本日は、早朝からPTA作業をしていただきました。普段、手が入らないところまで細やかな心遣いで作業をしていただきました。斜面や高いところの作業、力仕事、こびりついた汚れなどに黙々と取り組まれる保護者の姿が学校での子どもたちの姿につながるのだと感じました。とてもスムーズに進み予定時間より早く終えることができました。計画、準備と細かな点にまで配慮して進めていただいたPTA役員、施設部の方にも感謝です。「保護者の方に支えられている御代田北小」をあらためて実感いたしました。ありがとうございます。

2学期がスタートしました(8月21日)

   
  
 本日から2学期がスタートしました。朝、たくさんの荷物(宿題)をもって元気よく登校してくる子どもたちを迎え、良いスタートが切れたと思いました。始業式では5年生3人が2学期の目標を発表してくれました。「友達と色々なことに挑戦したい」「漢字を頑張ったり友達と仲良くしたりしたい」「見方・考え方を大切に学んだり管楽器クラブで頑張ったりしたい」といった目標を堂々と発表する姿に頼もしさを感じました。また、今朝一番に左上の写真の「あまびえ」を印刷した手作りの「疫病除け」を地域の方が届けてくださいました。とてもありがたいことです。元気な子どもたちといつも支えてくださる地域の方に支えられ素晴らしい2学期のスタートとなりました。コロナが収束し、子どもたちの楽しい学校生が充実することを祈るばかりです。

夏休みの研修

   
  
 子どもたちの夏休みの時間を利用して職員研修を行いました。上の2枚の写真は、授業づくり勉強会の研修です。子どもたちが探求する楽しさを味わうためにはどうすればよいか考えあいました。実際に授業場面を想定して、子どもになったつもりで考えてみる場面もあり、夢中で語り合う姿がありました
 下の2枚の写真は、非違行為防止の研修です。PTA役員の方にも参加していただき、SNSの使い方や体罰防止などについて例を基にとるべき言動について話し合いました。
 このような研修を通して、子どもたちにとってより楽しく安心して学べる学校をつくっていきます。

1学期を終了しました(7月31日)

    
    
    
 本日で1学期が終了しました。臨時休校、分散登校、7時間授業、各行事の中止や変更、延期など様々な状況の中で、地域、保護者の方に支えられながら、子どもたちの我慢や頑張りもあって1学期を終えることができました。地域、保護者の皆さま、子どもたちに感謝です。
 上の写真はいずれも昨日のものです。充実のまとめの時間となっていました。これまでもこれからも気を付けなくてはならないことが多くあり、不安もありますが、子どもたちのエネルギー、笑顔、元気を大切にしていきたいと思います。健康や安全に気を付けながらも楽しく充実した夏休みを過ごしてほしいと思います。そして、8月21日、元気に会えることを楽しみにしています。

レタス収穫・キャベツ苗植え体験(7月10日)

   
 3年生がJA小沼支所の方に教えていただきながらレタスの収穫体験とキャベツの苗植えの体験をしました。御代田の名産であるおいしいレタスがどのような場所でどのように作られているのか、どのように収穫するのか体験でき、自分たちの住む町への興味や関心がさらに高まったようでした。ありがたい体験ができました。そして、一人2つずつレタスのおみやげをいただきました。それぞれのご家庭で、御代田の味をいただいたことと思います。

ボランティアのみなさんありがとうございます(7月2日)

   
   
 本日、家庭科のミシンボランティアの方と清掃のボランティアの方が来てくださいました。
ミシンは便利ですが、子どもたちにとっては時にハードルが高く、「?」マークがついて困っている子どもたちに、教諭一人では対応できないことがあります。そこをさっと教えていただけるので大変助かります。
 現在、新型コロン感染対策として職員が清掃を行っていますが、それではと有志保護者の方のお手伝いが始まりました。こちらもとても助かります。
 どちらも学校からお願いしたわけではなく、保護者の方から提案、申し出があり始まりました。本当にありがたいことです。

給食無償化スタート(7月2日)

   
昨日からスタートした給食無償化の様子を昨日と本日、町長さんと教育長さんが見に来られ一緒に給食を食べて行かれました。給食は子どもたちにとってとても楽しみな時間です。現在は、席を離してあまり会話がないようにして食べていますが、子どもたちは、町長さんや教育長さんと少しの会話を楽しんでいました。早く、席を向かい合わせ楽しく話しながら給食を食べられる日が来ることを願っています

児童総会(6月29日)

   
   
4月に行う予定だった児童総会を本日行うことができました。様々な児童会の行事や活動が延期、中止、変更となる中、6年生の子どもたちが粘り強く取り組み本日の児童総会の開催につながりました。また子どもたちの間隔を十分空け、窓を開けることで顔を合わせて意見交換する児童総会となりました。
「ONE TEAM 北小〜みんなで協力・みんなで思いやり〜」のスローガンのもと、みんなにとってより良い学校にしようと役員中心に提案してくれた活動計画にみんなで意見を出し合いました。聞く姿勢も素晴らしく素晴らしい児童会活動になりそうです。

プールスタート(6月29日)

   
年度当初の予定より一週間遅れとなりましたが、本日、プール開きを行いました。新型コロナ感染防止のためテレビ放送で行いました。朝は、気温が上がりませんでしたが、幸い2時間目から暖かくなり、本日1、2年生が入ることができました。梅雨が明けるまでは、どの程度できるかわかりませんが、子どもたちも楽しみにしている時間なので晴れの日が多いことを願っています。コロナ対策、安全面に気を付けながら進めていきます。

6年生が町長さんからお話をうかがいました。

   
   
6年生が社会科の授業として町長の小園ひろしさんから町長の仕事や役場の仕事などについてお話をうかがいました。町長さんは町民の代表として仕事をされていること、役場は必要性や公平性を重んじて仕事をしていることなどについて6年生の子どもたちにわかりやすく説明していただきました。今日の学習を通して子どもたちは社会を見る新たな視点を得られたと思います。

6月3日本をいただきました。

   
本日、御代田町から1年生に本をいただきました。各クラス35冊ずつです。町長の小園ひろしさんがそれぞれの教室で子どもたちに贈呈式をしてくれました。子どもたちは目を輝かせて町長さんのお話を聞き、とても嬉しそうでした。本を読む機会がまた増えました。ありがたいことです。

5月25日一斉登校

   
   
本日は、一か月半ぶりの一斉登校でした。クラスの半分は久しぶりに会うお友だちです。席と席の間を空けたり、給食も静かに食べたり、清掃がなかったり、通常とは異なる場面も多いですが、一斉登校を再開できたことは何よりの喜びです。朝、整った下足入れを見て、子どもたちの落ち着いた気持ちが伝わってきました。コロナウィルス感染防止の配慮をしつつ、学習を進めていきたいと思います。

information

御代田町立御代田北小学校

〒389-0207
長野県北佐久郡
御代田町馬瀬口1935
TEL.0267-32-2069
FAX.0267-32-5338