2007年5月17日(木)
スラグとは

 各家庭から出された可燃ごみは、通常800度〜1、000度で焼却処理をし、重量で約10分の1、容積で約20分の1の灰に減容されます。その灰を再び電気アーク式溶融炉において、1,400度〜1,600度の高温で熱し、灰をドロドロに溶かします。それを水砕しながら急激に冷やすと表面がガラス質で覆われた粒状のスラグになります。焼却灰を溶融スラグ化すると、容積が約3分の1に減容化され、最終処分場の延命化が図れるだけでなく、スラグを建設資材の骨材や路盤材の材料として有効に利用することが可能になります。。

2007年5月16日(水)
福祉環境委員会の行政視察に出発

福祉環境委員会の行政視察に出発。最初は、「山形・新庄方式食品トレーのリサイクルシステム」を見ました。@店頭回収:食品容器として再使用されたリ・リパックは、汚れたフィルムををはがし、回収BOXに。A選別:スーパーの店頭などから回収された食品トレー容器は、知的障害者小規模作業所・たんぽぽ作業所の生徒たちが収集・選別をおこないます。Bペレット清造:社会福祉法人・山形県手をつなぐ親の会が運営する友愛園の福祉作業所は、新庄市が土地・建物を無償提供し、ヨコタ東北が再生設備を貸与。知的障害者の雇用・社会貢献の場になっています。Dペレット購入:ヨコタ東北が購入したペレットは、表面にフィルムを圧着した四層構造のリ・リッパックトレーの原料として再利用されます。EP&Pトレー製造:製造されたトレーは、再度スーパーに流通し、店頭に並びます。 

2007年5月3日(木)
樋沢水源視察

日滝地区の区長、土木水利部長、議員が樋沢川水源の視察を行った。初めて出席したが、樋沢川からの取水口は、固い岩肌をくり抜いてあり、先人の力に頭が下がる思いで一杯であった。

2007年5月1日(火)
第78回メーデー

第78回メーデー須高地区大会に出席した。5年前までは、主催者であったが、今回は議員として出席。

2007年4月25日(水)
須坂市消防団第4分団懇談会に出席

 第4分団懇談会が大谷町研修センターに於いて開催されました。第4分団の概要、活動内容、自主防災組織との連携、新たに予想される危険箇所等の懇談の後、出席者からの意見・要望が出されました。
 団員の皆様からは、年末になると団員の新規加入に向けた取り組みに協力をして欲しい。等、要望が出されました。
 消防団の皆さんは、日常に仕事の他に消防の訓練他で年間かなりの日数を割かれているとのことで、ご家族の協力がなければ務まらない大変な仕事であると頭が下がります。

2007年4月24日(火)
カラスに襲われる?!

 本郷町内で議会報告を配りながら、県道山田線を横切ったところ、背後でコトンと音がした。振り返って見ると「菓子くるみ」が一つ割れて落ちていた。5メートル位上空にカラスがいた。
 その後、暫く見ていると県道脇の民家の屋根で車が通りすぎるのを見ながら待っている。

 落ちた場所が悪かったのか、3〜4台の車が通り過ぎたら粉々になっていた。
あまり見ていて襲われてもいけないので、ビラ配りを再開した。噂には聞いていたが、カラスは賢いものだ。

2007年4月24日(火)
秋葉宮春季大祭、大般若祈祷会が厳粛に行われる。

 本郷町の蓮生寺において「秋葉宮春季大祭、大般若祈祷会」が盛大に開催されました。
 地元議員として出席をさせて頂きました。本郷には生まれてから31年ほど過ごしましたが、秋葉宮の中に入るのは初めてです。護摩を焚くのを目の前で見るのは、京都旅行で智積院に宿泊した時以来でありました。
 引き続き大般若祈祷が行われ、12名の僧侶により600巻に及ぶ大般若経を転読する様は圧巻でありました。

2007年4月22日(日)
部落解放同盟須坂市協議会第40回定期大会へ出席

 部落解放同盟須坂市協議会第40回定期大会が、午後2時より須坂市人権センターに於いて開催されました。
出席者全員で解放歌の合唱、開会、荒井万寿夫会長の挨拶、来賓の祝辞のあと、退席をしました。
 今なお、全国では差別事件が発生していること、 I T の進展により新しい形での差別が多くなって来ている。こと等、深刻な実態がある。来月には、須坂市の助成金を得る中で報告会が開催されるとのことです。

2007年4月19日(木)
富士通労組友の会須坂お花見に出席

 富士通労組友の会須坂のお花見が、木島平村「パノラマランド木島」で開催されました。3月議会の特長点について報告しました。

議会報告

「日滝のさと」ブログを開設いたしました。合わせてご覧ください。

日滝のさと