ギャラリー
2007年10月28日(日)
長野県総合防災訓練

防災関係機関と地域住民が相互に連携して、各種の防災訓練を総合的に実施し、災害時に即応できる体制を確立するとともに、広く防災意識の高揚を図るため、長野県と須坂市、小布施町、高山村との共催により、総合防災訓練が実施されました。
訓練は、1.地震、2.火災、3.豪雨、4.テロによる被害を想定し、看護専門学校からのヘリ救助、倒壊家屋からの救助、林野火災空中消火等の訓練から集団避難誘導、初期消火、救急救命、地震体験車・降雨体験など54種目の訓練が、
71団体、約5,000人が参加し行なわれました。

2007年10月6日(土)
茨城県里美高原風力発電施設を視察
須坂市議会福祉環境委員会のメンバーと副市長、市民部長他で布引高原の風力発電を視察しました。発電所のある茨城県常陸太田市里美地区は、茨城県の北部、福島県との県境に位置した山岳地の県立自然公園内にあります。風力発電設備は、1,670kW× 6基で須坂市峰の原にIPPジャパンが計画している発電機と同様の施設です。
標高は700m〜800m程で、峰の原の1,700m〜2,000mとは設置環境が違います。
2007年8月20日(月)
福島県布引高原風力発電視察

須坂市議会福祉環境委員会のメンバーと市長、副市長、市民部長他で布引高原の風力発電を視察しました。
郡山布引高原風力発電所は、2,000kW×32基、1,980kW× 1基、合計出力65,980kW/hで国内最大規模の風力発電施設です。
有名な布引大根の栽培が行われている布引高原に位置しており、CO2削減効果が期待される大規模風力発電事業と農業との共存を図っています。さらに猪苗代湖からも近く、地元の観光資源として大きな期待を集めています。

2007年8月8日(水)
峰の原風力発電建設予定地を視察

1期議員の研修会として、峰の原の現地視察を行ないました。
菅平グルーンゴルフ場で一番標高が高いホールより、根子岳登山道を歩いた20分程の位置に風況調査等が建っています。

2007年5月17日(木)
福祉環境委員会行政視察

須坂市議会福祉環境委員会では、2007年5月17日に山形県庄内町にある風車村「ウインドファーム立川」の視察に行って来ました。
  写真は、田んぼの中にある風力発電機です。  (全体で8機)
  再生ボタンをクリックすると風力発電機直下より見上げた発電機の様子が見れます。
  (デジタルカメラ Canon Ixy800isの動画機能で撮影した映像です。)