パソコン館

ホ ー ム

これらが私の自作パソコン達です。
名前は「お気に入り」にもある、漫画「ああっ女神さまっ」より(無断で)拝借しました。


Belldandy(ベルダンディ)

no picture

Spec

 操作手順:Windows−Xp Professional SP1(UP済み)
 筐  体:EPSON エンデバーPro−500Lの抜け殻
 電  源:確かtoricaの420Wの物だったと・・・忘れた。
 母  板:ASUS A8V−S SE
 電  脳:AMD Athlon64 3200+
 記 憶 器:CENTURY MICRO DDR-SDRAM PC3200 1GByte
 記 録 板:MAXTOR 6L080M0
      Hitachi/IBM HDS7225VLSA80
 画 像 板:ASUS Extrate N6500
 音 源 板:オンボード
 光 媒 体:I・OData ND−4570A(DVDコンボ)
 網 接 板:オンボード
 そ の 他:富士通製 3.5インチMO
      Justy FrontConnect
      SUNBEANTECH製 6in1メディアリーダー 2chファンコントローラー
      (温度計付き)

 Win2kの起動の遅さと、Xpも本格的に使いたくなり組んだマシンです。メインマシンとして稼働中。出来るだけ安価なパーツを選んでみましたが、きっちり動いてくれています。トラブルらしいトラブルはなく、ソフトもサクサク動いてくれて、すでに一年以上使い込んでいます。マザーのポテンシャルはまだまだあるので、(いろいろに)余裕が有れば、メモリをデュアルにしたり、CPUをアップグレードしたりしてみたいですね。デュアルコアも使えるようですし、VGAボードも替えてみたい♪。




Cyphar(サイファー)

Spec

 操作手順:Windows−Vista HomePremium
 筐  体:GATEWAY2000 P5−166の抜け殻
 電  源:MVK PeterPowar 550W ADVANCE
 母  板:ASUS N2M−E
 電  脳:AMD Athlon64X2 Dual-Core 5000+(65W)
 記 憶 器:UMAX Pulsar DCDDR2-2GB-800(DDR2 PC2-6400 1GByte×2)
      DualChannelで稼働
 記 録 板:Hitachi/IBM HDS721612PLA380
      Raid0(ストライピング)で稼働
      Hitachi/IBM HDS7225VLSA80
 画 像 板:玄人志向 GF7300GT−E256H
 音 源 板:オンボード
 光 媒 体:Justlink RW9200A
 網 接 板:オンボード
 そ の 他:Justy FrontConnect
      CENTURY チャンピオン
      (USB2.0内臓3.5インチ用マルチカードリーダー/ライター)
       AINEX 3連ファンコントローラー

 そろそろWinVistaを使ってみたくて、組んだマシンです。ケースはカバーを付けず、フレーム「裸族」状態です。理由はカバーがはめ難くて、外し難いからです。
 名前の「Cyphar」はゲーム「エースコンバット0」の主人公のコードネームを拝借しました。調べてみると「0」の意味があるようですが、もう一つ「くだらない者」と言うのもあり、こちらを気に入って付けました。
 Vista対応のソフトを揃えなければならないようで、本格稼働はもう少し先になりそうですが、また徐々にレポートしていこうと思います。




Sukld(スクルド)

Spec

 操作手順:Windows−Xp Home Edition(UP済み)
 筐  体:ノーブランド
 電  源:TORICA「静」シリーズ SPW−320NP
 母  板:ECS P4IBAD(「サムライの真髄」:紫色のPCB)
 電  脳:Intel celeron 1.7GHz(Socket−478)
 記 憶 器:ノーブランド DDR-SDRAM PC2100 CL2 256MByte×2
 記 録 板:SEAGATE ST340016A 40GByte
 画 像 板:AOpen MX4000 V64 (GeForce MX4000 DDR64Mbyte)
 音 源 板:マザーオンボード
 光 媒 体:PLEXTOR CD−R PX−W2410A
 網 接 板:corega FEther PCI−TXC
 そ の 他:メルコ製 BUFFALO IFC−USB2P(USB2ボード)
      (やましんさからのもらい物)
      セリング製 5incベイ内蔵型スピーカー
      Justy製 USB ConnectBay
      ノーブランド マルチカードリーダー
      NewQグラフィックイコライザ 5incベイ内蔵型

 そうとう前に、画像を扱うのに少しパワーのあるマシンがほしくて作ったPCです。Win2kを主に使っていましたが、姪にあげる事を前提にWinXpに書き換えました。インターネットPCショップを何軒か回っていたところ処分品として出ていたマザーを発見、当時信じられないくらい安くて衝動的に購入してしまいました。Spec中の「サムライの真髄」は私が名付けたわけではなく、メーカーが愛称としてつけたもの。他にも「サムライの〜」と言うのが多数あります。
 現在ほとんど使えていません・・・。




Velsper(ヴェルスパー)

Spec

 操作手順:Windows−2000(UG済み)
 筐  体:Aopen HX95
 母  板:GIGABAYTE GA7−ZXE
 電  脳:AMD Athlon 1.33GHz
     (Socket−A ThunderBird)
 記 憶 器:DIMM PC133 CL2 512MByte
 記 録 板:MAXTOR(だと思った) 80×2Gbyte
      友人からもらったadaptec製のRAIDカー
      ドによりRAID0で稼働。
 画 像 板:AOpen MX4000 DV128
      (GeForce MX4000 DDR128Mbyte)
 音 源 板:オンボード
 光 媒 体:MemorexTelex RW9060
 網 接 板:corega FEther PCI−TXC
 そ の 他:USB2.0&IEEE1394インターフェースボード
      5incベイ フロントインターフェイスコネクター

 DIMMの中で最速のPC133 CL2を買ってみたものの以前使っていたパソコンでは動くことがなく、しばらく放っておいたのですが、ある日PCゲーマーになろうと思い立ち、そのメモリのためにもと組み上げたPCです。友達からアダプテックのRAIDカードをもらったので、こいつに組み込みWin2kをインストール。ソフトの起動、特にWardとExcleが驚くほど早くなりました。
 まだまだ現役で使えるヤツですが、今はSukld同様ほとんど使っていなません・・・。




P5−X200(ビーファイブ−カイニヒャク:GATEWAY2000 P5−166改)

Spec

 操作手順:Windows−95 OSR2
 筐  体:SOLDAM(WiNDy) MT−1100
 母  板:(多分)Intel TRITON 430チップ
 電  脳:Intel Pentium−200MHz (Socket−7)
 記 憶 器:EDO SIMM nonParity 32Mbyte×4
 記 録 板:メーカー不明(忘れた) 2Gbyte+10Gbyte
 画 像 板:EON Picasso−v2 8Mbyte
 音 源 板:メーカー不明
 光 媒 体:GATEWAY2000 P5−166に付いていた6倍速
 網 接 板:I・O−DATA FE2/T−PCI
 そ の 他:サーマルコンポーネント製 アルミ削り出しヒートシンク
      オウルテック製 5incベイ内蔵スピーカ
      ATA66ボード(PROMISE製 エプソンダイレクト
               エンデバーに付いていた物)

 1996年に購入したGATEWAY2000のP5−166のパーツを移植したPC。P5−166が古くなったので一旦姉の子供に上げたが、子供の手には負えず出戻ってきました。
 売ろうか捨てようか迷ったのですが、ケースが気に入っているので中身を変えようとパーツをすべて外して、その取り出した「中身」で作ったのがこれです。売っても二束三文だし、捨ててしまうには忍びなかったので、義兄に頼んで安いケースを探してもらいました。ケースはソルダムのMT−1100(アルミ)という高級品ですが、義兄の知人から格安で譲ってもらいました。その時一緒にマザー2枚、Slot−A Athlon(800MHz)、DIMM(128MB)2枚、HDD(9MB)1台、FDD1台とパソコンが一台出来てしまうほどのパーツが付いてきました。そのパーツ達はほとんどあげてしまいましたが。
 組み上げる際、CPUとメモリをグレードアップ。ジャンパスイッチを見たところもう一つ設定が出来そうだったのですが、マニュアルにはその旨の記載はなく、出来るかどうかは「掛け」でした。
 Pen−200MHzとSIMMを探しに、まずはインターネットオークションを当たってみたのですが、締め切り間近になると値段が急騰(もうだいぶ前ですが、CPUだけで1万円近く上がる事も。)してしまうので、中古店を探してみたところ、結果両方あわせて5千円程度で購入できました。購入後、心配だったCPUの「非対応」はなく、すんなり動作してくれ、これで20%パワーアップ出来ました♪
 もう何世代も前のPCになってしまいましたが、Win−95の軽さとファイルサーバーに用途を絞ったので動きは極めて軽快です!
 ヒートシンクをサーマルコンポーネント製のアルミ削り出しに替えたので、いきなり熱暴走を起こす事も無くなった・・・様な気がします。
 今は役目を終えつつあり、ほとんど使うことはありません。

 



Copyright © 1996-1999 by Namo Interactive Inc.
All Rights Reserved.


Namo WebEditor 3.0