当店ご紹介

  通販ご利用法

  お問い合わせ

  ご注文画面

ホーム 日本画 金屏風 金屏風 銀屏風 鳥の子屏風 日本画 屏風 枕屏風 工芸屏風 アート屏風 表装

 

     御子柴屏風店ホームへ

屏風表装 当店の屏風表装事例を掲載しております。

屏風は古来より慶事のお供に欠かせない必需品として用いられてきました。 室町時代に、だいたいの手法が確立されたと思われます。 当店ではこの伝統技術にこだわり一点ずつのオーダーメイド仕上げでございますで、お預かりしてから通常一〜二ヶ月ほどかかります。

大体のご希望予算と、イメージ(曲数、縁の色合い)などを沿えてお申し込みください。

 

   *** 屏風 書画 表装事例 ***

 

bijinga.jpg (341923 バイト)

事例1 ¥50,000 〜 ¥80,000

事例2 ¥70,000 〜¥100,000

  

 

washi1.jpg (436774 バイト)

事例3 ¥70,000 〜¥120,000

事例4 ¥140,000 〜 ¥160,000

  

 

  kilting.jpg (321907 バイト)

takuhon.jpg (968893 バイト)

事例5 ¥180,000 〜 ¥210,000

事例6 ¥140,000 〜 ¥180,000

 

 

hbyoubu1.jpg (87352 バイト)  

事例7 ¥210,000 〜 ¥300,000

事例8 ¥400,000 〜

 

 

   *** 屏風 着物仕立て 表装事例 ***

 

kimono1.jpg (223575 バイト)

kimono2.jpg (277894 バイト)

事例11 ¥120,000 〜 ¥140,000

事例12 ¥120,000 〜 ¥160,000

kimono5.jpg (417153 バイト)

事例13 ¥70,000 〜 ¥100,000

事例14 ¥140,000 〜 ¥180,000

 

事例15 ¥70,000 〜 ¥120,000

 

          

*** 屏風 表装工程 ***

屏風はたわまないための強度、重さ、色合いや作品とのバランスなどが重要となります。

30ほどの工程を経て丁寧に仕上げます。

通常は御注文をいただきましてから1ヶ月から1ヶ月半ほどお時間がかかります。

屏風の主な工程

設計 : 作品にあわせて 形式、寸法決め、裂の選択等。

組子 : 芯になる組子を軽い木材 さわら、桐、 等で制作。

下張り作業 : 骨縛り、打ちつけ、みの張り、みの押さえ と手鹿和紙を重ね張りをし強度を増す。 これにより軽くて強い屏風が作られる。

紙のちょうつがいの制作 :一枚ずつの組子を6枚につずります。

骨の削り作業 : 6枚重ねのずれを修正します。

下袋張り、上袋張り : 上張りに凹凸がでないために行います。

上張り作業 : 下地、裂、金襴を配置し張り込みます。

縁の取り付け : 漆塗りのふちをとりつけます。

金具取り付け : ふちに金具をとりつけます。

本紙の裏打ちと裁断。

本紙張り込み : 裏打ちをし金襴筋をとった作品を張り込みます。

おぜ張り : 最後に組子の横の部分に上張りします。

ご質問等、あればお気軽にTELくださいませ。 お電話での注文もお受けいたします。

 

  御子柴屏風店 (みこしば びょうぶ 店)    当店ご紹介 

 通販法に基づく表記    メール:mikoy@valley.ne.jp   

  住所 : 〒396-0011 長野県伊那市狐島4371−2

  フリーダイヤル : 0120-28-3548ツーハン ミコシバ

  携帯 : 090-2223-9851 (いつでもつながります。)

  TEL : 0265-72-1170、   FAX : 0265-98-5020

  営業時間 月〜金(9:00〜5:00) 時間外は携帯電話へ

kanban.jpg (270164 バイト)