HOME
お問い合わせ
KURIBAYASHI SEISAKUSHO CO.,LTD
株式会社 栗林製作所
ご挨拶

 当社は、1940年(昭和15年)に、家業であった蚕種業から、個人経営の栗林製作所に生まれ変わりました。そして、1944年(昭和19年)に株式会社に改組したのを、当社創業の起源としております。

 創業当初の家庭用雑貨品の製造販売から、1961年(昭和36年)に軸受メーカー最大手の日本精工株式会社の協力企業として、軸受リング造りに転換しました。
 これを機会に『技術立社』をモットーとし、冷間鍛造技術を取り入れ、これに加えてライン化、同期による高能率旋削化を実現しました。更に、低コスト、高精密加工を目指し、温間鍛造技術の開発に全力を注ぎ1970年(昭和45年)には、世界に先駆けてライン化による温間鍛造の量産化に成功しました。

 その後も止まることなく、独自開発を行い量産化する技術力と50年間に亘る日本精工株式会社との関係強化を基盤として自動車用量産軸受のリング製造に特化したユニークな製造工法を確立し、自動車用部品への応用を含め改革を生み続けております。

 「出来ないことを出来るようにする努力」我々は、旧来の基盤をかためつつ、新しい武器(技術)を次々と創造して、グローバルに変化する需要構造の中で、強いものづくり力を目指し果敢に挑戦しつづける企業です。

株式会社 栗林製作所
 代表取締役社長  吉満 高広