長野県飯田市にある輝山会記念病院では、外来をはじめ人工透析、リハビリテーション、人間ドック、訪問診療などに力を入れています。 
よくあるご質問 サイトマップ 個人情報
TOP PAGE >患者さま向け情報 >回復期リハビリテーション病棟
急性期治療と在宅復帰の中間に位置するのが「回復期リハビリテーション病棟」です。脳血管疾患、脊髄損傷、下肢の骨折や肺炎、外科手術後に廃用症候群を有した患者さまを対象に、リハビリテーションスタッフがチームで関わります。


総合リハビリテーションセンターを中心に南北50床ずつ計100床の病室を設置。様々な病態に対する受入れ体制を整えています。ゆったりとした病棟でリハビリに専念していただけます。

記憶障害、注意障害などの認知障害が生じ、日常・社会生活への適応が困難となる高次脳機能障害。まだ対応できる病院が少ないこの障害にも当院では専門の医師をおき、万全の受入れ体制を整えています。

当院ではリハビリ担当医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、介護福祉士などリハビリテーションスタッフ合わせて合計90名近くもの体制を組んでおり、あらゆる側面から患者さまをサポートしています。 
患者さまとご家族の目標を確認させていただき、専門的アプローチを計画的に実施します。
適応疾患 発症から入院 入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症の発症または手術後 2ヶ月以内 150日以内
高次脳機能障害を伴った重症血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多部位外傷 2ヶ月以内 180日以内
大腿骨、骨盤、股関節または膝関節の骨折もしくは術後 2ヶ月以内 90日以内
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後 2ヶ月以内 90日以内
大腿骨、骨盤、股関節または膝関節の神経、筋または靭帯損傷後 1ヶ月以内 60日以内
患者さまの在宅復帰100%を目指し、リハビリ担当医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、介護福祉士らが協力してリハビリに取り組んでおります。専門医による認知症、高次脳機能障害への対応がスタートし、看護師も勉強の毎日です。症例検討会と勉強会を通じてステップアップをはかり、地域の皆さまに今まで以上に必要とされる病院になれるよう頑張って参ります。ご家族の皆さまのご意見もお伺いしておりますので、お気軽にお聞かせください。
南病棟では、重症度の高い患者さまや、重介護の患者さまが利用されています。何よりも大切なのは、危険防止といった安全対策です。リハビリのスタッフと連携して、患者さまお一人おひとりに目を行き届かせ、行動範囲を狭めることなく安心して過ごしていただけるよう気を配っています。また病棟は、いつも清潔であること、そして明るく朗らかな雰囲気づくりを大切にしています。
医療法人 輝山会記念病院  〒395-8558 長野県飯田市毛賀1707番地 TEL0265-26-8111(代) FAX0265-26-9690 Copyright(C) 2011 KIZANKAI MEMORIAL HOSPITAL All Rights Reserved.