GARMIN GPS FAQ'S

Back to GPS Page Last Update:'03/02/02

    INDEX

Q. GARMIN GPSの精度は?
Q. ウエイポイン(Waypoint)って何ですか?
Q. ルート(Route)って何ですか?
Q. トラックログ(Track Log)って何ですか?
Q. トラックバック(TracBack)って何ですか?
Q. ルートを作るときにウエイポイントはどういう風にスクロールしたら良いですか?
Q. 正確に時間を合わせるにはどうしたら良いですか?
Q. ローカル時間を表示するにはどうしたら良いですか?
Q. map datumってなんですか? どのmap datumを使えば良いですか?
Q. MGRS(軍用のグリッド)をサポートしている機種はどれですか?
Q. MOB機能ってなんですか?
Q. 精度を向上するためにデータの後処理が出来ますか?
Q. GPSの電源を入れたのですが、衛星を補足出来ません。どうしたら良いでしょう?
Q. 保証書は無くても良いのですか?
Q. アジア/オーストラリア地域の修理は何処に依頼したら良いですか?
Q. GPSを使うにあたって、何らかの登録が必要ですか?
Q. 車やボートの12Vの外部電源を接続した場合にはGPSから乾電池をはずす必要がありますか?
Q. GPS III と GPS III+はどのように違うのでしょうか?
Q. GPS12とGPS12XLはどのように違うのですか?
Q. eTrex, eTrex Summit, eTrex Summit Jモデル, Venture, Legend, Vistaのテストモードは?
Q. GARMIN社への修理依頼方法を具体的に教えてください
Q. Palm Pilot(CE)のRS232CとGPSを接続する方法を教えてください
Q. 市販の地図ソフトのルート機能で作ったルートをGPSで使いたいのですが
Q. アルマナックを更新したいのですが
Q. 衛星の条件を予想したいのですが



Q. GARMIN GPSの精度は?
A. SAが解除になっているために、受信環境の良いときで水平方向の精度は、旧機種の8ch受信機の機種で20-35m、最新の12chパラレル受信機の機種で7-15m、垂直方向の精度は、旧機種の8ch受信機の機種で+/- 75m、最新の12chパラレル受信機の機種で+/- 35m程度は期待できます。
ただし、衛星の配置状態や電波の受信状況などによって上記の精度は向上したり劣化します。
ほとんどのGARMIN GPSではsatellite status pageで相対的な精度の表示を行っています。

Q. ウエイポイント(Waypoint)って何ですか?
A. ウエイポイントはGPSに記録した場所や目標物の位置のことです。それらは後で戻りたい場所だったり、ルート上の通過点だったり、キャンプ場所や道の分岐点、フィッシングスポットです。
ウエイポイントは地図などで経緯度を拾って手動で登録することも出来るので、出発する前でも作業が出来ます。一般的には測位した位置情報に名前を付けて登録するのが普通のです。
また、既存のウエイポイントを基準に距離・方向を元に新たなウエイポイントを作ることも出来ます。

Q. ルート(Route)って何ですか?
A. ルートとはナビゲートしたい順にウエイポイントを並べた一連のものです。

Q. トラックログ(Track Log)って何ですか?
A. トラックログとはGPSが自動的に記録した位置の情報です。
これはあなたが通ってきた道筋を点で表現したもので、GPSの画面上では線で表現されます。

Q. トラックバック(TracBack)って何ですか?
A. TracBack は帰るためのルートをウエイポイントを記録したりしないでトラックログから作るものです。出発に帰ろうとしたとき、そこまでのトラックログを30ポイントのルートにまとめてナビゲートしてくれる機能です。

Q. ルートを作るときにウエイポイントはどういう風にスクロールしたら良いですか?
A. 頭文字が同じウエイポイントがあった場合には、2文字目にカーソルを移動して文字を入れることでリストを素早くスクロールできます。

Q. 正確に時間を合わせるにはどうしたら良いですか?
A. 衛星の時間がuniversal timeなので、セットアップでローカルオフセット時間を入力してローカル時間を表示するようにします。

Q. ローカル時間を表示するにはどうしたら良いですか?
A. GPSはUTC (Universal Coordinated Time または Greenwich Mean Time (GMT))と言う基準で動いています。したがって、このUTS時間からの時差を入力することでローカル時間を表示できるようになります。設定の操作はGPSのセットアップメニューにありますが、機種毎の詳細はマニュアルを参照ください。

Q. map datumってなんですか? どのmap datumを使えば良いですか?
A. datum と言うのは地球を計算上で表現したモデルです。これを使って位置や面積を正確に計算します。
もし、GPSの座標データを地図と参照する場合にはmap datum と地図のそれを同じにしておく必要があります。

Q. MGRS(軍用のグリッド)をサポートしている機種はどれですか?
A. 次の GPS12, GPS12XL, GPS48, GPS92, GPS126, GPS128, GPSMAP295, eMap, eTrex, GPSIIIPlus , 12Map がMGRSをサポートしています。

Q. MOB機能ってなんですか?
A. Man Over Board (MOB)機能と言うのはマリン用のGPSに共通した機能です。もし、乗員が海に落ちた場合、乗組員がこの機能を使うことで、位置を記録しその場所へ戻れるように"GOTO"動作を開始してくれます。

Q. 精度を向上するためにデータの後処理が出来ますか?
A. 残念ながらできません。GARMIN社の民生用のハンドヘルドGPSは後処理をするためのデータを記録していません。そのようなことが出来るのは測量用のGPSです。

Q. GPSの電源を入れたのですが、衛星を補足出来ません。どうしたら良いでしょう?
A. もし、数ヶ月使わないでいたのなら、衛星のアルマナックデータが古くなっている可能性があります。GPS自体に修正する機能はありますが時間がかかりますので、次のようにします。

電源を切り、GPS毎の方法によります。
  • GPS II/II+/III/IIIPilot/12/12XL/38/40/45/48/89/90/120/120XL/126/128/130/135/175/180/185/195/230/235
      PAGEキーを押したまま電源を入れ、PAGEキーを離します。
  • GPS 50/55/65/75/85/95/95XL
      "0"キーを押したまま電源を入れ、"0"キーを離します。
  • GPSMAP 210/215/220/225
      MARKキーを押したまま電源を入れ、MARKキーを離します。
この操作をした後、屋外へGPSを出し、頭上に障害物の無い状態にして15-30分程度かけて衛星のアルマナックを更新します。
    注:12chのパラレル受信機を搭載した最新GPSの場合は上記のような操作は不用で、長期間しなかった場合でも電源を入れるだけで衛星を捕捉できます。

Q. 保証書は無くても良いのですか?
A. ハンドヘルドGPSには保証書を入れなくなっています。その代わり販売店の領収書がその代わりになります。

Q. アジア/オーストラリア地域の修理は何処に依頼したら良いですか?
A. GARMIN の販売・修理センターが台湾にあります:

    GARMIN (Asia) Corporation
    No. 68, Jangshu 2nd Road
    Shijr, Taipei County, Taiwan
    tel. 886 02 2642 9199
    fax. 886 02 2642 9099


Q. GPSを使うにあたって、何らかの登録が必要ですか?
A. いいえ、GPS衛星はUSDD(United States Department of Defense)の持ち物でアメリカの納税者の税金によって運営されており、衛星の電波を受信するのは無料です。

Q. 車やボートの12Vの外部電源を接続した場合にはGPSから乾電池をはずす必要がありますか?
A. その必要はありません。外部電源の接続を感知した場合、GPS自体が自動的に外部電源に切り替えます。ただ、外部電源が切れたときのために、電池は入れたままにしたほうが良いでしょう。もし、外部電源が切れた場合、自動的に乾電池駆動に切り替わり動作を継続します。

Q. GPS III と GPS III+はどのように違うのでしょうか?
A. GPS III+ は1.44MBの内蔵メモリを持ちMapSourceファミリーのCD-ROMから地図データがダウンロードできます。(ただし、MapSource MetroGuide のデータはGPS III+, 12Map や NavTalkでは使えません)
また、ハードウエアが全く異なりますのでGPS III から GPS III+へのアップグレードは出来ません。

Q. GPS12とGPS12XLはどのように違うのですか?
A. GPS12XLは外部アンテナが使えること、ビープ音があること、使用電圧の幅が広い(10-40V,GPS12は5-8V)などが異なりますが、PhaseTrac12の受信器や操作はほとんど違いません。

Q. eTrex, eTrex Summit, eTrex Summit JモデルVenture, Legend, Vistaのテストモードは?
A. 下記のようにして起動します。
    eTrex, eTrex Summit, eTrex Summit Jモデル
    ・▲ + Page & 電源ON 内部の自己診断やスイッチ、液晶のテスト
    ・ENTER + Page & 電源ON リセット(初期化)
    ・UP + ENTER + PAGE で電源ON リセット(Master Reset)
    Venture, Legend, Vista
    ・ENTER & 電源ON 内部の自己診断やスイッチ、液晶のテスト
    ・ENTER + Page & 電源ON リセット(初期化)
Q. GARMIN社への修理依頼方法を具体的に教えてください
A. GARMIN社への修理依頼方法(保証期間中)は次のとおりです。

 GARMIN社ではサポートのページで修理依頼方法
(http://www.garmin.com/support/warranty.html)を公開している。簡単なの
で、もし、故障したら直接修理依頼すると良いだろう。(FAX等の文案は難し
くないので各自で作文されたい)
 また、有償修理の場合は、平均的な修理代(ちなみにGPS12XLやGPS
U+で$79程度)も公開されているので、参考にして修理の見積もり等を行
うと良いだろう。

■修理依頼方法
1. テクニカル・サポートへ連絡しRMA#を取得する。
 次の内容を添えてGARMIN社のテクニカル・サポートへ電話またはFAXで修理
依頼の連絡をすると、Return Material Authorization tracking number
(RMA#、返品番号)と返品方法が連絡される。
●テクニカル・サポート連絡先;

     Tel. 800/800-1020 ,913/397-8200
     Fax. 913/397-0836
    (国際電話のかけ方は、それぞれの契約先の方法を参照のこと)
    E-Mailアドレスは http://www.garmin.com/support/ を参照。
      USA :techsupp@garmin.com
      ASIA :marketing.asia@garmin.com

●テクニカル・サポートへ連絡する事項

     GPSのシリアルナンバー
     返送先の住所・氏名
     電話番号,FAX番号
     E-Mailアドレス

2.GPSを返送する
 RMA#を取得したら、GPSをしっかり荷造りし、返品方法にしたがって下記の
宛名で返品する。(このとき、テクニカル・サポートからのRMA #通知書、返
送先の住所を同封しておいた方が確実だろう。また、GPSを購入したときの領
収書を添付するように指示されたら、同封する)

     返送先宛名
    ・GARMIN International
     ATTN(備考): RMA # (通知されたRMA #を備考欄に記入する)
     1200 E. 151st Street
     Olathe, KS 66062 USA
    ・GARMIN (Asia) Corporation
     ATTN(備考): RMA # (通知されたRMA #を備考欄に記入する)
     No. 68, Jangshu 2nd Road
     Shijr, Taipei County, Taiwan
     tel. 886 02 2642 9199
     fax. 886 02 2642 9099


Q. Palm Pilot(CE)のRS232CとGPSを接続する方法を教えてください。
A. Palm Pilot,WindowsCEのRS232CケーブルとGPSを接続する場合、Palm Pilot
(WindowsCE),GPS共にPCへの接続を前提にしたケーブルのため、結線がクロス
になったオス-オスのDB-9延長コネクタを使い接続するか、2,3の結線がクロス
になるようにケーブルを加工する。

  Palm Pilot,     GPS
  WindowsCE
  -----------  -----------
   オスDB-9    オスDB-9
     TX 2 --- --- 2 TX
           X
       RX 3 --- --- 3 RX
      GND 5 ------- 5 GND

    <参考> http://www.ott-edv.de/pilot/


Q. 市販の地図ソフトのルート機能で作ったルートをGPSで使いたいのですが。

    Zenrin Z[zi]II のルート検索を使う方法:

      1.Zenrin Z[zi]II でルート検索を行い、.ZOP形式の図形ファイルを作成する。
      2.この図形ファイルをGPSLogCvでPCX5の.TRK形式に変換する。
      3.TRK形式のトラックログデータをカシミール3Dの”編集-GPSデータ編集”
        で読み込む。
      4.”GPS-データエディタ”で目的のトラックログを選択、右クリックでメニュ
        ボックスを開き”変換‐ルートへ変換”する。
      5.ルートが作成できるので、このデータをカシミール3Dの操作でGPSへ
        アップロードする。

    MapFanV のルート検索を使う方法:

      1.MapFanVでルートを自動作成し.rmlファイルで保存
      2.この図形ファイルをGPSLogCvでPCX5の.TRK形式に変換する。
      3.TRK形式のトラックログデータをカシミール3Dの”編集-GPSデータ編集”
        で読み込む。
      4.”GPS-データエディタ”で目的のトラックログを選択、右クリックでメニュ
        ボックスを開き”変換‐ルートへ変換”する。
      5.ルートが作成できるので、このデータをカシミール3Dの操作でGPSへ
        アップロードする。


Q.アルマナックを更新したいのですが

アルマナックの取得方法
<正常に動いている別のGPSを持っている場合>
  1. G7ToWinをhttp://g7towin.home.attbi.comからダウンロードし、インストールする。
  2. 正常に動いているGPSから[GPS]-[Download from GPS]-[Almanac]でアルマナックをダウンロードする。
  3. [File]-[Save As]で.alm形式を選択、ファイル名を日付にして保存する。
<公的機関のアルマナックを取得する方法>
  1. U.S. COAST GUARD(沿岸警備隊)から最新のアルマナックをダウンロードし
      http://www.navcen.uscg.gov/gps/almanacs.htm
      (例:http://www.navcen.uscg.gov/ftp/GPS/almanacs/yuma/yuma250.txt)
    をファイル名:"日付.alm"として保存する。

    アルマナックの更新
  1. G7ToWinをhttp://g7towin.home.attbi.comからダウンロードし、インストールする。(すでにインストールしてあれば不要)
  2. [File]-[Open]で.alm形式を選択、出来るだけ直近のアルマナックを読み込む。
  3. アルマナックをアップロードするGPSを接続し、[GPS]-[Upload to GPS]-[Almanac]でアルマナックをアップロードする。

Q.衛星の条件を予想したいしたいのですが

GPSの精度を調査したりする場合、あまり衛星の条件の悪いときにやっても良くないので、衛星の条件を予想する必要があります。
"何か良いものはないかな?"トリンブル社がT rimble Planning Software と言うツールを公開していましたので、使ってみました。

  1. Trimble Planning Software のダウンロード、インストール
    • http://www.trimble.com/planningsoftware_ts.asp?Nav=Collection-8425
    • Trimble Planning Software(SetupPlanning.exe 22,592 KB)をダウンロードしインストールする。
    • おなじページから、Ephemeris File (currnt.ssf)をダウンロードし、保存しておく。
  2. 設定
    • [衛星暦]-[インポート] でこのcurrnt.ssfを読み込む。
    • [ファイル]-[ステーション] でステーションエディタのパネルで位置を[マップ(M)]を使い、自位置を探して入力する。
        • 現在位置の経緯度が判っていたら、マニュアルで入力しても良い。
        • [高さ(H)]は実数を入力する。
        • 迎角マスク(E)は見晴らしの良いところならデフォルトの10度、ビル街なら30-45度くらいで想定される条件を入力する。
        • 迎角マスクより[障害物(O)]でビルや地形の障害物を書くのが望ましい。
  3. 精度の確認
     [グラフィック]-[DOP(D)] のグラフで、DOP値を確認する。DOP値が小さいほど精度が高いことが期待される。