国土地理院 数値地図25000(空間データ基盤)で地図を作る

2003/09/12,16


これまでは人様が作ってくださったツールに頼って作ってきましたが、時には自分でツールを作ろうかと思い、intocgpsmap mif/midファイルをcGPSmapper形式に変換するツールを作ってみました。とは言うものの、単なるテキスト編集ツールです。

1.準備

    1. 使用データ

    2. 使用ツール

2.作成サンプル

    長野駅前, MapSource MetroGuide日本と比較した様子 / Legendにインストールした様子



3.製作の流れ

    1. 作成する市町村のデータを数値地図25000(空間データ基礎)からダウンロードする。
    2. 数値地図2500(空間データ基礎)→mif/midファイル変換ソフトでmif/midファイルにする。
    3. intocgpsmap でcGPSmapper形式に変換し、ラベル等を修正した上で必要なデータをマージする。


        intocgpsmapの使い方

        ■Previewウインド
         データ変換の様子が確認のため一部表示される。
        ■IMG ID
         半角数字8桁で入力(デフォルト10000012)
        ■IMG Name
         半角英数字で入力(デフォルトcGPSmap)
        ■RGN_No
         10/20/40/80で入力(デフォルトは40)
        	[RGN10] : 位置 - POI,フリーウエア版のcGPSmapperは未対応
        	[RGN20] : 位置 - 地名,都市名等
        	[RGN40] : 線   - 道路、河川、鉄道等の線で表されるもの 
        	[RGN80] : 面   - 海、湖、川床、森など面で表されるもの 
        ■Type/Label
         ファイル名末尾2桁から判断したType(下記)が代入されるが、例外はBox値が用いられる。
        	GK : 0x1c
        	DK : 0x06
        	KK : 0x1
        	SK : 0x15
        	TK : 0x14
        ■DATA_No
         ファイル名末尾2桁から判断したDATA_No(下記)が代入されるが、例外はBox値が用いられる。ただし、.img化にあたって、DATA0のまでのレイヤーデータは必要になる。
        	GK(行政界ライン): DATA0 <<無くても良い>>
        	KK(河川ライン) : DATA0  
        	SK(水際ライン) : DATA0 
        	TK(鉄道ライン) : DATA2  
        	DK(道路ライン) : DATA0-3  (高速道路,国道:0-3、一般道:0 -.midによる)
        ■Load File to Exec
         ファイルを選択し開くと変換が行われる。
         .img化する際は作られるファイルを編集の上、ヘッダをひとつだけ残してマージして使う。
        • ファイル種類と動作の関係

           ファイル名下2桁
          • GK(行政界ライン):デフォルトのまま使用で可能。
          • KK(河川ライン) :デフォルトのまま使用で可能。
          • SK(水際ライン) :デフォルトのまま使用で可能。
          • TK(鉄道ライン) :デフォルトで変換し、Labelを半角英数字に変換して使う。
          • DK(道路ライン) :デフォルトで変換後、Labelを半角英数字に変換し道路種別ごとにTypeを編集する。

          .midファイルのラベル名
          • ラベル名を半角英数字に直す際に、下記のルールに従っておくと、自動的に道路種別(Type)を変更する。
         	--ex--
         	Type original			道路種別	.midファイルラベル	
        	-----------------------------------------------------------------------
         	0x01 Major HWY thick            高速道路	HWY-?
         	0x02 Principal HWY-thick        1,2桁国道	R-?
         	0x03 Principal HWY-medium       3桁国道		R-?
         	0x04 Arterial Road -medium      幹線道路
         	0x05 Arterial Road-thick        主要幹線道路
         	0x06 Road-thin                  一般道路
         	0x07 Alley-thick                路地
         	0x08 Ramp                       ランプ,IC	IC-?
         	0x09 Ramp                       ランプ,IC	PA-?
         	0x0a Unpaved Road-thin          未舗装道路
         	0x0b Major HWY Connector-thick  高速道路のランプ
         	----
          • その他 : ラベル情報の無い.midを作り、変換を行う場合はテキストボックスの情報が使われる。


        ■操作パネル





    4. intocgpsmapで作ったデータをcGPSmapperでGARMIN社MapSourceデータ形式.imgにする。
      例 >cGPSmapper.exe ac 20201.cmap.txt   (20201.cmap.txtはマージして作ったデータ)

    5. sendmap等でGPSへアップロードする。

4.注意事項

    • MapSourceで地図をアップロードすると、既存の地図が消えるので、地図のオリジナルを持っていない場合は注意してください。
    • これがあれば日本語版のGPSと地図が要らないと早計に考える方も居ますが、それは”間違い”です。このことは地図を作り込めば作り込むほど判ると思います。ただし、オリジナルの用途の地図には最高です。