USGSのDLGデータからGUAM島の地図を作る
2006/02/18, 5/20


  1. 情報元
  2. MapSource互換地図作成概要
    1. USGS http://edc.usgs.gov/geodata/ や GeoCommunity http://data.geocomm.com/ のWEBから必要なSDTS形式のDLGデータをダウンロードする。
    2. sdts2mp http://www.robomatt.com/maps/makemaps_sdts2mp.html でSDTS形式のDLGデータを.mp形式へ変換する。
    3. .mp形式のデータをGPSMapEditで編集しcGPSmapperでMapSource互換地図に変換する。
  3. GUAMの場合
  4. サンプルデータ
    • 地図データ guam.img (guamのみ,公開していません)
    • 地図データ guam_n_micro.img (guam〜saipan,公開していません)

    • POI用WPTデータ guam.gpx
  5. データの使い方
    • sendmapなどのインストールツールでGPSへ直接インストールして使う。
    • POI用WPTデータはcgpsmapperでPOIへ変換して使うか、直接GPSへWPTとしてインストールして使う。
    • DLGデータ属性ごとの使い方ポイント
      • BOUNDARIES 境界線(軍用地等) →Military Baseとなり邪魔なので削除
      • HYDROGRAPHY 水際
      • HYPSOGRAPHY 等高線
      • MANMADE-FEATURES 人工物 →0x6402(Buliding)は削除または0x6100(Home)へ変更が良い。
      • NON-VEG-FEATURES 非農業地?
      • PIPE-&-TRANS-LINES 交通機関
      • RAILROADS 鉄道 →この地域には無いので無視してかまわない。
      • ROADS-AND-TRAILS 道路
      • SURVEY-CONTROL
      • VEG-SURFACE-COVER 農業地
  6. 注意事項
    • 自己責任でお使いください。