私め、スキーを教わったことはないんですが、

土地柄物心ついたときからスキーを履いていたこともあり

小学校のスキー指導員をしております。

ということで、和樹流スキーレッスン。ちょっと理屈入ってますが。

 

1.ボーゲン

こちらスキーの基礎とも言うべきすべり方です。

格好は比類なくダサいですが、減速方法ということを考えるととても重要です。
(板は揃えれば加速します。減速は最初はこのボーゲンです。)

 

つまり、減速をして自分の怖くない速度を保てる滑走方法です。

 

一般的には「ハの字に板をする」といいますが、

どうすればハの字になるかわからない人もいます。

まず、スキーを履いたまま平らなところで内股にしてみてください。

ひざの頭は前を向いたままで、足首だけで内股にします。

このときにスキーの頭が重ならないことに注意しましょう。
(こぶし2個分くらい間隔をあけます)

 

これが基本形。

 

緩斜面をゆっくりまっすぐに滑ります。

ここでやさしくかかとを外側に開いてみましょう。

このときに板の頭の間隔はこぶし2個分を保つ

こうすると、板と地面の角度がきつくなり、抵抗が大きくなり止まります。

 

滑っているときに片方の板に体重をかけてみましょう。

すると体重をかけた足と逆側に曲がります。

スキーは体重がかかった板の向く先に進むようになっています。

 

まずはスピードの調整方法を身につけましょう。

少しでも怖いと思ったら、かかとを広げて減速すること。

こぶし2個分は忘れちゃだめです。

これができたら、まっすぐ進むときに板を揃えてみましょう。

曲がるときだけボーゲンをします。これがシュテムターン。

すべての基本です。

 

誰しもがはやく「上手い人のようにスピードを出してかっこよく滑りたい」

と願うものです。

スピードを出すときの大原則、それは

そのスピードを制御できること

スピードを出したところで、曲がれない、止まれない、緊急回避できないのであれば

事故や怪我がもれなくついてきます。

自分が制御できるスピードで滑り、慣れてきたら徐々にスピードを上げていく

これがスキーが上手になる近道だと思います。

了。


2.パラレルターン

シュテムターンができるようになったら、今度は板を揃えたままで曲がってみましょう。

 

今の主流はカービングスキー。昔の棒板と原理は一緒です。

まず、板の幅を見てみましょう。

先は幅が広く、ビンディングの部分で狭く、後ろは広くなっています。

このカーブを斜面に押し付けることで板は曲がります。

斜面に押し付けるということは、板をずーーっと蹴り続けるといえばいいでしょうか。

素直に下に力をかける感じです。

この素直にということが大事で、「無理やり板をカーブしたい方向に曲げる」

ようなことは避けてください。

下に力をかけるだけで、スキーは曲がってくれます

 

これから説明する図の矢印はこんな意味です。

 

緑…重力

紫…遠心力

赤…力をかける方向

 

まず、ゆるいカーブをしたときの図です。

ゆるく回る場合や滑るスピードが遅い場合、遠心力が弱いので

力のかける方向はこのようになります。

前も書きましたが、下に踏み込むことでスキーは曲がりますので

板をあまり傾けずに板を踏み込むイメージをもってください。

 

次にきついカーブで滑る場合や滑るスピードが速い場合。

当然遠心力は強くなるのでこのようになります。

上の図と比較するとよくわかりますが、遠心力が増すと力をかける方向は

より板を傾けないと得られないことがわかります。

 

この押し付けるという感覚をつかむためにはどうすればよいか。

小学校のスキー教室のときにこう教わりました。

 

「ブーツのバックルを全部はずせ」と。

 

つまり、すぐ靴が脱げちゃう状態で滑ります。

こうすることで、無理やり板を回そうとすると靴はガバガバなので

スキーはいうことを聞きません。

俺たちができることは下へ体重をかけるという動作しかできなくなります。

一度やってみてください。
板への体重のかけ方がわかりますから。

 

了。


from2004/10/1