モニター情報 本文へジャンプ
情報

10月1日(9時〜12時)
釣り人 SY様
釣果 ニジマス5尾 オイカワ1尾
主なポイント 万葉橋下流左岸 緑地公園前
釣り方 フライフィッシング
使用したタックル
 ルースニング時
  ロッド:4番8f6in、ライン:WF5F、リーダー:9fのバット部をカット、
  ティペット:5X、フライ:GRハーズイヤー#10、BHブラックウーリーバ  ガー#8など
 ハッチング時
  ロッド:4番8f、ライン:DT4F、リーダー:12f、ティペット:7X、
  フライ:ガガパラ#18など
コメント
 戸倉上山田冬期ニジマス釣り場は今日からスタート、まずは放流ニジマスのセオリどおりにルースニングで始めました。開始30分くらいはアタリがありません。放流直後でまだ落ち着いていないのでしょうか?ちょっと下流に異動して、岸の浅瀬から流心に向かって急に深くなっている筋にニンフを流しました。すると、すぐにインジケーターが気持ちよく消し込んで、1尾目をゲットしました。続いて同じ場所でもう1尾。渓流解禁中はほぼドライばかりだったので久しぶりのニンフは何か新鮮です。
 さらに2尾追加して上流を観察するとライズしています。先ほどからヒゲナガカワトビケラやチラカゲロウなどの水生昆虫の羽化が続いているので、気にしていたのです。数10尾はいる。ほとんどオイカワのようですが、中に大きなスプラッシュライズあります。ライズがあったら狙うのはフライマンの本能です。タックルを交換し、放流ニジマスなら楽勝とCDCダン14番をトレースするが完全に無視されます。すみません、なめていました。フラットな水面なので、まじめにやらないと相手にしてもらえません。結局、水面に張り付くタイプのドライフライが正解で、ニジマスとオイカワを釣ることが出来ました。ルースニングとハッチングの両方を楽しめる半日でした。

 
10月1日(9時〜12時)
釣り人 K守様
釣果 ニジマス17尾 
主なポイント 万葉橋下流左岸 緑地公園前
釣り方 ルアー
使用したタックル