楽ちんテレマーク まほろば倶楽部 テレマークスキースクール案内
2019−2020
白馬乗鞍(ハクノリ)/栂池
TEL/FAX 0261-82-2217  090-2305-2939
E-mail  ishikida@valley.ne.jp
なんであんな格好して滑らなきゃいけないんだろ?テレマーク??って思ったことありませんか?時間とお金を掛けてる割に上手になってる気配ないし。。そもそも上手って何?という根本的な疑問。テレマークポジションが安定すればそれで本当に山を滑って降りて来られるの?テレマークポジションをとろうとして転んでいるようにも見えるんだけど。見間違い?しまいにはアルペンターンで降りてきてくださーい!ってガイドさんに言われちゃうし。あの格好、テレマークってなによ!?
さて踵がフリーなんだから歩くのには便利です。リフトに進むときに歩けちゃうし。たまにアルペンに履き替えると「あ、歩けないんだ!」って。ストックで押し押し前へ。転んで起き上がるのにもヒールフリーだ、ってことを理解していれば簡単に起き上がれるコツがあるよね。アルペンだとストックで踏ん張るか、もしくはビィンディングを外す羽目に。ブーツで歩く場合においても同様で、例えばレストハウスでトイレに向かう階段はテレマークのブーツはさほどのストレスも感じません。靴底がビブラムで滑らないし。あとはつま先に向かって靴底がラウンドしているので歩きやすい。ところが一方、アルペンのブーツだとガッコガコでしょ・・。そも、アルペンのブーツは歩く目的でできておらず、ハイスピードで圧雪面を滑るのに良いようになってます。あれを履くと身体が動かなくなるのを感じますよね。屈伸運動とか絶対ムリ。足首が動かない不便は怪我した時のギブスに例えられます。そんなブーツを履いて、あの板と組み合わせて雪の上に立つ。これがアルペン。要は身体が(関節が)めたらやったらと動いてしまうと都合が悪いから、道具で動きにくくしています。動きにくい・・これを可動域が小さい・・って言葉に置き換えますが、平らな圧雪面をびゅーん!ってスピードで、大きな力で滑り降りてくるのに身体が前後左右にゆらゆらしてたらまずいんですよね。道具で可動域を小さくしているのがアルペン。あまりに動けないもんだから、使う言葉はというと「乗る」や「踏む」、そして「姿勢」、「良い位置」、「ポジション」「荷重」などなど。「重」って体重ですよね。そして「上下動」は可動域が小さいからこそできる上下の動き。
一方でこちらはテレマーク。ヒールフリーは歩きやすいっていうんだから、可動域は大きいのです。せっかく可動域が大きいんだったらば、そこを存分に使ってまいりましょー、というのが当まほろば倶楽部。使う言葉は「押す」や「引く」、「伸ばす」「縮む」「抜く」、「動かす」、「探る」、「切る」、「そおっと」といったところ。全ては操作するイメージの言葉群より。アルペンで使う、「乗る」や「姿勢」、「踏む」「ポジション」、は見当たりません。ゆえに、当方では「テレマークポジション」がありません(←キッパリ!)。歩いてる時にポジションもないだろうし、トイレへの階段降りてる時も同様ですよね。トイレ例えで恐縮ですが、洋式便座に腰かけてるのがアルペン。階段を歩いて降りてるのがテレマーク。足を前後にして洋式便座に座ろうとしても大変だから、遂には普通に足揃えて座るでしょ。これがテレマーク辞めてアルペンになるパターン。便座に座らず、歩けばいいのよ。ポジション練習せずに歩けばよい。
その「歩けばよい」ではありますが、、残念ながら日本ではテレマークスキーをゲレンデから始めてしまうのでまず歩くことがありません。アルペン大国日本。スキーをするといえばゲレンデ。リフト券。リフト乗ります。だから歩きません・・。せっかくの歩けるスキーなのに設定環境をミスしてしまってます。圧雪面はつるっつる。滑りに来たのに滑ることより停止する方法を学びましょー!と大きなハの字。この流れ、当たり前にやってませんか?(←ヨーロッパならイントラはクビ)。これがゲレンデでなかったらば誰に迷惑かけるでもなし、自由に歩き回ってちょっと登ってちょっと直滑降〜ってすぐですよね。ハの字、ふかふかの雪では使えないってことも最初に分かります。転んでも痛くないので、たくさん転んでたくさん起き上がります。そして転び上手、起き上がり上手の完成です。大事なポイントです。最初の段階で必要なのは、人に迷惑をかけないようにまずは止まれるようになりましょー、ではないんですね。環境は、下図(フローチャート)のようにゲレンデとBCを行き来しながら上達していく、というのが理想的です。まほろば倶楽部ではBCクロカンの導入で既に効果をあげています。最初は軽くて柔らかい道具が怪我しなくてマル。滑走面にステップカットが刻まれているので各人が各人の好きなように動き回ります。時間中歩き回っているので滑りにも歩きの運動が入りやすい。ここは核心。まほろば倶楽部建物はゲレンデサイドではありますが、また丁度良いバックカントリーにも隣接しております。1時間半〜2時間、雪と戯れたら直ぐに帰ってこられます。おトイレ安心。大事ね。グローブやゴーグル、ウェアーしっかり乾かせます。汗冷えなし。食事やおやつもこのタイミングで。んー、環境整ってる!ってか整えました。。 
僕は山に出かけるときはテレマークスキーを選択し、よっぽどでない限りアルペンでは出かけません。これには明確な理由があります。一方でゲレンデ、朝一のキレイなグルーミングバーンだったならば迷わずアルペンを持ち出します。ぎゅ〜〜〜んと板をたわませハイスピードを堪能します。これぞアルペン!ゲレンデの雪面は硬くて平らで潜らなくて引っかからなくて安心安心〜なので、だから存分にスピードを出して楽しめます。力技(チカラワザ)とPOWER(パワー)な領域。一方で山は、というと雪面にはなんの安心保証もありません。まほろば倶楽部ではそのコンディションを「厚みのある雪」、という言葉で表現していますが、まずは板が潜ります。ゲレンデではターンのために板をたわませろー、と言われるようですが、厚みのある雪でそれをすると潜って失速してしまいます。更には潜った板は回りません。ちなみに板が一番回るのは空中です。あと潜った板は横ずれしません。ハの字もゲレンデではできるのに深雪ではちょっとね・・というのがそれです。くどいようですが板は潜ると失速します。逆に潜らせることでスピードを落とすこともできるのです。浮かせればまた加速して、潜らせればまた減速と。板に対しての言葉は「押したり引いたり」でしょうか。身体の動きだと「押し伸ばしたり縮んだり」。引いて縮んだ時が空中、この時に板を回します。この一連は全て身体の可動域をもって操作します。可動域を利用して、厚みのある雪を「探る」ように「そおっと」滑れるのがヒールフリーであるテレマークなんです。だから山にはテレマーク。アルペンだとどう頑張ってみても「そおっと」は可動域上ムリ。だからファット板履くんです。テレマークはうちのような滑り方をしていればファットは要りません。かえって邪魔に。ゲレンデにファットを持ち込んでズリズリしてるテレマーカーが、しまいにはアルペンターンをしているのは悲しい現実です。南無〜
さて最後に道具でしょうか。買うなら最初に何を?まぁ、プラブーツにステップ板でしょう。そしてブーツは現行品スカルパのT4の一択です。ハイカットの順にT1,T2,T4とあり、T2が真ん中だからそれを選択しておけば間違いはない!なんて意見もあるようですが残念ながら大間違いです。生産国であるヨーロッパではたしかにそうでしょう。KEYはスネの長さ(脚の長さ/身長)と体重ですね。長く書くのもアレなのでさっと基準を示しますが、T2は日本人体型で身長が175より上。体重で80kgから上でパフォーマンスが引き出されます。だから残念ながら150p台の女性でT2、はありえません。ただ単にテレマークポジションをとるだけのスキーになっちゃいます。上下動滑りに陥ります。そしてその先にはアルペンターンが待ってます。今ならT4があります。ここを変えるだけで随分と楽になりますよー、いろいろと。年齢の女性が革靴が楽〜というのも同じ要件からです。道具は大事。大きなドライバーで小さなネジを回そうとしているようなミスマッチングが見られるのがまずはブーツです。NTNはどうか?せめてT2を履きこなせていないレベルにはお荷物となります。NTNこそ体重とスネの長さが要ります。日本人でNTNのパフォーマンス引き出している人には未だ出会えてませんが、そうしたことからです。結局アルペンターンになっちゃうようです。さてブーツがT4なら板のセンター幅はMAXで80mmあたりまで。そもそもそれより太くする必要がないことは上記にあるとおり。テレマークですから。可動域があるわけですから。Madshusのステップ板ならEpochが適。これなら春〜夏の立山まで使えます。太い板は硬い斜面がそもそもダメなので山でもゲレンデでもアウトです。その辺のところはまほろばにある、ありとあらゆる板とブーツの組み合わせを体感してみるといいですよね。ビィンディングに関してはウェッジをいれるとド後傾になりますので、ハイカットブーツで体重が100s以上ではない限りやめましょう。入れてる人は外すとターンのクロスオーバー部分が楽になりますよー。
クロスオーバーついでにこれこそ最後。。ヒールフリーの利点は、そしてターンにおける利点はというと、それはターンとターンのつなぎ目のクロスオーバー時に現れます。両方の足が揃って踵が上がっている瞬間!板は空中。分かるかな?こここそが最大の利点、アドバンテージなんです(←きっぱり!)(プラブーツならね)。身体的にはぴたっと縮んで板の真上@下写真。この瞬間、武器である可動域はミニマムです。ここから可動域を出していってターン弧をかたちづくるのがまほろば流。残念ながら、ここにヒールフリーの着眼を持ってる人にも出会ったことはありません。テレマークと言うと片方の踵が上がった姿勢、テレマーク姿勢をイメージする写真、文章を目にしますがこれがまた逐一残念至極・・。ビターっとしゃがんでいってあの卍なポーズでテレマーク〜。もいいけどね。個人の楽しみ方だしね。あのポーズになるとテレマークターンだし、足が揃うとアルペンターンってね。。んーー、これやってるうちはテレマークは衰退していくよね。理が無いから。可動域のある道具での上下動。地獄だよね。上下動って可動域の制限されてる道具立てでするものだからね。全ての元凶は「テレマーク姿勢」。なに??とまずは思っていただきたく。長くなりましたがここから先がメニューです(笑)。長々とありがとうございました。

□ まほろば倶楽部の全てのスキーレッスンには、その料金に普通傷害保険費用が含まれております
□ プライベートレッスン予約状況はこちらのページより 




 プライベートレッスン       
プライベートレッスンとは、お客様(1〜3人)に対してインストラクターが1人のレッスンです。1コマは1.5時間(1日最大2コマ/3時間まで)。1日4コマ(9:00-10:30 10:30-12:00 13:00-14:30 14:30-16:00)の中から選び、お申し込みください。料金は7000円/1コマ/お客様1人 10000円/1コマ/お客様2人 12000円/1コマ/お客様3人。基本的に前日までの予約にて。レッスン内容はお客様からのリクエストに準じます。お申し込みの際に、スキー歴やバックカントリースキー歴、年齢、ご使用の道具、などのインフォメーションも添えて頂ければ効率的かと。最新の予約状況は(プライベートレッスン予約状況)をご覧ください。お申込みはメール、または電話にて承っております。
追記1:初めてスキーに挑戦される方、もしくはテレマークスキーが初めてで将来的に山を滑りたいという方、またBCクロカンを試してみたい・・という方は2コマ3時間をご用意を願います。その理由は、なるべくバックカントリーエリア(BC)での講習から始めたいため。エリアは当倶楽部建物より至近徒歩圏内。ちなみに緩斜面ゲレンデは目の前に!推奨の道具は滑走面にステップカットのある通称:ステップ板、またはBCクロカンです。お持ちでない方にはレンタルの用意もございますのでお気軽に。講習や宿泊の方にはお安く提供を。是非いろいろ試してみてください♪
追記2:内容によってはゲレンデには出ず、時間内、館内でホワイトボードを使った座講を選択する場合があります。スキーウェアーを脱いでの身体全体を動かした運動法則のイメージング(例:センター・オブ・マス)や、またはブーツを脱いでの足首動作の確認、その動きを単純な言葉にして認識する作業(例:チュッ♪)などなどを。全体的なイメージの露出、そして刷り込みはゲレンデにて。着目することの伝達、確認、は館内にて・・というのが当倶楽部のスタイルです。
追記3:テレマークスキーの他、アルペンや山スキー、クロスカントリースキーの指導資格も取得しております。この枠で承ること可能ですのでご相談ください。最近では山スキー(滑る時はアルペン)のレッスンも頂いております。クラストやパウダーでの脱ハの字。実践的な山スキー、といったところですね。また一方では市民大会レベルのクロスカントリースキー対応、またはこれから始めるファーストステップを。2017シーズンはクラシカルが熱いかも!
日 時 シーズン中(11月〜5月)
スケジュール 9:00-10:30 10:30-12:00 13:00-14:30 14:30-16:00 
集 合 まほろば倶楽部(地図:1 2 3 外観写真 白馬乗鞍温泉スキー場 または栂池高原スキー場
建物正面、道路を挟んで反対側にスキー場駐車場あり。こちらにお車を。バスでお越しの方は「白馬乗鞍アルプスホテル前」より徒歩1分(建物見えます)。玄関は2箇所、道路側正面玄関とゲレンデ側に。ゲレンデ側入口までスキーでOK。建物内、珈琲、お茶、暖房、乾燥室の用意あり。レッスン開始のお時間までゆっくりとどうぞ〜 リフト券についてはご相談ください。お安く出せます。
料 金 7000円/1人 10000円/2人 12000円/3人
宿泊 9000円/1泊2食 税込
レ ン タ ル 3000円/1セット (テレマークスキーセット・BCクロカンセット)
予約状況 こちらをご参照ください!
申込み メールにて:こちら  
1 まほろば倶楽部へ  BBSへ 



 センスアップBCクロカン 1泊2日
使う道具は足首の良く動くBCクロカンシューズに軽いウロコ板。これで近場のBCに歩いて出かけ、直滑降をぴゅーーっ。段差をしゅる〜〜。途中、何度かコケるかもしれません。そしたらその都度起き上がりの練習を。パウダーで転んですくっと起きる。大切ですよね。コツ、装備、教えます。座講では「転べないコツ」、お伝えいたします。と、ここまでは全編雪が柔らかなバックカントリーで行います。ま、稀にゲレンデがそういった状況となればゲレンデと言う選択肢もやぶさかではありませんが(←ハクノリでは結構ある・・)。さて、テレマークの道具をお持ちの方は朝からいらして講習開始までひと滑りしてください。BCクロカンの方も近所を歩いていらして結構です。BCクロカンのレンタルは潤沢に用意がありますので、この機会ですのでいろんな板を履いてみていただきたく。道具を変えると伸びますよ、技術。   追記:BCクロカンシューズはテレマークのそれとは違い、靴底が曲がらないように(反らないように)なっています。それで踵が上がるのはビィンディングのゴムが潰れるから。ちなみにこのゴムには硬さ別に3種類あり(あった?)、一般には一番柔らかいタイプが付いてます。これを一番硬いモノに替えると踵は驚くほど上がりません。知ってました?トリビア的ネタではありますが、何を言いたいかと申しますに、、BCクロカンでカカトを上げてテレマークターンするのって何??であります。どちらかといえば、BCクロカン履いたら旧来のテレマークターンに疑問を持ってしまった・・を期待したい。。つまりは気付き。契機。テレマークする方にはそういった意味合いにおいてされても良いのかな・・と思っております。
追記1:お申込みの際、スキー歴・スキーツアー暦・使用の道具・年齢・抱負/課題などをお書き添え願います。
日 時 第1回 12/21(土)‐22(日)
第2回 1/4(土)‐5(日)
第3回 2/1(土)‐2(日)
第4回 2/29(土)‐3/1(日)
メイン会場 白馬乗鞍温泉スキー場(HP
集合/解散 集合:12:30 まほろば倶楽部 外観写真:1 参考地図:1 2 3 4 日中のお車は建物正面、スキー場駐車場に願います
当日は8:30より入室可。滑れる方は集合時間までどうぞ。初日のお昼は持参が便利。お湯、お茶あります〜。
解散:14:00 まほろば倶楽部
リフト券 宿泊割引あります 他インフォメーションこちら
アクセス 東京方面往路:東京駅06:28-はくたか551 7810円-08:06長野駅08:25-バス 2000円-10:10白馬乗鞍  
東京方面帰路:白馬乗鞍15:05-バス 2000円-16:50長野駅17:34-はくたか570 7810円-19:22東京駅
料 金 28000円/講習8時間・2日/1泊2食/傷害保険 リフト料金別 3000円/BCクロカンレンタル/2日
宿泊 宿泊:まほろば倶楽部(0261-82-2217) タオル・歯ブラシは持参願います。お酒・おつまみは持ち込み歓迎〜。食事には白ワイン?
対 象 初級・中級・上級 (スキーは初めて、という方はプライベートレッスンからご利用ください
定 員 各回8名まで
申し込み メール、または電話/FAX(0261-82-2217) にて。
お申し込みの際、簡単で結構ですのでスキー歴など添えてください。
6 まほろば倶楽部へ  BBSへ 


BCクロカン/ステップ板スキーツアー 体験/のんびり/アドバンス 11月〜3月中旬〜6月
当倶楽部の立地がそうさせるのか?はたまた性に合っているからなのか??BCクロカン履いてお客様と良く出かけてまいります。スキーツアー、と銘打っては大袈裟な感じもしますが、景色の良い静かなところに出かけて行き、歩き、滑って、そして時折スクール的なアドバイスもあり・・とそんなイチニチ、または1泊2日となります。一応BCクロカンには3つの条件を設定しているのですが、それは 1)雪が柔らかいこと 2)会場は道路から遠く離れない 2)ワンクール1.5時間 お昼はトイレのある暖かい食堂で。いかがでしょ?これなら初めて体験する方でもそれほど構える必要は無いのではないでしょうか。スキーが達者な方であれば、広い斜面上をどんどん登り返し滑り倒していただければ結構です。汗した衣類、転んで濡れたグローブは食堂の暖房で乾かします。復活したらいざ食後の2回戦!!と、そんなBCクロカンツアーは2020シーズンもなるべく多く出して行きたいと考えております。アルペンスキー経験者であれば即ツアー参加OKです。将来、テレマークにつながる大事な基礎部分の講習は「センスアップBCクロカン」をご利用ください。また全くのスキー未経験の方でしたらプライベートレッスン枠からの入校をお願いいたします。お客様からのリクエストも是非!平日鋭意大歓迎〜。参考動画:1 2 3 4 5 6 7 追記:ローカットプラブーツ/革靴、軽い感じのステップ板での参加もOKです。
日 時
メイン会場 白馬乗鞍温泉スキー場(HP) 他 至近BC
集合/解散 集合:9:30 または10:30  まほろば倶楽部 東京より新幹線&バスで集合可
当日は8:30より入室可。ゲレンデは目の前、集合時間までたくさんたくさん滑りましょ〜。初日のお昼は持参が便利。お湯、お茶あります。
解散:14:00 まほろば倶楽部
リフト券 宿割りあります 
アクセス 東京方面往路:東京駅06:28-はくたか551 7810円-08:06長野駅08:25-バス 2000円-10:10白馬乗鞍 
東京方面帰路:白馬乗鞍15:05-バス 2000円-16:50長野駅17:34-はくたか570 7810円-19:22東京駅
料 金 28000円/2日・1泊2食・保険 10000円/1日・保険 2000円/レンタル1日 3000円/レンタル2日
宿泊 宿泊:まほろば倶楽部(0261-82-2217) 男女別相部屋 お風呂男女有り 乾燥室あり 歯ブラシ・タオル持参願います ビール以外のお酒、おつまみはお好きな量を各人にて  
対 象 スキー経験者  
定 員 8名
申し込み メール、または電話/FAX(0261-82-2217) にて。
お申し込みの際、簡単で結構ですのでスキー歴など添えてください。
11 まほろば倶楽部へ  BBSへ 



 センスアップテレマーク  1泊2日 
BCクロカンに比べ、テレマークはまずブーツに剛性があるんです。それは素材がプラスチックであることと、ねじれに対して強い構造であることにより。故にねじれやすい幅の広い板も履けるというわけなんです。また、剛性が強いということでエッジもしっかりと入ります。ま、このプラブーツの剛性に関してはアルペンスキーサイドからすると「まだまだ柔らかだ」「くにゃくにゃ〜」、一方でクロカンサイドから見ると「ガッチリ」「ギブス」、となるところが面白いわけですが・・。いずれ、同じヒールフリー属各種にあって、硬い斜面、圧雪、そして急な斜面をも滑れるのがブーツに剛性のあるテレマーク、ということになるわけです。
さて、そんなテレマークのターン技術を世間では「テレマークターン」と呼ぶようですが、そのテレマークターンの良いところ、素晴らしいところ、得意分野、アドバンテージ、について皆さんお考えになったことがありますか??当倶楽部はそこのところの答えをしっかりと用意してあります。そこを理解し、現実の滑りで見、そして自身での体現にトライしてみてください。もし、今までのテレマークが力業(チカラワザ)であったならそれは真逆となるでしょう。もしすぐに太ももが疲れるようであるなら、そこにもまた原因があります。エッジングの「ぎゅぅっ」という感覚からの「しゅるんっ」へのイメージ変換。かようにヒールフリーゆえのエッジングの仕方があるんだなぁー、と持ち帰っていただければゴールです。
さて、講習全体は概ねのこのような流れとなります。まずは雪上にて石木田のデモを見ていただきます。次いで全体的な説明、または言葉のすり合わせをするため一旦宿に。およそ2時間の館内講習。実はこの部分が今講習の核心部となります。ホワイトボードで使い、足首や関節の動かし方を絵と、簡略化したキャッチーな言葉によっての共有をはかります。雪上に戻ると再び石木田のデモ。なるほどね〜、と仕組みを理解していただけたなら、以後は時間内めいっぱいの滑走でアイディアを具現化していただきます(←要はフリー滑走ね)。共有した言葉でのアドバイスは僕の役目。なるべくゲレンデ内オフピステン、またはゲレンデ至近バックカントリーを使い、実践的な講習にしたいと考えております。
追記1:お申込みの際、スキー歴・スキーツアー暦・使用の道具・年齢・抱負/課題等を添えて下さい。
日 時 12/28(土)‐29(日)   
1/25(土)‐26(日)
2/15(土)‐16(日)
3/14(土)-15(日)
4/4(土)‐5(日) 集合:10:30まほろば 参加費:29000円 昼食:各800円 ステップ板/BCクロカンで行います。レンタルOK。 
メイン会場 白馬乗鞍温泉スキー場(HP
集合/解散 集合:12:30 まほろば倶楽部 外観写真:1 参考地図:1 2 3 4 日中のお車は建物正面、スキー場駐車場に願います。リフト券の購入、また昼食は集合時間前までに。リフト券は建物至近、斜め下の建物にて。 
当日は8:30より入室可。ゲレンデは目の前、集合時間までたくさんたくさん滑りましょ〜。初日のお昼は持参が便利。お湯、お茶あります。
解散:14:00 まほろば倶楽部
リフト券 宿泊割引あり 他インフォメーションこちら
アクセス 東京方面往路:東京駅06:28-はくたか551 7810円-08:06長野駅08:25-バス 2000円-10:10白馬乗鞍 
東京方面帰路:白馬乗鞍15:05-バス 2000円-16:50長野駅17:34-はくたか570 7810円-19:22東京駅
料 金 28000円/講習8時間・2日/1泊2食/傷害保険 リフト料金別 3000円/テレマークスキーレンタル/2日
宿泊 宿泊:まほろば倶楽部(0261-82-2217) タオル・歯ブラシは持参願います。お酒・おつまみは持ち込み歓迎〜。食事には白ワイン? 
対 象 初級・中級・上級 (スキー初めての方はプライベートレッスンからご利用ください!)
定 員 各回8名まで
申し込み メール、または電話/FAX(0261-82-2217) にて。
お申し込みの際、簡単で結構ですのでスキー歴など添えてください。
2 まほろば倶楽部へ  BBSへ 



 本気の細革講座!!
長い柳葉包丁でお刺身を引くみたいに、刃であるエッジを使います。まな板を傷つけることなくお刺身だけを切り分けます。そんなスキー操作がヒールフリーの道具では出来るんです!さて細革と呼んでいますが、その細とは細板のことです。いわゆる80年代90年代の板ですね。テレマーク用というモデルもありました。長さは2mを基準に前後。今の板から比べると随分と長いですよね。センター幅も60o以下。細いです。長くて細い。まるで、柳葉包丁のようじゃないですか? そして革とは革靴。滑りに置いての特徴は・・というと語るべきことは多いのですが・・まずはローカットであることでしょう。足首の動きが使えます。可動域においてはハイカットブーツに比べて段違いの操作性。ということでまたお寿司屋さんの柳葉包丁に戻ってしまいますね(笑)。まずは動画をどうぞ1 2 3 。講習ではゲレンデの他、キャンバーのある板の有用性、細い板であることの利点、そして革靴の馴らし方、注意点等々までをカバーします。濃ぃー内容となりますが、参加の皆さんも同様に濃いのでいつの会でも和気あいあい。細革お持ちの方は社交の意味でも是非どうぞ。板のレンタル、大量にありまーす。
日 時 1/19(日)
2/11(祝)
集 合 9:30 まほろば倶楽部 外観写真:1 参考地図:1 2 3 4 日中のお車は建物正面、スキー場駐車場に願います。
解 散 15:00予定
料 金 10000円/1日・保険 リフト券は各自用意願います
対 象 細革愛好者 エキスパート歓迎 
装備 革靴ととそれに適したテレマークスキー板。。
細板(3ピン)のレンタルいくつか用意あり。参加者内で板の交換試乗が有益!
定員 8名
申し込み メールにて:こちら
23 まほろば倶楽部へ  BBSへ 



 テレコブ1日/2日 または テレコブBASIC1泊2日
テレマークスキーでコブ斜面(またはモーグルコース)を滑ることをテレコブと呼んでおります。そしてその講習をテレコブ講習と。よく、「テレマークでよくやりますね〜」と言われるのですが、その方はテレマークでのコブは難しい、とまずは思っておられるのでしょう。もっと底のところに、テレマーク自体が難しい、とあるのやもしれません。さてこのコブ講習ですが、目的は二つ。一つは手段として、そしてもう一つが目的として。では前者の手段について。これはまほろば倶楽部的テレマークターンの効率的体得場、としてモーグルレーンを利用するものです。使う力は全て「圧」。つまりは押し引き。荷重ではありません。そしてズラシでのスピードコントロール。抜圧でのくるりん回旋。ストックワーク。の全てをこの省スペースでやらなくてはいけない環境こそが、効率的体得場というわけです。最初は皆さんワラワラして即OB。出来てない、が短時間内に分かります。同時に出来ていればコブが長く続きます。まずはこの上達進度の分かりやすさ、ですよね。また、まほろばのメソッドがコブだからと言って特別仕様に変わるわけでない、といったところがこの講習を可能としております。 さて次に後者の目的案。これはコブを楽しむ、コブを上手になろう!といったモードとなります。何と申しますか・・自然とこちらに流れますかね(笑)。要因として大きいのはまずはゲレンデであること。山でないのでアクセスや環境が整っています。ゲレンデは面白くない、と言っていた方がコブをするようになってゲレンデに足繁く・・はよくあるたとえです。リフトを使ってぐるぐるぐるぐる、ぐるぐるぐるぐる〜一心不乱。リフトの緩と滑りの急。分かりやすい上達。思い出すとコブ斜面に入りたくなる。一種の中毒性?そして末は6月の月山、そして7月からの乗鞍へ。そんなジャンキーライフの入り口の一つにこのテレコブ講習、いかがでしょ(笑)? 動画参考1 2 3 4 5 6 7 8 9 
日 時 2/8(土)-9(日) 集合:10:30まほろば 2日目はさのさか又は八方を予定
3/7(土), 8(日) 集合:9:00 栂池レストハウス 両日共に会場は栂池です 解散14:00予定  
料 金 29000円/宿/2日  10000円/1日
会 場 2,3月中は主に白馬乗鞍/白馬さのさか 4月からは八方/シャルマン火打にて 6月は月山!
アクセス 東京方面往路:東京駅06:28-はくたか551 7810円-08:06長野駅08:25-バス 2000円-10:10白馬乗鞍 
東京方面帰路:白馬乗鞍15:05-バス 2000円-16:50長野駅17:34-はくたか570 7810円-19:22東京駅
対 象 テレマークスキーでコブ斜面に入りたい方 クロスオーバーを上達したい方 
申し込み メール、または電話/FAX(0261-82-2271)にて。
9 まほろば倶楽部へ  BBSへ 




 恒例の年末年始合宿3泊4日
年末のイベント「THE 合宿!!」。蓋を開けてみると「半日ツアー/半日ゲレンデ」なんて流れが心地よく、満足度が高かったのではと思い返しております。ゆえに今シーズンも基本このパターンを原案にて。環境的特徴はやはりベース(宿泊も)の立地がゲレンデサイド&BCサイド!移動に時間がかからないので、こまめに、そして各人フリーに動きやすくなってます。反面、すぐに帰ってこれ、お茶がある、となるとついおしゃべりが長くなり、腰も重くなり・・の様子もまたあり。。まぁそこは大人の集まり、各人それぞれ気持ちのよい塩梅にてどうぞどうぞ(←実際は滑り行けぇ==、とどやされるのだが・・)。 そしてまた、この4日という期間はいろんな道具、板をどんどん交換して試してみるチャンスでもあります。NTN、75mm規格のほうではGS板やファット板があります。BCクロカンにあっては当然の潤沢なる品揃え。是非格安でレンタルしてお楽しみいただければと思います。さてそんな毎日のスケジュールは全体意思とイシキダ、そしてお天気任せ。ツアーではBCクロカンをメインとして。ゲレンデではテレマークを使います。お手持ちの道具、あれやこれや持ってお集まりくださいま。おつまみ・お菓子・お酒持ち込みは大歓迎〜。お酒は白ワインが第一候補で次点が日本酒かしら。各日のお昼はまほろばでの食事を予定しております@800円程度。
追記:講習日程前後にも宿泊を希望される方はその旨お知らせください。男女別の相部屋(スキーヤーズ畳部屋)になりますがお部屋を都合致します。1泊2食9000円(税込・暖房費込)。
日 時 2019年12/30‐1/2 3泊4日 (前・後泊是非どうぞ〜)
メイン会場 白馬乗鞍温泉スキー場(HP
集合/解散 集合:12:30 まほろば倶楽部 外観写真:1 参考地図:1 2 3 4 日中のお車の駐車は、建物正面スキー場駐車場に願います。
解散:14:00 まほろば倶楽部
リフト券 必要な場合 宿割りで格安に
アクセス 東京方面往路:東京駅06:28-はくたか551 7810円-08:06長野駅08:25-バス 2000円-10:10白馬乗鞍 
東京方面帰路:白馬乗鞍15:05-バス 2000円-16:50長野駅17:34-はくたか570 7810円-19:22東京駅
料 金 60000円/4日・3泊6食・保険 46000円/3日・2泊4食・保険 28000円/2日・1泊2食・保険
宿泊 宿泊:まほろば倶楽部(0261-82-2217) 男女別相部屋 お風呂男女有り 乾燥室あり 歯ブラシ・タオル・マイカップ持参願います ビール含むお酒(テーブルワインは白かしら)、おつまみはお好きな量を各人にて  
対 象 初級〜
定 員 8名
申し込み メール、または電話/FAX(0261-82-2217) にて。
お申し込みの際、簡単で結構ですのでスキー歴など添えてください。
7 まほろば倶楽部へ  BBSへ 



 3連休の合宿! 
3連休、ゲレンデはハクノリでもさすがに混むんですよね。。特に初日と中日。中日はMAX。最終日は意外とガラガラ。がここ数年。今年は1月と2月と3月にそれぞれに。さてまほろば倶楽部は立地がゲレン沿いということもあり、おそらく作戦としては朝一の空いてる時間に思いっきりゲレンデ滑る→10:00頃に帰ってきてお茶→至近のBCに出かけて半ツアー。から帰ってきてお昼&休憩。からテーマを確認してまたゲレンデに戻り最終リフトまで滑り込み・・な一連。夕方お風呂から上がってくるとビール片手に頭乾かしながらビデオチェック→明日の朝一ランの構想を練る→テーブルに座る→夕食夜の部へ。 んーーー、書いてるだけで疲れるね(笑)。今年は変わってもらいますよ〜〜 12/14加筆
さて宿泊はまほろば倶楽部。2晩あるといろんなことをたくさん話せます。お部屋は男女別の相部屋で。歯ブラシとタオルはご持参ください。お酒・おつまみは個人装備。夕食は定食モード。しっかりとご飯を食べましょう!お酒は夕食の前後にて。就寝10時。合宿的〜〜♪そして朝食が7時(←朝一ゲレンデ出動のため)。朝食前の朝板クロカン散歩OKです。
基本プランは2泊3日。初日は朝からのチェックイン可能。リフト券は宿割価格で提供可。期間中の1泊2日の参加も承ります。他、BCクロカン体験したい方もぜひどうぞ〜♪
日 時 1/11(土)-13(祝)
2/22(土)-24(休)
3/20(祝)-22(日)
メイン会場 白馬乗鞍温泉スキー場(HP) 他 至近BC 栂池 白馬スノーハープ 岩岳 さのさか
集合/解散 集合:10:30 まほろば倶楽部 外観写真:1 参考地図:1 2 3 4 日中のお車の駐車は、建物正面スキー場駐車場に願います。
解散:14:00 まほろば倶楽部
リフト券 宿割引きあり 
アクセス 東京方面往路:東京駅06:28-はくたか551 7810円-08:06長野駅08:25-バス 2000円-10:10白馬乗鞍 
東京方面帰路:白馬乗鞍15:05-バス 2000円-16:50長野駅17:34-はくたか570 7810円-19:22東京駅
料 金 46000円/3日・2泊4食・保険 28000円/2日・1泊2食・保険
レンタル 格安にて
宿泊 宿泊:まほろば倶楽部(0261-82-2217) 男女別相部屋 お風呂男女有り 乾燥室あり 歯ブラシ・タオル持参願います ビール以外のお酒、おつまみはお好きな量を各人にて  
対 象 初級〜
定 員 8名
申し込み メール、または電話/FAX(0261-82-2217) にて。
お申し込みの際、簡単で結構ですのでスキー歴など添えてください。
4 まほろば倶楽部へ  BBSへ 



 チェック・ホップ・ターン♪  
聞きなれない言葉だと思いますが、ジャンプターンの一種です。「チェック」とはストックをピタッと突いて運動を一旦しっかりと停止すること。そして「ホップ」はジャンプ。着地後の運動は小気味よいほどピタッ!ピタッ!っと止ります。ターンはオートマチック回旋がその特徴。回すのではなくて勝手に回る。要素は「捻り」と「解放」。これが出来たらカリカリ40度オーバーの斜面も下りられます。しっかりとしたツアー技術であること、この点が大事。この技術はNZ時代の刷り込みにより今に。練習方法はあの有名なダックウォーク!地味で汗もしますが確実に効くところが良いのです。あとジャンプって、直線的にバランス調整能力を高めますよね。2019の記録こちら
日 時
料 金 10000円/1日・保険 講習にリフト券は要りません
装備 テレマークスキーステップ板(細目、軽快な板 細革OK)
対 象 初級〜
申し込み メールにて:こちら
8 まほろば倶楽部へ  BBSへ 



 テレマークスキー的パウダースキーテクニック
クロスオーバー部分を器用に扱える、という部分がヒールフリー・テレマークのアドバンテージです。ゆえに、3D浮遊的なPOWDERスキーにはまさに好適、格好の道具立てとなるわけです!実際にテレマークの人は好きですよね、POWDER♪今講習では『浮かすテクニック』にポイントを当てて進めてまいります。ゼロベースはサーフェイス、表面です。浮かす=沈めない。大事なアイディア二つ、お伝えします。さて、「パウダーでうまくターンできないんだけど」・・の理由は簡単、失速するからです。では何故失速するの?板を沈めるからです。沈めてる?押してます。押してる?そっちの足。ん!? 失速しないようにとFAT板を購入するも程度の差レベルで解決ならず。そこがアルペンとの大きな違い。解決してしまうと今度は浮きすぎてスピード出過ぎ、煽られる〜!とそこもまたアルペンとは大きな違い(笑)。面白いですね、テレマーク。まずは受けてみてください。使用の板はFATでも細革でもオッケイです!
日 時 第1回 1/21(火) 
第2回 
第3回 
集合 9:30 まほろば倶楽部
料 金 10000円/1日5時間・傷害保険
装備 ゲレンデスキー装備 水・行動食・軽ザックあれば
対 象 中級〜 定員6名
申し込み メール、または電話/FAX(0261-82-2217)にて。
お申し込みの際、簡単で結構ですのでスキー歴など添えてください。
24 まほろば倶楽部へ  BBSへ 




 BCスキーツアー 誰も教えてくれないビーコン以前の初歩的なとこ
感心、というより感謝ですね。一緒にスキーツアーをしているお客様の行動が実にスマート!もう、あたり前の手順として身についてしまっているアレヤコレヤが立派過ぎ。。例えば斜面上でのシールの脱着では〜、、ここで大事なのは身体を冷やさないこと 冷えないうちに滑りだすことね。そこで要求されるのはノントラブルでスピーディーであること。板を二本外しちゃまずダメね。必ず一本は足に着けたまま。これは癖にね。 ザックは身体の山側に置いときます。一度、シールを出したらファスナーを閉めてノータッチ。これも癖にね。 グローブ等の行先は腹。腹からの出し入れに。立てたストッの先ににグローブ・・これだけはワールドワイドにやっちゃダメ! そしてシール脱着後、寒かったら即座にツェルトを被ります。防寒、ではなく採暖の心得ね。これもやってみなくちゃ分からない。ツェルトはもしもの時のためなんかじゃないよー。ましてやグループ装備なんかじゃなくて個人装備ね(←夏山でもね)。仕舞う場所はザックの一番上。ぴちぴちの袋に入れたままではダメよー。 次に行動食を摂るタイミングも重要です。お昼と称して山頂での長時間休憩はアウトだよね。歩いた暖かさのあるうちに安全圏まで降りなきゃね〜。怪我は大休止直後、ってのが多いんですよ!で、道路まで最も距離があるゆえに搬送等が大手間に。大休止の後は滑るんじゃなくて歩く・・とそんな組み立てが出来ればね。。余談ですがだからうちはステップ板にシールなんだよね。安全策。 さて、安全と言えば山では滑落ね。立山なんかだと、滑ってて滑落するより何倍もの人が、登りで落ちてるわけ。ほとんどがキックターンで、だよね。。ここ、苦手という方多いのではないでしょうか?そんな方には驚くほど正確でスピードロスのないキックターン、ともう一つ、特に急斜面でする谷足からのキックターンの両方をしっかり体得モードでお伝えいたします!ここはくどくやるよ〜(笑)。 以上、15年のなかでの「あるある」を一つ一つ潰していった結果の結晶です。一度受ければヨシの内容、是非一度♪
追記1:さて、雪崩講習/ビーコン捜索トレーニングのリクエストを頂くのですが、全てお断りしております。理由は教える資格を持っていないから。「知ってること」と「教えること」が別ワールドであるからです。シーンがシーンだけに生兵法の伝達こそがリスクと考えます。この辺の講習に関してはお客様ご自身の判断で講習先をお探しください。
日 時
スケジュール 適切な場所に移動 3時間講習
内容 最速にして安全なスキーの脱着
シールの脱着でクセにしておきたいコツ
正調キックターン 滑落しないための5つのポイント
斜登高のコツ
階段登行のコツ
携帯トイレの持ち方
ツェルトの使い方 置き場所
対象 テレマークスキーツアー経験・未経験問わず スキーツアーを楽しむ皆様 カリカリの斜面で登っている時に滑落したことのある方 なぜか周囲の人よりいろいろ時間のかかる方
装備 スキー一式 ザックにシールと水 シール  お持ちの方はツェルト
料 金 7000円/半日 もしくはプライベートレッスン2コマ分/バックカントリー現地にて実践 
申し込み メールにて:こちら  
18 まほろば倶楽部へ  



 山岳スキー滑走テクニック 
山岳スキー。山スキー(←クリックで道具の画像)とも呼びます。歩く時はカカトが上がり、滑る時はカチッとアルペンスキースタイルで滑るスキー。を、僕も好きでよくします。そしてテレマークをしない山スキーの仲間と行くと決まってこう言われます。「なんだかいつものテレマークみたいだね」と。僕もそう思うし(笑)。僕の場合タッチが柔らかいんですね。ニュージーランドで散々オフピステばかり滑ってたきたからね。対オフピステスキーの練習で最も効果的なのは自然地形のハーフパイプなんです。が、なんと!ハクノリにはあるんです。。というかできました。2019から整備されて一般開放に。チャンスでーすよー。ということで初心者の方からで結構ですので山スキー、上手くなりたい方はどうぞどうぞ。ちなみに登山靴でするスキー「登山靴スキー」は大得意分野です(笑)。教えるのも上手だよ。ちなみにテレマークのみならず、アルペンもクロカンも国際資格で持ってまーす(←あまり知られてないけれど)。
追記1:「アルペンのスキースクールのイントラなのに山で上手に滑れないんだよ!」ということで驚いて話してくれるお客様がいらっしゃいましたが、僕は驚きもせず「そりゃそうでしょー」、とにべもなく。。これがテレマークであったなら、「んー、テレマークなのに残念ね〜」とでも言うところなんですが、、つまりは圧雪/硬いコンディションをドカーンと滑るために進化してきたのがアルペンの道具なので、そのコンディション上でのみ上手い、でよいのですよ。アルペンのイントラはね。だから「雪に厚みのある」山で滑る時には沈まず、圧雪バーンに近くなるようファット板を履くのですよ。と説明いたします。春からの締まった雪ではまたゲレンデみたいになりますしね。
日 時 随時:プライベートレッスン予約状況をご参照ください こちら
集 合 各所
スケジュール
内容 万能のセーフティーポジション
山で使える横滑り
山開きキックターン 谷開きキックターン
足首を意識した全身のブロック/解放 ちゅっ♪
ビィンディングの特性と気を付けなくてはいけない所作
対象 山スキー経験者 初心者もOK
コンディションが悪くなるとハの字になってしまう方
ハードというよりはエレガントに滑りたいという方
装備 山岳スキーセット
***講習はゲレンデ内で行ないます
料 金 10000円/1日 保険・講習料 
申し込み メールにて:こちら 
13 まほろば倶楽部へ   山スキーのペー



 シーズン開幕!2019立山スキーツアー 本州で一番軽い雪 
日時 2019年11月21日(木),22日(金),23日(祝),24日(日)
他、日数追加等、ご相談ください♪
集合 各日 12:30 立山室堂山荘部屋
立山アルペンラインは朝一乗車推奨、山荘早着可。部屋にはお茶・お湯を用意しておきます。水分を多めに補給し、時間までお布団でお休みください。
解散 各日 11:00 立山室堂山荘
募集 まほろば倶楽部にてスクールもしくはスキーツアー経験者 健康な成人男女10名 
参加費 10000円/1日・半日/ガイド  10000円/1泊2食
2泊3日:50000円 3泊4日:70000円
***参加費は全て集合当日受付時、山荘内にてお支払いいただきます***
***お弁当の必要な方は山荘で手配できます 1000円程***
宿泊 立山室堂山荘(室堂から一番近い山小屋)  ライブカメラ
交通 長野県大町扇沢駅より 時刻表はオフィシャルサイトより
注1:扇沢駅/立山駅ともに始発乗車が適
装備 冬期スキーツアー装備、シール(点検してください)、ビーコン必携(注7)、シャベル、ゾンデ、ツェルト・スリング・カラビナ等個人装備、ゴーグル、帽子、地図、行動食日程分、保険(注6)、健康保険証のコピー、マイカップ、嗜好品、あれば携帯トイレ
行動食は多目。ビールは小屋で売ってます。空気乾燥気味につきお酒・おつまみはウェット系が好まれます。果物高評価、一点豪華主義歓迎傾向あり。お風呂は大浴場(シャンプー&石鹸)あります。
注1:室堂ターミナルに着きましたら石木田携帯(090-2305-2939 h-ishikida@docomo.ne.jp)に連絡願います。
注2:行動はステップ板&シールにて。
注3:雨天、または雪が見当たらない状況でも催行いたします。
注4:山荘での宿泊は、1人1畳の山小屋ハイシーズン状態が予想されます。
注5:いびきが気になる方には、耳栓のご用意を。
注6:保険はヘリコプター救助の適用するものをお願いいたします。3泊4日掛け捨て保険(800円)に、まほろば倶楽部で入ることも可能です(僕が入山する前の受け付け)。
注7:ビーコンのレンタル用意できます。1000円/1日
お申込み メールにて。 希望の日程をお知らせ願います
参考 立山黒部アルペンルートオフィシャルサイト
立山室堂山荘のHP
まほろば倶楽部2018年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2017年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2016年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2015年秋立山スキーツアーの模様 雪不足によりメインツアーは中止に
まほろば倶楽部2014年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2013年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2012年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2011年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2010年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2009年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2008年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2007年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2006年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2005年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2004年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2003年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2002年秋立山スキーツアーの模様
まほろば倶楽部2001年秋立山スキーツアーの模様
備考 自然のなかでのスポーツ行為です。事故や怪我の可能性が内在していることをご承知おきください。また、天候・自然災害・何某かのトラブルにより、スケジュールを変更しなくてはならない場合も考えられます。怪我につきましては日赤と消防の救急法の範囲内で対処させていただきます。まほろば倶楽部では事故や怪我備え、全てのイベントにお客様用に普通傷害保険がかかるシステムになっておりますが、この内容には「救援者費用」は組み込まれておりません。まほろば倶楽部では、ツアースキーはもちろん、スキーをされる方・夏にハイキングされる方に、ご自分で年間の保険を掛けていただくよう、お勧めしております。参考
3 まほろば倶楽部へ  






月曜日はツアーの日 
復活「月ツ」、月曜日はツアーの日。これ、そもそもは週末にいらしたお客様からのリクエストで始まった企画なのですが、蓋を開けてみると地元の宿関係者やこれまた地元のスキー好きにも参加していただき、人数的にはなんだかいつも賑やかに。週末の高揚感からひと段落して落ち着いた月曜日、ってのもまた雰囲気なのですよね。 ツアーに向かう先、また道具立てはお客様のリクエストとお天気、コンディション次第。ゆる〜いのから挑戦ステージまで、レンジは週末モードより幅広くなってます。内容のリクエスト、お気軽に是非どうぞ
日時 12月〜4月末まで
集合 9:00 まほろば倶楽部 
募集 スキー経験者 
料金 9000〜12000円/1日参加・保険 (ヘリ救助付き保険 800円/3泊4日) 9000円/1泊2食
装備 スキーツアー装備・行動食(多め)・水・ 以下はレンタル有り(ツェルト・ビーコン・BCクロカン・テレマークステップ板)
注1:雪上で昼食、といった長い時間のお休みはとりません。行動食をパクパクと。長いお休みは美味しい食堂、またはレストランにて
注2:集合時間厳守でお願いいたします
お申込み メールにて
備考 自然のなかでのスポーツ行為です。事故や怪我の可能性が内在していることをご承知おきください。また、天候・自然災害・何某かのトラブルにより、スケジュールを変更しなくてはならない場合も考えられます。怪我につきましては日赤と消防の救急法の範囲内で対処させていただきます。まほろば倶楽部では事故や怪我備え、全てのイベントにお客様用に普通傷害保険がかかるシステムになっておりますが、この内容には「救援者費用」は組み込まれておりません。企画や場所により、3日間掛け捨てハイキング保険「救援者費用付き」に600円で入ることが出来ます。事前に、メール又はFAXにてお名前・性別をお知らせください。また、まほろば倶楽部では、ツアースキーはもちろん、スキーをされる方・夏にハイキングされる方に、ご自分で年間の保険を掛けていただくよう、お勧めしております。参考
10 まほろば倶楽部へ 




↓↓↓ 2017年のスケジュールです。2月近くになりましたらスケジュールをUPいたします。
軽快痛快!ステップソウルフル〜 3月中旬〜7月末日
春からのスキーツアーと言えばまほろば倶楽部の定番「軽快痛快!ステップソウルフル〜」。滑走面にステップカット(ウロコ)の付いたテレマーク板にシールを準備していただきいざ山に!期間は3月中旬〜7月は末日(参考記録:山ほどあります →)。コンディションが良ければ8月/9月までも(参考:1 2 3 4 5 6 )。うーーむ・・(笑)。さてこのステップソウルフルの基本仕様はテレマークとなります。プラブーツあり細革あり。いずれ、硬くなった斜面でも滑れる道具立てに。先にBCクロカンの3原則 1)雪が柔らかい 2)会場は道路から遠く離れない 3)ワンクール1.5時間 お昼はトイレと暖房のある食堂で を紹介しましたが、ステップソウルフルの場合においては、まず行動時間が長くなります。1日行程あり。よって昼食や休憩も行動食パターン。トイレは携帯トイレ。ツェルト要(←BCクロカンでもそうですが)。また道路から距離のある、標高の高い山にも入ってまいりますのでそれなりの装備もまた追加にて。そしてそれに見合う滑走技術は・・というとそこが面白いところであって「まあまあ」で大丈夫。ほんと(!)。というのも、斜面下に到着するやまずはそこをベースに指定。次いで皆で粛々と斜面をステップで登って道を作ります。通称:ハイウェイと呼ばれるジグザク路。あとは各自好きな高さまで上がって「しゅる〜〜」。何本も滑りたい人はそれこそ何本も。下でお茶してたい方はそのように。まぁ、イワユル好き勝手(笑)。滑りに対しては一応僕がアドバイス。これもまたツアーの形態をとった「スキースクール」なんですね。まさに実践編!そんな斜面を他に2-3面こなすともう満腹です。3月‐4月は地元白馬小谷での開催が中心となり、5月GWからはいよいよ立山に。立山は概ね月2回のペースで7月まで。間に鳥海山や月山、乗鞍、そして地元白馬が入ります。んーー、書いてるだけで楽しみなってまいりましたよー。皆さん、今シーズンもよろしくお願いいたしま〜〜〜す!!参考:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14
スケジュール
 3月28日(土)‐29日(日) @白馬/小谷 集合宿泊:まほろば倶楽部10:30 参考:1 2 3 4 5
中止 4月11日(土)‐12日(日) @白馬/小谷 集合宿泊:まほろば倶楽部10:30 参考:1 2 3 4 5
中止 4月18日(土)‐19日(日) @白馬/小谷 集合宿泊:まほろば倶楽部10:30 参考:1 2 3 4 5 
中止 4月25日(土)‐26日(祝) @白馬/小谷 集合宿泊:まほろば倶楽部10:30 参考:1 2 3 4 5
参加費:29000円/1泊2日  48000円/2泊3日  自然園・天狗原の場合は3300円/ゴンドラ・ロープウェイ往復/1日
交通参考/往路:東京駅06:28-はくたか551 7810円-08:06長野駅08:25-バス 2000円-10:10白馬乗鞍 帰路:白馬乗鞍15:05-バス 2000円-16:50長野駅17:34-はくたか570 7810円-19:22東京駅
中止 5月2日(祝)-6日(祝) @GW立山 集合宿泊:室堂山荘12:30 参考:1 2 3 4 5 6 7 8
参加費:70000円/3泊4日 50000円/2泊3日 30000円/1泊2日  
着電必須: 室堂ターミナルに到着した時点で、携帯090-2305-2939 か携帯メール h-ishikida@docomo.ne.jp に一報ください。
往路:東京7:20-かがやき503-9:31富山駅9:38-休特たてやま3号-9:46立山駅10:20-アルペンルート-11:10室堂 帰路:富山駅16:15-かがやき510-18:28東京駅
参考:立山黒部アルペンルートオフィシャルサイト
中止 5月9日(土)‐10日(日) @雨飾山方面/白馬大雪渓方面  集合宿泊:まほろば倶楽部10:30 参考:1 2 3 4
参加費:29000円/1泊2日
交通参考/往路:東京駅06:28-はくたか551 7810円-08:06長野駅08:25-バス 2000円-10:10白馬乗鞍 帰路:白馬乗鞍15:05-バス 2000円-16:50長野駅17:34-はくたか570 7810円-19:22東京駅
中止 5月15日(金)‐17日(日) @鳥海山 集合:象潟駅11:09/鉾立13:00 宿泊:鉾立の素泊まり宿 参考:1 2 3 4 5 6
変則的ですが金曜と土曜日はサンセットランを狙います。宿泊は鉾立の素泊まり宿@自炊(水/ガス/布団あり)。スキーツアーは14:00山荘出発。集合は金曜/土曜共に11:09象潟駅(もしくは鉾立の素泊まり宿13:00)。スーパーで食材(地魚お刺身盛り&お酒&行動食)買い出しの後上山。お風呂は集合前に午前中の朝風呂を。日曜日は朝から昼過ぎまでのスキーツアー。解散は13:30象潟駅。イシキダ車は定員5。仕様はテレマークステップ板&シールにて。
参加費:40000円/2泊3日 25000円/1泊2日 お刺身盛り含む 他食材・お風呂代各自 ガソリン代割り勘
交通参考/往路:東京駅06:08-とき301-08:12新潟駅08:27-いなほ1-11:09象潟駅 帰路:象潟駅13:51/17:29-いなほ10/いなほ14-16:31/20:10新潟駅16:45/20:19-Maxとき338/Maxとき350-19:00/22:28東京駅
中止 5月22日(金)‐24日(日) @立山 集合/宿泊:室堂山荘 12:30 参考:1 2 3 4
スキーツアーは室堂山荘を中心とした王道コース。ステップ板とシールの組み合わせでゆったり且つサクサクと楽しみましょう〜。プラス、サンライズ&サンセットのスキーもね(笑)。さて集合時間は東京方面より朝の新幹線で到着できる時間に設定。早く着かれた方には山荘室内での休憩、高度順化をお願いいたします。それと室堂ターミナルに到着したら着電、または着メールをイシキダ携帯までお願い致します。あとビーコンはレンタルも可。土日のみの参加ももちろんウェルカムなり〜!
参加費:50000円/2泊3日 30000円/1泊2日
往路:東京7:20-かがやき503-9:31富山駅9:38-休特たてやま3号-9:46立山駅10:20-アルペンルート-11:10室堂 帰路:富山駅16:15-かがやき510-18:28東京駅
参考:立山黒部アルペンルートオフィシャルサイト
 5月30日(土)‐31日(日) @白馬大雪渓馬尻  集合宿泊:まほろば倶楽部8:00 参考:1 2
猿倉からスキーぶら下げて長靴で歩くこと1.5時間程。スキーできる環境にたどり着きます。夏には馬尻の小屋が建っているところです。そこをベースに周辺で滑って遊びます。まほろば倶楽部のステップソウルフルです。週末は二日間共にそこで。さて集合を早い時間としました。移動はまほろば車に乗り合わせにて。金曜の前泊、もちろんOKです。お車の方は集合場所、時間等、打ち合わせにて。久しぶりのスキー、楽しみですね。まずは慣らしで軽快な道具立てからまいります。本戦は立山にて、というモード。
参加費:29000円/1泊2日 12000円/日帰り参加
中止 6月5日(金)‐7日(日) @立山 集合/宿泊:室堂山荘 12:30 問い合わせ/申し込み
無事、アルペンルートが再開されますようーに、パンパンッ!!と、再開されましたの立山です。んー、長い〇〇でありましたー。でも大丈夫!当倶楽部のスキーツアーはまだまだ半分以上期間がございます(マジ?以上って?)。まずは久々のお待ちかねスキーモードゆえ、こういうときこそ弾けずに、粛々と雪の上に立つ幸せを噛みしめながら・・・(* ̄▽ ̄)フフフッ♪。まずはスキー楽しいなぁーの回にしたいと考えております。A班B班可。
交通参考/往路:東京駅06:28-はくたか551 7810円-08:06長野駅08:25-バス 2000円-10:10白馬乗鞍 帰路:白馬乗鞍15:05-バス 2000円-16:50長野駅17:34-はくたか570 7810円-19:22東京駅
参加費:30000円/1泊2日 50000円/2泊3日
 6月19日(金)‐21日(日) @立山 集合/宿泊:室堂山荘 12:30 参考:1 2 3 4 問い合わせ/申し込み
恒例の細革メイン、細革LOVE♪な立山であります。今季はこの回が初の立山となり、最後のツアー形態となってしまいそうです。以降はおそらく雪渓スキースクールモード。立山常連、そして熟達の皆々様、おはるかぶりのスキーとはなりますが、ここはビシッ!と滑って留飲を下げましょー。
参加費:30000円/1泊2日 50000円/2泊3日
仕様:テレマーク ステップ板 細板&革靴 シール
募集:細革熟達者  健康な成人5名
往路:東京7:20-かがやき503-9:31富山駅9:38-休特たてやま3号-9:46立山駅10:20-アルペンルート-11:10室堂 帰路:富山駅16:15-かがやき510-18:28東京駅
参考:立山黒部アルペンルートオフィシャルサイト
6月26日(金)‐28日(日)  @立山 集合/宿泊:室堂山荘12:30 参考:1 2 3 4 5 問い合わせ/申し込み
夏山、雪渓スキースクールの開幕です。会場は山荘前の雪渓(←トイレ、部屋、すぐに戻れます)にて。必要であれば皆で斜面を均し、バーンを作る作業から始めます。案外とこれ、エッジングなんです。で、綺麗な斜面が出来あがったらあとは飽くまでひたすらに。。と、これがステップ板なのでまた延々とね。。またスクールでもあるのでアドバイスは求められればしますし、テーマを持った時間も作ります。ちなみにBCクロカン、OK!ターミナルから山荘が近いので細革&BCの2本立て、なんてものありですね。そしてこの回以降からはまほろば倶楽部初参加、または初立山の方の参加も承ります。来季の初冬立山、GW立山参加を睨んでる方はここの参加からどうぞ。 
往路:東京7:20-かがやき503-9:31富山駅9:38-休特たてやま3号-9:46立山駅10:20-アルペンルート-11:10室堂 帰路:富山駅16:15-かがやき510-18:28東京駅
参加費:50000円/2泊3日 30000円/1泊2日
募集:まほろば倶楽部参加初めて、または立山初めての方の参加も大歓迎〜 定員8名
7月3日(金)‐5日(日)  @立山 集合/宿泊:室堂山荘12:30 参考:1 2 3 4 5 問い合わせ/申し込み
雪渓での滑りのみに集中してまいります。今シーズンの立山はこの回でおそらく最終回に。〆的な滑りでもヨシ、また来季を見据えたBCクロカン修行道〜、細革チャレンジ等々・・熱く滑ってまいりましょー!!遠くには出かけないので、今回もまた初まほろば倶楽部の方のご参加承りまーす。ふるってどうぞ。
往路:東京7:20-かがやき503-9:31富山駅9:38-休特たてやま3号-9:46立山駅10:20-アルペンルート-11:10室堂 富山駅16:15-かがやき510-18:28東京駅
参加費:30000円/1泊2日
装備:雨具 ザック 行動食 水筒 板はステップ板 BCクロカン/細革推奨  
募集:まほろば倶楽部参加初めて、または立山初めての方の参加も大歓迎〜 定員8
対 象 テレマークスキー経験者 且つ スキーツアー経験者 
ヒールフリーらしいツアーを体験したい方 技術を伸ばしたい方
定 員 8名前後まで 
装 備 自慢の細板・ステップソール板 プラブーツ/革ブーツ BCクロカン希望の方はその旨、連絡ください。
ステップ板にあわせたシール、装備ねがいます。
ステップ板/BCクロカンのレンタルあります(各10台) ステップ板:1500円/1日 BCクロカンセット:2500円/1日 
ヘリ救助費用付保険加入の有無をお知らせください。
スキーツアー装備・行動食2日分・保険(まほろばで入れます)、ツェルト お水(1.5g以上)、日焼け止め、サングラス、健康保険証のコピー、着替え、ビーコン(レンタルあり) 
夜のお酒・おつまみは各自用意
申し込み メールにて
備考 自然のなかでのスポーツ行為です。事故や怪我の可能性が内在していることをご承知おきください。また、天候・自然災害・何某かのトラブルにより、スケジュールを変更しなくてはならない場合も考えられます。怪我につきましては日赤と消防の救急法の範囲内で対処させていただきます。まほろば倶楽部では事故や怪我備え、全てのイベントにお客様用に普通傷害保険がかかるシステムになっておりますが、この内容には「救援者費用」は組み込まれておりません。企画や場所により、3日間掛け捨てハイキング保険「救援者費用付き」に600円で入ることが出来ます。事前に、メール又はFAXにてお名前・性別をお知らせください。また、まほろば倶楽部では、ツアースキーはもちろん、スキーをされる方・夏にハイキングされる方に、ご自分で年間の保険を掛けていただくよう、お勧めしております。参考
5 まほろば倶楽部へ  BBSへ