暑さも和らぎ、長時間のサイクリングには好コンディションとなった週末。鳥海山一周に参加してくれたのは県内よりI氏(MTB記録:1 2 3 4 5)。前夜のガスト呑みの影響も薄く予定通りの04:30に起床。コンビニにて朝ごはん、買出しを済ませ05:30いざ出発。さて、自転車は双方ともにマウンテンバイクを選択。理由はヒルクライム&ダウンヒルに対するギアの選択幅が広い(軽いギアがある)こと、そして鳥海山東側の砂利ゴロ林道対策として。さて、祓川直下の分岐までは順調に3時間ほどで到着。ここから先、法体の先までは20kmのダウンヒル〜、ということでイシキダは冷え対策にジャケットを着用。そのレインウェアーを丸ごと忘れてしまったことに気づき青くなるI氏、も瞬転、ザック底のツェルトに気づき「・・これだんし!!」。いやぁー、知識も大事だけどやはり知恵ね@動画を参考に。さて無事、法体の滝到着→玉田渓谷シングルトラックライドを経て林道合流。ここから8.5km、林道のヒルクライムで百宅口に。到着手前3kmからの敷砂利カーペット、本日の核心部でありました。。I氏、フラフラになりながらもよく耐えた。一転、ダウンヒルはもう快調〜。砂利から抜けたアスファルトでは両手放しのガッツポーズ!で勢いそのまま最高速ブンブン回し、八幡はお馴染み肉の又兵衛さん→移動→ファミマ裏の日陰スポットはもはや定番、ノンアルビールで大乾杯〜!あー、シアワセ〜。とここで『やった感フルMAX』をもう堪能、終了イメージ:「輪行する」?は自然の成り行きではなかったか。。でも結局、あーだこーだ駆け引きしながら休みながらも自転車漕いで象潟道の駅。あー、遂に一周しました〜、充実感。。で温泉入って夕陽眺めてサンダルぺたぺた象潟night。これが終始マグロ祭りで優良タンパク質摂取に努めたのでありました(合掌)。翌朝は06:00起床、二日酔いなし。雨雲レーダーによると正午過ぎの雨は必至。というか関東から山形県までは現在既に雨・・ということで予定していた湯の台でのスキーを取りやめ、代わりにブルーライン鉾立までのヒルクライムに変更〜、また登り・・。I氏は下りのインナーツェルト(?)を更に進化。はんぴ(半日)しっかり運動してチャーシュー麺GO。にて解散。I氏、初のロングライドご苦労さま。次の一周は森吉山、もしくは岩手山(笑)? 2012年9月22日‐23日  鳥海山一周過去記録:1 2
05:30象潟ローソン→06:45中島台→08:07分岐→08:50分岐→09:40法体の滝→10:30林道合流→11:30百宅口12:03→12:19県境→13:10アスファルト→13:30八幡→17:00象潟駅
↑↑ 画質変更を720pでご覧下さい♪
まほろば倶楽部へ 
掲示板へ 
遊びの記録へ 
スキースクールへ