ツアーシーズンに向け、体力トレーニングは「西栂コース」!自然園から岩岳までスノーシューで歩いてきました・・・いやぁ〜、結構ありますねぇ〜!!
2001年3月14日


見てください、この晴れっぷリ。自然園はまっさらの真っ白で、この大きな平原に足跡ひとつ無し!自分の付けたトレースがグングン伸びる様を振り返り振り返り・・
ここが今日のメイン「西栂コース」の入口です。手前は自然園、尾根上を上り下りしながら画面右手中央の岩岳スキー場を目指します。結構古い山スキールート図集2にさえ、「現在、西栂コースとしては閉鎖されており・・」と記されており、標識等は期待すべくもなく・・スノーシューで大丈夫かしらん??
ちょうど中間地点くらいで発見したのがこれ。うさぎのメスが出す分泌物、フェロモンです!オレンジ色で、繁殖期になると見かけられるのですが、なんだかもう春なんですねぇ〜!!
そして発見その2は白馬岳の雪型、「代掻き馬」です!ちょうど白馬岳と小蓮華の間あたりに出るんですが、分かりますか?左が頭で右が尻尾。首の辺りがまだ薄いですが・・これもまた春の知らせです!白馬ハイランドホテルの湯、「天神の湯」で露天に浸かりながら、あっちこっちの雪型を想像するの、僕好きなんです(笑)!
おおーっし、それじゃあ今回は発見シリーズということで3番目は巨大ブナ。とにかく巨大!幹の下部は雪に埋っていますから、雪が消えたらもっと大きいんでしょうね。しかも太いっ!もしかしたら何か名前がついてるんじゃないのかなぁ・・
発見その4は地味に・・題して「巨木の小枝に葉っぱが一枚」・・
岩岳の山頂にあとちょっと・・というところで見つけた「ヤドリギ」。まだまだ秋の黄色い実をつけています。この果肉が強烈な粘り気を持っていて、木の枝なんかに宿っちゃうんですね!葉の緑と実の黄色がよく目立っていました・・
この西栂コースですが、ガイドブックに「この方向へ行かないように」と注意されている尾根の分岐点(標高1688辺り)があります。実際そちらが開けていて、本コースは現在ブッシュが多いというコンディションです。十分注意されるか、ガイドの方と行く事をお勧めいたします。コース全体としては、滑降というよりはツアーという感じのレイアウトでした。スノーシューでは健脚向きとなりますね。カモシカがジャンジャン居ます(笑)・・ではでは・・