松本サリン事件 当時の報道 in松本市

#282  [94/06/29 05:13]  QFG00464      よいしょ! 中毒死
今朝のTVを見てて、思わず釘付けとなってしもうた。
マンションの住民が吐き気をもようし 何名か死亡というNEWS
しかも、車で20分くらいの松本市内のニュース。

今夜の情報では、近くの住民が
市販の薬品をブレンドして発生した「有機リン」系の物質が
付近に蔓延したことが原因らしい。

防犯のためにたまたま窓を締め切っていた1階の住民は、何事も無く
一晩を過ごしていた。被害は窓を開けていた2階〜4階の住民。
川のアメリカザリガニさえ死に、植物も変色していた映像を流していた。
リアルじゃあ。

今、郵便受けに入った『松本市民タイムス』によると
最初に通報した人が、「農薬を作ろうと一般でも入手できる薬品を調合していた」人で
河野義行さん(44)。職を点々としていて、最近はミシン会社に勤めていた。
中毒死亡者は7名。

朝日新聞の社会面にある地図の内
 河野さん宅は、「開智ハイツ」の西に隣接、魚が死んでいた池の北の住宅。

事故の有った北深志は、松本の中心をすこし北にはずれた住宅街。
「深志高校」は、松本の名門高校みたい。


#284  [94/07/04 06:06]  QFG00464      よいしょ! 毒ガスその後
松本毒ガス事件レポート1(94/07/04)
どうも事件が解らなくなって来た
今までの情報を整理すると...私も暇ね(^^;)

■事件翌日
D_01:朝日新聞,1994/6/29(水),1面
[ これまでの捜査では、会社員は(第1通報者の河野氏のこと、注:一ノ瀬)薬品
 の扱いに多少知識があり、数種類の薬品から農薬を作ろうとしているうちに、調合
 を間違え、毒性のガスが大量に発生したらしい。農薬は庭の除草のために使おうと
 していたという。]

D_02:一ノ瀬の記憶,NHK朝7時のニュース,1994.6.28(火)
{ 第1通報者の会社員は、救護員に運ばれる途中『妻と殺虫剤を作ろうと農薬を
 調合する内に白い煙が上がった』と言っていた。}
※NHKって朝のニュースの文面をNIFTYにでもログを残してくれないかなあ。

D_03:松本市民タイムス(tel.0263-47-7777,fax.47-8585),94/06/29(水),1面
[ 協立病院に入院した河野さんは28日、朝方は熱が36度台だったが、時間がたつ
 につれて38度台に上がり、かなり動揺している様子で、見舞いに駆けつけた人も話
 がよく聞き取れない状況だった。関係者によると、河野さんは入院している夫人を
 気遣い、「妻には植物人間になっても生きていてほしい」と話していたという。
  河野さんはことし一月にも仕事を変えるなど、かなり転々としていたらしい。
 親戚や近所との付き合いなどは少なく、「よく知らない」という人が多かった。]

D_04:松本市民タイムス,94/06/29(水),24面
[「胸が苦しいと」第一報
 松本広域消防局に事故の第一報が入ったのは27日午後11時9分、松本市深志1の
 河野義行さん宅から「家人が胸が苦しいと言っている」というものだった。
  救急隊員が駆け付けると、義行さんと娘も同じような症状だった。驚いた隊員は
 松本署に連絡。署員が河野さん宅に急行したところ、署員も動揺な症状に陥った。]

■5日後
D_05:朝日新聞,1994/7/4(月),1面
[ 捜査本部は「百パーセント、サリンではないが、サリンと推定される」と発表した。
 サリンが検出されたのは、捜査本部が被疑者不祥のまま殺人容疑で家宅捜索した会
 社員宅の池の水と、庭にあったバケツの中の水、それに隣接する明治生命寮3階の
 ふろの洗面器内の水。県の衛生公害研究所と、県警が検査を依頼した警察庁科学警察
 研究所で調べていた。]

D_06:朝日新聞,1994/7/4(月),1面
[(一部略)押収したプラスチック容器や金属製ボウル、スプーンなどからは、サリン
 が発生するような薬剤調合の痕跡はでていないという。]

D_07:朝日新聞,1994/7/4(月),1面
[ 会社員は弁護士を通じ、「薬品は趣味の写真の現像用にそろえたもので、最近は使
 っていない」と有毒ガス発生への関与を強く否定している。]

D_08:朝日新聞,1994/7/4(月),22面
[ 「毒ガス兵器だとは・・・・・・」。信州大学経済学部2年の長男の裕太さん(19)
 (中略)母親は事件の1週間前、「目がしょぼしょぼする。のどが痛み、手足もし
 びれる」と電話で訴えた裕太さんの言葉が頭から離れない。「その時も毒ガスだった
 のではないか」と母親は悔やみきれないでいた。]

D_09:朝日新聞,1994/7/4(月),23面
[ 今回の事件で注目されるのが、4月に発行された「みどりの刺青」(ジョン・アボ
 ット著、福武書店)という小説だ。暗殺者がサリンを自分で作り、ブッシュ米大統領
 を狙う筋書き。主人公は「材料をそろえるのは簡単なこと」と、薬品会社からある
 種のアルコールとアミン、殺虫剤を特に問題もなく取り寄せる。必要な道具類は
 近くの店で買い集め、隠れ家の台所で、中毒を防ぐためにゴム手袋とゴーグルを
 つけて調合すると、1時間ほどで、致死量の数万倍のサリンが出来上がる。
  「作者おぼえがき」の中でアボット氏は「原料の3種類の薬品を電話で注文したら
 実際に送られてきた」とし、その気になれば、過程でもサリンを作れることをほの
 めかしている。ただ、悪用されるのを恐れたせいか、殺虫剤の具体名は明かしてい
 ない。]

■その他情報
D_11:一ノ瀬の記憶,731部隊展,94/06/26,松本勤労者福祉センター
{ 森村誠一『悪魔の飽食』で有名になった、石井四郎氏が創設した
 第731部隊(関東軍防疫給水部)を支えていた軍医学校が、昭和20年始めに
 長野県の様々な地域へ疎開してきている。出典資料は展示パネルで手元に今無い。}

■仮説と検証
仮説1:「河野氏がサリンを調合しようとした。」
×否定情報(2/11):D_06、D_07
方針:河野氏がサリン調合方法を知る可能性の検討。書籍、ビデオ、パソコン通信。

仮説2:「旧軍部が所有していたサリンが流出した。」
×否定情報(2/11):D_01、D_02

■思うこと
212人の被害者(死者7人、入院44人)を出した今回の事件。
まさしく、科学技術による被害と思う。ささいなことが重大な事件に発展する原因は、
科学技術の<知識集約性>にある。ボタン一つを押す力で世界を破壊できる
核技術をいい例として、今回の騒ぎの物質的な原因である<サリン>は、
<ある衝動>で創造力を行使した個人または<組織>が作り出した物。

第731部隊の千葉出身の石井四郎氏が、細菌兵器を思い立った理由の一つは、
アインシュタインがルーズベルト大統領に手紙を送った理由と同じだった。
つまり、<外部>への恐怖心。<鬼>への恐怖心。<人非人>への恐怖心。

一方終戦当時、沖縄の渡嘉敷島では、この恐怖心で、自決したらしい。
最も愛する肉親をこの手で絞め殺すこの世の地獄絵。

せめて、これを読む人達に伝えたい。
情報を処理する技を身につけて欲しい。
噂に惑わされず、TVに躍らされず、確かな<手応え>をもとに行動するように。
基本は、
(1)情報源を辿ること。
(2)誰でもいつでも<辿れる発信方法>をこころがけること。



Ichinose Shuichi , All Right Reserved
メールの宛先:ichinose@valley.ne.jp
ホームページセクションにもどる