ごあいさつ

 ハタ研削は、高度な加工技術を必要とするセラミックスやガラス、ニッケル合金、 ゴム等の超難削材の研削加工を最も得意とする企業であります。
 当社は、製品に求められる精度と信頼性を高めるために、”技術の限界”意識を取り払い、終わりのない挑戦をし続けております。 その成果は、極めて高い精度と信頼性が要求される比較測定器、ガイドローラ、精密機器の高速稼働部品、光ファイバ・インター・コネクト製品等に活かされ、産業界に多くの貢献をもたらしてきました。 現在、本格的ブロードバンド時代の到来を迎えた光情報通信の産業界において、光ファイバの一括多芯接続を可能にする当社のV溝基板・光ファイバーアレイ・スプリッタモジュール等の多くの製品が大いに注目されています。 当社のそれらの製品は、極めて高い接続精度を実現し、しかも厳しい環境試験をクリアした信頼性の裏付けが国内はもとより、世界から高い評価をいただいております。
今後もより一層の努力を積み上げていく所存でございますので、皆様には倍旧のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 丸山 裕  

 

会社概要

■商   号

株式会社ハタ研削 Hataken Co.,Ltd.

■所 在 地

〒399-8303 長野県安曇野市穂高8183-2
TEL:0263(82)8300代表 FAX:0263(82)8381

■代 表 者

代表取締役 丸山 裕

■設   立

昭和54年9月20日(創立:昭和52年10月)

■資 本 金

1億円

■社 員 数

74名

 

会社沿革

■1977年10月
畠山泰彦によりハタ研削工業創立(長野県豊科町)
■1979年05月
長野県穂高町に工場新設
■1979年09月
有限会社ハタ研削設立 (資本金 3,000,000円)
本社を長野県南安曇郡穂高町穂高8415-28(新工場)に置く
 金型・モールド型部品の製作、特殊合金等難削材の研削加工開始
■1980年11月
磁気テープ関連機器の部品製造・組立開始
■1981年03月
セラミックスの研削・研磨加工開始
■1988年08月
本社工場(加工開発センター)新設(長野県南安曇郡穂高町8183-2)
 旧本社工場を精密加工工場として稼働
■1989年07月
本社工場増築、機械設備を増設し生産を拡大
■1990年11月
有限会社ハタ研削を 株式会社ハタ研削に組織変更
■1992年04月
オールセラミックス製 高精度空気動圧軸受の製造開始
■1992年09月
資本金10,000,000円に増資
■1994年08月
光通信部品の製造に着手、サブミクロンの精度追求
 恒温室・工作機械・精密測定機器の増設
 光コネクタ用V溝基板の製造開始
■1995年07月
資本金20,000,000円に増資
■1996年04月
資本金25,000,000円に増資
■1997年03月
独自の技術開発によりファイバーアレイの製造開始
■1998年03月
第三工場新設(精密加工工場隣)
 恒温室・V溝基板加工機を増設
■1998年09月
資本金30,000,000円に増資
■1998年12月
資本金45,000,000円に増資
■2000年04月
資本金55,000,000円に増資
■2001年11月
資本金61,000,000円に増資
■2003年07月
資本金79,650,000円に増資
■2004年01月
以下投資会社より投資を受け154,650,000円に増資
 1.東京中小企業投資育成株式会社
 2.ニッセイ・キャピタル株式会社
 3.八十二3号投資事業有限責任組合
 4.ダイヤモンドキャピタル株式会社
 5.BTMベンチャーファンド
■2004年04月
テクノセンター工場新設 (穂高町穂高8183-1)
 恒温設備完備、光通信部品加工の専用工場として稼働
■2006年02月
資本金183,400,000円に増資
■2006年05月
特機事業 特機工場新設 (安曇野市穂高8183-3)
 金属精密加工・セラミックス高精度研削加工を主とする
■2006年08月
本社工場1階を改装、光事業 FA専用工場として稼働
 恒湿設備・自動機・製造装置等を導入しファイバアレイ製造ラインを構築
■2007年01月
光配線システムの販売開始
 カセットモジュール・モジュールラック等を製品化
■2007年06月
経済産業省中小企業庁より「元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる
■2008年11月
資本金186,400,000円に増資
■2011年05月
小型高密度光配線システムの販売開始
■2014年04月
代表取締役社長 丸山 裕 就任
■2017年08月
資本金100,000,000円に減資