会社の情報
会社の情報

レンズ研磨機開発の歩み


弊社は1968年光学部品の加工で創業、1982年にレンズ研磨機、カシメ機の販売を開始、以来レンズ加工の自動化、高精度化に取り組んで参りました。
お陰様で数多くの顧客に支えられ出荷台数は7000台を超えました。
弊社のレンズ研磨機の特長はレンズを従属回転させて1個磨きで加工できる事です。
レンズを精度良く磨く為にはレンズを加工皿に密着させて磨く事が大切です。
弊社の研磨機は加工皿が曲率を中心として揺動しながら回転します(球芯揺動研磨機)、それからレンズを従属回転するホルダ-にセットし加工皿の中心を通る線分と平行に加圧(上方より下方へ)し加工します。

弊社ではそれを精密に支持する『固定カンザシ』と『目玉ホルダ-』を開発致しました。
これらが持つ機能は、目玉ホルダ-のくさび効果によってレンズを回転軸の中心へ寄せながら機械上の僅かな誤差(10-50ミクロン位)を吸収し皿に密着させます。
この『目玉ホルダ-』の機能を発揮させる精密球芯揺動は必須の要件です。
しかし球芯揺動研磨機は加工曲率に制限が有ります、これは揺動の支点を無限に長く出来ないからです。

弊社では1987年にこの制限を回避する手段としてカム交換式のレンズ研磨機を開発しました。
当然数値制御による無限曲率の装置も考えられましたが、1987年当時では数値制御装置が高価だった為実現出来ませんでした。しかしカム式の研磨機で全ての曲率のレンズに対応しました。

2008年に直動3軸(春近精密特許)による数値制御球芯揺動の研磨機(NC揺動研磨機)を開発し、2016年にはNC球芯揺動の精度を10ミクロンから3ミクロン(最新機)まで高める事が出来ました。

弊社ではレンズ加工の合理化の為、更なる開発を行って参ります。