タイトルバナー

 

 

        トップ          生産組合の紹介         販売商品         稲穂通信        

  コシヒカリの里新潟で 

    環境にやさしい農業に取り組む 

        農事組合法人 東田中生産組合

看板娘の東ヒカリ(あずまひかり)です。よろしくネ♪
トップページ
生産組合の紹介
販売商品の紹介
稲穂通信
関連リンク





                四季折々の話題を皆様にお知らせいたします 

1月
 雪が積もりました 
 1月の中旬まで穏やかな天気が続き、雪のない正月を久しぶりに迎えることができましたが、23日から降り出した雪は吹雪となり、25日月曜日の夜まで続きました。
 高速道路も交通止めとなり、幹線道路の国道も渋滞が続き、雪に慣れている新潟県でも多くの混乱が生じました。27日現在混乱は全て解消したようです。
  
降り積もった雪、現在の積雪は50cm位
11月
 プレミアム会員に
 
平成27年11月22日石川県小松市で開催された、「第17回米・食味分析鑑定コンクール国際大会」で当生産組合が出品した「コシヒカリ」が、高得点を取り、「プレミアムライセンスクラブ員」に認定されました
 このコンクールには4920点の応募がありました。
 プレミアム会員認定書

10月
 
 
酒まつり
 
稲の刈取作業も終わった10月6日(日)。第16回越後よしかわ酒まつりが道の駅で開催されました。
 この祭りは、市町村合併前の吉川町には、古くから酒造りに従事する人が県内で最も多く、酒造りに欠かせない酒造用米の生産量が県内でもトップクラスだったことから、酒の町をPRして県内外の人たちから吉川を知ってもらうために開催されています。
 当日は、好天に恵まれ、県内外から大勢の人たちがお出でになりました。
 全国から選りすぐられた200銘柄の日本酒が一堂に展示される「200銘酒利き酒会」や、野外ステージでのイベント、特産品を販売するテントが並びにぎわいました。
 姉妹都市の東京の荒川区や東京吉川会の方もバスでお出でになり、地ビールやお菓子等を販売し祭りを盛り上げておられました。
 
 全国の200銘酒が一堂に展示、500円の猪口で利き酒が楽しめます  百華踊乱の皆さんによるよさこい演舞

9月
 
収穫の秋

 今年は、刈り取り時期に雨の日が続き、作業が遅れましたが、秋の取り入れを無事終えるができまし
た。
 今年も、東京のパルシステムの会員の皆様も稲刈り体験に参加され、稲の刈り取りや・稲まるけ「はさかけ」を体験されました。
 パルシステム会員の皆さんの稲刈り体験 はさ掛け作業も体験しました


生産組合作業所での乾燥調製作業
コンバインで刈り取られた籾は乾燥機へ 乾燥機への籾の投入
乾燥・冷却の後は籾摺り・選別・袋詰めの工程 直接販売するお米は紙袋に詰め検査を受けます
はさかけ米
 私たちは、「コシヒカリ」「こがねもち」の2品種を、上越地域の慣行栽培に比較して「農薬を7割」「化学肥料を8割」減じた方法で栽培しています。
 このお米を「特別栽培米」として、皆様に販売しています。
 この特別栽培米からより一層うま味を引き出すため、今年も約14アールの「はさ掛け米」を作りました。

はさ掛け米は1kg600円で販売しています。贈り物として皆さまから大変喜ばれています。
 お申し込みは、電話・Fax・メールで受け付けています。
はさ掛け米の脱穀作業