南小谷駅と大糸線を走る車両

現在の南小谷駅(平成19年(2007年)8月)

南小谷駅の開業は、昭和10年(1935年)11月29日。今年で72年になる。
開業と同時に宅扱いも開始。となりの写真は開業当日祝賀の人の波。

平成19年は南小谷、糸魚川間が開通して50周年になる。電化されていないこの区間は、ディーゼルが
走る。写真は、50周年記念のプレートをつけたキハ52系。

南小谷、新宿間を走る特急あずさと特急スーパーあずさ

トロッコ風特別列車「北アルプス風っこ号」
 平成19年(2007年)9月15(土)、16日(日)松本駅ー南小谷駅間を運行。
 (上りは白馬駅ー松本駅)
 大糸線全線開通50周年記念のイベント列車

糸魚川駅ー南小谷駅間で、平成19年9月30日、旧国鉄色に塗られた人気車両三両が
連結運転された。大糸線全線開通50周年を記念した企画。
キハ52系で色は黄赤ツートンカラー、黄青ツートンカラー、朱の三種類。
小谷太鼓が三両連結を出迎えた。(写真右)