栂池自然園 2007年10月7日(日)
  栂池自然園紅葉まつり(9月29日(土)〜10月8日(月)体育の日)

左:自然園入り口でもらえる案内図。入り口(案内図下、写真では左下、標高1860m)から
ミズバショウ湿原ワタスゲ湿原、楠川、浮島湿原、展望湿原(標高2010m)がある。展望湿原まで
2.9km、100分がめやす。
右:案内図の拡大(展望湿原付近)晴れていれば、展望湿原のむこうに白馬三山と白馬大雪渓が見える。

入り口付近から白馬岳を望む                 ミズバショウ湿原付近の紅葉

左:ミズバショウ湿原の南端のながめ、小蓮華岳が遠望できる
右:ワタスゲ湿原と浮島湿原の途中の高台から、ワタスゲ湿原を振り返って展望する

左:浮島湿原
上:モウセン池(浮島湿原と展望湿原の間)

展望湿原、大雪渓が目の前にみえるはずだったが
ガスがかかって見えない。
多くの人々が休憩を取っていて、座れる場所が
なかった。
10:55自然園入場で、途中一回の小休憩をとり、
道の狭いところですれ違いのための渋滞が
多少あって、展望湿原到着12:15、80分で着いた。

ページ最初の「案内図の拡大」で「雁股池の眺めが美しい標高2020m」と書かれている
ポイントにある展望台で昼食をとっていたら、白馬三山が見えてきた。
左:白馬三山、右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳
右:白馬岳と杓子岳の間にある白馬大雪渓。写真では手前の木々の右に映っている

左:白馬三山が展望できたところ付近で見えた紅葉の風景。
右:栂池自然園の見所を載せたA4のリーフレット。週一回くらいで新しいものを発行している。100円。