栂の森ゲレンデ(スキー場最上部)から見える風景

左:写真中央の双耳峰が鹿島槍ヶ岳、その右が五竜岳、左方向に長く尾根を持つのが唐松岳
   その尾根を下っていった所が八方尾根スキー場
右:白馬三山(右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ケ岳)、手前にゴンゴラリフト(イブ)の山頂駅

左:一番奥中央が白馬乗鞍岳、そこを下った所が天狗原、さらに写真中央方向に下った所が栂池自然園
右:雨飾山、焼山、火打山(写真の左から)
  つが第二ペアリフトを降りたら、その方向へ少し上ると展望できる  

ゲレンデ・コース

@

A

            

B

C

馬の背コース
@コース上部(旧しゃくなげリフト降り場から少し下った所)細い尾根のコース
 眼下に広く見えるゲレンデは鐘の鳴る丘ゲレンデ
 その左の細長く見えるゲレンデは親の原ゲレンデ
A写真@の先。北向き急斜面でシーズンを通して整地が入らない。
 スノーボーダーは、上級者以外は馬の背コースには入らないほうがよい(細い尾根、コブ)
 (コブが埋まるほどの新雪が積もったときは大丈夫かもしれない)
B旧ぶなリフト降り場付近の馬の背コース。整地が入ったときは滑りやすい。
 ゴンドラリフトから見える斜面なので、実力のないスキーヤー、ボーダーは
 恥ずかしい思いをする
Cコース下部の急斜面。(旧ぶなリフト沿いの斜面)新雪に巡り会うこともある。(膝下の深さ)
 このあたりから、馬の背コースは白樺ゲレンデにつながっている。

白樺ゲレンデ
左:ゴンゴラリフト(イブ)と白樺ゲレンデ(写真でゴンドラの右上の、下部が2コースに分かれている所、
  栂池のアルペン競技会は、右側の細いコースとその上部右側をネットで分けておこなわれる)
右:白樺ゲレンデ上部。その上は馬の背コース。ゴンドラリフトからよく見える。

鐘の鳴る丘ゲレンデ
 ゴンドラリフトから下方を展望した写真。
 滑走距離900mの横に広い初級者向き緩斜面
 一番下に広いちびっこ広場があり、(動く歩道つき)
 小さい子供連れのファミリーに最適。
 とんがり帽子の塔の鐘をカップルで鳴らすと、
 きっと幸せに!なるらしい(鳴る?らしい)



栂池高原スキー場のいろいろな風景(ゴンドラリフトから撮った写真)

霧氷とゴンゴラ                        霧氷

白馬鑓ヶ岳、杓子岳に沈んでいく下弦の月       鹿島槍ヶ岳(双耳峰)、五竜岳

八方尾根スキー場、その奥が白馬47     ゴンドラに乗ると、どこかですれちがうカーネルおじさん

スノーボードを始めてやってみる方は、栂池高原へ
 スノーボードを始めるとき、初級者用のコ−スでも、リフトに乗ることはかなり大変です。
 栂池ではゴンドラリフト「イブ」に乗れば、初心者でも安心です。
 ゴンドラリフトの中間駅(約1000m、5分)で降りれば、初級者向きの緩斜面だけです。

チャンピオンゲレンデ         @                            A  

B

@ 親の原ゲレンデからチャンピオンゲレンデを
  眺める。
A チャンピオンクワッドリフトからの眺め。
  右側の整地してあるところがメインバーン。
  リフト下を下っていく斜面(南斜面)は
  圧雪が入らない。
B 降雪後、南斜面はパウダーエリアになる。
  スノーボーダー大喜び。
  (前日猛烈な吹雪のため、
   チャンピオンクワッドは終日クローズだった)

栂池高原スキー場
ハンの木コース

@                               A

B                              C

@ハンの木ゲレンデのスタートはゴンドラリフトの山頂駅(栂の森駅)から。
 写真のリフトはハンの木高速ペア。中央のリフト支柱のむこうに美ヶ原、八ヶ岳が遠望できる。
Aハンの木高速ペア沿いのゲレンデは、初級コース。
 初級者は、荒天のとき、林間コースがcloseのときには、ハンの木高速ペアより下まで滑らずに
 ゴンドラリフトで下山すること。
Bハンの木第3クワッド沿いの大斜面。ハンの木ゲレンデで一番急斜面。
 ここを下ったところで平らになり、ゲレンデが2コースに分かれる。
 (写真で先が見えなくなっている地点)
 左:ゴンドラ中間駅(白樺駅)方面
 右:鐘の鳴る丘第二ゲレンデ方面 どちらに行ってもハンの木第3クワッド乗り場に行ける
C大斜面をハンの木第3クワッドに乗って下から見る。
 ゲレンデが平らになり、2コースに分かれる地点から撮った写真。 

D                                E

D Bの左方向の斜面。まっすぐ下れば、ゴンドラ中間駅に至る。
 右に下れば、第3クワッド乗り場に至る。(写真では見えていない)
E Bの右方向の斜面。右:沢コース、左:尾根コースに分かれる。
 この2コースは第3クワッド乗り場の手前で合流する。

F                                 G

F第3クワッド乗り場付近から上部を眺める。左:沢コース、右:尾根コース。
G Fと同じ地点で撮った写真。
 第3クワッドの右のコースがDから下ってくるコース。左:尾根コース。
 中、上級者は第3クワッド(1602m)1本で、整地総合斜面のクルージングを効率よく楽しめる。
 エキスパートなら、すべてカービングターンで滑れる。(ただし、混雑していないときだけ)

H

Hハンの木ゲレンデ最後の緩斜面から
 ゲレンデ中間部を眺める。

ハンの木ゲレンデを最後まで下ると、ゴンドラ
中間駅がすこし上にあるため、
上級者以外は(特にスノーボーダー)
うまくアクセスできない。
【裏技】 ハンの木ゲレンデを滑り、
ハンの木第1クワッド降り場を過ぎて
コースが平らになってきたら、
コース左側の林間コースに進む。
すると白樺ゲレンデに出て、ゴンドラ中間駅に
楽にアクセスできる。