【品川嘉也 論文一覧】

品川嘉也, 菊池美也子 (1987) 両耳聴・優位視野テストによる大脳半球機能.  日本生理
誌, 49(1): 23-24.

Shinagawa, Y. & Kikuchi, M.  (1987) Minimum size of the molecular electronic 
devises.  Biophysical Journal, 51(2): 443a.

品川嘉也 (1987) バイオコンピュータと分子チップ.  蛋白質核酸酵素, 32(4): 318-
326.

品川嘉也 (1987) 新しい身体像の構築のために.  医学哲学医学倫理, 5: 110-147.

Shinagawa, Y. & Kikuchi, M.  (1987) Analysis of Images During the Thinking 
Process by the Multidimensional Quantification Method.  Cerebral Dynamics, 
Laterality and Psychopathology, 353-354.

Kikuchi, M. & Shinagawa, Y.  (1987) Principal Component Analysis on Handedness 
of Japanese an Thai Students.  Cerebral Dynamics, Laterality and 
Psychopathology, 355-356.

品川嘉也 (1987) 宇宙と意識の情報進化.  解釈の冒険 −情報とシステム PART2.  
NTT出版, 126-158.

品川嘉也 (1987) バイオコンピュータとは何ですか?.  微生物.  3(5)

Kawano, K., Matsuda, H., & Shinagawa, Y.  (1987) Theoretical study on pressure-
volume relation of uterine cervix.  J. Physiol. Soc. Japan, 49(8,9): 482

Kawano, K., Yoshikawa, R. & Shinagawa, Y.  (1988) Brain laterality during 
thinking and EEG topographical analysis.  J. Physiol. Soc. Japan, 50(8,9): 480

品川嘉也 (1988) 脳と精神機能/脳とコンピュータ. 「図説 臨床精神医学講座1 精神医
学入門と診断法」.  島薗安雄, 保崎秀夫, 徳田良仁, 風祭元編.  58-61.  メジカルビ
ュー社

品川嘉也 (1988) 大脳半球と催眠.  催眠と科学, 3: 1−5.

品川嘉也,加藤隆吉,河野貴美子,吉川玲子,斉藤恵美子 (1988) 催眠イメージとEEG ト
ポグラフによる解析.  催眠と科学 3, 15−25.

河野貴美子, 加藤隆吉, 品川嘉也 (1988) 催眠イメージ想起中のα波周波数と脳波トポ
グラフ.  第4回日本催眠学会総会抄録集, 10.

品川嘉也 (1988) 禅と芸術体験の表出.  「禅の四季」.  土田ヒロミ, 菊池東太, 矢野
健彦, 杉全泰.  168−169.  佼成出版社 

品川嘉也 (1988) 気とイメージ −その脳波学的研究.  「気と人間科学」.  日中協力シ
ンポジウム実行委員会編 湯浅泰雄監修, 43-44.

横山聡, 河野貴美子, 品川嘉也 (1988) 速読者の脳波トポグラフ解析.  第18回日本脳波
・筋電図学会学術大会抄録集, 192.

河野貴美子, 品川嘉也 (1988) 思考時、α波は速波化する.  第18回日本脳波・筋電図学
会学術大会抄録集, 211.

品川嘉也 (1989) 言語によらない計算の例: そろばんの達人は右脳で計算する.  ミクロ
スコピア, 6(4): 49-50. 

松田裕之, 品川嘉也 (1989) 非電解質の生体膜透過と細胞の体積変化のダイナミクス.  
京都大学数理解析研究所講究録 678: 230-254. 

品川嘉也 (1989) Biomemory.  International Workshop on Intelligent Materials, 筑
波. 

品川嘉也, 河野貴美子, 松田裕之 (1989) 脳波フラクタル次元解析.  第66回日本生理学
会予稿集, No.386, 岡山. 

河野貴美子, 横山聡, 品川嘉也, 藤木健夫, 遠藤俊吉  (1989) 東洋医学における心身鍛
練法実施中の脳波解析.  第66回日本生理学会予稿集, No.387, 岡山. 

品川嘉也, 松田裕之, 河野貴美子 (1989) 脳波のフラクタル次元.  生物物理 29; S266 
(Supplement). 

Kawano, K., Koito, H., Shinagawa, Y. & Fujiki, T.  (1989) EEG and topography 
during Chinese "Qigong" training.  The First International Conference on 
Higher Nervous Functions (Abstracts), 74, Osaka.  

品川嘉也, 河野貴美子, 松田裕之 (1989) 脳波フラクタル次元の生理学的意味.  第19回
日本脳波・筋電図学会学術大会予稿集, 193.  

河野貴美子, 横山聡, 品川嘉也 (1989) 気功法実施中の脳波の分析.  第19回日本脳波
・筋電図学会学術大会予稿集, 194. 

Shinagawa, Y., Kawano, K. & Matsuda, H.  (1989) Fractal dimensions of brain 
wave.  Jpn. J. Physiol.  39: S145, (Supplement)

Kawano, K., Yokoyama, S., Shinagawa, Y., Fujiki, T., Endo, S., Kato, T. & 
Shirayama, M.  (1989) Analysis of EEG during oriental psychosomatic training, 
Qigong.  Jpn. J. Physiol.  39: S146, (Supplement)

桑原健太郎, 横山聡, 品川嘉也 (1989) 両耳分離刺激法によるタイ人と日本人の大脳半
球機能の研究.  日本医科大学雑誌 56(6): 144. 

Shinagawa, Y. & Kikuchi, M.  (1989) Computers that mirror man.  Spectrum 
(editor: Yoichi Anzai): 27-32, Keizai Koho Center. 

品川嘉也 (1989) 第1章生物系.  分子設計技術 (岡田正和 ・ 菅野卓雄 ・ 米沢貞次郎 
・ 山岸俊一 ・ 太田隆久代表編集);  pp. 411-415.  サイエンスフォーラム.  

品川嘉也, 福島章, 筒井末春監修 (1989) 《新・現代と健康》心のレイアウト; しなや
かな適応を求めて.  私立学校教職員共済組合. 

品川嘉也, 赤池敏宏 (1989)  第一章バイオ素子への期待.  バイオ素子と設計(品川・
赤池監修)pp.1-9, ミマツデータシステム. 

品川嘉也, 大木幸介 (1989) 第五章脳神経系に学ぶバイオ素子設計  第1項 脳神経にか
かわる分子の挙動.  バイオ素子と設計(品川・赤池監修)pp.353-369, ミマツデータシ
ステム. 

品川嘉也 (1989) 第五章脳神経系に学ぶバイオ素子設計  第2項 脳神経系とバイオエレ
クトロニクス素子.  バイオ素子と設計(品川・赤池監修)pp.371-382, ミマツデータシ
ステム. 

品川嘉也 (1989) 宇宙を呑みこむ人間.  知識, 7月号 pp.130-135. 

Kawano,K., Koito,H. and Shinagawa, Y. (1990) Brain Laterality During Verbal 
Thinking by Means of EEG Analysis.  Jpn. J. Physiol.  40 (Supplement): S172.

Shinagawa, Y., Kawano,K., and Seno, H. (1990) Some Considerations of Chaos on 
EEG.  Jpn. J. Physiol.  40 (Supplement): S172.

段立葉, 黄健理, 石継明, 河野貴美子, 品川嘉也 (1990) 気功法実践者のα波及びβ波.
  第20回日本脳波・筋電図学会学術大会予稿集, 299.

河野貴美子, 小糸秀美, 品川嘉也 (1990) 思考活動集中時の脳波.  第20回日本脳波・筋
電図学会学術大会予稿集, 300.

品川嘉也, 河野貴美子, 瀬野裕美 (1990) 脳波がフラクタル曲線であることの証明.  第
20回日本脳波・筋電図学会学術大会予稿集, 300.

Kimiko Kawano, Hidemi Koito, Takeo Fujiki and Yoshiya Shinagawa (1990) EEG and 
Topography during Chinese "Qigong" Training.  Neurosciences, 16: 503-508.

品川嘉也 (1990) 品川嘉也の気功で健康になる本.  日東書院.

品川嘉也 (1990) 生体分子に学ぶバイオ集積デバイス -半導体LSIを越えるもの-.  電
子情報通信学会編 新しい集積回路の原理を探る ~ 自然態の情報処理方法に向けて~ .
  20-23.

品川嘉也 (1990) 脳生理学から気を探る.  別冊宝島103 気は挑戦する -21世紀は「気の
時代」だ!, 103: 160-165.

品川嘉也 (1990) 音楽と医療について.  日本薬剤師会雑誌, 42(10): 49-51.

Y. Shinagawa, M. Kikuchi, Y. Takahashi (1990) π-electron Structure of Water 
in Multi-valent Cationic Solution.  10th International Biophysics 
Congress(Abstract), 132 (Vancouver, Canada)

Y. Shinagawa, H. Seno, K. Kawano, H. Koito (1990) Fractal Dimensions of The 
Attractor and Brain Wave.  10th International Biophysics Congress(Abstract), 
411 (Vancouver, Canada) 

河野貴美子, 横山聡, 品川嘉也 (1990) 音楽静聴時の脳波解析.  第22回日本芸術療法学
会抄録, 25.

品川嘉也, 菊池美也子 (1990) 俳句における生跡学の試み.  第22回日本芸術療法学会抄
録, 46.

河野貴美子, 横山聡, 品川嘉也 (1990) 音楽における大脳半球休機能優位性 -両耳分離
聴テストおよび脳波による解析-.  Japanese Bulletin of Arts Therapy, 21(1): 147-
154.

河野貴美子, 品川嘉也 (1990) 脳波で捉えた気功師と気の受け手の同調現象.  日本健康
科学学会第6回大会抄録, 7.

河野貴美子, 黄健理, 品川嘉也 (1990) 気功師と気の受け手における脳波の同調.  中外
気功研討会論文集3(中国上海), 別刷.

品川嘉也, 河野貴美子, 瀬野裕美, 小糸秀美  脳波のフラクタル次元解析から何がいえ
そうか.     Workshop "Mathematics on Fractals".

品川嘉也, 河野貴美子, 瀬野裕美  脳波のカオス分析と1/fゆらぎ.  第67回日本生理学
会大会予稿集.

河野貴美子, 品川嘉也 (1990) 言語を伴う思考と大脳半球優位性の脳波解析.  第67回日
本生理学会大会予稿集, 204.

品川嘉也, 河野貴美子, 瀬野裕美, 小糸秀美 (1990) Fractal Dimension of Brain 
Wave.  数理生物学シンポジウム研究集会 Mathematical Topics in Biology.

段立葉, 黄健理, 石継明, 河野貴美子, 品川嘉也 (1990) 気功法実践者のα波及びβ波.
  第20回日本脳波・筋電図学会学術大会予稿集, 299.

河野貴美子 (1990) 気功と脳波.  通慧, 1(3): 5.

品川嘉也, 河野貴美子, 瀬野裕美, 小糸秀美 (1991) Fractal Dimension of Brain 
Wave. 京都大学数理解析研究所講究録 (in press)

Shinagawa, Y., Kawano, K., Matsuda, H., Seno, H., and Koito, H.  (1991) 
Fractal Dimensionality of brain wave.  Forma (in press)

品川嘉也, 瀬野裕美 (1991) 脳波とフラクタル. 日本生物物理学会誌  (掲載予定)
Shinagawa, Y., Seno, H. (1991) On Fractal Dimensions of Brain Wave.  35th 
Annual Meeting of the Biophysical Society (San Fracsisco, USA) Abstract.

石継明, 段立葉, 黄健理, 河野貴美子, 品川嘉也 (1991) 脳波から見た瞑想と気功の差
異.  第68回日本生理学会大会予稿集, 253.

河野貴美子, 小糸秀美, 品川嘉也 (1991) 暗算における大脳半球機能優位性の一考察.  
第68回日本生理学会大会予稿集, 253.

品川嘉也, 瀬野裕美 (1991) 水のπ電子構造.  第68回日本生理学会大会予稿集, 310.

瀬野裕美, 品川嘉也 (1991) 脳波のカオス性についての考察.  第68回日本生理学会大会
予稿集, 385.

Kawano, K., Seno, H., Koito, H., Shinagawa, Y. (1991) Topographical  Mapping 
EEG Fractal Dimensions during Olfactory Stimulation.  The Second International 
Congress on brain Electromagnetic Topography (Tronto, Canada)

Kawano, K., Seno, H., Koito, H., Shinagawa, Y. (1991) EEG Fractal Dimensional 
Maps during Thinking.  Third IBRO World Congress of  Neuroscience (Montreol, 
Canada)