つつじ山周辺の植物

ヤマツツジの花のあと初夏から秋です。
トップページ

ジンヨウイチヤクソウ

ナメルギボウシ

ヒメアマナ

ヒヨドリバナ

ハッカ

ホタルブクロ 白、赤紫

オカトラノオ

ツリフネソウ、キツリフネソウが混在します

ツリガネニンジン

ソバナ

 北向き斜面の半日陰地で、湿り気の多い斜面に赤紫と黄色が混在しますが、花の時期は少しずれて咲きます。

つつじ山でも繁殖地がごく限られています。

まだ一株しか見ていません。

ヤブカンゾウ

キツネノカミソリ

イガホオズキ

ヤマトリカブト

ナガミノツルキケマン or ツルキケマン

カラハナソウ(野生化したホップ)

キキョウ

サイハイラン

ワレモコウ

コシオガマ

リュウノウギク

花の少ない真夏からお盆にかけて咲いてくれます

貴重種のひとつです

なぜか、この花が咲いた斜面は、3年くらいのうち崩れることが多いようです。逆に言えば不安定な斜面に出るのかもしれません。

ナガミノツルキケマンなら貴重種です。○○ケマンというと春の花のようですが、夏の終わりに風変わりな咲き方をします。

つつじ山周辺で数少ないラン科の植物です

なぜか懐かしさを感じます。

ユウガギク? 次回までの宿題とします。