信州須坂市の一本桜を訪ねて

信州の一本桜を訪ね始めてから、今年で13年目になる。
年齢を重ねると共に、諸々の事情を生じ、思いのままに桜を訪ねることが出来なくなってしまった。
そんな中で、何とか数日のチャンスを得て、北信地域の「須坂市と高山村」に在る一本桜を探してみた。
前回、高山村をUpしたので、今回は
「須坂市」で出会った一本桜の一部を紹介する。

(1/19)

大広院のシダレザクラ (推定樹齢 400年)

(2/19)

(3/19)

広正寺のエドヒガン (推定樹齢 300年)

(4/19)

樹高約20m、幹周り約4m

(5/19)

須坂市内のエドヒガンは、二本しかないという。

(6/19)

光明寺のベニヤエシダレ (推定樹齢 不詳)

(7/19)

山門脇の石像が、参拝者を迎えている。

(8/19)

(9/19)

大日方観音堂しだれ桜(推定樹齢 250年)

(10/19)

別名 観音堂の夫婦桜と地元では呼ぶ。

(11/19)

(12/19)

樹高は、双方とも約20m、幹周りは3.2mから3.7mある。

(13/19)

長妙寺のシダレサクラ (推定樹齢 400年)

(14/19)

樹高約7.5m、幹周り3.5m

(15/19)

(16/19)

延命地蔵堂の桜(エドヒガン、 推定樹齢 400年)、樹高 約10m、幹周り5.6m

(17/19)

弁天さんのしだれ桜 (推定樹齢 約250年)

(18/19)

樹高 約13m、幹周り 4.2m

(19/19)

奈良山の山ふところの高台にあり、平地より一週間ほど遅く咲くという。

Homeへ